PREV | PAGE-SELECT | NEXT

油麩丼(首藤屋@宮城県登米市)

宮城県北部、登米市を中心に親しまれている伝統的な食材、油麩
一般的に知られている「麩」は、小麦粉のたんぱく質成分であるグルテンを焼いたものですが、油麩はそれを揚げたものです。
主に味噌汁や煮物、うどんの具などに使われるようですが、近年注目を浴びている油麩料理があります。

それが今回紹介する油麩丼
カツ丼のカツを油麩で代用した料理です。
比較的地味で、脇役であった油麩を主役に据えた料理と言えるでしょう。

油麩丼を提供している店は、登米市内(平成の大合併前は登米町)に約10軒あります。
(余談ですが、市名は「とめ」市、旧町名は「とよま」町です)
今回は、首藤屋にお邪魔しました。

首藤屋はこじんまりとした“町の食堂”といった趣で、ラーメンや定食、そば、うどんなどがリーズナブルな価格で食べられます。
油麩入りのラーメンやうどんもあり、実に気になるのですが、今回は目当ての油麩丼を注文しました。


油麩丼

出てきました、油麩丼。
味噌汁、春雨サラダ、漬物もついてきました。

油麩丼

さて、油麩丼、見た目は本当にカツ丼のよう。
卵の隙間から、輪切りにされた油麩が覗いていますね。
早速その大ぶりな油麩を口に含んでみると…。

じゅわっ。

つゆが染み出し、口の中に広がります。
肉ではなく、麩なので、よりつゆの味を吸いやすいわけですね。
なるほど、これは良い!
油麩は、基本的には柔らかいフニャッとした食感なのですが、端っこはやや硬いです。
これもまた、良いアクセントになっていますね。

つゆは、カツ丼や親子丼で使用されるような甘じょっぱいもの。
この店のオリジナルなのか、鶏肉も入っていました。

安くて素朴で美味い、満足な一品でした。


各種情報
油麩丼の会 : 油麩丼、油麩について知るならコチラ!
首藤屋
夜総合点★★★☆☆ 3.3

関連ランキング:ラーメン | 登米市その他


 

ささきの手焼 油麩 4本入り

価格:668円
(2015/12/27 21:58時点)
感想(8件)

| 宮城県 | 22:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://49memory.blog.fc2.com/tb.php/208-826aadfa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT