TOP > CATEGORY - 青森県

| PAGE-SELECT | NEXT

津軽の家庭の味、「いがめんち」で地酒が進む!(土紋@青森県弘前市)

津軽地方の家庭料理、いがめんち

全国屈指の水産王国、青森県。ホタテやヒラメ、マグロなどが有名ですが、イカの水揚げ量も北海道に次ぐ全国2位を誇ります。今回は青森県津軽地方に伝わるイカを使った郷土料理、「いがめんち」を紹介します。

いがめんち」とは、イカのゲソを包丁で叩き、野菜や小麦粉と混ぜて揚げた(または焼いた)家庭料理。戦前、海産物が乏しかった津軽地方内陸部において、貴重な海産物を余すことなく食べるため考案されたと言われています。近年ではいがめんちを作る家庭も減ってきたそうですが、故郷の味を絶やしてはならないと、地元の有志がご当地グルメとしてPRし始めました。

現在では弘前市とその周辺にあるレストランや居酒屋で提供されています。


いがめんちをツマミに弘前の地酒を楽しめる店、「土紋」

今回は弘前市に泊まる機会があったので、地元で評判の居酒屋「土紋」にお邪魔しました。メニューには青森県の郷土料理や魚介類がずらりと並び、目移りしてしまいそう。まずはお目当てのいがめんちから行ってみましょう。

いがめんち

出てまいりました。いがめんち

見た目はハンバーグのようです。食べてみると、全体的にフンワリしつつも、所々で存在感を放つコリコリとしたイカの食感。そしてじわじわと感じるイカの旨味!

脇には一味マヨネーズが添えられていますが、いがめんちとの相性は抜群!勿論、マヨネーズを付けずに食べても十分美味いです。

それにしてもいがめんち、お酒が進みますねぇ。ビールにも日本酒にも合います。元々は家庭料理なので、おそらくご飯にも合うのではないでしょうか。


土門の料理たち

お酒が危険な程進んでしまう、「土紋」のお料理たち。

たらたま(左上)。干し鱈を生卵で和えた津軽の農家のもてなし料理。お酒に合わないわけがないでしょう!

貝焼味噌(右上)。こちらも青森の郷土料理。帆立貝の貝殻で具材を焼いた豪快な料理です。

いかわた正油漬け(左下)。これ一皿で日本酒が何杯でもいけそうですな。

いか生干し(右下)。青森のイカと言えばこれは外せないでしょう。


これら肴を引き立てるのが弘前の地酒。この店で扱う日本酒は、弘前市内にある三浦酒造が手掛ける「豊盃」のみというこだわりっぷり。色々な「豊盃」を飲み比べつつ、青森の郷土料理に舌鼓を打つ。これが「土紋」での楽しみ方と言えるでしょう。


土紋

今回紹介した「土紋」は弘前屈指の人気店。私はゴールデンウィークに訪れたのですが、店内は観光客や地元民で満席でした。私はお一人様だったので、何とかカウンター席に滑り込むことができましたが、繁忙期は早めの入店が必須でしょう。

なお、ゴールデンウィークは弘前城の桜のシーズン。全国から弘前に観光客が押し寄せる季節なので、宿も早めに予約する必要があります。呑気に構えていた私はホテルが予約できず、市内のコインパーキングで車中泊する羽目になりました。気持ちよく飲んだ後に夢見の悪いことにならないよう、注意が必要です。


各種情報

食べログ : 店舗情報と口コミはこちらから。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

| 青森県 | 23:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

バラ焼き(大昌園@青森県十和田市)

八戸市のせんべい汁、黒石市のつゆ焼きそばなど、人気のあるB級グルメがしのぎを削る激戦区、青森県
その中でも近年特に勢いがあるのが、十和田市名物のバラ焼きです。
B級グルメの祭典、B-1グランプリでは上位常連で、2014年には1位を獲得しました。

そんなバラ焼きは、戦後間もないころに青森県三沢市で誕生し、十和田地域に広まったとされています。
現在では、バラ焼きを提供する店は、十和田市内に70店舗以上あり、その勢いは留まることを知りません。

大昌園

数あるバラ焼きの名店の中から、十和田市出身の知人の意見を参考に、今回は大昌園を選択しました。
十和田市の市街地に店を構える老舗の焼肉店。
店内を見回すと、とても懐かしい雰囲気。
各テーブルには卓上コンロが置かれ、壁には焼肉のメニューを書いた札が貼られています。
カルビ、コブクロ、タンなど魅惑の焼肉メニューが並んでいますが、今回はお目当てのバラ焼きをオーダー。


バラ焼き

鉄板に乗せられて出てまいりました、バラ焼きです。
タレに漬け込まれた牛バラ肉と、肉の量を軽く凌駕する大量の玉ねぎ
赤と白のコントラストが何とも食欲をそそりますね。
一説によると、肉1:玉ねぎ1.5と言うのが、バラ焼きの黄金比なのだとか。

美味しそうな香りが立ち込める中、火がとおるのをジッと待ちます。


バラ焼き

焼き上がりました。
肉と玉ねぎを口に運んでみると…。

……おおぅ!
こりゃうまい!
甘じょっぱく、そして柔らかな牛肉とやや食感を残した玉ねぎ。
これはうまくないわけがありません。
玉ねぎから出る甘みも良い感じ。

別に頼んでいたご飯に乗せてみると、驚くほどご飯が進みます。
ご飯が進むB級グルメナンバー1」と言っても過言ではないでしょう。

今回いただいた大昌園のように、ほとんどの店では牛バラ肉を使用していますが、豚、馬、羊肉を使用する店もあるようです。
別の機会には、それらのバラ焼きも試してみたいですね。

各種情報
十和田バラ焼きゼミナール : バラ焼きのことを知るならコチラ!
食べログ : 店舗情報、口コミはこちら。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

【東北限定】十和田バラ焼き風味柿の種 6袋入【林檎の森】【常温】【RCP】

価格:648円
(2015/10/28 00:13時点)
感想(0件)

| 青森県 | 00:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

尻屋崎(青森県東通村)

本州の北の端から突き出した二本の半島。
右側に位置する、マサカリのような形をした、存在感のある巨大な半島が下北半島です。
そして、マサカリの柄の先端の部分にあたるのが、今回紹介する尻屋崎です。

一般的に岬という所は陸地の先っぽにあるため、訪れるのが困難ですが、尻屋崎は苦労して訪れるだけの価値があると思います。

尻屋崎

まず、岬と言えば灯台です。
緑の草原に青い海、そして白い灯台という非常に絵になる風景が訪問者を待っています。
のんびりと散歩をしたり、日向ぼっこをしたくなる場所ですね。
場所柄、このように天候に恵まれた日ばかりではないのですが、荒れている風景も津軽海峡らしくて良いものだと思います。

尻屋崎 

岬に向かう道は舗装された快走路ですが、海側には砂利道の旧道があります。
車で乗りいれることもできるため、せっかくなので通りたいものです。
こちらも絵になる風景で、愛車を撮影するには良いポイントだと思います。

寒立馬

そして、他の岬ではお目にかかることのできない、尻屋崎ならではの光景が寒立馬(かんだちめ)。
寒立馬は尻屋崎周辺のみに放牧されている馬で、寒さに強く、持久力に富むため、農耕馬として重宝されてきました。
1995年には9頭にまで減りましたが、現在は40頭程にまで回復しています。
そんな貴重な寒立馬が岬へ向かう道中に放牧されており、間近で見ることができるのです。

草原の風に当たりながら、のんびりと草を食む馬を眺める。
とても癒されるひと時です。

最後に尻屋崎に訪れる際の注意ですが、夜間および冬季は立入禁止です。
寒立馬が逃げないようにと、ゲートが設置されているため、事前に調べておくことが重要です。

各種情報
下北ナビ : 尻屋崎の開放時間、下北半島の観光情報ならこちら。 

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

るるぶ青森 弘前奥入瀬白神山地 ’14

価格:864円
(2014/5/11 23:12時点)
感想(0件)

| 青森県 | 23:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

八戸キャニオン(青森県八戸市)

日本一標高が高い地点は周知の事実ですが、逆に日本一標高が低い地点は意外と知られていません。
そこは青森県八戸市にある、八戸石灰鉱山の露天掘りの底。
通称“八戸キャニオン”と呼ばれており、その深さは海抜-160mです。

鉱山は住金鉱業株式会社が運営するもので、一般人の立ち入りは禁止されていますが、展望台から大迫力の光景を眺めることができます。

八戸キャニオン 

こちらが八戸キャニオンです。
石灰石を採掘するために掘り続けられた穴は、南北2km、東西800m、深さは地表から190mにも及びます。
採掘された石灰石は、地下のベルトコンベアーを伝って、10km先の八戸港まで運ばれるそうです(Wikipediaより)。

自然地形ではないですが、このスケールの大きさは一見の価値はあると思います。

八戸石灰鉱山は現役バリバリの鉱山。
今もなお、大きく、そして深くなり続けています。
一回り大きくなった頃にもう一度見に行きたいものです。


各種情報
新・エネルギー環境教育情報センター : 施設見学できるとか。これは行きたい!


 

青森県謎解き散歩 [ 盛田稔 ]

価格:900円
(2013/6/23 14:59時点)
感想(1件)

| 青森県 | 21:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

マグロ丼 (鶴亀屋食堂@青森県青森市)

青森県と言えばマグロ
青森県に行ったら、是非食べてみたいものですが、値段が高くて躊躇してしまう方も多いと思います。
そこで今回は、比較的リーズナブルかつボリューム満点なマグロ丼が食べられる店を紹介します。

青森市街地から国道4号線を八戸方面へ進んでいくと、浅虫温泉があります。
温泉付近の国道沿いに、今回紹介する「鶴亀屋食堂」があります。

この店では、様々な魚介を乗せた丼物、定食がお手軽な値段で味わうことができます。
その中でも、注目すべきは名物のマグロ丼。
量を自分で選ぶことができ、大盛り(3,000円)、中盛り(2,000円)、小盛り(1,500円)、ミニ盛り(1,300円)の4種類があります。
普段であれば、大盛りを注文するのですが、メニューの隣にこんな記載が…。
大盛り(若者男性3人以上)、中盛り(若者男性2人以上)、小盛り(若者男性用)、ミニ盛り(成人男女、こども、高齢者)。
明らかに通常の店と基準が違うようなので、若者男性である私は小盛りを注文。

マグロ丼@鶴亀屋食堂

ドドーン!
これがマグロ丼(小盛り)です。
「小盛り」という固定観念がぶち壊されるビジュアル。
マグロが山のように積み上げられて、その見た目はさながら活火山のよう。

早速食べ進めていきましょう。
まずはごはんに辿りつくまでが一苦労。
ずっしりと丼を覆い尽くすマグロを、一塊ずつ食らっていきます。
あまりに量が多く、途中から自分が食べているものが何物なのか分からなくなってきます。
まさにマグロのゲシュタルト崩壊!

この手の大食いメニューの場合、ご飯の量が多く、いかにおかずを残しながらご飯を消費するかということが攻略のカギとなりますが、このマグロ丼の場合は真逆。
ご飯の量が圧倒的に足りないというアンバランス。
私は何とか攻略することができましたが、なかなか手強い敵でした。

「マグロを嫌というほど食べたい」という方は、是非挑戦してみてください。


各種情報
食べログ : 店舗情報はこちら!マグロ丼以外にもメニューは豊富です。


 

東北(2013-2014完全保存版)

価格:680円
(2013/6/23 14:51時点)
感想(1件)

| 青森県 | 21:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT