PREV | PAGE-SELECT | NEXT

男の島旅~隠岐編~ 【2-1】2016年 初日の出

2016年1月1日(金)

あけましておめでとうございます。

6:50
日本海の真っ只中、隠岐諸島海士町にて新たなる年を迎えた。
こんな早朝から出かけてる目的はただ一つ。
初日の出だ。

2009年から毎年欠かさず見に行っている初日の出。
天気に恵まれなかった年が多かったが、今年はどうか。


早朝の入り江

宿から出ると、そこは静かな入り江。
海は静かだが、ちょっと雲が多いか…?

ここは西向きの海岸なので、拓北君のスマートホンの地図を頼りに、事前に目を付けていた港を目指す。

なお、写真に写る、湾をショートカットする近代的な橋は北分大橋と言い、平成4年に架けられたらしい。


東向きの漁港

7:20
田畑に沿った道を2km程歩いて、お目当てに港に到着。
新年早々、良い運動になった気がする。

ここは中ノ島の北海岸にある漁港。
東側にも水平線が広がっており、日の出を見るにはおあつらえ向きの場所だ。
あとは日の出が見られるかどうか…。
上空は雲が立ち込めているが、水平線の辺りは晴れているか…?








初日の出?

7:30
日の出。
これは…、また微妙な……。
ちょうど太陽が昇る位置を覆い隠すように雲が出てしまっている。
周辺の空は鮮やかに輝いており、ご来光という雰囲気だが…。
曇天の多い日本海側ということを考慮して、及第点をあげたいところではあるが、水平線から上がってくる姿は見れていないので、今年は「×」だろう…(何の評価だ!)。

なお、2009年から続く散々たる結果は下表のとおりだ。

場所 結果
2009 本栖湖(山梨県富士河口湖町) ○(晴天)
2010 西表島(沖縄県竹富町) ×(曇り)
2011 吉野公園(鹿児島県鹿児島市) ×(吹雪)
2012 塩屋崎(福島県いわき市) ×(薄曇り)
2013 屋久島(鹿児島県屋久島町) ○(晴天)
2014 吉野公園(鹿児島県鹿児島市) ×(曇り)
2015 納沙布岬(北海道根室市) ×(曇り)
2016 隠岐 中ノ島(島根県海士町) ×(薄曇り)

うーむ、順番で行けば、2017年の初日の出は見られそうだが…、果たして。
なお、異彩を放つ2011年の鹿児島での吹雪は、旅の続行自体が危ぶまれるような、悲惨な状況であった。


早朝の入り江

さて、例年よりはマシなのだからと、自分を慰めつつ宿に戻る。
空はスカッと晴れており、初日の出が見られなかったのが嘘のようだ。

宿の前の入り江はとても穏やかで、今年初の陽光を浴びて綺麗に輝いている。
初日の出は見られなかったものの、新年早々こんなに美しい景色を見られたのだから、今年は良いことがありそうだ。


元旦の朝食

8:05

但馬屋にて、2016年最初の朝食。
本日も地産地消な食事。
但馬屋は養鶏まで手掛けており、写真には写っていないが、新鮮な生卵まであった。

また、岩海苔と餅が入ったシンプルな雑煮も登場。
帰宅後調べたところ、これが隠岐流のお雑煮だそう。
ご当地の雑煮をいただけるなんて、年末年始に旅をしている者にとっては喜ばしい限り。
最近では、元旦から営業している店を探すことすらままならず、ファミレスやコンビニで済ませていることが多かったので尚更だ。
朝から残さず、モリモリいただいた。


「お昼は大丈夫?おにぎりでも作ろうか?」
朝食が終わったばかりだが、女将さんが早くもお昼ご飯の心配をしてくれる。
聞くと、元旦から営業している食堂は無さそうであったので、お言葉に甘えることにした。
ありがたい…!!

8:30
昨日約束した時刻に、Aさんが車で迎えに来てくれる。
元旦から……、本当にありがたい!!
年始早々感謝しっぱなしだ。


承久海道キンニャモニャセンター

菱浦港に建つ「承久海道キンニャモニャセンター」に到着。
こちらも西ノ島の別府港同様、船やバスのターミナルだけでなく、観光協会、漁協の直売店、食堂などが入った複合施設だ。

この後、島前から島後へ向かう船がやってくるのは13:20
中ノ島を満喫できるのは、あと4時間余りだ。
レンタサイクルで島内を散策することにした。
せっかくの正月だ。
せかせかせず、のんびりと旅をするのも良いだろう。


  【前の記事へ】  /  【次の記事へ】

 

カレンダー 2017 壁掛け 風景 大判サイズ 空 SORA カレンダー 2017年カレンダー  平成29年カレンダー 風景 カレンダー2017 カレンダー 2017 壁掛け

価格:1,944円
(2016/11/20 23:22時点)
感想(1件)

| 旅行記 | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://49memory.blog.fc2.com/tb.php/240-e10e9f07

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT