FC2ブログ
TOP > CATEGORY - 岩手県

| PAGE-SELECT |

大迫力の渓谷、猊鼻渓で舟下りを楽しむ(岩手県一関市)

舟下りの名所、猊鼻渓

岩手県南部の中心都市、一関市。観光資源に恵まれ、市内には猊鼻渓げいびけい)、厳美渓げんびけい)という名前の紛らわしい2つの有名な景勝地が存在します。前者は一関市東部、後者は西部と、地理的には離れた場所にあるため、訪れる際には間違えないよう注意が必要です。

今回は一関市東部(2005年の合併で一関市と合併するまでは東山町)にある猊鼻渓を紹介します。

猊鼻渓は北上川の支流である砂鉄川の途中にある長さ約2kmの渓谷。高さ50mを超える断崖が両側から迫る深い渓谷で、非常に見ごたえがあります。険しい地形でありながら流れは比較的穏やかなので、ノンビリと舟下りをしながら観光することができます。


船着場

船着場に行くと、大型の手漕船が所狭しと並んでいます。訪れたのは11月下旬だったので、船には寒さ対策として透明の覆いが付けられていました。それに加えて、12~3月の間は船内にコタツが設置されるようです。

舟下りスタート

船は発着所を出発し、まずは上流へと向かいます。舟下りといえば、上流から下流への一方通行というパターンが多いのですが、猊鼻渓ではいきなり上流に向かって進みます。船に動力は付いていません。流れが緩やかな猊鼻渓だからこそできる芸当ですね。

渓谷の途中にある三好ヶ丘船着場まで川を遡り、そこで折り返してスタート地点の発着所へと戻っていきます。ここ、猊鼻渓の舟下りは、“往復運航”をする全国でも珍しい存在なのです。


猊鼻渓舟下り

船内では船頭さんによる語りや小唄を聞くことができます。小気味の良い語りは、時に笑いあり、時に感心させられ、退屈のしない時間を過ごすことができます。1隻あたり2名の船頭さんが乗っており、語りが続く間ももう1人が軽快に船を漕いでいました。

なお、この日は平日だったので比較的空いており、船内では足を伸ばし放題♪コタツ船のシーズンではありませんでしたが、ストーブが焚かれており、寒い思いはしませんでした。


猊鼻渓

いよいよハイライト。切り立った断崖絶壁が両側に聳え、逃げ場のない渓谷が続きます。乗客たちも窓を開け、夢中でシャッターを切ったり、崖を見上げたり…。

険しい地形とは裏腹に流れは非常に穏やか。波がほとんど立たない水面を、カモが列を成して泳いでいる姿を観ることもできます。


猊鼻渓観光のクライマックス!大猊鼻岩

三好ヶ丘船着場

出発から20分程で折り返し地点の三好ヶ丘船着場に到着しました。

こちらでは一旦客は船を下り、歩いて観光することになります。船頭さんの案内に従い河原を進むと、すぐに猊鼻渓最大の見所が現れます。


大猊鼻岩

大猊鼻岩!!

高さ124mを誇る巨大な大岩。近くからだと写真に納まりきらない程のスケール感!今にもこちらに向かって倒れてくるかのような迫力!

橋を渡り、近くまで進みます。


うん玉

うん玉

大猊鼻岩の下部にはポッカリと穴が空いています。そこを目がけて「うん玉」(上の写真にある「運」と書かれた玉)を投げ入れるというイベントが用意されています。

見事「うん玉」が穴に入れば願いが叶うと言われています。「うん玉」は5つで100円。せっかくなのでチャレンジしてみましたが、コントロールが壊滅的に悪い私が投げた「うん玉」は、全て川の藻屑と消えました…。


大猊鼻岩の滞在時間は約15分。もうちょっと楽しみたいものですが、後ろ髪を引かれる思いで船に戻ります。船は往路とは逆方向、つまり下流方向へと進み、最初の船着場へと至ります。

往復約1時間。飽きることなく、非常に濃密な1時間を過ごすことができました。


季節ごとに様々な顔を見せる猊鼻渓

今回紹介した猊鼻渓。私は初冬に訪れましたが、一年を通して様々な姿を観ることができます。新緑や紅葉は勿論、雪景色もまた絵になるそうです。

また、新緑の時期の茶席舟冬のこたつ舟など、季節ごとに様々なイベントが行われています。繰り返し訪れて、四季折々の猊鼻渓を楽しみたいものですね。


猊鼻渓へのアクセス

猊鼻渓は景勝地としては珍しく、鉄道駅のすぐ近くにあります。JR大船渡線猊鼻渓駅から徒歩5分という近さ!猊鼻渓駅までは新幹線が停まる一ノ関駅から普通列車で30分程度。列車の本数は1~2時間に1本とやや少ないので、事前に時刻表をチェックしておくことが重要です。

自動車の場合は、最寄りである東北自動車道の一関インターチェンジから30分程度。アクセスルートとなる県道は比較的整備された道なので、自家用車でも訪れやすい景勝地だと思います。


各種情報

猊鼻渓舟下り : 舟下りに関する情報はこちらから。
いちのせき観光Navi : 一関は猊鼻渓の他にも見どころが沢山!

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

|投稿:2018.03.14 | 最終更新:2018.03.14 |カテゴリ: 岩手県

ジンギスカン(遠野食肉センター@岩手県遠野市)

遠野の人気店、遠野食肉センター

ジンギスカンと言えば、北海道というイメージが強いですが、岩手県遠野市もまたジンギスカン文化が根付いた土地です。 市内の人気店の初代店主が、満州で過ごした頃に食べた羊肉が忘れられず、賄い料理として作り始めたのが始まりだそうです。また、元々遠野では綿羊を飼育している農家が多かったため、ジンギスカンが根付いたのだと言われています。

遠野食肉センター

今回は遠野市内の国道283号線沿いにある、遠野食肉センターを紹介します。如何にも肉が美味しそうな名前の店ですね。精肉店に併設されたレストランで、羊肉以外にも牛や豚も取り扱っています。

私はゴールデンウィークに訪れたので、昼食の時間帯を外して15時くらいに訪店しました。しかし、この時間でも行列ができているという人気ぶり。15分程待って、席に着くことができました。

メニューを見ると、基本が「上ラム」。他にも「厚切りラムロース」「骨付ラム」がありますね。


臭みのないラム肉に感動!

ジンギスカン

「上ラム」を単品で注文しました。ガッツリ食べたければ、セットを注文すれば、ライス、味噌汁、小鉢もついてくるようです。

肉はやや厚めに切られていますが、柔らかさが見た目からも伝わってきますね。そのまま刺身で食べられるんじゃないかと錯覚する程、美味しそうなラム肉です。

ジンギスカン

牛脂を使って鍋に油を引いてから、レッツジンギスカン!!通常は野菜の上に肉を乗せ、蒸し焼きにするのですが、1人前の量なのでこんな感じに。

肉は焼き過ぎると固くなってしまうので、早めに取り出します。ピリ辛のタレにサッとつけてそのまま口へ。

柔らかい!!
そして羊独特のクセも全くありません。口の中に肉汁が溢れ、噛めば噛むほどに味が出ます。これは羊肉が苦手な人でも食べられるのではないでしょうか。

タレとの相性も抜群です。中辛のタレが、卓上に置かれているのですが、甘口、辛口も選べるようなので、店員さんに声をかけていると良いでしょう。

野菜も甘くシャキシャキで非常に美味しいです。キューっとビールでも飲みたいところだったのですが、車で来ているのでグッと堪えました。


余談ですが、アウトドアでジンギスカンをやる場合、七輪ではなくバケツを使うのが遠野流だそうです。ジンギスカンが普及し始めたころは、悪路が多く、七輪では割れてしまうためバケツになったのだとか。お店で食べるのも良いですが、豪快にバケツジンギスカンもやってみたいものですね。

各種情報

遠野時間 : 遠野市観光協会のホームページ。ジンギスカン以外にも魅力がたくさん。

遠野食肉センター レストラン
昼総合点★★★☆☆ 3.6

関連ランキング:ジンギスカン | 遠野駅


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

遠野物語 [ 柳田国男 ]

価格:691円
(2016/5/13 23:28時点)
感想(2件)

|投稿:2016.05.13 | 最終更新:2018.08.22 |カテゴリ: 岩手県

滝観洞(岩手県住田町)

龍泉洞安家(あっか)洞など岩手県には著名な鍾乳洞がありますが、今回紹介する滝観(ろうかん)洞も負けず劣らず素晴らしい鍾乳洞です。
観光化された前者2箇所と比べ、そこまで整備されておらず、ワイルドな探検気分を味わうことができるのが魅力です。

さて、入洞する前には、受付で雨合羽、長靴、ヘルメットを借ります。
装着することで、探検気分がさらに高揚しますね。

洞窟入り口付近

洞内には川が流れており、それに沿って作られた道を歩き、上流へと向かっていきます。
水は驚く程澄んでおり、この水は「いわての名水20選」にも選ばれています。

かなり狭い 

中はちゃんと整備されていますが、ところどころとても狭い箇所があり、スリリングです。
また、この洞窟は映画「八つ墓村」のロケ地にもなりましたが、確かに雰囲気のある洞窟だと思います。

しばらく歩くと、奥の方から轟音が聞こえて来ます。
いよいよクライマックスです。

天の岩戸の滝 

滝です。
そこだけ天井が高くなっており、その裂け目から、物凄い量の水が滝となって降り注いでいます。
天の岩戸の滝と名づけられたこの滝は、落差約30mあり、日本国内の洞内滝としては第3位の落差を誇ります。
滝を見ているだけで水飛沫を被り、非常に気持ちよいです。
また、洞内なので、音が反響し、あたりは轟音のみで支配されてしまっています。

この滝の上流にも鍾乳洞が広がり、探検隊によって滝観洞の未知の部分が徐々に明かされていますが、一般の見学通路はここまで。
元来た道を引き返すことになります。

さて、滝観洞は山奥にありますが、国道283号線のバイパスである「仙人峠道路」の開通と同時に、滝観洞ICが設置されたため、お手軽に訪問できるようになりました。
列車の場合は、JR釜石線の上有住駅から徒歩1分ですが、本数が1日8~9本と少ないので注意が必要です。


各種情報
滝観洞・白蓮洞 : 滝観洞と、隣接する白蓮洞も公式ホームページ。

 

日本の秘境ツーリング [ 末飛登 ]

価格:683円
(2013/6/23 17:08時点)
感想(8件)

|投稿:2013.06.23 | 最終更新:2018.06.22 |カテゴリ: 岩手県

じゃじゃ麺 (不来方じゃじゃ麺@岩手県盛岡市)

わんこそば、冷麺、じゃじゃ麺と言えば盛岡三大麺として知られています。
今回は、じゃじゃ麺を紹介したいと思います。

今回訪れたのは、繁華街にある「不来方(こずかた)じゃじゃ麺」。
猛烈に腹が減っていたので、チャーシューじゃじゃ麺を注文しました。

じゃじゃ麺 

チャーシューじゃじゃ麺です。
じゃじゃ麺の特徴である、肉味噌と細切り胡瓜、そして分厚いチャーシューがゴロゴロ入っています。
きしめんのように平べったい麺もじゃじゃ麺ならではです。
全体をよくかき混ぜて食べれば、麺に肉味噌がよく絡まって非常にうまい!
卓上に生姜、酢、ラー油、塩などの調味料が並んでいるので、少しずつ味を変えながら楽しむのもまた良いでしょう。

しかし、これだけでは終わらないのがじゃじゃ麺の素晴らしいところ。
あらかた食べ終わった頃、卓上に置かれた生卵を残ったじゃじゃ麺に投入し、かき混ぜたうえで、「チータンタン」と注文します。

チータンタン 

これがじゃじゃ麺のシメとも言うべきチータンタン。
残ったじゃじゃ麺に卵、スープを入れてもらった、言わば「つけ麺のスープ割」のようなものです。
これがまたうまいんです。
チータンタンはじゃじゃ麺の値段プラス50円で作ってもらえるので、是非お試しください。


各種情報
食べログ : 店舗情報、口コミ等はこちらでチェック!
盛岡じゃじゃ麺ファンクラブ : 食べ歩きをした方は、こちら!


 

るるぶ岩手 平泉 盛岡 八幡平’13~’14

価格:840円
(2013/6/23 15:07時点)
感想(2件)

|投稿:2013.06.22 | 最終更新:2018.06.22 |カテゴリ: 岩手県

岩手県メインページ

岩手県イラスト




岩手県のメインページ

 岩手県のグルメ
じゃじゃ麺
(岩手県盛岡市)
〆のスープも楽しめ、2度美味しいご当地麺。
ジンギスカン
(岩手県遠野市)
北海道だけじゃない!!柔らかい羊肉をご賞味あれ。

 岩手県の立ち寄りスポット
滝観洞
(岩手県住田町)
探検気分が味わえる、ワイルドな鍾乳洞。
猊鼻渓
(岩手県一関市)
国内屈指の大渓谷を眺めながら、ゆったりと舟下り。


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

昭文社 書籍 ツーリングマップル 2018 東北

価格:1,944円
(2018/3/14 23:59時点)
感想(0件)

|投稿:2013.06.22 | 最終更新:2018.03.15 |カテゴリ: 岩手県

| PAGE-SELECT |