PREV | PAGE-SELECT | NEXT

TOP > 兵庫県 > 立雲峡(兵庫県朝来市)

立雲峡(兵庫県朝来市)

今や国内でも有数の観光地となった竹田城
標高353メートルの古城山の山頂に建てられた山城で、その姿から「天空の城」、「日本のマチュピチュ」と呼ばれています。

あたり一面に広がる雲海。
雲海の只中に、島のように浮かぶ山城。
そんな幻想的な写真を、テレビや雑誌で見て、感動された方も多いと思います。

多くの人を虜にした「竹田城を俯瞰した写真」は、当然ながら“竹田城で撮影したもの”ではありません。
というわけで今回は、竹田城を俯瞰することのできる、言わば「ベストビューポイント」を紹介します。

その名も立雲峡
如何にも雲海が立ち込めそうな、そんな名前です。
ビューポイントは、円山川を挟み、竹田城の対岸の山の上にあります。
兵庫県道277号線から、脇道に逸れ、細い山道を1キロほど登ると、駐車場が現れます。

立雲峡の駐車場

駐車場は30台程で、休日などはすぐに埋まってしまうでしょう。
12月の休日の朝6時頃に到着しましたが、空いている場所はほとんどありませんでした。
雲海の出やすい秋などは、こんなものではないでしょう。

展望台への道

ビューポイントまではご覧のような山道を登っていきます。
写真は帰り道で撮影したものなので明るいですが、行きは真っ暗でした。
早朝の雲海を狙う人は、歩きやすい靴に加えて、照明を持って行く必要があります。

途中、第3展望台、第2展望台がありますが、狭くて落ち着いて景色を眺められないので、第1展望台まで一気に登ってしまいましょう。
駐車場からは歩いて約50分の道のりです。

幾分緩やかな、開けた斜面が現れます。
そこが第1展望台です。


立雲峡から竹田城を俯瞰

暗い中、急な坂道を歩いてきた苦労も吹き飛ぶほどの絶景。
ちょうど目線の高さには、竹田城址の石垣。
距離は離れていますが、この存在感には圧倒されそうです。

この日は雲海は出ていませんでしたが、晴れているからこそ見ることのできる下界の景色もまた素晴らしいものでした。


日が登りきる前でも、薄明るくなってきているので、「竹田城が見えた!」と満足して下山を始めた方がたくさんいましたが、それでは勿体ない!!
お日様が顔を出すまでは是非待ってみましょう。

立雲峡から竹田城を俯瞰

陽光を浴びる竹田城はこんなにも美しいのだから!!
先ほどまでの寒々しい石垣から一転、何とも温かみのある光景です。


留まることを知らない人気を誇る竹田城。
竹田城自体に登るのも良いですが、今回紹介した「対岸からの景色」もまた格別ですよ。

各種情報
和田山町観光協会 : 竹田城を初めとした、旧和田山町を知るならコチラ!

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

城崎・天橋立 竹田城 ’16

価格:907円
(2016/3/30 00:03時点)
感想(0件)

| 兵庫県 | 00:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://49memory.blog.fc2.com/tb.php/221-4ee10f79

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT