| PAGE-SELECT |

浪漫八橋(愛媛県大洲市)

 以前、当ブログでは富山県の屋根付橋を紹介しましたが、全国的にも珍しい屋根付橋が数多く架かる地域があります。
それが愛媛県南予地方にある、大洲市河辺地区(合併前は河辺村)。
河辺は、大洲市の山奥から流れる肱川の支流を、奥へ奥へ遡ったところにあるひっそりとした山村。
狭い谷には猫の額ほどの田畑が点在し、そこを縫うように河辺川が流れています。

そんな美しい山村風景が広がっているのですが、河辺でしか見られない風景が、小川を跨ぐ屋根付橋。
河辺には復元されたものを含めて8つの屋根付橋が現存し、まとめて「浪漫八橋」と呼ばれています。
さて、8つのうち、特に素晴らしい3つをご覧いただきましょう。

三嶋橋

三嶋橋

「浪漫八橋」の一つ、三嶋橋
朝日を浴びてきらめく小川、サワサワと揺れる緑の稲穂、深い森、木造の屋根付橋。
なんとも絵になる風景です。

この橋は大正12年に架けられたもの。
三嶋神社への参道にあたり、神に敬意を表して屋根を付けたと言われています。
完成当時は屋根も木造でしたが、耐久性の関係から、近年トタンに張り替えられました。


帯江橋

三嶋橋から県道を上流に進むと、帯江橋が現れます。
この橋は昭和27年に架けられ、農機具の保管場所、村人の憩いの場として親しまれています。

帯江橋

渡ってみると感じる、この居心地の良さ
川のせせらぎとそよ風を独り占めできるだけでなく、ベンチハンモックまで据え付けられています。
一日中昼寝をしたり、読書をしたりしたい、素晴らしい空間です。


帯江橋からさらに上流に進むと、真打の登場です。

御幸の橋

御幸の橋です。
安永2年(1773年)創建と、この地域でも群を抜いて歴史があり、日本百名橋にも選定されています。
天神社の参道に架けられたもので、周囲の雰囲気と相まって、神々しさすら感じます。
残念ながら、初代は洪水で流失してしまい、現存しているのは明治時代に再建された2代目ということになります。
ケヤキの木で造られており、釘は一本も使われていないそうです。
前出の2橋と比べ、規模は小さいのですが、何だか凄みを感じました。


今回は3橋のみの紹介となりましたが、他にも魅力的な屋根付橋と出会うことができます。
全国的には無名ですが、密かなブームになりつつある「何だか良いトコロ」。
田舎の風景に囲まれながら、のんびりしたい人には是非オススメしたいスポットです。

各種情報
大洲市観光協会 : 伊予の小京都と呼ばれる大洲市の観光情報はコチラ!

 

るるぶ愛媛道後温泉松山(’15)

価格:864円
(2015/9/28 23:48時点)
感想(1件)

| 愛媛県 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

雪輪の滝(愛媛県宇和島市)

これまで当ブログでは多くの滝を紹介してきました。
垂直な崖を水が落ちる」といった形状の滝が多いわけですが、今回紹介する滝は一風変わったものです。

その滝は愛媛県の南部の宇和島市にあります。
高知県との県境付近、四万十川の支流である目黒川が作り出した滑床渓谷
四国屈指の渓谷美を誇り、美しい日本の歩きたくなるみち500選水源の森百選にも選ばれています。
そして滑床渓谷のメインであり、今回紹介する雪輪の滝日本の滝100選に選ばれているのです。

アクセスですが、すれ違いが困難な箇所もある狭い県道を通るので、注意が必要です。
駐車場に車を停め、渓谷沿いの遊歩道を30分程度歩くことになります。

滑床渓谷 

渓谷は岩が全体的に滑らかになっており、所謂「ナメ」と呼ばれる地形が特徴的です。
これが「滑床渓谷」の地名の由来にもなっています。
遊歩道は概ね川に沿っており、景色を楽しみながら歩くことができます。

雪輪の滝 

こちらが雪輪の滝。
ご覧のとおり、かなり珍しい形状の滝です。
歩道から見えている長さは80メートル程度ですが、全長300メートルある長大な滝です。

雪輪の滝 

滑り台のような岩肌をサラサラと流れ落ちる様は、他の滝ではなかなか見られない美しさです。
流れる水の泡が、雪の輪のように見えることから、「雪輪の滝」と名づけられました。
水量によっては輪が見えないこともあるので、ある程度運に左右されますね。

斜面が緩やかなことから、夏には滝の中腹から滑り降りて遊ぶこともできます。
滑床渓谷キャニオニングツアーに参加すると、滝滑りが体験できるので、興味がある方は是非。

各種情報
宇和島市観光協会 : 滑床渓谷を初め、宇和島市を観光するならまずチェック。
滑床渓谷キャニオニングツアー : 雪輪の滝の滝滑りなど、滑床渓谷を満喫するならこちら。

 

【送料無料】 日本の滝 雲生雨 岳造瀧 / 川越輝彦 【単行本】

価格:2,940円
(2013/12/10 21:39時点)
感想(0件)

| 愛媛県 | 21:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

焼豚玉子飯(白龍@愛媛県今治市)

近年、人気急上昇中のB級グルメが愛媛県にあります。
それが今治市の名物、焼豚玉子飯
2011年のB1グランプリに初出展するやいなや、いきなりの5位。
その後も上位をキープし続けており、B級グルメ界のニューウェーブとして知られています。

白龍 

今回紹介するのは今治市内に店を構える白龍
白龍は大衆中華料理屋といった趣きで、ラーメン、餃子や中華料理など、メニューが豊富です。

焼豚玉子飯 

こちらが白龍の焼豚玉子飯です。
ご飯に甘じょっぱいタレに絡めた焼豚と目玉焼きが乗せられたシンプルな料理です。
シンプルですが、見るからに美味しそう。

また、白龍の焼豚玉子飯は通常よりもボリュームが多く、目玉焼きが3つも入っています。
大食漢にとっては嬉しい限りですね。

さて、まずは目玉を割らずに、焼豚とタレの味が染みたご飯を口に運びます。
美味い!
そしてお次は目玉を割り、黄身を豚と米に絡めながらかきこみます。
美味くないはずがありません。
シンプルかつ王道のB級グルメと言えるでしょう。

この焼豚玉子飯は、1970年代に市内の中華料理屋「五番閣(現在は閉店)」のまかない料理から始まりました。
同店でメニュー化したところ大人気となり、今治市民のソウルフードとなりました。

現在では市内の約60店舗で提供されています。
店によって焼豚の厚さや部位、タレに違いがあるらしいので、食べ比べてみるのも良いですね。

各種情報
今治焼豚玉子飯世界普及委員会 : 焼豚玉子飯について知りたいならこちら。
食べログ : 店舗情報、口コミはこちらでチェック!

 

県別対抗!中国・四国ご当地&B級グルメ

価格:880円
(2013/12/7 22:44時点)
感想(0件)

| 愛媛県 | 23:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

愛媛県のメインページ

愛媛県イラスト 




愛媛県のメインページ

 愛媛県のグルメ
焼豚玉子飯
(愛媛県今治市)
「安い!美味い!早い!多い!」四拍子揃ったB級グルメ。

 愛媛県の立ち寄りスポット
雪輪の滝
(愛媛県宇和島市)
美しい模様を描きながら、ゆっくりと滑り落ちる優雅な滝。
浪漫八橋
(愛媛県大洲市)
長閑な山村に溶け込む小さくて個性的な橋たち。


 

ツーリングマップル(2015 〔6〕)

価格:1,944円
(2015/9/29 00:03時点)
感想(0件)

| 愛媛県 | 22:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |