PREV | PAGE-SELECT | NEXT

長岡生姜醤油ラーメン(青島食堂宮内駅前店@新潟県長岡市)

 米どころとして名を馳せる新潟県ですが、ラーメンにも注目が集まっています。
新潟県内各地では、それぞれ独自の進化を遂げたご当地ラーメンが群雄割拠しており、最近では新潟五大ラーメンと定義されるようになりました。

すなわち、
昔ながらの支那そば風の、「新潟あっさりラーメン」。
全国的にも知名度が急上昇中で、背脂が特徴的な「燕三条背脂ラーメン」。
寒い地方ならではの、体がポカポカに温まる「長岡生姜醤油ラーメン」。
割スープを入れて食べることで知られる「新潟濃厚味噌ラーメン」。
70年以上の歴史を誇る個性派、「三条カレーラーメン」。
これら5つを総称して、新潟五大ラーメンと呼ぶようです。

今回は、その中から長岡生姜醤油ラーメンを紹介したいと思います。
長岡生姜醤油ラーメンとは、その名のとおり醤油味のスープに生姜の風味を効かせたラーメンです。
スープのベースには豚ガラが使われ、比較的油っこいことが特徴とされています。

青島食堂

今回訪れたのは、JR宮内駅前にある、青島食堂宮内駅前店
駅前ロータリーの目の前にあるので、見つけるのは簡単です。

店の入口の前の券売機で、食券を買ってから入店するというスタイル。
メニューは基本の「青島ラーメン」と、チャーシューが多めになった「青島チャーシュー」の2種という新シンプルな構成。
トッピングメニューとしては、チャーシュー、茹でほうれん草、メンマ、刻みねぎ、のりの5種類があります。
「青島チャーシュー」の食券を買い、入店。

店内もまたシンプル。
やたらと長いカウンター1つのみ。
平日の閉店間際で、比較的すいていたので、適当なところに座ります。


長岡生姜醤油ラーメン

席に座って程なくして出てきました、青島チャーシュー。
これが長岡生姜醤油ラーメンです。

見た目は昔ながらのラーメンという感じ。
散りばめられた細切れチャーシューと、ほうれん草の鮮やかな緑が目を引きますね。
そして、最大の特徴である生姜の香りが漂ってきて、何とも美味しそう。


口に運んでみると、意外と濃厚な味。
豚ガラの効果なのか、ガツンと来る何かを秘めています。
そんなスープに、生姜の爽やかな風味が混じり、奥深い味わいを生み出しているのです。

麺は中太で、ツルっとしてコシがあるタイプ。
チャーシューは柔らかくて味がよく染みています。
あまりに美味しかったので、スープまで飲み干してしまいました。

長岡生姜醤油ラーメン。
個性が光る、美味しいラーメンでした。
他の新潟五大ラーメンも食べてみたいものですね。

各種情報

 

ラーメンWalker新潟(2016)

価格:864円
(2016/6/8 23:42時点)
感想(0件)

| 新潟県 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://49memory.blog.fc2.com/tb.php/228-ef4ffeb7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT