TOP > CATEGORY - 宮城県

| PAGE-SELECT |

モフモフのキツネ達が可愛すぎる!宮城蔵王キツネ村(宮城県白石市)

国内屈指のスキーリゾートにある癒しスポット


スキーや温泉、樹氷、滝など、見どころ満載。そんな東北を代表する観光地、蔵王に、人気急上昇中の癒しのスポットがあります。それが今回紹介する宮城蔵王キツネ村。その名のとおり、キツネ専門の動物園です。

宮城蔵王キツネ村

こちらがキツネ村の入口です。なかなかカオスな雰囲気。入るにあたっての注意事項が書かれているので、十分に読んでから入る必要があります。

宮城蔵王キツネ村

入場料を払い、中に入ったところで待ち受けている物々しいゲート。キツネ村は通常の動物園とは違い、人間がキツネの檻に入っていくスタイルの動物園なのです。そのため、キツネに噛まれる可能性もあるのだとか。スタッフの指示や注意書きにはとにかく従いましょう。


モフモフ!キツネたちの楽園!


キツネ

ゲートをくぐると、そこは癒しの空間。

100頭以上のキツネが園内の至る所にいます。寝ていたり、歩き回っていたり、餌を食べていたり、表情は様々。見られるキツネの種類も様々で、北海道ではお馴染みのキタキツネ、本州以南に生息するホンドギツネ、非常に珍しいホッキョクギツネなど、6種類のキツネを観ることができます。

そして、冬は冬毛でモフモフになっており、とても可愛いですね。


じゃれ合うキツネ

こんな風にじゃれ合っている子ギツネもいます。結構激しいので、まるで喧嘩をしているよう。

そういえば、ここに来て分かったのですが、キツネって「ミューミュー」と鳴くんですね。


わらわらキツネ

自然の地形を生かして作られたことが分かる園内。キツネたちはその中で伸び伸びと過ごしています。丘があったり、稲荷神社があったりで、一周するだけでも結構楽しいです。


キツネへのエサやりもおススメ!


エサをもらうキツネ

忘れてはいけないのが、キツネへのエサやり。キツネが入ってこないように囲われた専用エサ場から、エサをあげることができるのです。エサを持った手を出すだけで、キツネがワーッと集まってきます。そしてエサを投げると見事キャッチ。これはおススメですよ。


…というように、心行くまでキツネの魅力に堪能することができるキツネ村。癒しを求め、訪れてみては如何でしょうか。


各種情報
宮城蔵王キツネ村公式サイト : 公式サイト。キツネ村の今が分かるブログも必見。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ぬいぐるみ キツネ ぬいぐるみキツネ 子ギツネ

価格:7,500円
(2017/5/12 00:32時点)
感想(4件)

| 宮城県 | 00:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

油麩丼(首藤屋@宮城県登米市)

宮城県北部、登米市を中心に親しまれている伝統的な食材、油麩
一般的に知られている「麩」は、小麦粉のたんぱく質成分であるグルテンを焼いたものですが、油麩はそれを揚げたものです。
主に味噌汁や煮物、うどんの具などに使われるようですが、近年注目を浴びている油麩料理があります。

それが今回紹介する油麩丼
カツ丼のカツを油麩で代用した料理です。
比較的地味で、脇役であった油麩を主役に据えた料理と言えるでしょう。

油麩丼を提供している店は、登米市内(平成の大合併前は登米町)に約10軒あります。
(余談ですが、市名は「とめ」市、旧町名は「とよま」町です)
今回は、首藤屋にお邪魔しました。

首藤屋はこじんまりとした“町の食堂”といった趣で、ラーメンや定食、そば、うどんなどがリーズナブルな価格で食べられます。
油麩入りのラーメンやうどんもあり、実に気になるのですが、今回は目当ての油麩丼を注文しました。


油麩丼

出てきました、油麩丼。
味噌汁、春雨サラダ、漬物もついてきました。

油麩丼

さて、油麩丼、見た目は本当にカツ丼のよう。
卵の隙間から、輪切りにされた油麩が覗いていますね。
早速その大ぶりな油麩を口に含んでみると…。

じゅわっ。

つゆが染み出し、口の中に広がります。
肉ではなく、麩なので、よりつゆの味を吸いやすいわけですね。
なるほど、これは良い!
油麩は、基本的には柔らかいフニャッとした食感なのですが、端っこはやや硬いです。
これもまた、良いアクセントになっていますね。

つゆは、カツ丼や親子丼で使用されるような甘じょっぱいもの。
この店のオリジナルなのか、鶏肉も入っていました。

安くて素朴で美味い、満足な一品でした。


各種情報
油麩丼の会 : 油麩丼、油麩について知るならコチラ!
首藤屋
夜総合点★★★☆☆ 3.3

関連ランキング:ラーメン | 登米市その他


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ささきの手焼 油麩 4本入り

価格:668円
(2015/12/27 21:58時点)
感想(8件)

| 宮城県 | 22:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

吹上温泉峯雲閣(宮城県大崎市)

宮城県北部、秋田県との県境付近に鬼首温泉郷があります。
山中に一軒宿の温泉が点在しており、今回はそのうちの一つ、吹上温泉峯雲閣を紹介します。

まず、注意していただきたいことは、日帰り入浴の時間が非常に少ないこと。
10~13時のみなので、日帰り入浴を考えている方は、この時間を念頭に置いて、旅行計画を立てる必要があります。

 趣きあるお宿

非常に趣深い建物です。
今回は日帰り入浴で訪れたのですが、宿泊してのんびり過ごすのも良いですね。
さて、この温泉の目玉でもある露天風呂に行ってみましょう。

極楽露天風呂 

こちらが露天風呂(混浴)です。
他のお客さんがいなかったので、この広い露天風呂を独り占め。
露天風呂の脇には川が流れており、滝も見えています。
滝を眺め、川のせせらぎを聞きながらの入浴はこのうえなく心地よいです。

滝壺が湯船! 

滝壷に入浴することも可能です。
実はこの川は上流に源泉が湧いており、滝壷に入浴することができるのです。
この滝壷は「仙人風呂」と名付けられています。
今回は冬だったので、非常にぬるかったのですが、それ以外の季節は適温だそうです。

川なので、当然底には泥や枝がたまっています。
仙人風呂に入った後は、きちんと体を流しましょう。


各種情報
鳴子温泉郷観光協会 : 「温泉地を選ぶ」から鬼首温泉郷についてチェック!

 

| 宮城県 | 22:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

牛たん(たんや善冶郎@宮城県仙台市)

仙台名物と言えば、何と言っても牛たん
仙台駅内には、牛たんを味わえる店が軒を連ねる、「牛たん通り」まであります。
今回訪れたのは、「牛たん通り」に店を構える「たんや善冶郎 牛たん通り店」。

定食やお重、おつまみ等、牛たんに関するメニューが豊富にありますが、今回は「善次郎定食」を注文。

牛タン 

「善次郎」定食です。
手前のスープは牛テールのスープです。
ご飯は麦飯とこだわりを感じます。

メインの牛たんですが、何やら色々入ってますね。

牛タンアップ! 

手前から「牛たん塩焼き」、「角煮炭火焼牛たん」、「牛たんソーセージ」。
まず、その分厚さが驚異です。
私が知っている牛たんと言えば、焼肉屋でよくある、ペラッペラの薄切り肉でした。
自分の中の「牛たんの常識」が一気に覆された気分です。

塩焼きは、ステーキのように食べ応えがあります。
角煮はとてもジューシー。
ソーセージも、牛たんの食感が残っており、美味い。
牛たんの美味しさを何通りも楽しめる、とてもお得な定食でした。

「たんや善次郎」では、お土産の牛たんも取り扱っているので、これから帰る人にとっても嬉しいですね。

各種情報
「たんや善次郎」公式ホームページ : 店舗情報、メニューなど。
仙台牛タウン : 牛タン専門店を探すならここ!

 

仙台宮城県便利情報地図3版

価格:2,100円
(2013/6/24 20:26時点)
感想(1件)

| 宮城県 | 20:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

宮城県のメインページ

宮城県イラスト




宮城県のメインページ

 宮城県のグルメ
牛たん
(宮城県仙台市)
これが牛たん!?分厚い牛たんに衝撃を受ける。
油麩丼
(宮城県登米市)
伝統食の油麩を用いた、ジューシーで素朴な味わいな丼。

 宮城県の立ち寄りスポット
吹上温泉峯雲閣
(宮城県大崎市)
滝壺にも入浴できる、野趣溢れる温泉宿。
宮城蔵王キツネ村
(宮城県白石市)
モフモフのキツネたちに癒されろ!!


 

ツーリングマップル東北(2017)

価格:1,944円
(2017/5/12 00:44時点)
感想(0件)

| 宮城県 | 20:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |