PREV | PAGE-SELECT | NEXT

猛暑のベトナム珍道中 【4-3】ティエンクン洞、そしてとんぼ帰り

8月15日(金)

15:00

約1時間のシーカヤックツアーを楽しんだ我々は、再び遊覧船に。
遊覧船は30分程湾内を進み、再び錨を下す。

次なる上陸地

今度は島への上陸である。
ハロン湾に浮かぶダウゴー島という名前の島なのだが、ここにはハロン湾ツアーの目玉とも言うべき観光スポットがある。

そこに至るためには、船から降り、急な階段を登っていかなければならない。
10分程登ったところで、目的地に到着。


ティエンクン洞

なんと、鍾乳洞である。
しかも、昨日訪れたマーブルマウンテンを軽く凌駕するドギツいライトアップ。

鍾乳洞の名前はティエンクン洞
ハロン湾ツアーでは定番となっている鍾乳洞だ。
こんな所に鍾乳洞があったことに驚いたが、よくよく考えると、この辺りの島は石灰岩で構成されている。
鍾乳洞は石灰岩が浸食されてできるものなのだから、ここで鍾乳洞が出てきてもまったく不思議なことではないのだ。

しかし、このライトアップは凄いな…。

ティエンクン洞

ライトアップだけではなく、噴水まで設置されている。
いやいや、これはちょっとやりすぎじゃないか?
不自然な水の流れを作り出すことは、鍾乳洞にあまりよろしくない影響を及ぼす気がするが…?

世界自然遺産クラスになると、自然への影響を最大限配慮することが常識だと思っていたが、国が変われば、その常識も覆されるのだろうか。
価値観の違いだと思うので、批判はしないが、この噴水はちょっと衝撃的だった。

世界自然遺産というよりも、遊園地のアトラクションを楽しむつもりで観ると…なかなか面白かった。
日帰りツアー故、やや慌ただしく、鍾乳洞は10分程度で抜ける。


ハロン湾を俯瞰

鍾乳洞を抜けると、そこには絶景が待っている。
海上から見るハロン湾も良いが、高い所から俯瞰するハロン湾もまた魅力的だ。
さらに高い所、ハロン湾上空を水上セスナ機で遊覧飛行するツアーもあるらしいが、機会とお金があれば参加してみたいものだ。

眼下の港では、遊覧船が我々の帰りを待っていた。
あとは、帰るだけだ。
静かに湾内を進む船はゆりかごのように心地よく、疲労の影響もあって、座ったまま爆睡してしまった。


帰港

16:40

4時間余りの航行を終え、帰港。
寝ぼけ眼のまま、バスへと乗り換える。

ここからは往路と同様、長時間のバス移動だ。
この時間もまた、心地よい睡眠タイムとなった。
帰路に関してはほとんど記憶がないが、20時にハノイに到着。

結果的に、往路に4時間、ハロン湾で4時間、復路に3時間をかけたことになる。
移動時間が6割以上を占めるツアーで、行程もなかなか慌ただしい。
インターネットの口コミでも散々目にしていたので、ある程度覚悟してはいたが、なかなか無理があるツアーだった。
時間に余裕がある方には、是非とも一泊以上のツアーをおススメしたい。
ツアーのハードスケジュールぶりは大変だったが、ハロン湾自体は、大満足であった。


20:30

夜のハノイ

タクシーでレストランへ向かう。
路上の屋台での食事ばかりだった今回の旅。
3人で食べる夕食が本日で最後であることから、「1回くらいはちゃんとしたレストランで」ということで、「地球の歩き方」に載っていた中級レストランに行くことにしたのだ。

しかし、店に着いた我々に待っていたのは、無常な現実。
予約した者以外は、お断り」と、告げられる。
今までは入った店とは、明らかに雰囲気が違う門構えであったが、門前払いされてしまった。

仕方ないので、レストランを探しながら、徒歩でホテルへ戻ることにした。
なるべく栄えていそうなエリアを通りながら…。




22:20

ホテル近くまで戻り、ようやく夕食にありつけることができた。

路上飯

結局…、路上での飯であった。
炒飯と野菜の炒め物。
中級レストランには行けなかったが、これはこれで美味かった。

我々が食べている途中、西洋人の男女4人組が通りかかった。
彼らも、夕食の店を探しているらしく、男性が我々に「この店は美味しいかい?」と尋ねた。
親指を立て、「Very good!!」と答えたが、この店は女性のお気に召さなかったらしい。
入店するかどうか、しばらく言い争っていたが、結局男性の方が折れて、一行は立ち去って行った。
去り際、男性が振り返りざま、肩をすくめながら、頭の辺りで指をクルクルと回していたのが印象的だった。

「こいつ(女性)、頭クルクルパーなんだよ」と言ったのかな…?
シャド丸君が呟いた。
クルクルパーは世界共通なのか…。


飯を食い、ビールを飲み、あとはホテルに帰って寝るのみ。
本日も楽しかったが、忙しい一日であった。
この連日のハードスケジュールのツケは、翌日回ってくることになる…!!


  【前の記事へ】  /  【次の記事へ】

 

マリア探偵社地獄のバスツアー

価格:648円
(2016/2/26 23:38時点)
感想(0件)

| 旅行記 | 23:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://49memory.blog.fc2.com/tb.php/216-773b84ff

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT