PREV | PAGE-SELECT | NEXT

TOP > 秋田県 > 川原毛大湯滝(秋田県湯沢市)

川原毛大湯滝(秋田県湯沢市)

当ブログでは、ワイルドな野湯を幾つか紹介してきましたが、今回はその中でも特に荒々しい野湯を取り上げます。
場所は、秋田県南部の湯沢市
平成の大合併の前は、皆瀬村と名乗っていた、山深い温泉地を数多く擁する地域です。

そんな野湯へのアクセスは、やはり容易ではありません。
谷沿いの細い車道を進んだ先にある駐車場から、山道を15分程歩かなくてはなりません。

山道を行く

駐車場から温泉に向かう途中、ご覧のような沢を渡ります。
実はこの沢には温泉が流れており、もくもくと湯気が立ち上っています。
しかしこの温泉、源泉の温度が94.5℃あり、浸かったら火傷では済みません。
適温となる下流へと進む必要があります。

この先は、急峻な斜面に刻まれた狭い山道。
足元には十分に注意する必要があります。
最後に谷底へ一気に下ると、目的地に到着です。






川原毛大湯滝

こちらが日本屈指の荒々しさを誇る野湯、川原毛大湯滝です。
その名のとおり、滝です。
ここに至る道中に渡った、高温の沢の下流にあたります。
激熱のお湯が、沢を流れ、支流の水を受け入れ、適温になったところが滝!
…仕組まれたかのような偶然が重なり、素晴らしい野湯ができあがったわけです。

早速滝つぼに入ってみると、なかなか良い湯加減。
背後には滝があり、結構な水量が流れ落ちているのですが、お湯の温度は快適。
しかし、この温泉は世界でも屈指の強酸性温泉
飛沫が目に染みるため、とても目を開けていられません。
ゴーグルを持参した方が良いでしょう。

川原毛大湯滝

複雑な流れが特徴的なこの温泉(滝)。
場所によっては2段に分かれているところがあり、崖の中腹にある滝つぼにも入浴することができます。
ここの滝つぼは決して広くはないですが、高い位置にあるため眺めは格別です。
取っ掛かりが多く、比較的登りやすい崖ではありますが、自身が転落したり、石を落下させて他人を怪我させないよう注意しましょう。

野湯以外にも、小安峡温泉泥湯温泉秋の宮温泉など、この地域には魅力的な温泉が豊富にあります。
是非そちらにも足を伸ばしてみたいものですね。

各種情報
Webの駅ゆざわ : 温泉銀座、湯沢市の観光情報サイト。

 

一度は行きたい!日本の絶景温泉

価格:1,620円
(2015/3/13 00:15時点)
感想(2件)

| 秋田県 | 00:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://49memory.blog.fc2.com/tb.php/181-ec002df2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT