TOP > ARCHIVE - 2016年10月

2016年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年11月

| PAGE-SELECT |

男の島旅~隠岐編~ 【1-1】寒空航海

2015年12月31日(木)

4:50

あまり眠れていない気がするが、起床。
車中泊と言うのは、いくら数をこなしても慣れないものだ…。

旅のお供、拓北君との待ち合わせ場所である庄原バス停の10km程手前にある本村パーキングエリア
外に出ると、西日本とは思えないほど寒い。
いそいそと寝袋を片付け、身支度を整えながら、携帯電話を確認すると、拓北君が広島県入りしたとのメッセージ。
バスが時間通り着きそうだということよりも、拓北君が寝過ごさなかったことに安心した。

拓北君と合流するため、出発する。
庄原バス停は高速道路本線上にあるため、そのままバス停に進入してしまえば合流は簡単だが、当然バス停は進入禁止だし、高速道路上は原則駐停車禁止だ。
面倒だが、一度庄原インターチェンジで降り、高速道路の外からバス停を目指す。
高速道路のバス停は大抵分かりにくい場所にあるが、ここも例外ではなかったようだ。
事前にGoogleストリートビューで調べておいて良かった。


さて、そんなこんなで、特にトラブルもなく、無事に拓北君と合流。
庄原インターチェンジ前にあるセブンイレブンで朝食と缶コーヒーを買い、出発だ。


地図

ようやく序章が終わり、今日は隠岐へと向かう。
まずは松江市七類港へ向かう。
順調に行けば、出航の2時間前に着く見込みだ。

…が、松江自動車道を走り出したところで思わぬ障害が!!
何と大雪である!!
路面には雪が積もり、吹雪で視界は真っ白。
これはなかなか厄介だ。
スピードを緩め、慎重に進んでゆく。
今シーズン初の冬道を、こんな西日本で体験することになるとは思わなんだ。


宍道湖

7:00
結局吹雪いていたのは、広島県庄原市北部のみ。
島根県に入ってからは、快適な走りで日本海側までやってきた。
宍道湖サービスエリアで休憩。

これから進んでゆく日本海方面の空。
スッキリ快晴とはいかないが、雲は少なそうだ。


松江駅

7:20
到着が大分早まりそうなので、寄り道。
名物の割子そば(紹介記事参照)を求めて、松江駅へ。
ところが、朝から営業しているはずであった、駅ナカのお店は潰れていた模様…。

無駄に駅前パーキングにお金を落として、松江駅を去る。


妖怪ロード

8:20
七類港の一歩手前、鳥取県境港市
言わずと知れた、水木しげるの出身地であり、水木しげるロードと名付けられた商店街は、今や鳥取県を代表する観光地だ。
ご覧のように、商店街のあちらこちらにゲゲゲの鬼太郎に登場する妖怪たちの銅像が立っており、散歩するだけでも楽しい。

しかしこの時間は、どの店もシャッターを下ろしており、朝食をいただくことはできなかった…。
この先で朝食に有りつける望みは薄かったので、仕方なくコンビニで味気ない食事。
空腹のままフェリーに乗り込むよりは良かろう。


9:00
長野県の自宅を出発して3日と3時間。
のんびりと旅してきたが、ようやく今回の旅の出発地である島根県松江市の七類港に到着。

七類港

堂々たる姿の、「フェリーくにが」。
隠岐までの約50kmを、2時間半かけて、航行する。
古びた、無骨な船体が、旅情を盛り上げてくれる。
どんよりとした空模様もまた、旅情を盛り上げて…いや、そこはスッキリ晴れて欲しいなぁ。

フェリーターミナルでチケットを買い、いよいよ乗船だ。


隠岐地図

上の地図をご覧いただきたい。
これから我々は本州を離れ、隠岐へと旅立つわけだが、大晦日である本日は島前へ。
まず、島前にある西ノ島へ向かい、半日ほど観光。
夕方にはお隣の中ノ島に渡り、そちらの民宿で年を越す予定だ。
年明けは島後へと移動し、島を周遊。
最終的には1月2日(土)に本州へと戻ってくるというスケジュールだ。


船室

さて、船内になだれ込んだ我々は、一番安い、カーペット敷きの2等室の一角を陣取る。
やはり船旅と言えば、この“雑魚寝スタイル”だろう。
好きな場所を思い思いに陣取り、毛布にくるまって過ごすというのが2等室での過ごし方。
足を伸ばしたまま旅ができるのは、船旅以外にはないと思う。
飛行機のビジネスクラスなど目じゃないほどの快適さだ。
ただし、海が荒れていたり、混雑していたりすると、地獄絵図と化す“諸刃の剣”と言えるだろう。

酔い止め薬

そんな地獄絵図に備え、一応酔い止め薬を飲んでおく。
隠岐航路に限らず、冬は海が荒れやすいので、苦手な方は薬を飲んでおくのが良いだろう。
これまで、多くの航路でお世話になってきた液体の酔い止め薬。
経験上、錠剤よりも液体の方が酔わない…気がする。

売店

売店にはスナック菓子や土産などが売っていた。
長距離フェリーほどではないが、それなりに充実している。

甲板

甲板に出ている人は皆無。
出航時と言えば、甲板から本土に別れを告げる人が少なからずいるという印象があるのだが…。
地元民が多いからなのか、寒いからなのか…。
拓北君も、夜行バス明けで寝不足なのか、船室で寝ているため、一人寂しく出航を見守る。
風が強く、寒い。


メテオプラザ

9:30
大きな汽笛を何回も鳴らしながら、出航。
本州とのしばしの別れ。

写真に写る前衛的な建物は、フェリーターミナル、メテオプラザ
1992年、付近に落ちた隕石を展示した、メテオミュージアムが併設されており、フェリー利用者以外も訪れているようだ。
建物のデザインは、観光の目玉である隕石と灯台を模しているらしい。

神々しい海岸

七類港そして七類湾を抜け出し、外洋へ。
奇岩、断崖絶壁が連続する島根半島の海岸線を望む。
まさに「神々の国島根」の名に相応しい、神々しい光景だ。
屏風のように聳える山の向こうには、松江の街並みが広がっているのだ。


しばらく離れ行く本土を見ていたが、寒くなってきたので船内に逃げ込み、ゴロゴロタイムに。





隠岐が見えた

11:05

そろそろかと思い、甲板に出てみると、隠岐諸島が見えた!!
しかも天気も好転しており、なかなか清々しいファーストコンタクトになった。
相変わらず甲板は寒く、他の乗客は出てこなかったが、拓北君と共に近づく島々を撮影しまくる。

あれは主に3つの有人島から成る“島前”。
確かに幾つもの島が絡み合うように並んでいるのが見える。
どれがどの島なのか…上空から見てみないと分からなそうだ。

険しい断崖

11:09

知夫里島に接近!!
ここは最初の寄港地だが、今回の旅では時間の関係上降り立つことはできない。
さすがは崖が観光地となっている島だけあり、大迫力の断崖絶壁だ。

ここで天気は急転、吹雪になった。
近づいたはずの島影があっという間に見えなくなる。
秘境の島というムードは否応にも高まるが、無事に辿りつけるか心配になってくる。
船は吹雪を物ともせず、最初の寄港地、知夫里島の来居港に吸い込まれていった。


知夫里島

11:30

知夫里島来居港に到着。
険しい外観からもある程度想像できたが、玄関口の港でさえも、背後に崖が迫るという余裕のない立地にある。
フェリーターミナルに覆い被さらんばかりに、上空を横切るループ橋が印象的だった。

楽しそうな島であるが、今回は時間の関係上スルー。
わずかな乗客を下し、フェリーは次なる島、西ノ島へ向けて出航する。

穏やかな内海

先ほどの吹雪から一転、再び穏やかな天気に。
本当に天気が変わりやすい…。

四方を島に囲まれているせいかもしれないが、海も湖のように穏やかになっている。
ちなみに上の写真、奥に見えるのが、今向かっている西ノ島
手前右側に見えているのが、その後に向かう中ノ島だ。
このあたりは島が入り組んでおり、見ていて面白い。


西ノ島に到着

12:05

2時間半の船旅の末、ようやく西ノ島の別府港に到着。
ここから我々の島巡りが始まることになるのだ。
期待を胸にタラップを渡り、隠岐への最初の一歩を踏み出した。


  【前の記事へ】  /  【次の記事へ】

 

【第2類医薬品】ポード 内服液 10ml×2本[メディケア(MEDICARE) 乗り物酔い止め/乗り物酔い止め(大人用)/液剤]【あす楽対応】

価格:414円
(2016/10/27 23:19時点)
感想(0件)

| 旅行記 | 23:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

サバスキ(お食事処 潮騒@鹿児島県屋久島町)

 
日本人にとって非常に馴染みが深く、大衆魚として、食卓にも並ぶことが多い魚です。
一方で、全国各地で「ブランド鯖」として売り出され、それらは高級魚として知られています。

鹿児島県屋久島で水揚げされる「首折れ鯖」もまた、ブランド鯖として名を馳せています。
全国的にメジャーなマサバとは種類の違う、ゴマサバ
漁獲後、血抜きおよび鮮度保持のために首を折ることから、「首折れ鯖」と呼ばれています。

この首折れ鯖、屋久島では刺身、塩焼きなどで提供されていますが、一風変わった食べ方もされています。
それが今回紹介するサバスキ、サバのすき焼きです。
屋久島の玄関口、宮之浦にあるお食事処 潮騒にお邪魔しました。


色々と気になるメニューがありますが、今回は、以前から気になっていたサバスキを注文しました。


サバスキ

こちらがサバスキ。
すき焼きらしく生卵がつきます。

サバスキ

見るだけでプリップリであることが伝わってくるサバ!!
ツヤツヤとして、脂が乗っていて美味しそう!!
このサバの他に、白菜、ニンジン、玉ねぎなどの野菜、キノコが付きます。

サバスキ

それがこうなるわけです。
サバはしゃぶしゃぶのように、サッと湯通しする程度
短めに湯通しすることにより、プリプリの食感を残しつつ、旨味は増すようです。

こういった食べ方は初めてでしたが、確かに美味しい!
新食感です。
似たような食べ方として、ぶりしゃぶがありますが、それとはまた違った美味しさ。
魚として、味が濃いからか、ぶりよりも主張が強い感じです。

甘みのある割下、生卵との相性も良いですね。
勿論、名脇役の野菜たちも美味しいです。
お酒やごはんがよく進みました。

さて、今回お邪魔した潮騒。
首折れ鯖の他にも、とび魚キビナゴカメノテ鹿ヤクトロ(とろろ芋)など、地産地消にこだわった料理が提供されています。
屋久島を訪れた方に是非ともおススメしたい店です。

各種情報
食べログ : 店舗情報、口コミはこちら。

 

屋久島醤油

価格:540円
(2016/10/17 21:55時点)
感想(40件)

| 鹿児島県 | 22:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

男の島旅~隠岐編~ 【序-4】オカヤマな1日

2015年12月30日(水)

大晦日を翌日に控えた本日、隠岐渡航に向けた長い長い序章も今日をもって終了する。
明朝には、年末業務を終えた拓北君が夜行バスで中国地方入りするため、合流の上、隠岐への玄関口、松江市七類港を目指すことになる。

地図

そのために、本日は彼との待ち合わせ場所である広島県庄原市へ向かう。

何故庄原市か?
確かに七類港に行くためには、鳥取県米子市や島根県松江市へ向かう夜行バスに乗るのがベストだ。
しかし、帰省ラッシュと重なり、そのバスが満席になってしまっていたのだ。

地図

そこで思いついたのが、広島市行きの夜行バス
終点の広島市までは乗らずに、途中の庄原バス停で降りるのだ
しかし、庄原市と松江市は直線距離で80km程離れており、またその間には中国山地が立ちはだかっている。
高速バスが庄原に着くのは5:22、フェリーの出港は9:30
厳しい乗り継ぎだ。

そう、庄原に朝着き、七類港へ向かうというプランは、到底成り立たないはずであった。
2013年3月までは…。

地図

この綱渡り的なプランを可能にしたのが、2013年3月に全通した松江自動車道
待ち合わせ場所である庄原インターチェンジから、中国自動車道を西へ10km程進んだところにある三次東ジャンクションから分岐し、一気に北上して島根県を目指す高速道路だ。
これを使えば、庄原から七類港まで2時間で着いてしまう。
渋滞により、バスが激しく遅れたり、拓北君が乗り過ごしたりしない限り十分に乗り継ぎ可能だろう。
このプランを思いついた時は、我ながらよく閃いたものだと自画自賛したものだ。
西村京太郎のトラベルミステリーも真っ青……いや、言い過ぎか。



さて、長くなってしまったが、本日は京都府福知山市を出発して広島県庄原市を目指す。
それ程急ぐ必要はないが、ある目的のため、朝の5時頃に宿を出発する。
最初の目的地までは1時間弱といったところか。


早朝の駐車場

6:00
とある駐車場に到着。
これは目的を済ませた後に撮影したものであるが、実際のこの時間は暗かったし、駐車場も混雑していた。
混むことを予想して早めに到着したのだが、駐車スペースはほぼ埋まっており、滑り込みセーフであった。

山道を登る

駐車場からはこんな感じの山道を登ってゆく。
この写真も帰路に撮影したもので、実際には真っ暗闇だった。
私は迂闊にも照明を忘れてしまったため、懐中電灯を持っている人の後ろから登るというコバンザメ戦法を採った。
山道に適さない靴を履いてきた人も多く、登るのに苦労しているようだった。

登ること30分。
身体が温まった頃に、目的の場所に到着する。
その目的地とは…。



竹田城

竹田城!!
そう、ここはかの有名な竹田城を俯瞰する展望台。
その名も立雲峡(詳細はスポット紹介のページを参照)。

白みゆく空の下、多くの旅人が寒さに耐えながらシャッターを切り続ける。
薄暗がりの中浮かぶ竹田城を撮影し、満足げに帰っていく人々がいるが、それでは勿体ない。

竹田城

もう少し待てば、陽光に照らされた竹田城の姿が見れるのだ。
身体がすっかり冷えてしまっていたので、太陽のほのかな温もりが心地良い。
やはりご来光は良いものだ。
気がすむまで竹田城を堪能し、下山。

西へと向かおう。


神子畑選鉱所跡

8:10

竹田城と同じ朝来市内にある隠れた名所、神子畑選鉱所跡
寄る予定はなかったのだが、道沿いに突如として巨大な廃墟が現れたので思わず停車。
こちらは隣の養父市にあった明延鉱山(1987年閉山)の選鉱所として栄え、2004年までは建物も残っていたという。
建物は撤去されてしまったが、インクライン(ケーブルカー)の線路、幾段にも重なった土台等、見ごたえのある遺構となっている。




智頭急行

9:40

山中のマイナー国道を進み、岡山県入り。
ローカル線、智頭急行の普通電車が走ってきたので、撮影。
智頭急行線は1994年に開通した、比較的新しい路線。
小学生の頃、開業後間もない同路線に乗ったことがある。
当時の記憶は曖昧であるが、車両のカラーリングを見たら、懐かしい気分になった。

余談だが、岡山県は私にとってあまり馴染みのない県だ。
今日は残り丸一日かけて、岡山県を満喫しようと思う。
せっかくなので、当初の旅の目的地である瀬戸内海を目指すべく、南下開始。



児島湖堤防

12:40

こちらは岡山市南部にある、児島湾締切堤防
この辺り、つまり児島湾干拓地の水不足や塩害問題を解決すべく、1950年代に建設された堤防であり、この堤防によって児島湾は淡水湖化した。
それが現在の児島湖である(詳しくはWikipedia参照)。

両側を水に囲まれた直線道路は走っていてとても気持ち良い。
長崎県にある諫早湾の堤防道路が有名であるが、こちらもまた魅力ある道であった。
堤防の中ほどにある駐車場にて、穏やかな入り江をボーっと眺める。


群れる海鳥

堤防道路を抜け、そのまま瀬戸内海の海岸線をなぞる県道に入る。
鄙びた漁村が続き、とても長閑だ。
日向ぼっこでもしているのか、堤防の上に海鳥たちが身を寄せ合っていた。

海岸沿いの1.5~2車線が混在する田舎道を進んでいくと、岡山市から玉野市に入る。

長野県民であるが故、海への憧れが強い私。
ドーンと広がる何もない海も好きだが、瀬戸内独特の多島海の風景も新鮮で良いものだ。


水平線の瀬戸大橋

きらめく水平線の彼方に横たわる、うっすらとした影。
こんな巨大な影は、アレしかない。
瀬戸大橋。

これから西へと進み、どんどん瀬戸大橋へ近づいていくことになる。
瀬戸大橋を近くから見るのが楽しみだ。


根元からの瀬戸大橋

14:10

ドドーン!!
おお、これは大迫力ではないか!!

瀬戸大橋の袂にある倉敷市下津井に到着。
陸には歴史のある港町が広がっているのだが、空を覆いつくさんばかりの鉄骨の吊橋があまりに異質過ぎて、なんとも現実感のない風景になっている。
これは見ごたえがあるな…。

サバ寿司

そんな瀬戸大橋の御ひざ元、下津井の街で遅い昼食をいただく。
むかし下津井回船問屋という資料館の中にある食事処、ふく蔵
完全に店じまいという雰囲気だったが、聞いてみると、バッテラならば出せるとのこと。
チェーン店以外の店が悉く休業しており、年末らしい飢餓旅行になりかけていたところだったので、これはありがたかった。

バッテラは、サバがよく締まっており、とても美味しかった。
さて、昼食にもありつけたし、そろそろ庄原へのアプローチを開始せねば。




瀬戸内工業地域
15:25

鷲羽山スカイラインを進む。
その途中で見下ろした、水島の工業地帯。
国内屈指の規模を誇る、瀬戸内工業地域の中枢だ。
海と工業地帯、地元長野県では見られない景色だけに、とても新鮮だ。

工場の次は鄙びた漁村。
倉敷市浅口市笠岡市の漁村を繋ぐ県道を走り、西を目指す。
夕暮れ時の瀬戸内海が美しい。


笠岡の海岸

16:30

夜に片足突っ込んだ、笠岡市の海岸に立ち寄る。
この海岸は、天然記念物で、「生きている化石」とも呼ばれるカブトガニの生息地として知られている。
是非、その姿を見てみたかったが、どんなに目をこらしても、見つけることはできなかった。
笠岡周辺では絶滅寸前であり、また主に活動するのが夜であることから、仕方ないのだろう。

近くにはカブトガニ博物館があるが、この年末に営業しているわけもない…。



コインランドリー

18:10

井原市でコインランドリーに立ち寄る。
今回のような長期間の旅行においては、コインランドリーは重要だ。
これ以上内陸に進むと、洗濯できる場所が川くらいしかなさそうなので、井原市唯一のコインランドリーで1時間余りの洗濯休憩。

寝るまでのミッションとして、「洗濯はもうすぐ完了するので、残るは「入浴」と「食事」だ。
大きな都市がない中国山地、そして年末という悪条件…。
ミッションをこなし、爽やかな大晦日を迎えるべく、地図とにらめっこしながら、洗濯の終わりを待つ。



洗濯後はミッションをこなすため、ひたすら夜道を走るだけ。

まず、「入浴」。
岡山県最北部の真庭市湯原温泉へと向かったのだが、到着時間が遅く、営業している日帰り温泉は皆無。
しかし、諦めるにはまだ早い。
ここ湯原温泉には24時間無料で入浴可能な露天風呂があるのだ。
その名も砂湯
洗い場などはないうえに芋洗い状態だったが、満喫した。

ラストミッションである「食事」。
入浴を済ませた時、既に22時をまわっていたため、選択肢など残されていない。
湯原温泉近くのコンビニで巻き寿司を買い、車内で頬張る。
うーむ、大晦日はもう少し良いものが食べたいものだ。


さて、1日のんびりと下道を走ってきたツケが回ってきたようだ。
とうとう日付を変わる寸前であるが、本日の目的地、庄原市に着いていない。
さすがに疲労もたまってきたので、最後はワープすることにする。
…というわけで中国自動車道




2015年12月31日(木)

恐らく、日付は変わっていたと思う。
暗闇の中国自動車道をひた走り、庄原インターチェンジの手前の本村パーキングエリアに到着した。
今夜はここで車中泊をする。
日本の大動脈とは思えないほど曲がりくねり、灯りの少ない中国道の運転は、疲労した体にはなかなか堪えた。
本村パーキングエリアは、トイレと自動販売機のみのシンプルな施設。
静かな眠りが保証できそうだ。

なお、明朝に合流する拓北君は無事に名古屋発の夜行バスに乗れたらしい。
トラブルさえなければ、明日の5時過ぎには庄原インターチェンジ付近で落ち合えそうだ。
ゴソゴソと後部座席をフラットにし、あっという間に眠りに落ちた。


  【前の記事へ】  /  【次の記事へ】

 

【全商品・全在庫】【正規品】safari (サファリ)カブトガニ 261429

価格:1,404円
(2016/10/6 22:01時点)
感想(0件)

| 旅行記 | 22:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |