PREV | PAGE-SELECT | NEXT

釜玉うどん(なかむら@香川県丸亀市)

香川県と言えば讃岐うどん
多くの人気店が県内各地に点在しており、はしごをする観光客も増えています。
うどんの食べ方(かけ、ぶっかけ、釜揚げ、ざるなど)、店のスタイル(セルフ、製麺所、食堂など)も多種多様で、それぞれの店でそれぞれの楽しみ方ができます。

今回訪れたのは丸亀市飯山(旧飯山町)にある「なかむら」。
かなりの人気店だと聞いていたので、開店時間(9:00)の30分前に到着。

なかむらの行列 

開店前だというのにこの行列!
駐車場前では警備員が交通整理をしており、停めてある車も県外ナンバーが目立ちます。
「なかむら」に限らず、讃岐うどんの人気店はこのような状態なので、ご注意ください。

さて、この店のオススメはなんと言っても釜玉うどん
釜玉うどんは茹でたてのうどんに生卵を絡め、だし醤油をかけていただくもので、讃岐うどんブームの火付け役とも言われています。
「なかむら」はセルフ方式の店なので、釜玉うどんを注文する際には注意が必要です。

釜玉用卵

店に入ると、卵が大量に入った籠が置かれています。
釜玉うどんを注文する場合は、店員にその旨伝えたうえで、自分で卵を丼に割り入れるのです。
そして卵を溶いたうえで店員に渡すと、茹でたてのうどんを入れてくれます。
あとはネギ、生姜などの薬味、天ぷらを自分で取り、レジへ向かいます。

以上が一連の流れです。

釜玉うどん 

「なかむら」の釜玉うどんです。
食べる前に専用の醤油をかけますが、かげ過ぎないよう注意しましょう。

食べてみると、うどんのコシが非常に強いことに衝撃を受けます。
インターネットでの口コミで「グミのような食感」という表現をよく見ますが、的を射ていると思います。
とにかく非常に噛み応えのある麺です。
そこにネットリとした卵と醤油が絡み、絶妙なハーモニーを奏でているのです。

うどんに乗っているのは、セルフで取ったゲソ天。
こちらもサクサクした食感で美味しいので、オススメです。

先述しましたが、人気店であるため休日はとにかく混雑します。
訪れる際には開店時間前に着いておくことが望ましいです。

各種情報
食べログ : 店舗情報、口コミはこちらから!
はじめてのさぬきうどん : うどん巡りをするなら必見!

 

讃岐うどんめぐり指南の書 [ 田尾和俊 ]

価格:714円
(2013/11/25 21:12時点)
感想(3件)

| 香川県 | 21:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://49memory.blog.fc2.com/tb.php/105-728d1855

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT