PREV | PAGE-SELECT | NEXT

TOP > 佐賀県 > 棚じぶ漁体験@道の駅鹿島(佐賀県鹿島市)

棚じぶ漁体験@道の駅鹿島(佐賀県鹿島市)

 佐賀県と長崎県を結ぶ国道207号線沿いに、道の駅鹿島があります。
有明海に面した風光明媚な道の駅で、干潟に関する様々な体験を行うことが出来ます。
干潟で行う競技大会、「ガタリンピック」もここが舞台となっています。

今回紹介するのは、道の駅鹿島が提供している体験の一つ、「棚じぶ漁」。
干潟の潮の干満を利用した伝統的な漁で、江戸時代後期から有明海に広まっていたのですが、現在ではほとんど行われていません。

さて、棚じぶ漁は干潟の上に建てられた小屋で行います。
小屋は2箇所しかないため、事前に予約しておくことが必要です。
岸からは小さな橋を渡っていくのですが、意外と高さがあり、スリル満点です。
小屋の中は意外と広く、風もよく通るので快適ですよ。

棚じぶ 

漁はこのような網を使って行います。
網を水に沈めておき、ロープで手繰り寄せて網を持ち上げるだけのシンプルな漁です。
持ち上げた網から、タモ網を使って獲物を掬い取ります。
シンプルですが、チームワークが必要な漁なのです。

小エビ

小一時間漁を続けた結果、このような小エビが大量に捕れました。
今回はほとんどエビでしたが、魚も捕れることがあるようです。
小エビはリリースしました。
今回は食べませんでしたが、近くの寿司屋で、調理してくれる店もあるそうです。

さて、棚じぶ漁体験をするにあたって重要なのが時間。
潮が満ち始める時間帯がベストなので、事前に問い合わせておきましょう。

各種情報
道の駅鹿島 : 棚じぶ漁の他にも、干潟体験が盛沢山!
 

【送料無料】 九州・沖縄 道の駅 徹底パーフェクトガイド / ほり編集事務所 【単行本】

価格:1,575円
(2014/1/11 13:13時点)
感想(0件)

| 佐賀県 | 13:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://49memory.blog.fc2.com/tb.php/121-64f064d7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT