TOP > ARCHIVE - 2013年12月

2013年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年01月

| PAGE-SELECT |

千仏鍾乳洞(福岡県北九州市)

九州第2位の大都市、福岡県北九州市
北九州工業地帯を抱える、日本を代表する工業都市です。
そんな北九州市ですが、実は自然も豊富で、美しい景勝地も存在します。

平尾台 

日本を代表するカルスト台地、平尾台です。
山口県の秋吉台、愛媛県、高知県に跨る四国カルストと並び日本三大カルストに数えられ、美しい石灰岩の台地を観ることができます。
北九州市中心部から車で30分程度で、このような雄大な景色を拝むことができるとは驚きですね。

さて、管理人が訪問した日は天気に恵まれず、どんよりとした風景しか撮れなかったため、天気に左右されない景勝地を紹介しようと思います。

千仏鍾乳洞 

それが、平尾台の地下に存在する千仏鍾乳洞
台地に降った雨水によって作られた鍾乳洞です。

さて、ここでは他の鍾乳洞ではなかなか味わうことのできない体験をすることができます。
その体験に必要なアイテムとして、入口でサンダル借ります。
洞内の整備状況はワイルドなので、荷物は預けていった方が良いでしょう。

前半の500m程は、よくある鍾乳洞です。
ただ、有名な鍾乳洞とは違い、整備状況が最低限であるため、冒険気分が高まります。
さて、入洞して480mのところからが千仏鍾乳洞のハイライトです。

千仏鍾乳洞 

なんと、鍾乳洞の中を流れる小川の中をじゃぶじゃぶ進むのです。
入口でサンダルを貸出しているのはそのためだったのですね。
水は非常に冷たくて、夏は非常に気持ち良いことでしょう。
ちなみに管理人が訪れたのは冬だったのですが、洞内の気温は年中一定に保たれているので、冬の入水もそれ程苦にはなりませんでした。

千仏鍾乳洞 

地中の川をひたすらに進みます。
基本的には一本道ですが、ところどころ石柱や石筍が現れ、飽きることはありません。

観光客が入れるのは、証明設備のある900m地点まで。
そこで折り返し、もと来た道を戻ることになります。
全体的に細いため、すれ違いの際には譲り合いの精神を大切にしましょう。

各種情報
千仏鍾乳洞 : 公式ホームページ。洞内の詳細が見られます。

 

日本の秘境ツーリング [ 末飛登 ]

価格:683円
(2013/12/26 21:52時点)
感想(9件)

| 福岡県 | 22:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

長浜ラーメン(元祖長浜屋@福岡県福岡市)

ご当地ラーメンの中でも屈指の人気を誇る長浜ラーメン
福岡市中央区長浜にある「福岡市中央卸売市場鮮魚市場」で働く関係者が、競りの合間に素早く食べられるように作られました。
そのため、茹で時間が短い極細麺、麺の替え玉など、非常に独特なラーメンとなったのです。

今回紹介するのは、長浜ラーメン発祥の店、その名も「元祖長浜屋」。
昭和27年の開業以来、変わらぬ味を提供してきました。

さて、この店の注文の仕方はかなり独特です。
食券の券売機は店の外にあるのですが、メニューは「ラーメン」のみ。
そのため、食券を買って入店した瞬間から調理が始まります。
ここで注意して欲しいことが、麺の固さ、スープに入れる油の量について希望がある場合、入店時に申告する必要があること。

油の量は「ベタ」、「普通」、「なし」。
麺の固さは「生」、「バリカタ」、「カタ」、「普通」、「やわ」です。
入店と同時に「ベタ!カタ!」というように注文する必要があるわけです。
私はそのルールを知らなかったため、全て「普通」のラーメンが出てきてしまいました。

長浜ラーメン 

こちらがラーメン(全て普通)。
麺、スープ、肉、ネギだけのシンプルな構成です。
所謂「博多ラーメン」と呼ばれる、白濁したスープと違い透き通っており、意外とあっさりしています。

食べてみると分かるのですが、ゴテゴテとしておらず、手早く食べるためのラーメンなのだと感じられます。
麺はつるつるとすすることができる極細麺。
肉も細切れで、麺に絡めていただくことができます。

シンプルだからこそ生きるのが各種調味料。
卓上には紅しょうが、胡椒、いりごまがおいてあります。
食べ進めていく中で、味を変えてみるのも良いと思います。

好みによって、様々な味を試すことができる長浜ラーメン。
何回も通ってお気に入りの味を見つけたいものです。

各種情報
食べログ : 店舗情報や口コミはこちらからチェック!

 

ラーメンWalker(福岡・九州 2014)

価格:680円
(2013/12/23 20:07時点)
感想(1件)

| 福岡県 | 20:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

福岡県のメインページ

福岡県イラスト 




福岡県のメインページ

 福岡県のグルメ
長浜ラーメン
(福岡県福岡市)
労働者たちに長年愛された、ご当地ラーメンの代表格。
焼うどん
(福岡県北九州市)
北九州が誇る、昭和の香りがするご当地B級グルメ。

 福岡県の立ち寄りスポット
千仏鍾乳洞
(福岡県北九州市)
大都市近郊の地底で味わう非日常的体験。


 

ツーリングマップル(2015 〔7〕)

価格:1,944円
(2015/5/25 22:28時点)
感想(1件)

| 福岡県 | 20:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

佐田沈下橋(今成橋)(高知県四万十市)


日本最後の清流」として名高い、四万十川
高知県内を流れる全長196kmの川で、四国で一番長い川でもあります。

水質の良さだけではなく、流域の「日本の原風景」とも言うべき美しい山村風景も人気の一因と言えるでしょう。
そんな山村風景の中で、とりわけ特徴的なのが沈下橋

沈下橋とは、水面から低い位置に架けられた橋で、増水時には水没することが前提で作られた橋です。
流木などが引っかかり破損しないよう、欄干などを取り払ったシンプルな構造が特徴的です。
全国に約400本あるそうですが、四万十川には支流を含めると、全体の1割を超える47本もの沈下橋があります。

前置きが長くなりましたが、今回は四万十川に架かる沈下橋の中でも特に有名な佐田沈下橋を紹介します。

佐田沈下橋

こちらが佐田沈下橋です。
正式名称は今成橋と言います。
全長291mで、四万十川では最も長い沈下橋です。
また、最下流にある沈下橋であるため、比較的アクセスが良く、多くの観光客が訪れます。

佐田沈下橋

長いからこそ、細さが際立ちます。
自動車で往復してみたのですが、空中を走っているような錯覚に陥り、とても緊張します。
運転に自信のない方はやめておいた方が良いでしょう。
交通量はそれ程多くないうえ、車は橋の上では徐行するので、徒歩で渡るのがおすすめです。

四万十川

四万十川の流れ。
目をこらせば、小さな魚影をたくさん捉えることができます。
視線を移せば長閑な山村。
観光地ではありますが、とてものんびりとした時間を過ごすことができるのです。

佐田沈下橋だけでなく、四万十川流域には魅力的な沈下橋がたくさんあります。
それらをのんびりと訪ねる旅もオススメです。

各種情報
四万十市観光ガイド : 四万十市の観光情報ならこちら。

 

【新品】【書籍・コミック エンターテイメント】四万十川

価格:1,680円
(2013/12/15 20:05時点)
感想(0件)

| 高知県 | 20:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

カツオたたきバーガー(ひなたや食堂@高知県黒潮町)

全国各地でご当地バーガーが売られていますが、高知県にも名産品を使ったハンバーガーが存在します。
それが今回紹介するカツオたたきバーガー
高知名産のカツオのたたきを、贅沢にパンではさんだ一品です。

カツオたたきバーガーは、高知県黒潮町大方(旧大方町)にある、道の駅「ビオスおおがた」内の「ひなたや食堂」にて食すことができます。
ひなたや食堂は朝7時から営業しており、11時までの時間帯はモーニングメニューが提供されます。
カツオたたきバーガーはモーニングメニューにも含まれていますので、朝から食べることができるのが嬉しいですね。

カツオたたきバーガー 

カツオたたきバーガー 

こちらがカツオたたきバーガーです。
パンの間にはカツオのたたきトマト玉ねぎそして大葉が挟まっています。
そして、ソースはタルタルソース
野菜とタルタルソースがカツオの生臭さを消し、さらにカツオの旨みを引き立てているのです。

パンにも秘密があります。
こちらのパンには、なんと鰹節が練りこまれているのです。
鰹節の風味も、バーガーの美味しさ倍増に一役買っています。

さて、このカツオたたきバーガーは高校生の授業の一環で生み出されました。
町内にある大方高校の総合授業でのミッションで、高校生、黒潮町雇用促進協議会そしてひなたやが協同して開発に取り組んだそうです。
当初はゲテモノ扱いされ、敬遠されていたのですが、地道なPR活動が実を結び、現在ではテレビ番組「秘密のケンミンSHOW」に紹介されるなど、人気が急上昇しています。

「カツオとパンなんて合うの?」と、疑問に思う方もいるかもしれませんが、絶品です。
一度騙されたと思って食べてみることをオススメします。

各種情報
道の駅ビオスおおがた : バーガーに関する様々な秘話も掲載されています。

 

四国遍路パーフェクトガイド(徳島・高知編) [ 講談社 ]

価格:1,800円 (2013/12/12 21:30時点) 感想(3件)

| 高知県 | 21:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

高知県のメインページ

高知県イラスト 




高知県のメインページ

 高知県のグルメ
カツオたたきバーガー
(高知県黒潮町)
カツオとパンの異色のコラボ。工夫された味付けがクセになる!
鍋焼きラーメン
(高知県須崎市)
南国の港町に根付いたアツアツのご当地ラーメン。

 高知県の立ち寄りスポット
佐田沈下橋
(今成橋)

(高知県四万十市)
正に「日本の原風景」。四万十川を代表する沈下橋。
轟の滝
(高知県香美市)
青い滝壺と端正な形が美しい3段の滝。


 

ツーリングマップル中国・四国(2017)

価格:1,944円
(2017/6/13 21:15時点)
感想(1件)

| 高知県 | 21:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

雪輪の滝(愛媛県宇和島市)

これまで当ブログでは多くの滝を紹介してきました。
垂直な崖を水が落ちる」といった形状の滝が多いわけですが、今回紹介する滝は一風変わったものです。

その滝は愛媛県の南部の宇和島市にあります。
高知県との県境付近、四万十川の支流である目黒川が作り出した滑床渓谷
四国屈指の渓谷美を誇り、美しい日本の歩きたくなるみち500選水源の森百選にも選ばれています。
そして滑床渓谷のメインであり、今回紹介する雪輪の滝日本の滝100選に選ばれているのです。

アクセスですが、すれ違いが困難な箇所もある狭い県道を通るので、注意が必要です。
駐車場に車を停め、渓谷沿いの遊歩道を30分程度歩くことになります。

滑床渓谷 

渓谷は岩が全体的に滑らかになっており、所謂「ナメ」と呼ばれる地形が特徴的です。
これが「滑床渓谷」の地名の由来にもなっています。
遊歩道は概ね川に沿っており、景色を楽しみながら歩くことができます。

雪輪の滝 

こちらが雪輪の滝。
ご覧のとおり、かなり珍しい形状の滝です。
歩道から見えている長さは80メートル程度ですが、全長300メートルある長大な滝です。

雪輪の滝 

滑り台のような岩肌をサラサラと流れ落ちる様は、他の滝ではなかなか見られない美しさです。
流れる水の泡が、雪の輪のように見えることから、「雪輪の滝」と名づけられました。
水量によっては輪が見えないこともあるので、ある程度運に左右されますね。

斜面が緩やかなことから、夏には滝の中腹から滑り降りて遊ぶこともできます。
滑床渓谷キャニオニングツアーに参加すると、滝滑りが体験できるので、興味がある方は是非。

各種情報
宇和島市観光協会 : 滑床渓谷を初め、宇和島市を観光するならまずチェック。
滑床渓谷キャニオニングツアー : 雪輪の滝の滝滑りなど、滑床渓谷を満喫するならこちら。

 

【送料無料】 日本の滝 雲生雨 岳造瀧 / 川越輝彦 【単行本】

価格:2,940円
(2013/12/10 21:39時点)
感想(0件)

| 愛媛県 | 21:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

焼豚玉子飯(白龍@愛媛県今治市)

近年、人気急上昇中のB級グルメが愛媛県にあります。
それが今治市の名物、焼豚玉子飯
2011年のB1グランプリに初出展するやいなや、いきなりの5位。
その後も上位をキープし続けており、B級グルメ界のニューウェーブとして知られています。

白龍 

今回紹介するのは今治市内に店を構える白龍
白龍は大衆中華料理屋といった趣きで、ラーメン、餃子や中華料理など、メニューが豊富です。

焼豚玉子飯 

こちらが白龍の焼豚玉子飯です。
ご飯に甘じょっぱいタレに絡めた焼豚と目玉焼きが乗せられたシンプルな料理です。
シンプルですが、見るからに美味しそう。

また、白龍の焼豚玉子飯は通常よりもボリュームが多く、目玉焼きが3つも入っています。
大食漢にとっては嬉しい限りですね。

さて、まずは目玉を割らずに、焼豚とタレの味が染みたご飯を口に運びます。
美味い!
そしてお次は目玉を割り、黄身を豚と米に絡めながらかきこみます。
美味くないはずがありません。
シンプルかつ王道のB級グルメと言えるでしょう。

この焼豚玉子飯は、1970年代に市内の中華料理屋「五番閣(現在は閉店)」のまかない料理から始まりました。
同店でメニュー化したところ大人気となり、今治市民のソウルフードとなりました。

現在では市内の約60店舗で提供されています。
店によって焼豚の厚さや部位、タレに違いがあるらしいので、食べ比べてみるのも良いですね。

各種情報
今治焼豚玉子飯世界普及委員会 : 焼豚玉子飯について知りたいならこちら。
食べログ : 店舗情報、口コミはこちらでチェック!

 

県別対抗!中国・四国ご当地&B級グルメ

価格:880円
(2013/12/7 22:44時点)
感想(0件)

| 愛媛県 | 23:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

愛媛県のメインページ

愛媛県イラスト 




愛媛県のメインページ

 愛媛県のグルメ
焼豚玉子飯
(愛媛県今治市)
「安い!美味い!早い!多い!」四拍子揃ったB級グルメ。

 愛媛県の立ち寄りスポット
雪輪の滝
(愛媛県宇和島市)
美しい模様を描きながら、ゆっくりと滑り落ちる優雅な滝。
浪漫八橋
(愛媛県大洲市)
長閑な山村に溶け込む小さくて個性的な橋たち。


 

ツーリングマップル(2015 〔6〕)

価格:1,944円
(2015/9/29 00:03時点)
感想(0件)

| 愛媛県 | 22:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

渦の道(徳島県鳴門市)

全国的に有名な鳴門の渦潮
観る方法は大きく分けて2通り。
船の上から見る方法と橋の上から見る方法です。

今回は後者、「橋の上から見る」スポットを紹介します。

大鳴門橋

四国の玄関口の一つ、徳島県鳴門市
四国と淡路島を隔てる鳴門海峡に架かる大鳴門橋
そこに、渦潮を眺めるための遊歩道「渦の道」があります。

大鳴門橋は関西と四国を結ぶ神戸淡路鳴門自動車道の橋であり、通常は自動車や大型二輪車しか通行ができません。

渦の道 

しかし、車が行き交う道路の下、橋げた部分に「渦の道」が設置されているのです。
橋げた下部に長さ450メートルもの遊歩道が伸びています。
海面からの高さは約45メートルで、しかも壁ではなく金網に囲まれているため、高所恐怖症の人にはやや辛い設計です。

渦潮

終点付近には、床がガラス張りになっている部分が随所にあり、そこから渦潮を観察することができます。
船の上から見るのとは違い、迫力には欠けますが、渦潮の全体像を観ることができます。
また、複数の渦潮を同時に見ることができるので、お得感がありますね。

さて、「渦の道」を訪れるにあたって注意していただきたいのが、訪問時刻
潮流が最も早くなる、満潮および干潮の時刻が見ごろとなっています。
時期によって異なりますので、事前にホームページ等で調べてから訪問することをオススメします。

各種情報
渦の道公式ホームページ : 渦潮の見ごろを知るならこちら!

 

るるぶ淡路島鳴門(’13)

価格:880円
(2013/12/5 22:50時点)
感想(4件)

| 徳島県 | 22:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

徳島ラーメン(いのたに@徳島県徳島市)

全国各地にあるご当地ラーメン。
徳島ラーメンもそのうちの一つであり、根強い人気を誇るラーメンです。

本来徳島ラーメンは黄系(鶏がらだしのあっさりスープ、薄口醤油を使用)、白系(所謂とんこつラーメンに近いもの)、茶系(豚骨ベースのこってりスープ、濃口醤油やたまり醤油を使用)の3種類があります。
徳島ラーメンブームの火付け役である「いのたに」が、茶系のラーメンで人気を博したことから、「徳島ラーメン=茶系」という認識が一般的になっています。

いのたに 

さて、今回紹介するのは、先述したように徳島ラーメンのパイオニア的存在の「いのたに」本店。
メニューは至ってシンプル。
中華そば肉入中華そばの2種類で、それぞれ中盛か大盛を選ぶことができます。
そしてサイドメニューにご飯、トッピングに生玉子があります。

「一般的な徳島ラーメン」を食べるならば、肉入中華そばと生玉子トッピングを注文しましょう。
徳島ラーメンは味が濃い目なので、ご飯を頼むのも良いと思います。

徳島ラーメン

こちらが肉入中華そば(生玉子トッピング)。
醤油の味が強い、濃厚な豚骨スープが特徴です。
薄味が主流の西日本では異色の攻撃的なスープ。
生玉子を割って混ぜると、まろやかさがプラスされ、美味いです。

麺は中細のストレート。
このスープにも負けない力強さがあります。

具は甘じょっぱく味付けされた豚バラ肉ともやし。
シンプルな構成ですが、濃いスープに非常に合うのです。
ご飯を頼んでいる場合は、その上に肉を乗せて食べるのも良いですよ。

徳島が誇るご当地ラーメン。
お立ち寄りの際には、是非ご賞味ください。

各種情報
食べログ : 店舗情報、口コミはこちらから。
徳島ラーメン 中華そば : 徳島ラーメンの店を探すならこちら!

 

東四国麺ドライブ恐るべきさぬきうどん&怒涛の徳島ラーメン

価格:980円
(2013/12/3 21:55時点)
感想(2件)

| 徳島県 | 22:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

徳島県のメインページ

徳島県イラスト 




徳島県のメインページ

 徳島県のグルメ
徳島ラーメン
(徳島県徳島市)
人気急上昇中の個性派ご当地ラーメン。

 徳島県の立ち寄りスポット
渦の道
(徳島県鳴門市)
鳴門の渦潮を見下ろすことの出来るスリル満点の遊歩道。
阿波の土柱
(徳島県阿波市)
長年の浸食作用により造り上げられた、地球の芸術作品。


 

ツーリングマップル(2015 〔6〕)

価格:1,944円
(2015/6/8 23:05時点)
感想(0件)

| 徳島県 | 22:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |