PREV | PAGE-SELECT | NEXT

TOP > 旅行記 > 猛暑のベトナム珍道中【終章】

猛暑のベトナム珍道中【終章】

8月17日(日)

5:00

本日は最終日。
相変わらずダルイ体に鞭を打って早起きし、身支度を整える。

帰りは、往路の行程を、ただ逆に辿るだけ。
飛行機で広州、上海と経由しながら中部国際空港、そしてそこから自家用車で長野へ…。
目眩がするような行程だが、頑張って消化していくしかない。
行きは気分が高揚していたが、帰りで、しかも体調が悪いと、こうも変わるものか…。

ノンバイ国際空港へ向かう

送迎の車に乗り込み、ノンバイ国際空港へ。
空港はハノイ市街地から結構離れており、車で40分もかかる。
地平線から昇ってくる朝陽をボーっと眺めながら、ベトナムの地に静かに別れを告げる。

ノンバイ国際空港

6:10

ノンバイ国際空港着。
早朝だと言うのに、空港は混雑していた。

なお、ここで自分用の土産として、ベトナムのお酒を買おうと思っていたのだが、一足先に帰ったシャド丸君より気になるメールが。

免税店で買ったハノイウォッカが、香港での乗り継ぎ時に没収された

恐らく乗り継ぎの際の手荷物検査に引っかかり、没収されたのだろう。
これは、ベトナムのビールを持って帰りたい私にとっては由々しき問題である。

とりあえず、免税店のレジにハノイの缶ビールを持って行き、乏しい語彙力をフル活用した、たどたどしい英語で説明する。
「私は中国を経由して、日本に帰国する。友達は中国で酒を取られた。でも私は家でこのビールを飲みたい。」
理解したのかどうかは分からないが、スタッフは笑顔で「ノープロブレム!」と返してきた。

笑顔の「ノープロブレム」は若干疑わしかったが、スタッフを信じることにした。
恐らくウォッカは瓶に入っているから没収されたのだ。
缶なら大丈夫、液体検査には引っかからないはずだ。


  中国南方航空 ハノイ8:35→広州11:15

体調の悪い時は寝るに限る!!
…ということで、フライト時間は貴重な睡眠時間。
遠ざかりゆくベトナムの大地に別れを告げ、そのままお休みタイムへ…。
飛行機の狭い座席では、快眠は叶わなかったが、頑張って寝ることに専念した。


  広州白雲空港

広州白雲空港

5日ぶりの中国。
特に感慨とかそういうもはなく、ただただ、体を引きずるように、乗り継ぎ手続をこなす。

雪碧

そんな時手に入れた、オアシスのような存在。
航空機利用者に無料で配布していた「雪碧」という名の炭酸飲料。
ボトルのデザインからも分かるが、中国版スプライトだ。

うう…、ありがたい…!!


  中国南方航空 広州14:00→中部国際空港21:20

さて、あとはこの便に乗っていれば、黙っているだけで日本に連れて行ってくれる!!
…わけではなく、往路と同様、一度上海で降りることになる。

機内食

中国らしい、点心っぽい機内食。
食欲があるわけではないが、とりあえず、出されたものは食べる。


上海浦東空港

上海浦東空港に到着。
上海の空は、5日前と同じように雨模様。
ここでは一度機外に出、中国の出国手続きを済ませてから、再度乗機する必要がある。
そして、ここで最後の事件は起こることになる。

それは心配された手荷物検査でのこと。
案の定、お土産で購入した缶ビールが引っかかってしまった。
「没収する」と言って聞かない検査員。
ここで没収され、廃棄されるくらいなら…。
私は最後の手段に出た。

今、この場で飲んでも良いか?」と尋ねた。

どうだ!持ち込まなければ問題ないだろう。
しかし、語彙の少ない私が絞り出した懸命の訴えは、あっさり却下された。


あとで知ったことであるが、預け荷物にしてしまえば、持ち帰れたらしい…。
これは次回への反省だろう。
一悶着はあったが、あとは日本まで飛行機に揺られるのみだ。

機内食

また機内食。
腹は減ってはいないが、暇つぶしのために食べる。

帰りのフライトはあまりに退屈なので、デジカメの写真を見ながら、今回の旅の思い出を振り返ることにした。
電波を発する機器が使えない機内では、いつもそうやって暇を潰している。

混沌へ 
初日はひたすらの長距離移動で、緊張しっぱなしだった。
ホテルが見つからないというハプニングはあったが、友人と合流できた時は心底安心した。

エレファントイヤーフィッシュ 
2日目は日本語ツアーに参加し、比較的ぬるま湯な一日だった。
夜の屋台での食事は、味も美味しかったが、なかなか楽しい食事だった気がする。

クアダイビーチ 
この旅で最も過酷で、思い出深かったのが3日目だ。
夜も明けぬうちから出発し、炎天下の中フラフラと歩き回り、海で泳いだうえに、一日でベトナムを縦断してしまった。
本旅行記のタイトル「猛暑のベトナム珍道中」は、この一日に凝縮されていると言っても過言ではない。

カヤックツアー 
4日目は2日目と同様にツアーに参加したが、こちらの方は結構ハード。
しかし、ハロン湾の絶景は素晴らしく、またシーカヤックもエキサイティングで、大満足のツアーであった。

中級レストランの食事 
無理な行程をこなしてきたツケがついに回ってきた5日目
病体に鞭打って観光したが、一番印象に残っているのは、冷えたビールの美味しさだった。

そして6日目
グッタリと疲れた体を飛行機のシートに預け、思い出に浸っている。
過酷過ぎて体調まで崩してしまったが、今まで行った日本旅行よりも内容が濃く、楽しい旅であった。


デジカメのモニターを眺めたり、うたた寝をしたりしているうちに、飛行機は夜の中部国際空港へ向けて、高度を下げていった。


  中部国際空港

名鉄で常滑へ

ただいまニッポン!!
ベトナムでは気を張っていることが多かったが、やはり日本は安心するなぁ。
見慣れた日本語の看板に従って駅へと向かい、使い慣れた自動券売機で、知っている駅までの切符を買う。

日常に帰ってきたのだなぁ…と、安心感半分、寂しさ半分の、何だか妙な気分。
常滑駅を降りると、有料駐車場で愛車が主人の帰りを待っていた。

家に帰るまでが旅行。
その「家に帰るまでが長いなあ」と、ウンザリしたが、最後の気力を振り絞って、我が家のある長野県に向けて出発した。


なお、家に着いた頃には日付はとうに変わっており、私は倒れこむように眠りについた。
そして、翌日の仕事は風邪のため、お休みしてしまったのは言うまでもない。



長々とした旅行記にお付き合いいただき、ありがとうございました。



「猛暑のベトナム珍道中」 完


  【前の記事へ】

 

地球の歩き方(D 21(2015~2016年) [ ダイヤモンド・ビッグ社 ]

価格:1,836円
(2016/4/29 00:17時点)
感想(4件)

| 旅行記 | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://49memory.blog.fc2.com/tb.php/223-c64eca48

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT