PREV | PAGE-SELECT | NEXT

大凸部(東京都青ヶ島村)

東京の南方358km、八丈島の南方65kmに位置する青ヶ島
火山島として知られており、島の南部には直径1.5kmのカルデラ池之沢火口)があります。
島自体も海底から聳え立つ外輪山の一部であり、世界的にも珍しい二重式カルデラ火山となっています。

そんな青ヶ島のカルデラを一望できる場所があります。
青ヶ島で最も標高が高い、大凸部(おおとんぶ:標高423m)です。
島で唯一の集落から、徒歩10分のところから遊歩道が始まります。

大凸部へと続く道 

遊歩道と言っても、整備されているわけではなく、ご覧のようなジャングルのような道です。
本当に合っているか不安になりますが、ところどころに案内板があり、また危険な箇所はないので、自信を持って進んでください。
10分程度登ると、大凸部に到着します。

カルデラを望む

正面にはカルデラが広がっています。
写真では分かりづらいですが、険しい外輪山の向こうには大海原が広がっています。
山肌をクネクネ曲がりながら、カルデラの中へ下りていく道が見えますが、集落から港へ向かう唯一の道です。

カルデラを望む 

視線を移せば、カルデラの中にコンモリとした山。
丸山と呼ばれる火口丘で標高は223mあります。
斜面が縞模様に見えるのは、縞状に椿が植林されているからだそうです。

集落を望む 

北を向けば、青ヶ島唯一の集落を望むことができます。
晴れた日は70km離れた八丈島も見ることができるそうです。

さて、この大凸部は集落から20分というお手軽さで、雄大なカルデラを見ることができますが、青ヶ島自体が気軽に来ることができません。
八丈島から船またはヘリコプター(それぞれ1日1便)というのが、青ヶ島への交通手段です。
私は行き帰りともに、就航率の高いヘリを利用しました。
着陸シーン、離陸シーンを撮影してありますので、よければご覧ください。
青ヶ島の険しい地形が、分かると思いますよ。




各種情報
青ヶ島村ホームページ : 観光も宿もヘリコプターの時刻表も全て村のホームページから!

 

【青ヶ島酒造】あおちゅう 700ml 30度【05P25Apr13】

価格:2,620円
(2013/7/17 22:52時点)
感想(1件)

| 東京都 | 23:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://49memory.blog.fc2.com/tb.php/40-1734d71a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT