PREV | PAGE-SELECT | NEXT

TOP > 千葉県 > 勝浦タンタンメン(中華 宮下@千葉県勝浦市)

勝浦タンタンメン(中華 宮下@千葉県勝浦市)

 近年、B1グランプリで高い人気をキープし続けているB級グルメがあります。
房総半島に位置する港町、勝浦市発祥の勝浦タンタンメンです。
2014年度のB1グランプリでは第2位の成績を収め、関東で最も注目されているB級グルメと言っても過言ではないでしょう。

勝浦タンタンメンは1950年代、勝浦市にあった大衆食堂「江ざわ」で誕生しました。
通常の担々麺を再現しようとしたところ、担々麺に必要な調味料、芝麻醤が入手できなかったため、独自の味になったそうです。
熱々で辛いこのメニューが、寒い水仕事を終えた漁業関係者を中心に高い人気を集め、急速に勝浦市内に広まりました。
現在では勝浦市を中心に、千葉県内の40店舗以上で提供されており、全国的な人気も先述したとおりです。

中華宮下

今回は勝浦市中心部に店を構える中華宮下を紹介します。
昭和の香りがする外観ですが、中に入ると、壁に色々なポスターが貼ってあり、よりレトロな雰囲気を味わうことができます。

さて、この店では勝浦タンタンメンが「ラージャンメン」という名で提供されています。
勿論、「ラージャンメン」を注文します。

勝浦タンタンメン

さて、出てきました。

辛そう…!

というのが第一印象でした。

よく見る担々麺は赤いながらも、ゴマのマイルドさを感じさせる穏やかな色をしていましたが、勝浦タンタンメンは遊びのない赤
勝浦タンタンメンの特徴である、ラー油と唐辛子が前面に押し出されたビジュアルです。

恐る恐る口に運んでみると…意外にも優しさがある味
辛いことには辛いのですが、非常に旨味があります。
スープのベースは醤油味。
さらに、赤いスープの中には刻んだ玉ねぎが沈んでおり、そこから甘みが出ているようです。
辛味と醤油味と甘味が混ざり合い、非常に奥深い味わいが生み出されているのですね。

中華麺をすすると、旨味のあるスープや玉ねぎが絡み、ついつい食が進んでしまいます。
そして食べ終わってみると、汗が噴き出してきました。
唐辛子パワーによって、新陳代謝が促進されたようです。

熱くて辛い、けれど優しくて深い味わいの名物タンタンメン。
房総半島をお越しの際には、是非お試しください。

各種情報
熱血!!勝浦タンタンメン船団 : 勝浦タンタンメンについて知るならコチラ!
宮下
昼総合点★★★☆☆ 3.3

関連ランキング:担々麺 | 勝浦駅


 

るるぶ千葉 房総’15

価格:864円
(2015/9/4 23:06時点)
感想(3件)

| 千葉県 | 23:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://49memory.blog.fc2.com/tb.php/193-45502d3f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT