PREV | PAGE-SELECT | NEXT

男の島旅~利尻・礼文編~【第3回】

7月19日(土)

利尻町

お昼を過ぎたところでちょうど島を半周し、利尻富士町から利尻町に入る(6時の位置)。
北海道にある主要な離島3つ(利尻、礼文、奥尻)のうち、複数の自治体を有するのは利尻島のみだ。
円形の島を真っ二つに割るように、東側が利尻富士町、西側が利尻町である。


御崎公園

利尻島最南端にある仙法志御崎公園
利尻山から流れ出した溶岩が冷えて固まったという、荒々しい海岸だ。
海岸線が入り組んでいるおかげで、海越しに利尻山が見えるという珍しいスポットだ。
勿論スタンプ台もあるため、押していく。
我々にとっては8ヶ所めのスタンプで、ちょうど折り返し地点となる。

個人的には、ここから眺める利尻山が一番綺麗だったなぁ。

御崎公園のあざらし

この公園の見どころは利尻山だけではない。
荒々しい磯の一角が生簀になっており、中では一頭のあざらしが元気よく泳ぎ回ってる。
観光用に飼育されているようで、公園内にある土産屋ではあざらしの餌を買うことができる。
男3人がボーっとあざらしを眺めていると、家族連れがやってきて、子供があざらしに餌をやり始めた。
うーん、微笑ましい光景だ。


海沿いを行く

さて、あざらしに癒された後は後半戦。
島の西海岸へ突入する。
写真は「7時の位置」あたり、海に寄り添うように走る区間で、非常に気持ち良かった。

この付近の道路沿いに麗峰湧水という湧き水があったため、冷たい水で喉を潤した。


海岸線ばかりでは飽きるので、利尻町の中心地、沓形9時の位置)から利尻山に登る!
登るといっても、5合目にある展望台へ向かうのだ。
5合目までは緩やかとは言え、上り坂がひたすら続き、50ccのスクーターではしんどい。
悲鳴のようなエンジン音を響かせ、やっとのことで展望台に着いた。

見返台園地展望台

標高500メートル近くにある見返台園地展望台
海側は残念ながら霞んでしまったが、山側は晴れ渡っており、利尻山を間近にクッキリと見ることができた。
ヘリコプターが山に資材を運んでいるらしく、何回か往復しており、我々はその様をボーっと眺めていた。
山男であるエビスは、険しく聳える利尻山の目の前にして、「登りたい」と繰り返していた。


5合目からの展望を楽しんだ後は、いよいよ終盤戦。
陽も傾き始め、そろそろ帰りを急ぐ時間になってきた。

ミルピス

帰る前に忘れてはいけないのがこちら。
利尻島の隠れた名物である、ミルピス商店10時の位置)のミルピス!
利尻島限定の乳酸飲料で、飲んだ印象としては、「飲むヨーグルト」を爽やかにした感じ。
おばちゃんが切り盛りしている小さな商店という趣で、店内のテーブルでミルピスを味わう。
サービスでコケモモジュースやスナック菓子を出してくれたのが、非常に嬉しかった。
利尻を訪れた際には、是非立ち寄って休憩して欲しい。


鴛泊港

16:00、利尻島を一周し、我々は鴛泊港まで戻ってきた。
スタンプもラスト1ヶ所を残し、すべて押した。
最後のスタンプのあるペシ岬は夕日の名所なので、もう少し日が傾いてから行くとしよう。
それまでの間は、昨夜のリベンジ、釣りだ。

一時間程度粘ったが、今日の釣果もイマイチだった。
やはり昼間は魚からも水面が見やすいため、警戒されやすいのか。


ペシ岬

気を取り直して、ペシ岬へ行く。
岬と言っても、ここの岬は標高93メートル。
岬と言うよりも岩山という雰囲気だ。
短くも険しい道を息を切らしながらと登っていく。

ペシ岬 ペシ岬

これだけ登ると、岬からの景色は素晴らしい。
夕焼けを見ることができたうえ、鴛泊地区を一望することができた。
明日は利尻に別れを告げて礼文島に行く。
利尻島の旅の終わりに相応しい景色を見ることができて、大満足。

スタンプラリー制覇

そして忘れてはいけないのが、スタンプラリー。
ペシ岬のスタンプを押し、完全制覇!
たまたまペシ岬が最後になったのだが、到達難易度的にも、ビジュアル的にもペシ岬がラスボス感が出ていて、非常に良かった。


一周を達成した後は、最後の利尻ナイト!
バイクでキャンプ場に行き、
バンガローに荷物を下し、
温泉で汗を流し、
バイクを返却し…
という行程を、慌ただしくこなし、居酒屋へ。

魚勝

インターネット上での評判が非常に良かった、魚勝
今宵はここで思う存分飲む。

魚勝

やはり日本有数の漁場、利尻。
ウニ以外にもおいしい魚介類が豊富に揃っている。
珍しい物としては、タチカマ
タラの白子を使った練り物で、利尻島でしか味わえないのだそうだ。
食感がプリプリで、バター炒め(写真左上)にしても、酢の物(同右下)にしても美味だった。
その他にもホッケ(同左下)、タコ等(同右上)、新鮮な魚介類を、比較的安価で味わうことができ、利尻を訪れる人に是非おすすめしたい店だ。

その日はバンガローに帰り、セイコーマートで買った酒とツマミでささやかな2次会。
明朝は礼文行のフェリーに乗るため、早めに就寝した。


 

もちっとしろたんマスコット【あざらし】

価格:1,234円
(2014/9/3 22:03時点)
感想(1件)


| 旅行記 | 22:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://49memory.blog.fc2.com/tb.php/169-71e047b1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT