PREV | PAGE-SELECT | NEXT

絶景アイスランドの旅【4-3】ヨークルスアゥルロゥン

2016年9月19日(月)


13:20
現在地 スカフタフェットル
レイキャビクから約320km
ヨークルスアゥルロゥンまで約50km



ヴァトナヨークトル

前章で、アイスランド最大の氷河、ヴァトナヨークトルとの遭遇について述べたが、ここから先はこの巨大氷河が常に車窓に登場することになる。我々が目指すヨークルスアゥルロゥンもヴァトナヨークトルから流れ出た氷河が浮かぶ湖なのだ。

氷河の手前にはチラホラと個人観光客の姿。あの位置から見た氷河はどれほど巨大に見えるのだろう。氷河から溶け出した水は濁流となり、これまた車窓にアクセントを加える。



氷河湖が見えた

14:00
おや、何やら流氷…?…いや、氷山のようなものが…。

ヨークルスアゥルロゥン

おおおおおおおおおお!!
浮かんでいるのは氷河か!これは氷河湖か!
そして…氷河湖の奥には…、…広大な大氷原!

ツアー客は総立ちとなり、車内のボルテージは最高潮に。ここが我々の最終目的地、ヨークルスアゥルロゥンである。


レイキャビクを発ってから約6時間。バスはようやく目的地であるヨークルスアゥルロゥンの畔にある砂利敷きの駐車場に到着した。待ちに待った氷河湖観光である。




水陸両用ボート

氷河湖観光の醍醐味と言えば、やはり洋上に出て、間近から氷河を拝むこと。そのためには、上の写真のような珍妙な乗り物に乗る必要がある。日本ではあまり見かけないが、水陸両用ボートだ。

水陸両用ボート

ボートの両側面に据え付けられた座席にギッシリと座る。ギュウギュウ詰めで、お尻が浮きそうになるが、「立つと危ないから」と無理やり座らされる。

それもそのはず。ボートは、まずはタイヤを駆使して陸上を走るわけだが、そこは石がゴロゴロと転がる湖畔。ガックンガックンと揺れながら走り出す。こりゃあ立っていられない!

ヨークルスアゥルロゥン

数メートルゴロ石の上を走行し、そのままスピードを緩めずに豪快に着水!突然のアトラクションに興奮した乗客たちから歓声があがる。

そして湖面に目を向けると、氷河だ!それもとびきり巨大な氷塊が悠々と湖面を漂っている!

ヨークルスアゥルロゥン

それにしても美しい青白さ。自然のものとは思えない色だ。まるでガリガリ君ソーダ味のような色。

ボートはゆっくりと進み、様々な角度から氷河を見せてくれる。



虹

こんな時でも天候は目まぐるしく変わる。雨が降ったり、虹が出たり。おまけに風が強いうえに遮るもののない洋上なので、恐ろしく寒い!

しかし、天候が悪い時にはボート自体が欠航になることもあるというから、乗ることができただけ幸運だったと言えるだろう。


ヨークルスアゥルロゥン

途中、スタッフが氷河の欠片を見せながらの解説タイム。この氷河は別のスタッフが湖の中で拾ってきたものだ。本当に透き通っていて綺麗だ。

氷河の欠片

さらにはその氷河を砕いて、参加者に配ってくれるというサービス!これはちょっと嬉しい!

食べても大丈夫」とのことだったので、恐る恐る口に含んでみる。見た目も味もただの氷だが、数万年前に積もり、氷河の奥底に沈んでいた氷だと考えると感慨深い。


ヨークルスアゥルロゥン

そもそも、氷河は長年に渡って雪や氷が積もり、万年雪が圧縮されることにより形成される。青白い中に、所々黒い線状の模様が見えるが、これは火山灰の層である。氷雪が積もって氷河を成し、噴火によりその上から火山灰が積もり、さらに雪が積もり…という途方もなく長い歴史を繰り返し、このような氷河が生まれたのだ。

黒い層が見られる氷河は、火山と氷河が共存するアイスランドならではの氷河、ということらしい。

ヨークルスアゥルロゥン

湖の奥から押し寄せるヴァトナヨークトル。あの巨大な大氷原が、ジワリジワリと下ってきて、崩れ、湖に流れ出すのだ。スケールのデカい話である。



ヨークルスアゥルロゥン

約30分のボートツアーは終了。湖岸の小高い丘から氷河湖を見下ろしてみる。

ボートの上からワイワイと観るのも良いが、寒風を感じながら静かに遠くから眺めるのもまた格別だ。私のお粗末な写真ではお伝えしきれないのがもどかしいが、丘から眺めたヨークルスアゥルロゥンはアイスランドの中でも特にお気に入りの景色となった。

帰路につくまで、時間はあまりないが、心行くまでこの絶景を堪能した。


  【前の記事へ】  /  【次の記事へ】

 

死ぬまでに見たい!雪と氷の絶景

価格:1,728円
(2017/6/9 23:12時点)
感想(0件)

| 旅行記 | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://49memory.blog.fc2.com/tb.php/267-4d04e762

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT