TOP > CATEGORY - 旅行記

| PAGE-SELECT | NEXT

男の島旅~天売・焼尻編~ 【2-3】焼尻島でサフォークを食らう

7月7日(金)

焼尻島散策④ ~断崖絶壁が続く西海岸~


10:50
焼尻島の西端、鷹の巣園地。スタート地点である焼尻港は島の東端にあるため、ここが焼尻島散策の折り返し地点ということになる。

焼尻島の西海岸

焼尻島の西海岸

焼尻島の西海岸

ゆるゆると登ってきた南海岸とは一転、西海岸を進む道は一気に下ってゆく。短距離で海岸付近まで下るため、かなりの急勾配だ。正に‬海へと飛び込んでいくような道だ。

もしも自転車で散策する場合、登りの場合も下りの場合も、この坂は難関となるだろう。


なお、天候や大気の条件が良ければ、北の方角に利尻島の姿を観ることができるのだそうだ。

焼尻島散策⑤ ~漁村風景が続く北海岸~


焼尻島の北海岸

11:10
鷹の巣園地から一気に下り、焼尻島の北海岸へ。ここからは久々に人の住むエリア。比較的平坦な海岸に沿って、人家が点在する。

道道も2車線になり、歩道も完備され、一気に立派な造りに!


焼尻島の北海岸

焼尻島の北海岸

焼尻港に着くまでの約3km、このような長閑な風景が続く。所々、戸口がベニヤ板で打ち付けられた家や、今にも倒壊しそうな廃屋も見かけたものの、キチンと手入れされた家が目立つ。

雄大な自然が広がる南海岸とは対照的に、生活感のある漁村の風景が味わえる北海岸。この雰囲気もまた離島らしくて良い。


焼尻小中学校

11:50
焼尻港の一歩手前に島で唯一の小学校と中学校、そしてこれまた島内唯一の信号がある。「島内の信号機は小中学校の前のみ」、これも「離島あるある」だ。

今日は平日。授業が行われているはずなので、怪しい大人はとっとと退散する。

焼尻小中学校

学校の向かいにはグラウンド。日本海に面した美しいグラウンドだ。使う生徒が少ないからか、トラックの中にはタンポポが咲き乱れているが、そんなところも含めてとても美しい。


焼尻の北海岸

12:00
小中学校を過ぎると一旦家並みは途切れ、上り坂を迎える。坂の頂上から振り返ると、点々とする人家、漁港、そして背後には天売島

ここからは焼尻港に向けて急な坂道を下るだけだ。


焼尻島名物のサフォーク焼肉


12:15
島を歩いて一周し、焼尻港に戻ってきた。焼尻島一周。距離にして約12km、時間にして3時間半。景色が素晴らしかったので、歩いている時には気づかなかったが、意外と疲れた。

島っ子食堂

腹も減ったし、丁度良い時間なので昼食としよう。

港の隣にある「島っ子食堂」。軒下にざっくばらんに置かれた座席を陣取る。うに丼、いくら丼や塩もずくラーメンなど、メニューには海の幸が並ぶが、お目当ては魚介類ではない。


島っ子食堂のサフォーク

焼尻島名物、サフォークである。

焼尻のサフォークと言えば、そのほとんどがフレンチレストランに出荷され、島民ですらほとんど口にすることができないという高級品。そんな幻の食材を贅沢にも網焼きでいただくことができるのだ。

厚切りのサフォークに玉ねぎ、ピーマン、ご飯が付いて2,500円。決して安い値段ではないが、焼尻に来たからには是非とも奮発したい。

島っ子食堂のサフォーク

網で焼いたサフォークを塩コショウでいただく。シンプルな味付け故、肉の味が良く分かる。これは美味しい!臭みがなく、柔らかく、ヘルシー!


午前中の体調の悪さはどこへやら、美味い肉をあっという間に平らげてしまった。ごちそうさま!


  【前の記事へ】  /  【次の記事へ】

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
 

| 旅行記 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

男の島旅~天売・焼尻編~ 【2-2】のんびり焼尻ウォーキング

7月7日(金)

焼尻島散策① ~港周辺~


8:40
今回の旅最初の目的地である焼尻島に到着した。次なる島、天売島に向かうフェリーの出航時刻は15:10。それまでの6時間半、焼尻島を徒歩で周ってみようと思う。

船酔いのため、体調はすこぶる悪いが、歩いているうちに解消するだろう。


焼尻港

観光客が利用するであろう商業施設のほとんどは港周辺に集まっている。赤い屋根のターミナルの隣には土産屋と食堂、レンタサイクルを扱う店がある。

焼尻フェリーターミナル

フェリーターミナル内には観光案内所も併設されている。また、ありがたいことにコインロッカーがあったので、大きな荷物はここに預け、身軽になって散策することができた。

余談であるが、島内には公衆トイレが数える程しかない。フェリーターミナルにはとても綺麗なトイレがあるので、出来ればここで済ませておこう。


焼尻の集落

港から坂を上っていくと、島を一周する道道焼尻島線に出る。道道に沿って民家や民宿が点在している。交通量は少なく、時々軽トラや軽自動車が通る程度。天気も良く、絶好の散策日和だ。

上空にはカーブを描く珍しい飛行機雲。

ハート柄の坂道

集落の周辺にはフォトジェニックなスポットが。写真がイマイチなので分かりにくいが、路面にハート柄が掘られた坂道。島のパンフレットに小さく載っている、知る人ぞ知るスポット。SNSブームに乗じて有名になっていくのかどうか、注目のスポットだ。



焼尻島散策② ~オンコ林園地~


オンコ林園地

9:15
集落を抜け、坂を上ったところにオンコ林園地がある。

オンコ。正式名称はイチイと言う針葉樹であり、「オンコ」という呼び名は北海道、東北の方言なのだとか。ここは、国内随一の規模を誇る、約5万本のイチイの原生林として、国の天然記念物にも指定されている。

オンコ林園地

緑溢れる原生林の中を伸びる遊歩道は、とても歩きやすく、気持ちの良い森林浴を楽しむことができる。ただ、分岐が多く、道が分かりにくいので、歩く際は地図が載っているパンフレット等を携帯しておくのが無難だ。

オンコ林園地

所々、名前が付けられた奇木が現れる。こちらは、まるで盆栽のように味わい深い形となったイチイ。その名も「竪琴の木」。焼尻島のイチイは、常に強い風に吹かれているため、高く成長することができず、横に伸びるらしい。その結果、数々の奇木が生まれたのだろう。

オンコの荘

焼尻島屈指の名所、オンコの荘はその最たるもので、イチイが地に這うように伸びているのだ。厳しい風雪に対抗する生命力の強さに、ただただ驚くばかりである。


焼尻の牧草地

オンコの荘を過ぎると、急に視界が開ける。一面の牧草地、そしてその先には海が広がっている。放牧されているはずのサフォークがいないのがちょっと残念だが、開放的な景色の中を歩くのは、やはり清々しいものだ。胃のモヤモヤも大分晴れてきた。

そのまま海の方へ向かって歩き、島を一周する道道に出ることにしよう。


焼尻島散策③ ~絶景の道道ウォーキング~


道道焼尻島線

10:00
オンコの原生林を抜け、焼尻島の南海岸に到達。ここからは島を一周する道道を時計回りに進んでいくとしよう。

道道は海岸に沿って伸びる小道といった趣で、気持ちの良いウォーキングが楽しめそうだ。天気もすこぶる良く、西隣に浮かぶ天売島まで望むことができた。

白浜野営場

道道沿いには、焼尻島唯一のキャンプ場である白浜野営場がある。小さいながらも最低限の設備は整っている立派なキャンプ場だ。周囲には灯りが皆無であるため、夜には満天の星空を楽しむことができそうだ。

なお、このキャンプ場には焼尻島では数少ないトイレがあるので、散策時の休憩にも良いだろう。

道道焼尻島線

道道焼尻島線

海を臨む草原の中を真っすぐに伸びる一本道。車はほとんど来ないので、まさに独り占め状態!歩いていてこんなに気持ちの良いことはない!


道道焼尻島線

歩んできた道を振り返ってみると、目の前には最果て感の漂う無人の原野が広がっていた。焼尻島の民家は、そのほとんどが島の北側、東側に固まっている。今眺めている南海岸は、生活の匂いがせず、小島にいることを忘れる程雄大な風景だ。

鷹の巣園地

10:50
無人の南海岸を歩き続け、島の西端までやってきた。ここは鷹の巣園地。焼尻島の西端であるのと同時に、島で最も標高が高い(94メートル)場所だ。そのため、見晴らしは抜群だ。

ここから隣の天売島までは直線距離で5キロメートル程度。まさに目と鼻の先で、目を凝らせば家の一軒一軒を判別することもできる。

なお、鷹の巣園地には、東屋と公衆トイレが設置されている。島を時計回りに散策する場合、この先の北海岸には公衆トイレがないため、ここで立ち寄っておくのがおススメだ。また、港からここまで、飲み物を買えるような店や自動販売機はなかった。散策する方は港周辺で購入しておくのが良いだろう。


  【前の記事へ】  / 【次の記事へ】

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
 

| 旅行記 | 01:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

男の島旅~天売・焼尻編~ 【2-1】いざ、焼尻島へ

7月7日(金)

島旅の玄関口、羽幌フェリーターミナルへ


6:30
起床。
昨晩は羽幌町のお隣、苫前町にある道の駅「風Wとままえ」にて車中泊をした。島への玄関口、羽幌フェリーターミナルまではここから10分足らずの道のりだ。

日本海

朝の国道232号線を羽幌へ向けて北上すると、やがて日本海と寄り添う区間が現れる。

雲一つない青空が広がっており、天気は申し分ないが、波がやや荒いようだ。欠航ということはないだろうが、激しく揺れるのではないだろうか…。元々船には強くないので、港に着く前から胃の辺りがモヤモヤし始める。

羽幌町入り

7:10
羽幌町の入口では、巨大な鳥のモニュメントが出迎えてくれる。ペンギンのようなフォルムのその鳥こそ、これから向かう天売島を繁殖地とするウミガラスオロロン鳥)である。絶滅危惧種であり、個体数は相当少ないようだが、是非ともその姿を拝みたいものだ。

セイコーマート

フェリーターミナルに行く前に、羽幌の市街地にあるコンビニに立ち寄り、朝食や飲み物を調達する。

これから向かう天売、焼尻の2島にはスーパーマーケットやコンビニの類は存在しない。商店や自販機はあるので、菓子や飲み物程度であれば手に入るとは思うが、必要なものがあれば、本土で買い揃えておく方が無難だろう。


羽幌フェリーターミナル

7:35
羽幌フェリーターミナルに到着。平日の朝だからか、広々とした駐車場はガラガラだ。車は2日間ここでお留守番だ。

小さな港町と小さな離島を結ぶ航路なだけに、ターミナルもこじんまりとしたものだと思っていたが、意外や意外、綺麗で立派な外観だ。

羽幌フェリーターミナル

フェリーターミナルに入ると、観光客らしき方、島の住人らしき方が数名ベンチに腰掛けている。平日のためか、朝イチの便のためかは分からないが、客は少なめだ。

待合室の一角を間借りするように、小さな食堂がある。「浜のかあちゃん食堂」。とても美味しそうなネーミングで、地元で採れた魚介類を定食や丼でいただけるらしい。朝から営業しているありがたい店だが、期間限定営業であるため、事前に営業状況を確認しておきたい。

羽幌フェリーターミナル

両島のパンフレットはここで入手しておくのがおススメだ。小さな島とは思えない程、パンフレットの種類が豊富である。特に両島のイラスト付きの地図は、島の道や見どころが事細かに書かれており、島の散策に重宝した。


高速船で焼尻島へ


高速船

まずは、8:00発の始発の高速船で焼尻島へ向かう。焼尻・天売行きの船としては、高速船フェリーの2種類が運航されている。私は旅情のあるフェリーの方が好みなのだが、今回は島により早く到着する高速船を選択したのだ。どちらも良い所はあるので、自身の旅のスタイルや好み、スケジュールに合わて選べば良いだろう。



【参考】高速船 VS フェリー 徹底比較
  • 速さ : 高速船の方が30分程度早く着く
  • 安さ : フェリーの方が最大1,800円程度安い
  • 定員 : フェリーの方が2倍以上の定員
  • 揺れ : フェリーの方が揺れない

※時期によってはどちらかしか運航していない場合もある。
【参考サイト】羽幌沿海フェリー 公式サイト


高速船の船内

船内は椅子席で、飛行機のような配置。本日は非常に空いていたので、数名の乗客は思い思いに窓際の席を陣取る。


8:00
高速船は定刻通りに出航。エンジンを轟かせ加速し始めると、あっという間に羽幌港の防波堤を抜け、波がうねる外海へと飛び出した。

北海道本土が遠ざかると船はにわかに揺れ始めた。フェリーのような、ユッタリとした揺れではなく、ジェットコースターのような激しい上下の揺れ。波に突き上げられては、落とされ…の繰り返し。我々も急に無口になる。

船内のテレビ

こんな時、フェリーであればデッキに出て気分転換することができるのだが、高速船ではそうもいかない。

船内ではWi-Fiが使える上に、モニターで島の観光案内が流れるなど、至れり尽くせりだが、この状況では画面を見ることは自殺行為だ。ただただ、潮で汚れて白っぽくなったガラス越しに、うねる海を眺めるしかない。

遠くの方の席で、誰かが嘔吐している。他人ごとではない。胃の辺りのモヤモヤを「気のせいだ」と言い聞かせ、気分を落ち着かせる。観光案内を流していたモニターはいつの間にかテレビ放送に切り替わり、松居一代と船越英一郎の夫婦間戦争を垂れ流している。画面を注視していると、あっという間にグロッキーになりそうなので、慌てて目を背ける。

久々に骨のある船旅だ…。


焼尻島が見えてきた

8:38
ようやく待望の陸地が見えてきた。最初の寄港地、焼尻島だ。出航から30分程度しか経っていないのだが、既に満身創痍だ。

防波堤に立つ真っ赤な灯台を横目に、ゆっくりと港に進入。防波堤は青くペイントされ、タコやウニなどの海産物、そして焼尻名物のサフォークのイラストが描かれている。

船員さんが岸に向かってロープを投げ、陸地にいる係員さんがそれを受け取り、手際良く船を固定する。何度見ても感動する島到着の瞬間だ。

焼尻島に到着

8:40
ヨタヨタとした足取りでタラップを下り、最初の目的地、焼尻島に上陸した。


  【前の記事へ】  /  【次の記事へ】

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
 

| 旅行記 | 23:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

男の島旅~天売・焼尻編~ 【1-2】道南から道北へ

7月6日(木)

函館と言えばやっぱりラッキーピエロ


チャイニーズチキンバーガー

12:55
ぼちぼちランチのお時間。函館周辺に来たら是非とも立ち寄りたいのが、ご当地バーガー界の雄、ラッキーピエロ。こちらは人気ナンバー1メニューのチャイニーズチキンバーガー。甘酢が絡んだ鶏のから揚げとマヨネーズがベストマッチ。美味い!

世の評判も、ガイドブックも『チャイチキ』推しであるが、私はむしろ別のメニューをおススメしたい。

ラッキーバーガー

それがこちら。ラッキーバーガー!店名を冠した基本のハンバーガーである。美味しさの要はソースだ。味を表現する語彙が乏しいので、何とも表現しがたいが、とにかく美味しいソースなのだ。

ラッキーピエロのハンバーガーはなかなかボリューミーなので、さすがに満腹だ。


鄙びた名湯、濁川温泉新栄館


濁川温泉新栄館

13:50
御崎海浜温泉にフラれてしまったので、森町にある濁川温泉を訪れてみる。こちらは鄙びた外観と泉質の良さで温泉マニアの間で有名な濁川温泉新栄館

鄙びすぎて天井が抜けてしまっている浴室には、渋すぎる浴槽が3つ。浴室内を巧妙に張り巡らされた水路からお湯が掛け流されている。ほのかに油臭のする独特なお湯に浸かる。正に極楽だ。貸切状態のまま、30分程湯浴みを楽しんだ。

平日の温泉は空いているのが良い。


札幌へのロングドライブ


ここからは札幌までひたすら走るのみ。友人との約束の時間も迫っているため、この先は寄り道もできないだろう。…というわけで、落部インターチェンジから道央自動車道に乗り、一路札幌を目指す。

この高速を走って行くのも良いが、道央道は太平洋沿岸にある室蘭、登別、苫小牧を経由するため、やや遠回りなうえに、料金が嵩む。

地図

そこで、上の地図のようなルートで進むことにした。時間的に道央道経由と然程変わらない上に、距離はこのルートの方が短い。

雷電海岸

また、小樽市街地を除いて混雑する箇所がない上に、風光明媚な日本海沿岸を通過するため、先を急ぎつつもドライブを楽しむことができるのだ。

マッタリと後志地方の国道を乗り継ぎつつ小樽を目指し、小樽からは札樽自動車道を使い、日が暮れかけた札幌に予定通り到着したのである。


我が青春の味、南路屋の豚ブリックス


豚ブリックス

19:15

夕食は札幌市北区にあるお好み焼き屋、南路屋にて。大学時代、足繁く通った店だ。この店の名物、豚ブリックスをいただく。モダン焼きの中にチーズが入ったメニューで、ボリュームがあって美味い!札幌と言えば、味噌ラーメンやスープカレーも美味しいが、やはり青春の味というものはいつまでも足を運んでしまうものである。


旅のスタート地点へ


友人の車で羽幌へ

お好み焼きをたらふく食べた後、大学時代の友人である苗穂君と合流。彼の車に乗り、夜の石狩平野を北上する。

途中、月形町にある月形温泉ゆりかごに立ち寄り、旅の垢を落とす。それ以降は苗穂君と積もる話をしながら、一気に羽幌町の一歩手前にある苫前町までやってきた。

今夜は道の駅「風Wとままえ」で車中泊。「風W」と書いて「ふわっと」と読む。風力発電が盛んな苫前町らしい、センス溢れるネーミングだ。

さて車中泊であるが、さすがにフィットの後部にオッサン2人というのは、とても窮屈で、寝苦しい夜になってしまったのは言うまでもない。


―明日、いよいよ島へ渡る。


  【前の記事へ】  /  【次の記事へ】

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
 

| 旅行記 | 18:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

男の島旅~天売・焼尻編~ 【1-1】亀田半島一周ドライブ

7月6日(木)

函館上陸


ベア・ドゥ

8:30
定刻より15分程遅れて函館空港に到着。天気は良さそうだ。

飛行機の翼の先端には、コアラっぽい熊が描かれている。AIR DOのマスコットキャラで、「ベア・ドゥ」という名前らしい。東京から函館まで、常に「ベア・ドゥ」が隣にいたのだが、ここでお別れだ。

まずは函館空港でレンタカーを借り、札幌へ向かう。札幌でレンタカーを乗り捨て、そこからは大学時代の友人と合流し、友人の愛車で羽幌を目指す予定だ。


まるで遺跡!函館の隠れ名所、笹流ダム


笹流ダム

9:20

函館市郊外にある隠れた名所、笹流ダムに立ち寄る。遺跡を思わせるような見た目で、初見ではダムだとは気づかない人もいるだろう。バッドレスダムという、日本国内に6ヶ所しかない珍しい形態なのだそうだ。


朝食はハセガワストアのやきとり弁当


ダム見物の後は、南東、亀田半島方面へと進路をとる。国道278号線で、亀田半島の海岸線をなぞるように進んでいこう。

ハセガワストア

9:55
亀田半島の入口、湯の川温泉にて朝食を調達。函館市周辺にしかないご当地コンビニ、「ハセガワストア」だ。


やきとり弁当

朝食を買い、車を進めていると、津軽海峡を望むパーキングがあったのでそこで朝食を摂る。ハセガワストアの看板メニュー、「やきとり弁当」だ(詳細は紹介記事を参照)。お惣菜(ポテトサラダ)と共にワシャワシャと食べる。美味い!


廃線マニアに人気。旧戸井線のアーチ橋


旧戸井線のアーチ橋

10:35
国道を走っていると、突然巨大なアーチ橋が現れた。これは戦時中に工事が進められた国鉄戸井線のアーチ橋跡。戦時中の資材不足のため、完成に至らなかった悲運の鉄道だ。このアーチ橋は同線最大の遺構として、廃線好きの間では有名な存在のようだ。

この辺りの国道278号線は、海側には青森県下北半島が臨むことができ、山側には戸井線の遺構が点在し、北海道的な景色はないものの、変化に富んだ退屈しないドライブを楽しむことができる。


知る人ぞ知る秘湯、御崎海浜温泉 浜の湯


御崎海浜温泉 浜の湯

11:15
亀田半島の先端に近い恵山地域(旧恵山町)に湧く御崎海浜温泉浜の湯」に立ち寄る。町内会が管理する共同浴場で、基本的には地元民専用であるが、好意で観光客にも開放されている知る人ぞ知る温泉なのだ。

お湯が素晴らしいとの評判で、今回亀田半島を訪れた大きな目的の1つだったのだが…。

…なんとポンプが故障中で、お湯が出ないらしい…。地域に住む方が少しずつ出資して管理している小さな浴場であるため、これは仕方ない。…と思いつつも悔しい。リベンジを誓いつつ、温泉を後にした。


絶景なり、大沼と駒ヶ岳


駒ヶ岳

12:20
亀田半島をじっくりと一周し、道南随一の景勝地、大沼周辺にやってきた。大沼のお隣にドドーンと聳えているのは、活火山である駒ヶ岳。非常に存在感があり、この山を見ると、「道南に来たなぁ」という気分になるものだ。


大沼

12:30
大沼三保の松原(静岡県)、耶馬渓(大分県)と並んで新日本三景の一つ。
確かに小島が無数に浮かぶ様は、元祖日本三景の松島(宮城県)を彷彿させ、とても美しい。いつまでも眺めていたかったが、あまり時間もないので、2、3枚の写真を撮影するに留めた。


  【前の記事へ】  /  【次の記事へ】

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
 

| 旅行記 | 23:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT