PREV | PAGE-SELECT | NEXT

猛暑のベトナム珍道中 【1-1】激安航空でベトナムへ

8月12日(火)

本日は移動日。
通常であれば7時間程度で到着するベトナムだが、安い航空券であるため、2回も乗り継ぐことになる。
朝9時半に中部国際空港を発ち、先発隊との待ち合わせ場所であるホーチミンに着くのは22時前という長旅だ。

先発隊と言えば、昨日マレー鉄道に乗り遅れ、旅続行不能の危機を迎えていたが、現地で飛行機のチケットを買い、なんとかクアラルンプールに到着したらしい。
今日は半日クアラルンプールを観光し、夜の便でホーチミン入りする予定だという。

常滑駅

5:50
旅立ちの朝は生憎の雨模様。
しかしまあ、これから時差が2時間ある異国へ旅立つのだから、飛行機が離陸さえしてくれれば、現在の天気などどうでも良い。
それにベトナムで体験するであろう雨は、こんなものではないだろう。
日本的なしとしと雨の中、早朝の列車は海上を渡り、中部国際空港駅へと滑り込んだ。


  中部国際空港

空港に到着後は、慣れない搭乗手続やら出国手続きやら両替(ベトナムドンと、乗り継ぎの中国で使う中国元)。
出発ロビーに腰を落ち着かせる頃には、寝不足と疲労で、既にクタクタになっていた。

ベトナムドン

そんな中、両替したばかりのベトナムドン(以下、VDNと表記)を広げて撮影。
VDNは桁数がやたら大きいため(当時で10,000円=2,073,728ドン)、金持ち気分が味わえる。
そんなことをしていて気が緩んでいたからか、VDNを入れていた財布を、出国前に紛失した
なお、旅を終えた後に中部国際空港警察等に問い合わせてみたが、結局財布は見つからずじまいだった。

まぁ、盗難防止のために、両替したVDNを2つの財布に分けて入れていたのが不幸中の幸いだろう。
しかし、6,000円相当の大金を一気に失ってしまったため、今後は気を引き締めなくてはならない。


  中国南方航空 中部9:35→広州15:20

9:35
定刻通り出発した飛行機は、すぐに分厚い雲に突っ込み、窓の外は一面の白い世界と化した。
外の景色は見えないし、あとは機内での楽しみは機内食くらいだろう。

うどん

その機内食。
うまいというわけではないが、普段乗るのは機内食がない国内便ばかりなので、海外旅行気分は高まる。
しかし…、「Rice or Udon」と聞かれ、「Udon!!」と答えたはずなのだが…、これはどう見ても焼きそばかビーフンでは…?

なお、搭乗直前に気づいたのだが、この便は広州に直行せず、一度上海を経由するらしい。
燃料補給というわけではなく、「上海経由広州行」ということで、上海で下車ということもできるようだ。
面倒なことに、広州までの乗客も一度降りなければならないらしい。

…というわけで、11:00(現地時間。以下はすべて現地時間で記す)、一度上海浦東空港に着陸。

上海浦東空港

…で、一度飛行機から強制的に降ろされ、中国への入国手続き、手荷物検査などを経て、再び出発ロビーへ。
広州に行く客全員での集団行動なので、迷うことはなかったが、重い荷物を背負って歩き回るのは寝不足の体には堪える。
登山用ザックに全ての荷物を詰め込んで、機内に持ち込んだわけだが、こんなことならケチらずに預け荷物にすれば良かった…。

そんなこんなで再び機内の人となり、疲労困憊のまま広州へ向けて出発した。
爆睡してしまい、起きたころには着陸態勢に入っていた。


  広州白雲空港


広州白雲空港

15:20
広州白雲空港に到着。
天気は晴れていたが、空気はジメッとしており、南に来たのだと実感。

さて、ホーチミンへ飛び立つまで、5時間近く時間がある。
搭乗手続き、出国手続きを差し引くと3時間程度といったところか。
地下鉄で広州の街に繰り出すことも考えたが、異国ではしゃぎ過ぎて、先発組の二の舞になってしまってもいけない。

青島ビール

結局、蒸し暑さにも負けて、出発ロビーにあるレストランでビール、ということになった。
中国らしく青島ビールとチンゲンサイ、謎の肉。
ビールは美味かったけど、おかずは…うーん…。
機内食を食べたので、おかずだけで良かったのだが、ご飯とバナナまで出され、満腹に…。
初っ端から食べ過ぎである。

なお、残りの時間は持ってきたタブレットPCでネットサーフィンを楽しみながらグダグダと過ごした。


  中国南方航空 広州20:05→ホーチミン21:50

さあいよいよベトナムへ。
上空からベトナムの大地を見下ろしてみたいところだが、夜間飛行なのでそれは叶わない。
ただ、雲はかかっていなかったため、時々暗闇の合間に現れる、ベトナムの地方都市の夜景を眺めながら到着の時を待った。
やがて、そんな地方都市の夜景とは比べ物にならない程の明かりが眼下に現れる。
ベトナム最大の商業都市、ホーチミンだ。
強烈な光源に吸い寄せられるように飛行機は降下を始める。

ベトナム到着

そして21:45
私は、目的地であるベトナムへの地に降り立った。


  【前の記事へ】  /  【次の記事へ】

 

[中国] 青島ビール 330ml

価格:270円
(2015/9/18 22:38時点)
感想(0件)

| 旅行記 | 22:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://49memory.blog.fc2.com/tb.php/196-26862b73

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT