PREV | PAGE-SELECT | NEXT

絶景アイスランドの旅【2-2】ブルーラグーン

2016年9月17日(土)

アイスランド026

アイスランドの代表的な観光地、ブルーラグーン。予想通りの大混雑で、入場するためには少々並ぶ必要がある。
行列に並んでいると、日本語が聞こえてきた。前方に並ぶ男女の6人組。学生か新卒社会人だろうか。「今回の旅は日本人と会うことも少ないだろうな」と思っていたが、案外どこにでもいるもんだなぁ、日本人。

入場し、まずは更衣室へ。海パンに着替え、鍵付きロッカーに荷物と服を放り込む。メインカメラとして使っているミラーレス一眼もロッカーの中へ。代わりに防水コンデジを取り出す。まずはシャワーを浴び、いざラグーンへ。


アイスランド027

その前に昼食。プールサイド(?)への出口の前にあるカフェテリア。更衣室を出てすぐの場所にあるので、待ち合わせ場所として使っている人も多いようだ。観光地の飯は高いだろうけど、他に食べるところもないので…。

アイスランド028

何故か寿司を選んでしまった。これで2,100クローナ(日本円にして約2,140円也!)。物価の高さを早くも実感しながら、サーモン寿司をモソモソ食べる。意外と美味い。

なお、精算は入場時に支給されたリストバンドで行う。日本でも新しいスーパー銭湯などでは良く見かけるシステムだ。精算は退場時に行うことになる。



アイスランド029

11:35

でっけえええええええ!!

これが世界最大の露天風呂、アイスランド屈指の観光地、ブルーラグーンだ!!面積約5000平方メートル。50メートル競泳プール4個分の広さを誇る。結構な人数が入浴しているが、これだけ広いと“芋洗い感”ないなぁ。
そして、硫黄分を含んでいると思われる青白いお湯。神秘的だ。

アイスランド030

やはりこれだけの広さがあると、水温も場所によってまちまち。そして、全体的に温度が低い。熱いお湯に慣れた日本人には温く感じるかもしれない。


アイスランド031

気持ち良い!!外気温が凄まじく寒いため、少しでも温かい場所を求めて移動してゆく。温いけど…、肩までじっくり使っていると体がジワジワと温まってくる。ほんのり漂う硫黄臭。前の記事で「天然温泉ではない」と述べたが、あまりにも気持ちよく、そんなことはどうでも良くなってしまった。極楽極楽。

アイスランド032

奥に進むにつれ、どんどん深くなっていく。深さは1.5メートルを超え、成人男性でも顔を出すのがやっと。そのせいか、この辺りは人口密度が低かった。歩くことは困難なので、犬かきで移動。


アイスランド033

12:10
浅いエリアに戻ってみると、何やら人だかりか。突撃!


アイスランド034

ブルーラグーン名物、泥パックシリカ)。見回すと、老いも若きも男も女も、顔を真っ白に塗りたくって楽しんでいる。せっかくなので、手に取って、顔面に塗り込む。ヒンヤリして気持ち良い。

こちらの泥パック、美肌効果があるらしく、女性に大人気だとか。確かに肌がツルツルになるような気がした。


アイスランド035

12:20
真っ白な顔で歩いていると、別の人だかりを発見。今度は何だ?


アイスランド036

ビール!!
こちらはラグーンバー。お酒やソフトドリンクが売られている。精算用のリストバンドをかざし、私はビールを、嫁はスムージーを購入。

うーむ、お湯に浸かったまま飲むビール。顔はパック状態。とても貴重な体験をしている気がする。日本では、温泉での飲食はご法度だし。何はともあれビールが美味い!


そんなこんなで、ブルーラグーンを4時間程満喫し、心も体もふにゃふにゃにふやけてしまったとさ。


アイスランド037

帰る前にお土産コーナーも覗いておきたい。ブルーラグーンの化粧品はなかなかの人気商品らしい。目玉が飛び出るくらい高額だったが、女性に買って行けば、喜ばれること間違いなしだ。セットで買うと、いくらか安くなるものもあるので、是非足を止めてみよう。

化粧品に疎い私は、一応足を止め、手に取ってみたものの、結局財布の紐は緩まなかった…。


  【前の記事へ】  /  【次の記事へ】

 

>死ぬまでに行きたい!世界の絶景 [ 詩歩 ]

価格:1,404円
(2017/2/18 17:55時点)
感想(96件)

| 旅行記 | 18:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://49memory.blog.fc2.com/tb.php/256-05d71980

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT