PREV | PAGE-SELECT | NEXT

猛暑のベトナム珍道中 【4-2】シーカヤックツアー

8月15日(金)

ハロン湾

13:30

昼食も一段落し、甲板に出てみると、船はハロン湾の核心部へと入ってきているようだった。
海の桂林」という呼び名のとおり、中国の桂林を彷彿させる、急峻な岩山がニョキニョキと海面から生えている。
石灰岩台地が沈降し、海の浸食を受けた結果、このような地形になったとされている。

海上の行商人

一大観光地ともなると、観光客を狙った商売人も増えるものだ。
しかし、遊覧船に小舟を横付けして果物を売る商人には度肝を抜かれた。

南国系のフルーツが多数。
欧米からの観光客が買い求めていた。

ハロン湾

進めば進むほどに、広がりを見せるハロン湾。
ニョキニョキ島たちが、永遠にどこまでも広がっていそうな、そんな光景。
天気が曇っているのが、残念だが、これはこれで神秘的か。

一旦遊覧船は、海上に据え付けらえた船着き場に停泊。


カヤックツアー

ここからはシーカヤックに乗り換え、ハロン湾へと漕ぎ出す!!
有料のオプションで、参加しない人は船上で帰りを待つことになるのだが、これは参加するしかないだろう。

まずは、シャド丸君とガッツ君がカヤックに乗り込み、おっかなびっくり出航していく。
余った私はどうしたかというと…。

カヤックツアー

一人旅のオーストラリア人女性と2人で漕ぎ出した。

カヤックは漕ぎ手の2人のチームワークが試されるもの。
今回一緒に旅行した3人の中でも、最も英語力に劣る私。
四苦八苦しながらも、なんとか半分くらいは意思疎通ができた。

カヤックツアー

岩の根元に穴が!
Let's go to the tunnel!!」と中学1年生並の英語とパドルを操り、穴の方へ。

カヤックツアー

なんと、穴は天然のトンネルで、その向こうには巨大な空間が広がっていた!!
その空間は、四方を完全に岩山で囲まれた円形のもので、外界との唯一の出口が、我々が潜ってきたトンネル。
これは凄い…!!
感動を率直に伝える語彙力も持ち合わせていないので、ただ「Amazing!!」と繰り返す。

これはカヤックのオプションを追加して正解だったというものだ。

カヤックツアー

シャド丸君とガッツ君のご満悦の様子。
小さな箱庭のような海を、思い思いに漕いで回った。

なお、このような岩のトンネルや箱庭は、他にもあり、興奮の連続であった。


カヤックツアー

遊覧船に戻る時刻が迫ってきたので、船着き場へと急ぐ。
万が一、集合時刻に遅れた場合は、容赦なく置いて行かれるのであろうか…。

なお、写真の右側に縦長の三角形の亀裂が見えるが、勿論そこをくぐり抜けて帰った。
1時間ほどであったが、絶景の連続で、良い経験が出来たと思う。
漕ぎ方が下手くそだったのか、海水がカヤックの中に入り、パンツまでびしょ濡れになってしまった。


  【前の記事へ】  /  【次の記事へ】

 

フジタカヌー(FUJITA CANOE) ALPINA-1(アルピナ1) 310 D:ブルーB:ホワイト

価格:155,500円
(2016/2/22 23:06時点)
感想(0件)

| 旅行記 | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://49memory.blog.fc2.com/tb.php/215-85284218

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT