FC2ブログ
TOP > CATEGORY - 07四国地方

| PAGE-SELECT | NEXT

金目鯛の照り焼きと新鮮な刺身!室戸キンメ丼が美味い!(食事処とさ@高知県室戸市)

室戸の新名物!「室戸キンメ丼」は海鮮丼とお茶漬けで2度楽しめる

四国の東南の端、台風中継でもお馴染みの室戸岬がある高知県室戸市。水産業が盛んな都市で、特に金目鯛は西日本一の漁獲高を誇り、現在では室戸市を代表する名物となっています。

特産の金目鯛を観光の目玉にすべく、生み出されたご当地グルメがあります。それが今回紹介する「室戸キンメ丼」です。室戸市内の約10店舗でいただくことができる「室戸キンメ丼」。今回は室戸市役所の近くにある「食事処とさ」にお邪魔しました。

室戸キンメ丼

室戸キンメ丼

こちらが「室戸キンメ丼」(1,600円)。

高級魚と言われる金目鯛の照り焼き、旬の魚の刺身、吸い物や小鉢が付いてこの値段はかなりお得だと思います。このお値段は全店舗統一なのだそう。他にも以下のような共通した特徴があります。

  1. 金目鯛の照り焼きと季節の刺身を盛り付ける。
  2. 途中、金目鯛でとったダシをかけて食べる。
  3. 値段は1,600円。

メインとなる金目鯛の照り焼きは甘じょっぱく味付けされており、美味。身がとても柔らかく、口の中でホロリととろけるよう。

刺身はカツオやマグロ、鯛などが入っていました。さすが港町だけあって、刺身が新鮮ですね。

半分くらい食べたところで、金目鯛のダシを投入。お茶漬けスタイルでいただきます。ダシの味でいただくご飯も絶品でした。


こちらの「室戸キンメ丼」、予約なしでも食べることができますが、漁の状況によっては金目鯛がないことがあります。店を訪れる前に、電話で確認しておくのが無難でしょう。


「食事処とさ」へのアクセス

食事処とさ

今回訪れた「食事処とさ」は室戸市の中心近くにある食堂。室戸市には鉄道が通っていないため、車かバイク、路線バスでアクセスする必要があります。

車でのアクセス

室戸市へは、国道55号線を通ってアクセスします。高知市側からも、徳島県側からもアクセス可能。高速道路からも遠く、訪れるのに時間がかかるエリアではありますが、視界いっぱいに広がる太平洋を見ながら走ることができる素敵なドライブルートです。

「食事処とさ」は国道55号線沿いにありますが、駐車場は3台分とやや狭いです。

バスでのアクセス

室戸市地図

高知県南東部へは、高知側からは土佐くろしお鉄道が奈半利駅まで、徳島側からは阿佐海岸鉄道が甲浦駅まで伸びていますが、室戸市まで行くためには路線バスに乗り換える必要があります。

鉄道が通っていない区間を補うのが高知東部交通の路線バス。安芸市や奈半利町から室戸市までは約1時間に1本のペースでバスが走っており、観光にも便利です。一方で、室戸市から徳島側の甲浦駅まで行くバスは1日6本と少な目。路線バスで高知から徳島へ抜ける方は注意しましょう。

店の最寄りのバス停である室戸市役所前までは、高知駅から鉄道とバスを乗り継いで約2時間半です。



なお、室戸までは大阪からの高速バスも運行されています。1日2便、大阪から約6時間の長旅です。



おまけ:掘り込み漁港の室津港は必見!

今回紹介した「食事処とさ」の近くには室津港があります。こちらの港では、他の地域では見られない風景が見ることができます。

室津港

室津港

海面がかなり低い位置にあるんですね。

地震が発生するたびに大地が隆起し、水深が浅くなり、港が使用不能に陥りました。室戸の人々はそのたびに港を深くし、修復してきました。その結果深く掘り込まれ、住宅地と海面との間にかなりの高低差がある独特な港が出来上がったのだそうです。

室戸市はジオパークでも名を馳せる町。食事のついでに、このような大地の活動を実感することができる場所に立ち寄るのも楽しいですよ。


各種情報

食べログ : 口コミ、店舗情報はこちらから。
室戸市観光協会 : 風光明媚な町、室戸市を楽しみ尽くしたい方は必見!
室戸世界ジオパーク : 室戸は「大地を学べる場所」。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

|投稿:2018.10.18 | 最終更新:2018.10.19 |カテゴリ: 高知県

まるで西洋の古城!?豊稔池ダムに行こう!(香川県観音寺市)

西洋の古城を思わせる石積みのダム、豊稔池ダムは一見の価値アリ!

香川県観音寺市にある豊稔池ダム。灌漑のために建設された山中の小さなダムですが、近年多くの観光客が訪れる人気スポットとなっています。

豊稔池ダム

人気の理由は、ヨーロッパの古城を思わせる石積みと独特なフォルム!

複数のアーチが連なるこのダムは、マルチプルアーチダムという型式。谷の幅が広く単一のアーチでは建設することができない場合に建設されるものですが、単一のアーチダムよりも安定性に劣り、地震に弱いとされています。マルチプルアーチダムは日本では2ヶ所でしか建設されておらず、石積みのものとなると、国内では豊稔池ダムのみとなっています。

そんな全国的に見ても貴重な建造物であることから、当ダムは国の重要文化財に指定されています。

豊稔池ダム

豊稔池ダムの下流は親水公園のように整備されており、比較的ダムの近くまで近寄ることができます。間近から眺めるダムは、規模以上に迫力を感じます。重厚な石積み造りの堤体は年月が経ったことにより、まさに遺跡の域に達していますね。

なお、毎年7月に池の水を抜くために放水ショーが行われ、豪快な放水を観ることができるそうです。今回は静かな流れしか見られなかったのですが、機会があればそんな姿も見てみたいものですね。

豊稔池ダムへのアクセス

豊稔池ダムへは、観音寺市街地から県道9号線を通ってアクセスします。乗り合いバスで行くこともできますが、豊稔池の近くを通る便は一日二便のみと、観光で使うのはやや不便だと思います。


上のストリートビューをご覧ください。豊稔池ダムへは、県道9号線から南へ分岐する細い小道を下っていく必要があります。県道9号線はそこそこの道幅がありますが、この小道は結構狭いため、運転には細心の注意を払う必要があります。ダムの手前に6~7台停めることができる駐車場がありますので、そちらを利用しましょう。


なお、県道9号線をダムの上流方面に少し進むと、もう1つの駐車場もあります。ダムまでは少し歩くことになりますが、運転に自信のない方はこちらを利用するのも良いと思います。

各種情報

かんおんじ観光ガイド : 食も見どころも沢山の観音寺市!

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

|投稿:2018.05.12 | 最終更新:2018.05.12 |カテゴリ: 香川県

かずら橋を2倍楽しむなら奥祖谷二重かずら橋!(徳島県三好市)

奥祖谷二重かずら橋は本家かずら橋よりも雰囲気が良く、おススメ!

日本三大奇橋の1つとされ、徳島県を代表する観光地となっている「かずら橋」。見ごたえはあるのですが、休日ともなると多くの観光バスや観光客でごった返し、秘境の雰囲気が失われつつあるのが残念なところです。

そこでオススメしたいのが、かずら橋よりもさらに奥にある「奥祖谷二重かずら橋」。かずら橋よりも知名度が低く、比較的空いているのが魅力です。

奥祖谷二重かずら橋はかずら橋より車で約1時間、秘境と呼ばれる祖谷地方の中でも最奥部に位置します。その名のとおり橋が2本架かっており、かずら橋を2倍楽しむことができるのです。


二重かずら橋は男橋女橋の2本で構成されています。両橋を通る遊歩道が整備されており、20分程度で一周することができます。なお、入場料は大人550円、小人350円です。

奥祖谷二重かずら橋

こちらが上流に位置する女橋です。長さは20mと、ややコンパクトですが、本家に勝るとも劣らない風格!周囲の渓流や苔むした岩の美しさとも調和した素晴らしい橋ですね。

本家同様、足下がスケスケの構造になっており、渡るときはスリル満点です。


奥祖谷二重かずら橋

女橋の上流には「野猿」があります。「野猿」とは人力ロープウェイのこと。籠に乗り込み、谷を跨ぐように張られたロープを手繰り寄せるようにして対岸へと渡ります。奈良県十津川村のものが有名ですが、祖谷地方にもあるとは…。


女橋を渡って対岸へ。そのまま下流へと進んでいくと、男橋が現れます。

奥祖谷二重かずら橋

男橋は長さが42m。本家かずら橋の長さ(45m)に迫る勢いです。高所恐怖症の方でなくても怖気づく長さ…。

奥祖谷二重かずら橋

勇気を出して渡ってみると、眼下の川の美しいこと!透き通るような清流に加え、滝まで臨むことができます。

下に人が見えていますが、河原まで容易に下りることができます。夏場は、その清流と触れ合うのも良いかもしれません。

奥祖谷二重かずら橋

上流の方角を向くと、先ほど渡った女橋が見えます。

なお、男橋、女橋ともに足場の間隔がやや広くなっています。隙間から人が落ちることはありませんが、荷物などを落とすと大変なことになるので、注意が必要です。


奥祖谷二重かずら橋

男橋を渡りきると、一通りの観光は終了。階段を登って駐車場へと戻ります。階段の途中で振り返ると、男橋を臨むことができました。

どの角度から見ても、自然と調和した良い橋だと思います。


奥祖谷二重かずら橋を訪れる際の注意

是非ともオススメしたい奥祖谷二重かずら橋ですが、アクセスがなかなか大変です。国道で訪れることができるのですが、その国道とは「日本三大酷道」として知られる国道439号線なのです。


ご覧のとおり、すれ違いができない箇所が連続するような狭路を1時間程運転しないと辿りつくことができない秘境の地です。運転には細心の注意を払いましょう。

公共交通機関で旅行をしている方や運転に自信のない方は、路線バス乗り合いタクシーなどを利用するのも一つの手でしょう。路線バスについては三好市のホームページを、乗り合いタクシーについては三好市観光協会のホームページを参照してください。



駐車場は国道沿いの狭いスペースに30台程用意されています。私が訪れた2017年のゴールデンウィークの日中は満車に近い状態でしたが、何とか停めることができました。


奥祖谷二重かずら橋

遊歩道はよく整備されていて、非常に歩きやすいです。ただ、急な階段もありますし、何より橋は足下が不安定なので、歩きやすい靴で訪問することをおススメします。


各種情報

三好市観光協会 : 広大な三好市は、魅力的な観光地が目白押し!

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

|投稿:2018.01.08 | 最終更新:2018.01.09 |カテゴリ: 徳島県

四国で独自の進化!八幡浜ちゃんぽん(ロンドン@愛媛県八幡浜市)

港町のアーケード街にある名店、ロンドン

愛媛県西部にある港町、八幡浜市。大分県とを結ぶフェリーが発着する四国の「西の玄関口」でもあります。

ロンドン

そんな八幡浜市の中心街にあるのが、今回紹介する食堂、「ロンドン」。昔ながらの商店街にあり、見た目は喫茶店のようなお店です。

店の人気メニューは八幡浜の名物であり、今回紹介するちゃんぽん。その他にも丼ものやカレー、うどんなどもあり、「町の食堂屋さん」といった雰囲気です。


あっさりしたスープが特徴、八幡浜ちゃんぽん

八幡浜ちゃんぽん

こちらが八幡浜名物、ちゃんぽん。ロンドンでは550円というリーズナブルなお値段で提供されています。

食べてみるとあっさりとした優しいお味。スープは鶏ガラだそうで、どちらかというと和風な仕上がりです。グイグイと飲めますね。豚骨ベースの長崎ちゃんぽんとはかなり印象が異なります。野菜もしんなりとしており、甘みが良い感じ。美味しい!


独自の進化を遂げた八幡浜ちゃんぽん

さて、八幡浜ちゃんぽんは、元々は本場の中国から海を渡って伝わったものだと言われています。伝来先の八幡浜で、和風であっさり味を好む四国の食文化と融合し、独自の進化を遂げていったのでしょう。

現在、八幡浜市内にはちゃんぽんを提供する店がおよそ50店舗もあります。中には愛媛県名物のじゃこ天をトッピングしている店もあるのだとか。是非、色々な店を食べ歩いてみたいものですね。


各種情報

食べログ : 口コミ、店舗情報はこちらから。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

|投稿:2017.11.21 | 最終更新:2017.12.13 |カテゴリ: 愛媛県

青く美しい滝壺を持つ3段の滝、轟の滝(高知県香美市)

高知県は、山や川などの自然が豊富にあり、大樽の滝越知町)、龍王の滝大豊町)、轟の滝香美市)と、日本の滝百選に選ばれている滝が3つもある滝王国です。今回はその中でも特に美しい轟(とどろ)の滝を紹介します。

青い水を湛えた滝壺を持つ3段の滝


轟の滝01

轟の滝は高知県東部を流れる物部川の支流、日比原川にある滝です。

轟の滝02 
写真をご覧いただければ分かるように、非常に端正な形をした3段の滝です。さらに上・中段の滝壺は透き通るような青色!周りの白い岩とのコントラストがとても美しいですね。

落差は83メートルを誇り、美しいだけではなく、とてもスケールの大きい滝です。基本的には展望台からの遠望となりますが、それでも十分に迫力が伝わってきます。


駐車場までは隘路が続くので要注意!


轟の滝展望台から300メートルくらいの所に普通車15台が停められる駐車場があるのですが、この駐車場まで至る道がなかなかの難路です。


国道195号線から分岐してから約7キロの道のりは、ガードレールがなかったり、離合できない箇所も多い山道です。前から車が来た場合はバックを強いられることもあります。さほど交通量はありませんが、運転に自信のない方は入り込まないほうが無難でしょう。

轟の滝03

駐車場から展望台までの道は舗装されているうえに勾配が少なく、比較的歩きやすいです。ただ、展望台の手前には急な階段を下りる箇所もあるので、極端に歩きにくい靴は避けましょう。

各種情報

香美市観光情報 : 自然豊かな香美市は見どころ盛り沢山

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

日本の滝百選【電子書籍】[ 滝通三人衆 ]

価格:756円
(2017/6/13 20:49時点)
感想(0件)

|投稿:2017.06.13 | 最終更新:2018.03.26 |カテゴリ: 高知県

| PAGE-SELECT | NEXT