PREV | PAGE-SELECT | NEXT

鯖寿司(栃生梅竹@滋賀県高島市)

個人的な話で大変恐縮なのですが、今回紹介するグルメは私がこれまで出会った中で最高の一品だと思っています。

栃生梅竹の「極上鯖寿司」。
元々私自身鯖好きではあったのですが、この店の鯖寿司を食べた瞬間、これまでの「鯖の常識」を覆された気がします。
大袈裟に言っているように思われるかもしれませんが、それ程に美味かったのです。

前置きはこれくらいにしましょう。

滋賀県高島市(旧朽木村)を縦断する国道367号線は通称「鯖街道」と呼ばれ、かつては若狭湾で獲れた鯖を京都まで徒歩で運んだ道でした。
現在でも朽木には鯖寿司を提供する店が軒を連ね、国道を走れば「鯖」の文字が刻まれた幟をたくさん見ることができます。

栃生梅竹 

栃生梅竹は朽木の中心部からは離れ、大津市との境界に近い所に店を構えています。
鯖寿司はお持ち帰りか店内で食べるか選ぶことができ、店内で食べる場合は、上の写真の奥の店舗で注文をし、手前の建物でいただくことになります。

鯖寿司だけでも「極上」、「特選昆布巻」、「特選」、「元祖」と種類がありますが、おすすめはなんと言っても「極上鯖寿司」。
一人で食べる場合は、サイズを半分にすれば、1,800円でいただくことができます。

極上鯖寿司 

こちらが極上鯖寿司(半分)です。
鯖寿司が6カン乗っています。
初めて見て目を引くのが、とにかく肉厚であること。
なかなかここまで肉厚の鯖寿司は、他ではなかなかお目にかかれないと思います。

食べてみると、身がプリップリです。
しめた鯖は身がパサッとしがちですが、そういった感じはまったくしません。
鯖の味も塩が程よく効いており、完璧です。
卓上に醤油が置かれていますが、何もつけずに美味しくいただきました。

今回は栃生梅竹を紹介しましたが、鯖街道には他にも鯖寿司を提供する店がたくさんあります。
国道を走って、ぶらっと食べ歩きをするのも良いかもしれません。

各種情報
食べログ : 店舗情報、口コミはこちらをチェック!
鯖街道を訪ねて : 鯖街道の観光情報、食事処の情報はコチラから!
   

京都・滋賀のおいしいランチ242

価格:980円
(2013/9/18 21:40時点)
感想(2件)

| 滋賀県 | 21:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://49memory.blog.fc2.com/tb.php/74-69d3a692

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT