2014年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年07月

| PAGE-SELECT |

下北半島・三陸の旅【第5回】

5月4日(日)

下北地図 

本日の予定は至ってシンプル。
下北半島の突端、大間町からひたすら南下。
三陸海岸を延々と走り、宮城県の気仙沼を目指すというものだ。

さて、本日最初の目的地である尻屋崎は7:00に開門するため、大間を6:00に出発する。

イギリストースト

出発前に、大間のサークルKで朝食を買い込む。
こちらは青森県限定のイギリストースト
トーストされていない食パンにクリームがサンドしてあり、美味しい。
こういったローカル商品を探すことも、旅の楽しみの一つ。
コンビニにおいては、パックジュース、パン辺りが狙い目だ。

尻屋崎

7:37、尻屋崎到着。
7時の開門に合わせたはずだが、37分の遅刻…。
またまた下北半島の巨大さを思い知ることになってしまった。
これまで、数々の岬を巡ってきたが、尻屋崎は特に気に入った岬である(詳細はスポット紹介ページ参照)。
岬にありがちな荒々しさには欠けるものの、牧歌的で良い雰囲気を持った岬である。
今回は下北半島の北海岬、大間崎、尻屋崎と先端を3か所巡ってきたが、一番推したいのはここだ。

寒立馬

寒立馬と呼ばれる農耕馬が放牧されており、触れ合えるのも楽しい。
「寒立馬には触れることができるが、後ろから近付くと蹴られるので、横から触れること」。
これも青森の飲み屋での情報だ。
岬の風景を堪能し、寒立馬に癒されていたら、すっかり時間が経ってしまった。

東北地図

実は、今回の旅にはもう一人参加者がいる。
大学時代の友人で、名古屋在住の拓北君だ。
彼はフェリーで仙台入りし、鉄道で岩手を周遊しており、今日の午後に合流することになっている。
アバウトではあるが、「16時半に、岩手県陸前高田市の『奇跡の一本松』に集合」という約束をしていたのである。

しかし、時計を見ると既に9時。
残された時間は7時間半。
ここから下北半島の付け根を縦断し、長い長い三陸海岸を南下していかなければならないわけだが、間に合わせるのは絶望的なような…。
途中、景勝地である龍泉洞滝観洞(詳細はスポット紹介ページ参照)に寄ることも考えていたが、とてもそんな暇はない。

助手席の苗穂に謝罪メールを送らせつつ、長い長い南下を開始した。



なお、ここから先は、ほぼ車走らせっぱなしである。



蕪島

11:03、青森県八戸市蕪島
海鳥で占拠される小島ということであるが、時間がないのでスルー!


三陸鉄道

12:54、岩手県普代村三陸鉄道北リアス線大沢橋梁
人だかりが出来ていたので、たまたま立ち寄ってみたのだが、有名な撮影スポットらしい。
確かにこのアングルで撮られた写真を、ポスターやネットで見たことがある。
時刻表を確認すると、あと数分で列車が来るらしいので、待ってみる。

数分後、観光列車らしき車両がやってきて、橋の上に停車した。
有名な撮影スポットは、当然車窓もすこぶる良いわけで、サービスで停車しているようだ。


田老の防潮堤

14:33、岩手県宮古市田老の防潮堤
津波から町を守るため、1979年に完成した長さ2,433m、高さ10mの巨大な防潮堤だ。
甚大な被害をもたらしたチリ津波の際は、波が防潮堤を超えることはなく、田老の防潮堤は鉄壁だと思われた。
しかし2011年3月11日、東日本大震災による津波は尋常ではない波高をもって、防潮堤を乗り越え、田老の町に襲いかかった。
東日本大震災の凄まじさを物語る証人であり、今でも訪れるものは絶えない。
実際に防潮堤の上に上ってみたが、ここを波が乗り越えてきたという事実は、にわかには信じ難かった。


その後も山田町大槌町釜石市と被災した町を通過していく。
津波を受けた市街地の瓦礫撤去はほぼ完了しており、高台には新たな住宅地が造成中であった。

改めて拓北と連絡をとり、三陸鉄道南リアス線三陸駅で落ち合うことにした。


 

【送料無料】CD/大友良英/連続テレビ小説 あまちゃん オリジナル・サウンドトラック (解説付)/VICL-64041

価格:3,240円
(2014/6/24 22:17時点)
感想(36件)

| 旅行記 | 22:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

北温泉(栃木県那須町)

栃木県の那須と聞くと、どんなイメージを思い浮かべるでしょうか。
私は、温泉や牧場、別荘、ペンションが点在するお洒落な高原リゾートという印象を抱いていました。
しかし今回紹介する北温泉は、そんな那須のイメージとはかけ離れた鄙びた温泉。
本やインターネットに掲載された写真を見る限り、その独特な雰囲気は、芸術品と言っても過言ではないものでした。
居てもたってもいられなくなった私は、早速北温泉を訪問しました。

北温泉は那須温泉郷の中でも一番奥の方に位置しています。
駐車場から急な坂道を10分程度歩くとたどり着く、秘湯です。

北温泉

北温泉は一軒宿の旅館(日帰り入浴も可)。
狭い谷間に古めかしい建物が身を寄せ合うように建っており、なかなかの風情です。

北温泉

中に入ると、まるでタイムスリップしたかのような光景が広がっています。
木造の室内には骨董品や古い家具が所狭しと並んでおり、懐かしい雰囲気。
この雰囲気を味わうだけでも、訪れる価値はあると思います。
この独特な雰囲気を買われてか、映画「テルマエ・ロマエ」のロケ地もなったようです。

さて、入り組んだ廊下を辿って、自慢の風呂に行ってみましょう。

北温泉

こちらが天狗の湯
天狗の面が3方向から浴槽を見下ろす、かなり強烈な風呂です。
雰囲気も良いですが、お湯も非常に良い加減。
天狗の湯の奥には打たせ湯もあり、非常に気持ちが良いです。

なお、天狗の湯は男性用で、女性用には芽の湯という風呂があるようです。

北温泉

北温泉には複数の風呂があり、こちらは河原の湯
正統派の露天風呂で、その名のとおり風呂の目の前には川、そして砂防ダムが聳えています。
木々の緑を目の前に、川のせせらぎを聴きながら、極上の湯浴みを楽しむことができます。

今回、全ての風呂は紹介できませんでしたが、他にも素晴らしい風呂があるようです。
独特な雰囲気、風呂の多様さにおいては、日本でも屈指の北温泉。
是非オススメしたい温泉です。

各種情報
北温泉公式サイト : 公式サイト。非常に丁寧な案内が助かります。

 

テルマエ・ロマエ 通常盤 [ 阿部寛 ]

価格:3,859円
(2014/6/19 23:43時点)
感想(31件)

| 栃木県 | 23:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

下北半島・三陸の旅【第4回】

5月3日(土)

下北地図
サイライト 

さて、いよいよ仏ヶ浦観光
佐井村の中心部にある港から、遊覧船「サイライト」に乗って仏ヶ浦へ向かう。
船内はほぼ満員。
ふと見回して気づいたのが、年配の方が多く、若者は我々だけだということ。
何故だろう…?
その謎が解けたのは、仏ヶ浦に到着する直前であった。

大勢の観光客が遊歩道を使って下りてきている!
そう、実は国道から仏ヶ浦へと続く遊歩道(徒歩30分ほど)があったのだ!
よく調べずに、仏ヶ浦に至る唯一の手段は遊覧船だと勘違いしていた。
船だと往復2,400円かかるわけだから、そりゃあみんな無料の遊歩道を選ぶよなあ…。
道理で船内に若者がいないわけだ!

仏ヶ浦

船は仏ヶ浦に取り付けられた桟橋に到着する。
今更後悔しても仕方ないので、仏ヶ浦観光を始めるとする。
あたりは奇岩が立ち並ぶ絶景であり、心行くまで楽しむことができる。
しかし、帰りの船の都合で、我々に与えられた時間は30分のみ!
小走りで散策する。

仏ヶ浦

それにしても凄まじい光景だ。
岩が高層ビルのように林立しており、その間を縫って歩くと、自分が小人になったような感覚に陥る。
それほどまでにスケールが大きな世界なのだ。

与えられた時間はあっという間に過ぎ、慌ただしく桟橋に走って戻る。
やはりここを観るには、30分は短すぎる。
じっくり観るためには、遊歩道を利用するか、行きと帰りの船の時間をずらすのが良いだろう。


さて、まだ時間があるので、一旦大間を通り過ぎ、風間浦村下風呂温泉に行くとしよう。
下風呂温泉もまた、昨夜の飲み屋でおススメされたスポットである。
曰く、「青森の硫黄泉と言えば、酸ヶ湯が有名であるが、下風呂は酸ヶ湯よりも上品で優しい硫黄泉」なのだそうだ。

風間浦村に向かって車を走らせていると、ついに雨が降り出した。
まぁ仏ヶ浦で降らなかっただけ、幸運だったと言えるだろうか。
晴れていれば、津軽海峡越しに北海道が見えるはずだが、残念ながら影さえ見えなかった。

下風呂温泉

我々が入浴したのは、下風呂温泉の共同浴場、大湯
昔ながらの銭湯のような雰囲気である。
温度が違う浴槽が2つあったのだが、温い方の浴槽でも相当熱かった。
硫黄の匂いはするのだが、控えめな香りであり、飲み屋で聞いた「上品で優しい硫黄泉」という表現がピッタリだと思った。


大間崎

汗を流し、サッパリしたところで本日の最終目的地である大間へ。
宿へ行く前に、本州最北端である大間崎に立ち寄る。
大間崎は岬特有の先っぽ感がなく、土産屋が林立し、風情には欠けるが、なんとなく毎回寄ってしまうところだ。
酷評してしまったが、吹きすさぶ風と流れるような荒波は、なかなかの見応えだ。

写真に写っているゲンコツとマグロの銅像が、大間崎のシンボルだ。
この像の前で、どんなポーズで記念撮影をするか、非常にセンスを問われるところである。
皆様も是非チャレンジしていただきたい。

浜寿司のまぐろコース

大間と言えば、ということで本日の夕食は、浜寿司のマグロである。
せっかく来たので、清水の舞台から飛び降りる覚悟で、マグロコース(7,000円)をいただく。
写真の左上から右に、珍味(上から時計回りに、血合い、胃袋、皮)、ぶつ切り、目玉の汁物、喉肉の焼き物、ほほ肉の揚げ物、ミニステーキ、寿司だ。

さすがは日本最高峰とも言われるマグロで、どの料理も、飲み込むのが惜しくなるほど美味い。
特に美味かったのはミニステーキ。
絶妙な焼き加減でレアに仕上がっており、噛めば噛むほど旨みが染み出してくる。

大間のマグロ、浜名湖のウナギ、氷見のブリ、佐賀関のサバを個人的に「日本のお魚四天王」と呼んでいるが、その中でも大ボス的存在である大間のマグロを制覇である。
なお、別の機会に、他の四天王も食らっているので、次は「日本の珍魚四天王」あたりを制覇したいものである。
鳥取のババチャン、南大東島のアブラソコムツとか…?

旅館うみかぜ

何はともあれ、贅沢をした後は質素な宿!
本日のお宿は大間最安の「旅館うみかぜ」、素泊まり3,000円(暖房費200円含む)也!
暖房費200円含む割には、途中で燃料が切れてしまったので、無駄にたくさんある布団に包まって眠った。
こんなハプニングも安宿の醍醐味!


 

お中元ギフト 大間まぐろ魚忠 青森県大間産 マグロ いか塩辛セット【大間B】 本マグロ中トロ 200g クロマグロ (約2.5人前)、いか塩辛 刺身盛合わせ 送料無料 【楽ギフ_のし】

価格:6,145円
(2014/6/15 22:35時点)
感想(2件)

| 旅行記 | 22:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

骨付鳥(蘭丸@香川県高松市)

 香川県といえば讃岐うどん一色というイメージを抱きがちですが、忘れてはならないB級グルメがあります。
それが骨付鳥
香川県中部の丸亀市発祥で、現在は高松市や坂出市にも広まり、香川県を代表するグルメになっています。

どんなものかと思い、調べてみると、骨付きの鶏もも肉に塩コショウとニンニクの味を付けて焼いたものだそうです。
これはビールに合いそう!」と直感し、ちょうど四国に行く機会があったので、高松で骨付鳥を食べながら飲むことにしました。

今回紹介するのは、高松市中心街に店を構える蘭丸
繁華街に本店と御坊町店の2店があるのですが、どちらもオススメです。
店内は共に小ぢんまりとしており、アットホームな雰囲気。
メニューには骨付鳥の他、瀬戸内海で採れた魚介類や香川県の名物が並んでいたので、色々と注文しました。

骨付鳥

こちらが骨付鳥です。
実は骨付鳥は大きく分けて2種類あり、右が「おや」で左が「ひな」です。

骨付鳥

こちらが「おや」。
その名の通り親鳥の肉を使っており、歯ごたえがあり、噛めば噛むほど味が出てきます。
通好みの骨付鳥と言えるでしょう。

骨付鳥

そして「ひな」。
ひな鳥の肉を使っており、ジューシーで柔らかい肉質が特徴です。
是非2種類を頼んで、食べ比べを楽しんでいただきたいと思います。

さて、どちらも食べ方は豪快。
ハサミでザクザクと切り、頬張ります。
また、骨についた肉にかぶりつくのも良いでしょう。
スパイシーな味は、ビールにもよく合い、クセになります。

付け合せについているザク切りキャベツも魅力の1つ。
皿にたまった鳥の油に浸して、バリバリをいただきましょう。
油も、鳥の旨みやスパイスが混ざり合って、味わい深いのです。

昼にサッパリしたうどんを食べ歩いた後、夜にコッテリとした骨付鳥で締めるという楽しみ方も良いかもしれません。

各種情報
食べログ : 店舗情報、口コミはこちらからチェック! 
全力鳥プロジェクト : 骨付鳥について知るなら、このサイト! 

 

日本全国B級ご当地グルメまるごと!徹底ガイド [ マイルスタッフ ]

価格:1,728円
(2014/6/11 00:09時点)
感想(1件)

| 香川県 | 00:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

下北半島・三陸の旅【第3回】

5月3日(土)

本日よりゴールデンウィーク。
北海道より大学時代からの友人、苗穂君が夜行急行はまなすに乗って青森駅に到着するので、迎えに行く。
苗穂を拾ったのち、下北半島へ向かい、本日は本州最北端の大間町に宿泊する予定だ。

5:39、はまなすの到着予定時刻であるが、やや遅れが生じているらしい。
青森駅周辺ははまなす待ちの送迎車で埋め尽くされている。
ゴールデンウィークで、子供が夜行列車で帰省してくるのを待っている親たちだろうか?
親子の感動の再開が繰り広げられるのだろうか?
こちらはオッサンの到着を待っているオッサンであり、朝からテンションが低くなる。

5:55、定刻よりやや遅れてはまなすが到着し、苗穂が大きな荷物をゴロゴロと引きずって登場する。
下北を満喫するため、すぐに出発する。
まだ空いている国道4号線の片側3車線の道路をスイスイと進んでゆく。
苗穂は寝台列車でうまく眠れなかったせいか、助手席でグッタリしていた。

下北地図

さて、昨夜の話に戻るが、飲み屋で青年から聞き取った下北おススメ情報である。
彼は、下北半島に行ったら、是非立ち寄って欲しい店を紹介してくれた。
ウニ丼が美味い、佐井村のぬいどう食堂、そしてイカ刺しが美味い、風間浦村のあさの食堂である。
ウニは佐井、イカは風間浦」という格言まで飛び出し、否応にも期待が高まる。
時間の都合上、両方行くことはできないが、どちらかでも行ってみたいと思う。

積もる話やこれから行く下北の情報を交わしながら、半島の付け根部分を快走し、下北の玄関口、むつ市に到着した。
ちなみにこの後の予定はかなりザックリしており、13:40発の仏ヶ浦遊覧船に乗ること、19:00大間のマグロの店を予約していること以外は全く決めていない。
実際に訪れてみると実感するが、下北半島は意外とデカい。
遊覧船の時間までは、まだたっぷりあるが、時計と相談をしながらゆっくり仏ヶ浦に向かうことにした。
下北の南海岸に沿って、脇野沢方面へと進む。

北海岬

こちらは下北半島の南西端、北海岬
下北半島の岬と言えば、大間崎尻屋崎が有名であり、この北海岬はかなりマイナーだ。
旅情溢れるその名前と、ツーリングマップルに記載された「立ちふさがるような大岩が海に落ちる」という紹介文に惹かれ、訪問することになった。

北海岬

結論から言うと、遊歩道が崩落により通行止となっており、岬へ行くことはできなかった。
しかし、小さな港にひしめき合う小型船、錆びた錨、木造の作業小屋、軒先に干してある魚など、鄙びた漁村風景は山国出身の私にとっては新鮮で、思いのほか夢中になってしまった。


漁村を堪能した後は、下北半島の西海岸をひたすら北上する。
下北半島は、その形状から“マサカリ”に例えられるが、今回はマサカリの“刃”の部分を進む。
その海岸線は人を寄せ付けない程の険しさを誇り、国道は海岸から少し離れた山中をうねるように伸びている。
まさに“刃”のような地形が続くのだ。
当然、車で北上するだけでも時間がかかってしまう。
(この辺りの陸路交通を補うため、青森市と下北西海岸の集落を結ぶ定期航路「シィライン」がある。まさに「陸の孤島」である)

仏ヶ浦

うねるような国道の途中から、これから船で向かう景勝、仏ヶ浦を展望することができた。
実は、この展望台には大学時代も来ていて、その時「いつかはあそこに立ちたいなあ」と思ったものだが、今回念願がかなうわけである。

ぬいどう食堂

昼食は、前日の飲み屋で紹介しもらった佐井村のぬいどう食堂
ウニ丼がオススメとのことであったが、連休中は漁協が休みでまとまった量のウニを確保していないため、ウニ丼は予約が必要とのこと。
残念であったが、代わりに頼んだ歌舞伎丼もウニがたっぷり載っていた。
それにしても、これで1,000円は安すぎないか!?
ウニも他に載っている刺身も美味しく、お腹的にもお財布的にも大満足のお店だった。


 

【カード決済OK】和コーポレーション まさかり金太?(小)【ユニバースシリーズ】 KTK-777-2

価格:6,257円
(2014/6/6 22:59時点)
感想(0件)

| 旅行記 | 23:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |