PREV | PAGE-SELECT | NEXT

TOP > 旅行記 > 絶景アイスランドの旅【終章】

絶景アイスランドの旅【終章】

2016年9月21日(水)

さらば、アイスランド


早朝の雨

3:30
非常識な時間にホテルを発つ。帰りの飛行機は7:45という早い時間に出航ということに加え、空港まではバスで1時間以上かかるため、拷問のようなスケジュールになっているわけだ。おまけに生憎の雨模様。非常に寒い。

例によって、ホテルの近くの交差点で送迎のワゴン車と待ち合わせてバスターミナルへ。そこから大型バスに乗り換え、ケプラヴィーク国際空港へと向かう。


ケプラヴィーク国際空港のホットドッグ

6:40
空港にて諸手続を済ませたところで、ホッと一息。朝食だ。

早朝であり、営業している店はあまりなかったが、フードコートでホットドッグが売られているのを目ざとく発見し、アイスランドでの最後のホットドッグをいただくことにした。N1やレイキャビク市内の有名店には劣るものの、フライドオニオンの甘みが効いており、美味しかった。

ケプラヴィーク国際空港

日本からの直行便がないので、あまり知られていないが、アイスランドは欧米からのアクセスは比較的良い。

観光地でもアジア系というよりも欧米系の旅行者を多く見かけた気がする。その自然の美しさ、食べ物の美味しさ、治安の良さなどが人の心を惹きつけ、メジャーな観光地となっているのだろう。日本においても、ゆくゆくはアイスランドがもっと身近な旅行先となるのかもしれない。嬉しいような、少し寂しいような…。


コペンハーゲン行きの飛行機

7:25
いよいよアイスランドとのお別れの時。この国での幾多の思い出を噛みしめながら、一段ずつタラップを登る。未明から降り注いでいた雨はすっかり上がり、青空が顔を覗かせていた。

7:45
飛行機は定刻通り、コペンハーゲンへ向けて離陸。アイスランドの大地はあっという間に遠ざかり、雲の影に消えて行った。



さらば、ヨーロッパ


コペンハーゲン空港のホットドッグ

13:25(デンマークの現地時間)
行きと同様にコペンハーゲン空港にて乗り継ぎ。乗り継ぎ時間は3時間程なので、ここで軽く昼食を食べる。飛行機で長距離移動をすると、時差の影響で食事のタイミングが分からなくなる。空腹ではない気がしたが、現地ではお昼の時間なので、とりあえず食べる。

朝食に続き、再びホットドッグ。デンマークはドイツのお隣なのだから、きっと美味しいソーセージを使っているだろう、と根拠のない考えで食べてみる。

味は…まぁ普通。アイスランドのホットドッグとの違いは、ソーセージやパンというよりも、他の具材、ソースなんだろうなぁ。


コペンハーゲンを発つ

15:45(デンマークの現地時間)
3時間程の滞在の後、行きと同じくスカンジナビア航空で成田へと飛び立つ。これでヨーロッパとも当分お別れだ。次はヨーロッパのどこの国へ行こうか。ノルウェーでオーロラのリベンジも良いし、イタリアで食べ歩きというのも良いかもしれない。

そんな考えを巡らせても、なお余りある退屈な11時間が始まる。


スカンジナビア航空 コペンハーゲン15:45→成田翌9:35


機内のお供

機内での退屈な11時間。当然、ご覧のとおり堕落した過ごし方になる。機内食を食べ、ワインを飲み、お茶を飲み、前面に付いたモニターでゲームをし、時々うたた寝をし……。


2016年9月22日(木)

飛行機の上で日付が変わる。
それにしても長距離の飛行機は体に堪える。足は伸ばせないし、暑いし…。長時間移動であれば、やはりフェリーが快適だなぁ。

うとうとすることもできぬまま、今回の旅を振り返ってみる。


アイスランドに接近

ひたすら移動だった1日目。自宅から24時間以上ぶっ続けで移動し、ようやく目的地に着いた時の寒さは忘れられない。北の果てまで来たんだな、と実感した瞬間だった。

アイスランド029

2日目、いきなりアイスランドのスケールのデカさを見せつけられた。昼はブルーラグーンを心行くまで満喫し、夜はオーロラが見られずに絶望した。そんな一日だった。

グトルフォス

3日目はアイスランドの王道観光コースを巡った。夢にまで見た絶景が次々と目の前に現れ、正に感無量であった。

ヨークルスアゥルロゥン

絶景と言えば、4日目も負けていない。バスの車窓は常に絶景の連続。長時間移動の末に見た氷河湖は、絵に描いたような美しさだった。

ハットルグリムス教会からの眺め

旅の拠点にしていた首都レイキャビクであるが、5日目にしてようやく街を巡ってみた。天気は悪かったが、美味しいシーフードを立て続けにいただき、大満足であった。


そして日付を跨いで移動している6、7日目。飛行機の座席はもう嫌だ!いい加減成田に着いてくれ~。



9:35
寝るに寝られない機中泊を乗り越え、無事に帰国することができた。

溢れかえる人ごみと日本語。急に現実に引き戻されたような気分だ。アイスランドで過ごした4日間もまた現実であるが、どこか現実味の薄い夢のような日々だった。次、夢のような旅に出られることを楽しみにしながら、頑張って日々を送っている今日この頃である。



長々とした旅行記にお付き合いいただき、ありがとうございました。


絶景アイスランドの旅 完


  【前の記事へ】

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
 

アイスランド 絶景と幸福の国へ [ 椎名誠 ]

価格:1,944円
(2017/7/4 23:08時点)
感想(1件)

| 旅行記 | 23:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

海外旅行も雄大な自然と触れ合える所が良いですね。リタイアしたら旅して見たいです。レイキャビクの夕景が実に素晴らしく心打たれました。

| maruichi | 2017/07/17 10:01 | URI |

maruichi様
コメントいただきありがとうございます。
自然景観が大好物の自分にとって、アイスランドは夢のような国でした。是非、ゆっくり時間をかけて一周してみたいですね。

| 代官 | 2017/07/17 16:12 | URI |















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://49memory.blog.fc2.com/tb.php/275-926077b0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT