PREV | PAGE-SELECT | NEXT

TOP > 福島県 > 高遠そば(三澤屋@福島県下郷町)

高遠そば(三澤屋@福島県下郷町)

福島県会津地方を代表する観光地、大内宿
江戸時代に、会津若松と栃木県を結ぶ会津西街道沿いに開かれた宿場町で、現在も茅葺屋根の街並みが残されています。
そんな大内宿の名物料理が、今回紹介する高遠そば

さて、この高遠そば、元々は蕎麦どころである信州から持ち込まれました。
信濃国高遠藩の藩主であった保科正之が会津藩に移り住んだ際、会津地方に広めたとされています。
保科氏によって広められた蕎麦は、彼が初めて藩主になった「高遠」藩から名を取り、「高遠そば」と呼ばれるようになりました。

三澤屋

大内宿には、高遠そばの幟を掲げる店が多くありますが、中でも人気が高いのが、三澤屋
昼時ともなると、待たないと食べられないことが往々にしてあるそうです。

建物は大内宿特有の茅葺屋根の伝統的家屋。
魅力的なのは外観だけではありません。
各テーブルが囲炉裏になっており、囲炉裏を囲んで食事をすることができるのです。


高遠そば

こちらが高遠そば。
会津地方に広く伝わる高遠そばの中でも、大内宿のものは一味違います。
その最大の特徴は、箸の代わりに長葱を使って食べるということ!!
元々は徳川将軍への献上品であった高遠そば。
「切る」ことは縁起が悪いため、葱を切らずにそのまま盛り付けたのが始まりなのだそう。

そばに盛られた鰹節、大根おろしもまた、高遠そばの特徴となっています。

高遠そば

葱が箸代わりなので、食べるのに一苦労。
私は葱をかじり、スプーン状にしてから掬い上げるようにしていただきました。

そばは冷たいつゆの中でシャキッとしまっており、美味。
大根おろしがより清涼感をアップさせます。
箸としての役目を果たす葱は、当然薬味としても活躍します。
豪快にバリバリと齧りましょう。


こづゆ

三澤屋では、会津の郷土料理である「こづゆ」もいただくことができます。
こちらも是非試しておきたい逸品。
量はそれほどないので、そばのお供に如何でしょか。


大内宿の街並

会津の山奥の宿場町に伝わる、奇想天外な食べ方をする名物そば。
茅葺の家並みと共に、末永く残されて欲しいですね。

各種情報
三澤屋公式ホームページ : 三澤屋の公式ホームページ
大内宿観光協会 :大内宿について調べるならこちら!!
食べログ : 店舗情報、口コミはこちらからチェック!!

 

送料無料/会津・磐梯 喜多方・大内宿

価格:864円
(2016/11/18 00:08時点)
感想(0件)

| 福島県 | 00:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://49memory.blog.fc2.com/tb.php/239-d71bfbdd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT