PREV | PAGE-SELECT | NEXT

TOP > 旅行記 > 絶景アイスランドの旅【2-3】Northern Lightsは見えるのか?

絶景アイスランドの旅【2-3】Northern Lightsは見えるのか?

2016年9月17日(土)

レイキャビクに帰る


ブルーラグーンからの帰り道

14:30
4時間ほどの湯浴みを楽しみ、ブルーラグーンを後にする。この後はレイキャビクに戻り、スーパーでの買い出し、レストランでの夕食を済ませたのち、オーロラツアーに参加することになる。

来るときと同様、バスターミナルに下されるのかと思いきや、何故か市街地の外れの海辺で下される。念のため運転手に「ホテルフロン?」と確認してみたが、間違いないらしい。

まずは現在地を確認しないと…。私はガラケーなので、嫁のスマホを…。…えーと、ここか…ゲッ、ホテルまで結構遠い


白熊

…というわけで、ホテルまでえっちらおっちら歩いて帰る。寒風が身に染みる。あれだけ入浴したのに、体が一気に冷えてくる。

ショッピングエリアを歩いていると、店の前のなんと白熊!こちらは土産屋のようだ。白熊グッズ専門店…というわけではなく、アイスランド土産が幅広く買えるようだ。

一旦ホテルに荷物を下ろし、近くのスーパーマーケットへ。


スーパーマーケット「BONUS」でお買い物


スーパーマーケットBONUS

16:30
ホテルから程近い所にあるスーパーマーケット、BONUS。アイスランドを代表するスーパーで、レイキャビクは勿論、郊外の町をもカバーしている。ピンク色の豚のロゴが目印なのだが、この豚さん、表情が何だかエロいぞ…。

BONUSのトイレットペーパー

店内もエロい豚さんがたくさん!ハムやチーズ、パンなどの加工食品からトイレットペーパーに至るまで、自社製の製品が多く並んでおり、このロゴが印刷されている。

お目当ては食料品と土産。物価が高いこの国で、毎日外食三昧なんてしたら破産してしまいそうだし、スーパーなら話のネタになるお土産がありそうだ。というわけで、翌日以降の夕飯や土産のチョコ、その他諸々を買い込んだ。


レストラン「Ostabudin」でラムとシーフードを


レストラン「Ostabudin」

17:10
今夜は19:00よりオーロラツアーに参加するため、早めの夕食を摂る。ホテルの近くにあるレストラン「Ostabudin」。事前にインターネットで得た情報によると、比較的お手頃な値段でラムやシーフード料理がいただけるとのことだ。

既に注文するものは決まっている。実は今朝の散歩の際、店の軒先に張り出されたメニューを写真に撮り、事前に注文するメニューを検討していたのだ。写真が掲載されていないメニューなので、単語を調べながらでないと、どんなものが出てくるのか見当がつかない。

ラムのヒレ肉

私が頼んだ Lamb Filleラムのヒレ肉)。大ぶりに切られたラム肉。ミディアムレアで焼かれていて、とても柔らかい!「これならラムが嫌いな方でも…」と言いたいところだが、ラム独特の風味はあるので、ラム嫌いは避けた方が良いかな?私はラムに目がないので、美味しくいただいた。

ARCTIC CHAR

嫁はARCTIC CHARを注文。全く知らない単語だったが、どうやら「ホッキョクイワナ」というサケ科の魚らしい。少しいただいたが、サケよりもさっぱりとした感じで食べやすい。

これだけだとやや少ないが、サワークリームとパンが一緒に出されたので、意外と満腹になった。ただ、2人で約10,000円と、やはり高いなぁ…。


夕暮れのレイキャビク


ハットルグリムス教会

18:30
食後、時間があったのでハットルグリムス教会へ。遠くからでも存在感を放っていたが、こうして近くから見ると物凄い迫力だ。
今日は朝からドンヨリしていたが、教会の上空に晴れ間が!オーロラ鑑賞に雲は大敵なので、何とかもう少し晴れて欲しいものだが…。

教会の中に入るのは後日にするとして、そろそろホテルに戻っておこう。


レイキャビクの市街地

レイキャビクの市街地は小高い丘に広がっており、下り坂の向こうに海が見える場所が多い。何となく、小樽や函館をコンパクトにしたような街だなぁ…としみじみ。



Northern Lights Mystery Tour


19:00
さて、お待ちかねのオーロラ鑑賞だ。ツアー会社「Gray Line Iceland」によるNorthern Lights Mystery Tour。「Northern Lights」とはオーロラのことだ。バスに乗って郊外へ繰り出し、周囲に灯りがない暗闇の中、心行くまでオーロラを楽しむわけだ。




…というツアーなのだが…、結論から言ってしまうと、オーロラは見ることはできなかった。

夜の教会

22:40
レイキャビク郊外にある教会の前で、オーロラ鑑賞のために停車。ツアー客がゾロゾロと温かいバスの中から寒空の下に出てくる。皆さん目をこらして真っ暗な空を凝視する。
…が、残念ながら見える気配はない。パラパラと車内に戻り始める客たち。諦めの悪い私は、肉眼では見えずとも写真には写るだろうと三脚を組み立てる。

雲

お!オーロラっぽい写真が撮れたかな?と色めき立ち、ガイドに尋ねてみると、「オール・クラウド(すべて雲だよ)!」と無情なる回答。


このポイントは空振りに終わる。その後もバスはオーロラを求めて暗闇の荒野を走り回るが、無情にも時は過ぎるばかり。日付が変わる頃、遂にオーロラが見られないまま、ツアーはお開きとなった。

翌日以降、リベンジせねば…。


  【前の記事へ】  /  【次の記事へ】

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

>天空の神秘オーロラDVD

価格:800円
(2017/3/7 22:41時点)
感想(0件)

| 旅行記 | 23:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://49memory.blog.fc2.com/tb.php/258-4d90d773

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT