| PAGE-SELECT |

鶏飯(ひさ倉@鹿児島県龍郷町)

鹿児島県、特に奄美地方に伝わる郷土料理、鶏飯(けいはん)。鹿児島県全域の居酒屋等で食べることができますが、やはり本場の奄美大島で食べたいものです。

  奄美大島随一の人気店

ひさ倉

今回紹介するのは、奄美大島の北部、龍郷町にある「ひさ倉」。奄美を訪れた観光客がこぞって訪れる、奄美の中でも特に人気が高い店です。奄美大島の幹線、国道58号線沿いにあるので、とても目立ちますね。ロードサイドにあるだけに、駐車場も広いです。


  自分で盛り付けるのが楽しい鶏飯

鶏飯

今回は鶏飯に鶏刺しが付いたセット(1,500円)を注文しました。手前のお櫃に白米、奥の鍋にはダシが入っています。

最近では初めから盛り付けられている鶏飯も多いそうですが、こちらは自分で盛り付けるスタイル。茶碗にご飯をよそい、具材を載せていきます。..

鶏飯

具材は手前から時計回りに、錦糸卵アサツキ鶏肉干しシイタケ紅ショウガ。薬味としてダイダイの七味パパイヤの漬物も添えらえています。
可能な限り綺麗に盛り付け、仕上げにダシをかけて…。

鶏飯

完成!これは色鮮やかで美味しそう!お茶漬けの要領で、さらさらといただきます。

ダシは思ったよりも濃厚な鶏風味。ダシ単品でも飲めるくらい旨味があります。店主自ら飼育している地鶏を使用しているそうですよ。
具材一つ一つの味と混ざり合い、非常に美味しい!ダイダイの爽やかな風味も良いアクセントになっていますね。なんと、ダイダイやパパイヤも自前だそう。

お櫃のご飯は少し多いように思えましたが、さらっといただくことができました。


  鶏飯以外にもある自慢の鶏メニュー!

鶏刺し

私は今回刺身をいただきましたが、養鶏場を持っているだけあり、地鶏や卵を使ったメニューが他にもあります。鶏スキ、卵焼きなどがメニューに並び、焼鳥は様々な部位を楽しむことができます。正に地産地消。奄美を訪れた際には是非とも立ち寄りたい名店です。

各種情報
ひさ倉公式サイト : 食材にかける情熱が伝わってくる公式サイト
のんびり奄美 : 奄美大島を観光するなら必見!

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
 

| 鹿児島県 | 08:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

サバスキ(お食事処 潮騒@鹿児島県屋久島町)

 
日本人にとって非常に馴染みが深く、大衆魚として、食卓にも並ぶことが多い魚です。
一方で、全国各地で「ブランド鯖」として売り出され、それらは高級魚として知られています。

鹿児島県屋久島で水揚げされる「首折れ鯖」もまた、ブランド鯖として名を馳せています。
全国的にメジャーなマサバとは種類の違う、ゴマサバ
漁獲後、血抜きおよび鮮度保持のために首を折ることから、「首折れ鯖」と呼ばれています。

この首折れ鯖、屋久島では刺身、塩焼きなどで提供されていますが、一風変わった食べ方もされています。
それが今回紹介するサバスキ、サバのすき焼きです。
屋久島の玄関口、宮之浦にあるお食事処 潮騒にお邪魔しました。


色々と気になるメニューがありますが、今回は、以前から気になっていたサバスキを注文しました。


サバスキ

こちらがサバスキ。
すき焼きらしく生卵がつきます。

サバスキ

見るだけでプリップリであることが伝わってくるサバ!!
ツヤツヤとして、脂が乗っていて美味しそう!!
このサバの他に、白菜、ニンジン、玉ねぎなどの野菜、キノコが付きます。

サバスキ

それがこうなるわけです。
サバはしゃぶしゃぶのように、サッと湯通しする程度
短めに湯通しすることにより、プリプリの食感を残しつつ、旨味は増すようです。

こういった食べ方は初めてでしたが、確かに美味しい!
新食感です。
似たような食べ方として、ぶりしゃぶがありますが、それとはまた違った美味しさ。
魚として、味が濃いからか、ぶりよりも主張が強い感じです。

甘みのある割下、生卵との相性も良いですね。
勿論、名脇役の野菜たちも美味しいです。
お酒やごはんがよく進みました。

さて、今回お邪魔した潮騒。
首折れ鯖の他にも、とび魚キビナゴカメノテ鹿ヤクトロ(とろろ芋)など、地産地消にこだわった料理が提供されています。
屋久島を訪れた方に是非ともおススメしたい店です。

各種情報
食べログ : 店舗情報、口コミはこちら。

 

屋久島醤油

価格:540円
(2016/10/17 21:55時点)
感想(40件)

| 鹿児島県 | 22:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

千座の岩屋(鹿児島県南種子町)

大隅半島の南東沖に浮かぶ種子島
屋久島、奄美大島と並び、鹿児島県を代表する離島で、観光資源にも恵まれています。
そんな種子島の中でも、特に素晴らしい景勝地を紹介します。

それが南種子町にある千座(ちくら)の岩屋

浜田海岸 

南種子町の東海岸。
この辺りは浜田海岸と呼ばれており、白砂が美しいビーチが広がっています。
夏には海水浴客で賑わう人気の海岸です。

さて、今回紹介する千座の岩屋は写真奥にある岩山にあります。
砂浜を横切り、岩山に近づいてみると・・・。

千座の岩屋 

なんと洞穴が!

そうです。
このゴツイ岩山の中には、波の浸食によって出来た海食洞が広がっているのです。
実際に入ってみると、いくつも出入り口があったり、中で枝分かれしたりと、意外と複雑です。
あまりに複雑で、自然に出来たという事実を疑いたくなるほどです。

千座の岩屋 

洞窟の中から海を見るという、貴重な体験をすることもできます。
まさにこの場所は「千座の岩屋」のハイライトと言えるでしょう。

なお、「千座の岩屋」ですが、干潮の時間帯以外は水没してしまい、入ることができません。
訪問の際は、事前に調べておく必要がありますので、ご注意ください。

各種情報
種子島観光協会 : 種子島を観光する人は必見。
気象庁潮位表 : 訪問前にはまずこちらをチェック!

 

るるぶ屋久島奄美種子島(’14~’15)

価格:882円
(2014/3/28 23:25時点)
感想(1件)

| 鹿児島県 | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

酒寿司(味の四季@鹿児島県鹿児島市)

鹿児島市の繁華街、天文館
その一角に店を構える「味の四季」。
おでんが人気の店ですが、多種多様な薩摩料理をいただくことができます。

その中でも一際目を引く、聞き慣れないメニューがあります。
それが酒寿司
どうやら鹿児島の郷土料理らしいので、注文してみましょう。

酒寿司 

こちらが酒寿司です。
色鮮やかで、一見するとちらし寿司のようにも見えます。
この酒寿司、酢の代わりに鹿児島の地酒(灰持酒)が使われているのが特徴です。
地酒の良い香りが、酒寿司の美味しさの秘密なのです。

酒寿司

上を彩る具材たち。
鹿児島名産のキビナゴを初めとした地魚、薩摩揚げ、エビ、卵などが乗っており、見た目も非常に鮮やかです。
酒に浸った甘みのあるご飯と具材が非常にマッチして、ついつい箸が進んでしまいます。

さて、この酒寿司ですが、薩摩藩の藩主であった島津義弘が、花見の宴会を開いた際に、偶然誕生したとされています。
以降、酒寿司は鹿児島ではもてなしの料理、祝いの料理として親しまれているのです。

なんこつ 

おでんもまた、この店の名物です。
上の写真は、豚のなんこつ。
酒寿司を食べ、薩摩の焼酎を飲みながら、おでんも楽しみたいものです。

各種情報
食べログ : 店舗情報、口コミ等はこちらから。

 

るるぶ鹿児島(’14)

価格:840円
(2014/3/18 23:46時点)
感想(1件)

| 鹿児島県 | 23:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

鹿児島県のメインページ

鹿児島県イラスト 




鹿児島県のメインページ

 鹿児島県のグルメ
酒寿司
(鹿児島県鹿児島市)
地酒の甘みが美味しい、おもてなしの郷土料理。
サバスキ
(鹿児島県屋久島町)
ブランド鯖の代表格、「首折れ鯖」を贅沢にもすき焼きに!!
鶏飯
(鹿児島県龍郷町)
鶏の旨味がたまらない、南の島の郷土料理。

 鹿児島県の立ち寄りスポット
千座の岩屋
(鹿児島県南種子町)
海を臨む洞窟。波の音が静かに響く神秘的な空間。


 

ツーリングマップル九州沖縄(2017)

価格:1,944円
(2017/7/16 08:08時点)
感想(0件)

| 鹿児島県 | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |