PREV | PAGE-SELECT | NEXT

TOP > 旅行記 > 下北半島・三陸の旅【第8回】

下北半島・三陸の旅【第8回】

5月5日(月)

南相馬地域を徘徊した後は、福島内陸部へ向かう。
本日夜は仙台で飲む予定だが、時刻はまだ13時。
時間はたっぷりあるため、何処に行って何をするか、議論をしながら進む。
しかし、雨が降ったり止んだりという残念な空模様。
蔵王磐梯吾妻スカイライン等、見晴らしを売りにした観光地は断念せざるをえない。

泣く泣く観光地をスルーしてきた前日とは打って変わって、することも決まらぬまま距離だけを稼いでいく車。
あぶくま洞福島で餃子という案も出たものの、時間的に都合が悪いために却下。
それならば早めに仙台に着いて、飲みまくろうということで意見が一致した。


阿武隈急行

ただ、仙台に向かうだけでは味気ないので、ひとつまみのスパイスを。
阿武隈急行の駅で拓北を下ろし、次の駅で拾うという謎の試み。
単純な暇つぶしである。

拓北を乗車させたのは、甲駅からあぶくま駅の一区間であったが、道路がウネウネの山道であるのに対し、線路はまっすぐなトンネル。
結果として、発車と同時に車は置いていかれ、拓北を駅で待たせる結果となってしまった。
(昨日も拓北に待ちぼうけを食らわせたような…)

なお、あぶくま駅の近くには、阿武隈川下りの船着き場があるのだが、本日の最終便が出発した直後らしい。
非常に間の悪い旅である。

その後はすることもなく、車内も夜の宴会の話題になったため、仙台へ直行することにした。
こういうグダグダな旅にはミスがつきものだ。
東北自動車道で仙台へ向かっていたのだが、降りるべき仙台宮城ICをスルーしてしまった。
結局ETC出入り口のある泉PAで折り返し、改めて仙台宮城ICで下りたのである。


味噌漬け牛タン

さて、気を取り直して、最後の晩餐。
仙台と言えば牛タンだ。
様々な牛タンが味わえる「一福」にお邪魔した。
一福は、とにかくバラエティに富んだ牛タンが魅力の店だ。

牛タン刺し

衝撃の一品、牛タン刺し。
口の中でとろける。

牛タンたたき 

牛タンのたたき。
こちらも良い歯ごたえだ。

牛タンユッケ 

牛タンユッケ。
タレと卵黄が絡み、旨味がより引き立つ。

牛タン角煮スライス 

牛タンの角煮スライス。
煮込んでもなお柔らかく、そしてジューシー。

以前、仙台の牛タンの分厚さに衝撃を受けたものだが(紹介記事参照)、これだけバラエティに富んだ牛タンは初めてだ。
とろけるような味わいに頬も財布の紐も緩み、お会計がすごいことになってしまった。
いやはや、大満足!


さて長かった旅もいよいよ明日が最終日。
苗穂と拓北は午前中に仙台空港から発つため、3人での旅はこれにて「ほぼ」終了である。
連休明けの仕事のことが一瞬脳裏をかすめたが、最終日まで旅を楽しむのだと自分に言い聞かせ、眠りについた。


 

【25%OFF!!】阿武隈急行運転席展望【DVD】

価格:2,850円
(2014/7/28 21:33時点)
感想(0件)

| 旅行記 | 21:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://49memory.blog.fc2.com/tb.php/160-99f9ece6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT