TOP > CATEGORY - 09雑記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

夫婦の島旅~三河湾三島編~ 【序章】

島旅は突然に

年末年始の休みが終わり、半ば正月ボケ気味で仕事をしていたときのことである。急に「旅に出たい」という衝動に駆られた。これから年度末に向けて仕事が忙しくなり、現実逃避したくなるこの時期。正月休みの翌週には、お誂え向きに三連休(成人の日)がある。

三連休までは残り2日を切っていたが、急遽旅先の候補をいくつか考えて、嫁の前でプレゼンを行った。

冬の佐渡海の幸満喫の旅」、「但馬地方カニ紀行」などを押さえ、採用となったのは「愛知の『フグの島』」。島の名は「日間賀島」。島の名前は知らないだろうと、「フグの島」と紹介したのだが、そのキャッチ―さにグッと来たらしい。嫁もすっかり“フグ気分”となり、とんとん拍子に旅の準備は進んだ。

三河湾三島の地図

今回の旅先、日間賀島は愛知県の三河湾に浮かぶ小さな島。タコやフグなどの海産物で名を馳せる島で、大都市名古屋に近いこともあり、多くの観光客が訪れる島だ。

地図をご覧いただきたい。知多半島渥美半島に囲まれた三河湾には、日間賀島の他に2つの島が描かれている。佐久島篠島である。3つまとめて「三河湾三島」とか「愛知三島」と呼ばれているらしい。

調べてみると、これら2島もとても魅力的な島だ。島好きとしては是非とも訪れたい。




三河湾三島の地図

この3島は隣り合っているので、まとめて訪れるのは簡単だろうと思っていたが、そうもいかないらしい。

地図に3島へとアクセスする航路を描いてみた。
日間賀島と篠島観光の拠点となるのは、知多半島の先端にある師崎港。知多半島の中間にある河和港や渥美半島の先端の伊良湖港からも船が出ているが、本数が多い師崎港からの便を使うのが良いだろう。
一方で佐久島への船は知多半島からも渥美半島からも出航していない。佐久島への船は、半島の先端からは遠く離れた西尾市の一色港から発着している。

3島を周るためには、一旦本土に戻った後に師崎~一色間の移動を行う必要があり、やや面倒である(海上タクシーを使えば日間賀島から佐久島へ行くこともできるが、料金が高く、少人数だとより割高になってしまう)。

検討した結果、初日は篠島と日間賀島を観光し、2日目は師崎から一色に移動した上で佐久島に向かうことにした。


…というわけで、発案から出発まで1.5日しかない突貫計画の旅行の始まりである。


2018年1月6日(土)

旅の出発点、師崎港

師崎港観光センター

12:05
朝から車を走らせ、正午過ぎに知多半島の尖端、師崎(もろざき)港に到着した。フェリー乗り場も兼ねている師崎港観光センター前の有料駐車場に車を停める。一泊分の荷物が入ったリュックサックを背負い、いざ出発だ。

なお、天気予報では晴れるはずであったのだが、生憎の雨模様。天気予報を信じてきた我々は当然傘など持参していない。逃げるように観光センターに駆け込んだ。

師崎港観光センター

師崎港観光センターは田舎の駅のような雰囲気。こじんまりとした切符売り場、長椅子が並ぶ待合所、地産の干物や海藻が並ぶお土産屋さん。どこか懐かしい雰囲気に旅情がそそられる。


師崎港観光センター

自動発券機でチケットを購入する。我々はまず篠島を訪れた後、今夜の宿がある日間賀島に向かう予定だ。2島を巡る場合、「2島めぐり」という切符がお得なので、そちらを購入する。

師崎港観光センター

これから向かう2島のパンフレットはこちらで入手することができる。島内の道は細く入り組んでいるので、島の内部が事細かに書かれたイラストマップは必携だ。島を散策する方は、こちらで貰って行こう。


師崎港

12:40
出航時間が近づいてきた。アナウンスに促されるように桟橋に向かう。

…すると、先ほどまでの愚図ついた天気が嘘のように晴れ渡った空!これは幸先が良い!


師崎港はひっきりなしに船が発着する忙しい港だ。しかも「日間賀島行き」、「篠島行き」、さらには「篠島経由日間賀島行き」があったり、船によって行き先も様々というややこしさなのだ。

「篠島に行かれる方は2番の乗り場からお乗りくださーい!」係員の指示に従って、やや小ぶりな船に乗り込む。


日間賀島を臨む

防波堤の向こう側に、全体的にペターンとした小島が見えた。日間賀島だ。その気になれば泳いで渡れるんじゃないかと思われるくらい近い。

日間賀島を臨む

目を凝らせば、旅館などの高層建造物群、家並み、走っている軽トラまで見ることができる。

およそ2年前。同じように師崎港の岸壁に立ち、海越しに日間賀島を眺めたことを思い出した。そんな近くて遠かった日間賀島にこれから行くと思うと、なかなか感慨深いものだ。
(2年前の様子は以下の記事をご覧ください。)

男の島旅~隠岐編~ 【序-2】羽豆岬の展望台 47の記憶

いざ、篠島へ

高速船内

日間賀島や篠島への足は高速船が主流だ。一度に多くの人数は運べないが、スピード自慢の小型船がトビウオのように島の間を行き来している。

船の前方には屋内席があり、多くの客が室内へと吸い込まれてゆく。我々は寒さに負けず、後方の甲板席。船旅の醍醐味と言えば、やはり甲板だろう。物好きたちが甲板にあるベンチを陣取る。


篠島に向けて出航

12:45
篠島へ向けて出航!港内で器用に方向転換した船は、唸りを上げて加速してゆく。釣り人だらけの防波堤の間をすり抜け、外海へ。陸地がグングンと遠ざかってゆく。

日間賀島

…と思いきや、既に別の陸地がすぐ目の前にあった。日間賀島だ。

船は日間賀島の南の沖合を高速で素通りしていく。船は時々大きく揺れ、吹きっ晒しの甲板席には風と共に飛沫が吹き込む。結構な寒さだが、私も含む物好きたちは室内に入ることもなく、食い入るように景色を眺めていた。


篠島に到着

12:53
師崎港を出て10分足らず。最初の目的地である篠島に接近する。日間賀島ほどではないが、篠島も本土から相当近い。

船旅の風情を感じる間もなく船は減速し、おびただしい数の漁船が停泊する篠島の港へと吸い込まれていった。


   【次の記事へ】

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

| 旅行記 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

夫婦の島旅~三河湾三島編~ 【目次】

 三河湾三島

目次

【1日目 2018年1月6日(土)】
序章

1-1 篠島をお散歩
1-2 日間賀島をお散歩(前編)
1-3 日間賀島をお散歩(後編)
1-4 サンホテル太陽荘宿泊記

【2日目 2018年1月7日(日)】



ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

| 旅行記 | 23:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

JALのマイレージサービス、「どこかにマイル」を申し込んでみた

日々、JALのマイルをチマチマと貯めている私。マイルが貯まっては航空券と交換し、旅をしてきました。

いつもお世話になっているJALから、気になるサービスが提供されていることを知りました。

どこかへマイル

それが「どこかにマイル」です。


「どこかにマイル」とは?

どこかへマイル

「どこかにマイル」の魅力は、比較的少ないマイルで航空券と交換することができること

通常、JALのマイルとチケットを交換するためには、10,000マイル前後がかかります(行き先、時期による変動有)。それが約半分の6,000マイルで利用できるというのだからお得ですね。


どこかへマイル

「どこかにマイル」最大の特徴は、その名の通り行き先がどこになるかが分からないということ

申込時にJALから4つの行き先候補が提示されます。申し込むと、3日後に行き先が確定するという流れになります。

必要マイル数が少ない分、行き先がどこになるか分からないというリスクがあるわけですね。行き先の希望がある場合には使うことが難しいサービスですが、「どこでも良いから遠くへ行きたい!」という場合は、非常に魅力的なサービスだと思います。

他の制約としては、大きく2つ。

1つ目は、発着地が羽田空港と伊丹空港に限られるという点(2018年2月現在)。関東、関西在住者以外には利用しにくいのが難点。これから発着空港が増えることに期待ですね。

2つ目は、申込開始が出発の1ヶ月前からということ。通常のプランは2ヶ月前から予約することができます。通常の旅行者よりも、予約が1ヶ月も遅れることになるため、人気の便の予約は厳しくなるでしょう。


どこかへマイル

人数分のマイルを使えば、申込者本人以外の家族の分の航空券を手に入れることができます。つまり12,000マイルを使えば、2人分の航空券がタダで手に入るのです。

同じJALのマイレージサービス、「おともdeマイル」の場合、10,000マイルで自身と同行者の航空券を手に入れることができますが、同行者には別途15,000円の料金が発生します。行き先が分からないリスクと天秤にかける必要はありますが、2人で旅行する場合も「どこかにマイル」が大変お得だと思います。

ただし、「おともdeマイル」と違い、「どこかにマイル」で同行者分を申し込む場合、同行者もJALマイレージバンク(JMB)会員である必要があります。JMBは入会費、年会費ともに無料。しかも短時間の手続きで会員になることができるので、同行者がいる場合には事前に加入を済ませておくと良いでしょう。



非常に魅力的な「どこかにマイル」。まとめると

  1. 6,000マイルで航空券と交換できる。
  2. 行き先は4つの候補の中から選ばれる。
  3. 発着空港は羽田と伊丹のみ。
  4. 予約は1ヶ月前から。
  5. 人数分のマイルを使えば、JMB会員の家族も同行可。

その他、詳細は公式サイトをご覧ください。


「どこかにマイル」を申し込んでみる

さて、実際に申し込んでみましょう。

どこかへマイル

発着地(羽田か伊丹)、発着日時、人数を入力し、検索してみます。

どこかへマイル

このように行き先候補が4つ出てきます。行き先の空港名とともに周辺の観光情報も表示され、旅行気分が高まりますね。

今回は名古屋(中部)、三沢、岡山、秋田が候補となりました。表示された候補が気に入らない場合、ページを再読み込み(F5ボタンなど)すれば再検索することができます。ただし、検索回数は1日100回までという上限が設けられているようです。

私は流氷観光か九州・沖縄を狙っていたので、良い候補が出るまで再検索し続けました。なにせ4分の1の選択です。4つのうち3つが魅力的な候補地であっても、希望しない1つが当たる可能性があるのです。1日100回は検索できるので、どこが当たっても納得できるような4択が表示されるまでは、何度も再検索するのが良いでしょう。

なお、人気の時期であるためか、女満別や釧路などオホーツク海方面の行き先は何度再検索しても表示されませんでした…。


どこかへマイル

来ました!鹿児島、熊本、福岡、山口宇部!

山口宇部は九州ではないですが、高速道路を走ればすぐに九州入りできるでしょう。この4択に賭けることにしましょう。

その後は通常の予約と同じような手続きを行います。その際、搭乗者全員分のJMBお得意様番号を入力する必要があるので、事前に準備しておきましょう。


さて…申込完了!行き先が決まるのは3日後ということなので、それまで楽しみに待ちましょう!


気になる行き先は!?

2日後。1日早いですが、JALから行き先が決まった旨のメールが届きました。メールに書かれたURLにアクセスし、行き先を確認します。

どこかへマイル

ご搭乗便を確認する」をクリック。

どこかへマイル

続いて「ご搭乗者のフライトの確認」をクリック。じらされますね~。


どこかへマイル

行き先は熊本!!

九州の真ん中です。熊本県だけでなく、大分、宮崎、鹿児島など九州各地に足を伸ばすことも可能です。

「どこかにマイル」のおかげで思わぬ時期に九州旅行に行く機会に恵まれました。「どこでも良いから遠くに行きたい」という方は、是非とも申し込んでみては如何でしょうか。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

| 雑記 | 22:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2018年初日の出@鹿島灘海浜公園(茨城県鉾田市)

2018年1月1日

あけましておめでとうございます。
本年も当ブログをどうぞよろしくお願いいたします。
年末年始は毎年旅に出ていたのですが、今年は嫁の実家でノンビリと過ごしています。寝正月も良いものですね。

私は2009年から毎年初日の出を見ることを恒例にしているのですが、今年も見てまいりました。今回はその模様をサクッとお送りします。


鹿島灘海浜公園で初日の出を拝む

5:50
嫁の実家から車を30分程走らせ、やってきたのは茨城県鉾田市にある鹿島灘海浜公園。日の出の約1時間前ですが、駐車場は既に大混雑!警備員が出動する程の人気です。広い駐車場があるのですが、そこだけでは車が収容しきれず、芝生広場までもが開放されていました。

近隣に人気の初日の出スポットである犬吠埼や大洗磯前神社などがあるので、ここは空いているだろうと思っていたのですが、アテが外れました。


初日の出@鹿島灘海浜公園

駐車場から歩いて5分程で海岸に到着します。砂浜海岸の一部が階段状に護岸されていて、先客の皆さんがそこにスタンバイしていました。我々もここで日の出を待ちます。

気温は-1℃。普段暮らしている松本市よりも大分温かいですが、寒空の下でじっと待つというのはなかなか堪えました。座って待っている人もいましたが、コンクリートもヒンヤリとしているので、敷物は必須だと思います。


初日の出@鹿島灘海浜公園

この日は波浪注意報が出ていました。なかなか迫力のある波。波打ち際には近づかず、護岸の上でじっと待ちます。


初日の出@鹿島灘海浜公園

波打ち際で遊んでいる人もいました。この辺りは実際に死亡事故も発生している海岸。とても危険です。


初日の出@鹿島灘海浜公園

荒波の向こうに煙突。鹿島の工業地帯でしょうか。見づらいですが、煙突の先から炎も噴き出しています。


初日の出@鹿島灘海浜公園

6:58
日の出時刻は6:48の予定でしたが、水平線辺りに雲がかかっていたため、少々遅れて太陽が顔を出しました。寒々しい荒波の向こうから現れた陽光。歓声があがります。

初日の出@鹿島灘海浜公園

初日の出@鹿島灘海浜公園

7:00
太陽が完全に顔を出しました。心が洗われるような美しさ!初日の出にはパワーをもらえるような…そんな感じがしますね。

寒い中待った甲斐がありました。


駐車場では豚汁などの販売も!

初日の出@鹿島灘海浜公園

駐車場では、豚汁やもつ煮の販売が行われていました。冷たくなった体を温めるにはもってこいですね。

しかし考えることはみんな同じだからか、豚汁売り場の前には長蛇の列!鉾田のブランド豚である「こころ豚」を使用しており、是非とも食べたかったのですが、この列を見て断念。鯖寿司だけを購入しました。

初日の出@鹿島灘海浜公園

こんなこともあろうかと、インスタントの味噌汁と水筒を持参していたので、これでお茶を濁します。うーむ…温かくて美味しい!染みるなー。


そんなこんなで、めでたく2018年の初日の出を拝むことができました。
今年もいっぱい旅をして、グルメやスポットの紹介、旅の記録をお送りしたいと思いますので、当ブログをどうぞよろしくお願いいたします。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

| 雑記 | 18:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

夫婦の島旅~宮古島編~ 【終-2】さらば、宮古島

2017年11月6日(月)

宮古島にて残された時間は4時間半。少々慌ただしいうえに体調も優れないが、未練を残さぬように行きたい場所には行っておこう。そんな宮古島旅行の最終章のスタートである。

宮古島海中公園にてお魚観察

宮古島海中公園
(写真にカーソルを合わせると、前々日の写真になります)

12:30(タイムリミットまで4時間30分)
宮古島海中公園。2日前に訪れた時には天候が悪いうえに波が荒く、受付の方から「海中が視界不良」と告げられたため断念したが、本日は問題なさそうだ。

入園料を払い、階段を下っていざ海中へ。


宮古島海中公園

海中施設の中は青白い光に包まれた神秘的な空間。壁が厚いためか非常に静かで、本当に海中にいるかのようだ。壁に取り付けられた窓から海中の様子を覗くことができる。


宮古島海中公園より

窓を覗いてみると、いたいた!見るからに南国という感じの熱帯魚がうようよと泳いでいる。海中施設の壁に生えた水草が余程美味いのか、壁をハムハムする魚が多数。見ていてとても面白かった。

お手軽に海中の生物を観察することができるこちらは、老若男女(あと、私のような病人も…)が楽しめる素晴らしい施設だと思う。でも機会があれば、次は自力で潜ってみたいものだ。


宮古島屈指の人気を誇る沖縄そば店、古謝そば屋

古謝そば屋

13:20(タイムリミットまで3時間40分)
腹が減ったので、再び平良市街地に戻り昼食。宮古島屈指の人気を誇る沖縄そば店、古謝そば屋だ。

沖縄の古民家風の店の前の駐車場は、平日にも関わらず満車だ。店に入ると、旅行者らしき人々でほぼ満席。外観だけでなく店内も小洒落た造りで、カップルや女性客が多い。

そばセット@古謝そば屋

いただいたのはそばセット(800円)。宮古そばにじゅーしー(沖縄の炊き込みご飯)、日替わりのおかず(この日は大根の煮物)、もずく、漬物、飲み物が付いたお得なセットだ。

こちらの宮古そばは優しくアッサリとしたお味。昨日食べた丸吉食堂のガツンと来るそばとは対照的だ。病んだ体にもスッと入る味で、ペロリと完食。美味しかった。ただ、女性にはちょっと多いかもしれない。


旅の終わりはまた曇天

14:30(タイムリミットまで2時間30分)
三度目となる東平安名崎。毎日訪れる度に分厚い雲に泣かされた宮古島最東端の岬。この絶景を見ずして、宮古島を離れることはできないだろう。

さて、「三度目の正直」となるか、それとも「二度あることは三度ある」のか…?









東平安名崎
(写真にカーソルを合わせると、前々日の写真になります)

これはセーフでしょう!

背後に灰色の雲が押し寄せているのが若干気になるが、前日までは見られなかった青い空と海が見えている。スカッとした天気ではなかったが、岬の美しさは十分に伝わってきた。良しとしよう(何故か上から目線…)!


吉野海岸
(写真にカーソルを合わせると、現在地が表示されます)

14:50(タイムリミットまで2時間10分)
迫り来る暗雲に追い立てられるように、次なる目的地である吉野海岸に到着。

最早「青空」と呼ぶには抵抗がある色の空になっていた。風が強く、体感温度は思いのほか寒い。ここもシュノーケリングの名所で、実際にウェットスーツを着て潜っている人もちらほら…。ウェットスーツ着用ならともかく、生身の体で泳ぐには勇気が要る気候になってきている。

雲行きは悪くなる一方だ。ギリギリ晴れているうちに東平安名崎に行くことが出来たのは不幸中の幸いと言えるかもしれない。


リッコジェラート

16:00(タイムリミットまで1時間)
空港に着いておかねばならない17時まであと1時間を切った。どこかに立ち寄るにしても空港近くが良いだろう。

…ということで平良市街地にあるアイスクリーム屋さん、リッコジェラートに立ち寄る。宮古島ならではのアイスクリームが食べられることで有名なお店だ。

嫁が「黒糖みるく」と「マンゴー」を(写真左)、私が「リッコミルク」と「雪塩」(写真右)を注文。その他にも「泡盛」とか「紫芋」とか「ちんすこう」とか、他のアイスクリーム屋さんではお目にかかれないようなメニューがあって楽しかった。カフェスペースは静かで寛げる場所だったので、のんびりと食べたかったが、時間がそれを許してはくれない。


宮古空港
(写真にカーソルを合わせると、現在地が表示されます)

17:00(タイムリミットまで0時間)
アイスを慌ただしく食べた後、レンタカーを返却し、タイムリミットギリギリに宮古空港に到着。

その後の行程もまた慌ただしかった。空港内のA&W(沖縄限定のハンバーガーショップ)で少し早い夕食を摂り、18:30発の飛行機で宮古を発った。那覇で乗り継ぎ、23:00に羽田空港着。羽田からは乗り合いタクシーに乗り、最終的には翌日未明に長野県松本市にある自宅に辿りついた。

帰りの行程をたったの4行に収めてしまったが、体調の悪さも影響してそれはそれはハードな移動であった。マスク&熱さまシート姿をしていたせいか、キャビンアテンダントのお姉様方がとても優しかった。キャビンアテンダント…いや、嫁の看病の甲斐あってか、自宅に着くころには熱も下がり、翌日は元気に出勤できるほどにまで回復した。



沖縄旅行と言えば、ゆるゆるとした“沖縄時間”を楽しむことも醍醐味の1つだと思う。しかし、今回は天候が恵まれなかった影響もあり、僅かな晴れ間を狙って動き回り、とても慌ただしい旅になってしまった。社会人生活の中、限られた休みを使って旅をしているのだから仕方ない面もあるが、もう少しのんびりしても良かったかな…、とちょっぴり反省をしている。

これから無理が効かない年齢に差し掛かってくるのだから、心に余裕を持った「大人の旅」をしなければなぁ…。まぁ、無理だろうなぁ。でも、せめて旅行中に体調を崩さない程度には自制しなきゃなぁ…。なんてことを考えている今日この頃である。


夫婦の島旅~宮古島編~ 完


  【前の記事へ】

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

| 旅行記 | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT