TOP > CATEGORY - 宮崎県

| PAGE-SELECT |

鵜戸神宮(宮崎県日南市)

鵜戸神宮
宮崎県を観光するうえで、外すことはできない神社です。
風光明媚な海岸をなぞるように走る国道220号線(愛称「日南フェニックスロード」)沿いにあるため、他の景勝地とセットで訪れることが可能です。

さて、鵜戸神宮について紹介するのであれば、祭神であるとか、由緒であるとかを順を追って説明すべきなのですが、筆者は歴史に疎いため、このあたりのことはWikipediaをご覧いただければと思います。
私のように寺社仏閣に関する知識が浅い人間でも楽しめるのが鵜戸神宮なのです。
今回は開き直って、「寺社仏閣に興味がない人でも楽しめる鵜戸神宮」を紹介していきます。


鵜戸神宮の魅力、それは「絶景であること」、それに尽きます。
こんなことを断言してしまうと、神社が好きな方や、パワースポット巡りをしている方に怒られてしまいそうですが、鵜戸神宮が他の神社と一線を画しているのは、景色が抜群に良いからでしょう。

鵜戸神宮

こちらは社務所を通り過ぎた辺りに現れる楼門
青い海をバックにして、朱塗りの門や玉垣が映えますね!!
そして、他の神社とは違い、開放感がある気がします。

鵜戸神宮

楼門を抜けて進んでいくと、右手眼下に本殿が見えてきます。
ここから見る景色は、鵜戸神宮の魅力の1つと言っても良いでしょう。
打ち寄せる波、荒々しい岩石海岸をバックに建つ鳥居や玉垣は、非常に絵になります。
多くの観光ガイドでも取り上げられている風景ですね。

なお、神社の本殿というものは、高いところにある場合が多く、このように見下ろすような造りになっているケースは珍しいそうです。
言われてみれば、確かに違和感がありますね…。


鵜戸神宮

階段を下りてみてビックリ。
ご本殿は洞窟の中にあります。
オーバーハングした大迫力の岩の下に入り、お参り。
鵜戸神宮は縁結び、子授け、安産などにご利益があることが有名です。

なお、本殿の裏には、撫でうさぎ御乳岩など、見るべきものがあるので、是非足を止めてみてください。


亀石

鵜戸神宮を語るうえで、「運玉」を外すことはできないでしょう。
本殿で購入した「運玉」を、上の写真に写る、亀石の縄の中へ目がけて投げるのです。
崖の上から投げ下ろす形になるのですが、距離が離れており、また運玉が意外と持ちにくいため、投げ入れるのは至難の業。
男性は左手で投げなければならないので、尚更です。
結局私は、5回投げて、1個も入りませんでした…。

縄の中に入ると、願い事が叶うのだとか。


このように、他の神社とは一味違った楽しみ方のできる鵜戸神宮。
普段は寺社仏閣には食指が動かない方も、足を運んでみては如何でしょうか。

各種情報
日南市観光協会 : 日南フェニックスロード沿いには見どころたくさん!!

 

るるぶ宮崎高千穂 日南 えびの 霧島 ’16

価格:907円
(2016/6/2 23:46時点)
感想(0件)

| 宮崎県 | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

釜揚げうどん(五味八珍@宮崎県宮崎市)

宮崎で釜揚げうどん
遠方住む者としてはイメージが湧かないのですが、釜揚げうどんは宮崎市の隠れた名物なのだそうです。
市内の繁華街にはうどん屋が軒を連ね、〆の一杯として、うどんをすする人も多いとか。

「暑い地域で釜揚げうどん…?」
疑問符を浮かべつつ、現地を訪れてみました。

五味八珍

地鶏をツマミに焼酎をしこたま飲んだ後にやってきたのが、今回紹介する五味八珍
店先の表示を見る限り、釜揚げうどんをプッシュしているようです。
酔い覚ましに食っていきましょう。

釜揚げうどん

さて、こちらが名物の釜揚げうどん。
もちろん茹で立てのアツアツです。

釜揚げうどん

この店の特徴は、つゆに生卵を投入すること。
いや、逆ですね。
生卵とネギ、ワサビを混ぜて、十分混ざったらそこにつゆを注ぐのです。
ワサビは結構な量があるように見えますが、全部入れて構わないそうです。

麺は細めの平打ち麺
茹で加減はやや柔らかめ。
アツアツの麺を完成したつゆに絡めて食べると、何ともマイルドな味わい。
釜玉うどんのようなマイルドさなのですが、ワサビが良いアクセントになっていますね。
他では見ない食べ方ですが、なかなか病みつきになりそうな味です。

釜揚げうどん

最後は釜湯(うどんの茹で汁)が出されるので、つゆに入れて飲みます。
蕎麦における蕎麦湯、つけ麺におけるスープ割りのようなものでしょうか。
とても優しい味です。

今回、私は飲んだ後の〆の一杯としていただいたのですが、非常にさっぱりしていて良いですね。
宮崎のような暑い地方だと、脂分の多いラーメンよりもこのような釜揚げうどんが喜ばれるのかもしれません。
飲んだ後はもちろん、普通にお食事としてもおススメです。

各種情報
食べログ : 店舗情報、口コミはこちらから。

 

【2500円以上送料無料】ドライブグルメ&レジャー九州 ’15

価格:1,000円
(2014/8/24 22:30時点)
感想(0件)

| 宮崎県 | 22:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

照葉大吊橋(宮崎県綾町)

宮崎県の内陸部には広大な照葉樹林が広がっており、一帯は九州中央山地国定公園に指定されています。
そのほとんどは、来る者を阻む深山幽谷の地なのですが、気軽に照葉樹林を眺めることができる場所があります。
それが今回紹介する、綾町にある照葉(てるは)大吊橋です。

宮崎市の郊外に位置する綾町。
綾町市街地から谷沿いの県道を車で10分程度進むと、頭上に凄まじい高さの吊橋が現れます。

照葉大吊橋 

それが照葉大吊橋。
このあたりの照葉樹林観光のために架けられた吊橋です。
長さ250メートル、高さ142メートル。
2006年に大分県の九重"夢"大吊橋に抜かれるまでは、歩行者専用の吊橋としては、全国1位の高さを誇る橋でした。

照葉大吊橋 

さて渡ってみましょう。

主要な観光地だけあって、造りは非常に立派なのですが、やはりその高さ!
足がすくみます。

照葉大吊橋 

遥か下に望む、本庄川と宮崎県道26号線。
よく見ると、本庄川にはもう一本低い位置に吊橋が架かっていますね。
かじか橋と言い、照葉大吊橋を渡り、さらに遊歩道を進むと辿り付けるそうです。

照葉大吊橋 

橋を渡り、対岸にやってきました。
今立っている対岸こそが、日本でも最大規模を誇る照葉樹林の一部なのです。
私は、この後は照葉大吊橋を引き返しましたが、時間がある方は先の遊歩道を進み、照葉樹林の中を散歩するのも良いかもしれません。

各種情報
綾町ホームページ : 照葉樹林都市、綾町のホームページ。

 

るるぶ宮崎高千穂(’14)

価格:840円
(2014/3/13 23:20時点)
感想(2件)

| 宮崎県 | 23:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

チキン南蛮(味のおぐら大瀬店@宮崎県延岡市)

今や鶏肉料理としてすっかり定番になったチキン南蛮
全国の弁当屋やスーパーの惣菜コーナーでも見かけるようになりましたが、やはり一度は本場で味わいたいもの。

チキン南蛮の本場、そして発祥の地は宮崎県延岡市
どの店が発祥か、ということに関しては2説に分かれるものの、現在主流になっている「タルタルソースがかかったチキン南蛮」については、「おぐら」が初めて売り始めました。
というわけで、今回はタルタルソースのチキン南蛮のルーツである、「味のおぐら大瀬店」を紹介します。

2014年現在、「味のおぐら」は延岡市内に4店舗を構えるレストランです。
大瀬店は延岡市街地の南西部、大瀬川の岸辺にあります。

店内はファミリーレストランのような趣き。
メニューもファミレスのように、目移りするほど豊富ですが、勿論チキン南蛮を注文。

チキン南蛮 

こちらがおぐらのチキン南蛮です。
大ぶりのチキン南蛮に、ライス、線キャベツがつきます。

チキン南蛮 

チキン南蛮。
甘口のたれが絡まったチキンはとてもジューシー。
タルタルソースをたっぷり付けて食べると、非常に美味しいです。

自分自身、延岡に来るのは2回目なのですが、来るたびにこの店に来てしまいます。
本当に病みつきになりますよ。

この美味しいチキン南蛮を求めて、昼時には多くの客で賑わいます。
店の人気の割に駐車場が狭いため、あらかじめ近くの駐車場を探しておくことをオススメします。

各種情報
味のおぐら : チキン南蛮の大御所、おぐらの公式ホームページ。
延岡発祥チキン南蛮党 : 他の店を探すならこちらが便利!

 

【送料無料】有名店の味!「味のおぐら」チキン南蛮セット 鶏の唐揚げ・甘酢・タルタルソース 2パック 【宮崎】 【楽ギフ_のし】【smtb-MS】【RCP】【マラソン201312_送料無料】

価格:3,700円
(2014/3/10 21:29時点)
感想(0件)

| 宮崎県 | 21:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

宮崎県のメインページ

宮崎県イラスト 




宮崎県のメインページ

 宮崎県のグルメ
チキン南蛮
(宮崎県延岡市)
甘酢とタルタルソースの相性がたまらない、定番グルメ。
釜揚げうどん
(宮崎県宮崎市)
南国の県都の隠れた名物。独特な食べ方も魅力。

 宮崎県の立ち寄りスポット
照葉大吊橋
(宮崎県綾町)
日本最大級の照葉樹林を望む、日本最大級の大吊橋。
鵜戸神宮
(宮崎県日南市)
青い海に映える朱色の鳥居。南国情緒溢れる神社。


 

九州沖縄 (ツーリングマップル)[本/雑誌] / 昭文社

価格:1,944円
(2016/6/2 23:50時点)
感想(0件)

| 宮崎県 | 21:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |