TOP > CATEGORY - 07四国地方

| PAGE-SELECT | NEXT

かずら橋を2倍楽しむなら奥祖谷二重かずら橋!(徳島県三好市)

奥祖谷二重かずら橋は本家かずら橋よりも雰囲気が良く、おススメ!

日本三大奇橋の1つとされ、徳島県を代表する観光地となっている「かずら橋」。見ごたえはあるのですが、休日ともなると多くの観光バスや観光客でごった返し、秘境の雰囲気が失われつつあるのが残念なところです。

そこでオススメしたいのが、かずら橋よりもさらに奥にある「奥祖谷二重かずら橋」。かずら橋よりも知名度が低く、比較的空いているのが魅力です。

奥祖谷二重かずら橋はかずら橋より車で約1時間、秘境と呼ばれる祖谷地方の中でも最奥部に位置します。その名のとおり橋が2本架かっており、かずら橋を2倍楽しむことができるのです。


二重かずら橋は男橋女橋の2本で構成されています。両橋を通る遊歩道が整備されており、20分程度で一周することができます。なお、入場料は大人550円、小人350円です。

奥祖谷二重かずら橋

こちらが上流に位置する女橋です。長さは20mと、ややコンパクトですが、本家に勝るとも劣らない風格!周囲の渓流や苔むした岩の美しさとも調和した素晴らしい橋ですね。

本家同様、足下がスケスケの構造になっており、渡るときはスリル満点です。


奥祖谷二重かずら橋

女橋の上流には「野猿」があります。「野猿」とは人力ロープウェイのこと。籠に乗り込み、谷を跨ぐように張られたロープを手繰り寄せるようにして対岸へと渡ります。奈良県十津川村のものが有名ですが、祖谷地方にもあるとは…。


女橋を渡って対岸へ。そのまま下流へと進んでいくと、男橋が現れます。

奥祖谷二重かずら橋

男橋は長さが42m。本家かずら橋の長さ(45m)に迫る勢いです。高所恐怖症の方でなくても怖気づく長さ…。

奥祖谷二重かずら橋

勇気を出して渡ってみると、眼下の川の美しいこと!透き通るような清流に加え、滝まで臨むことができます。

下に人が見えていますが、河原まで容易に下りることができます。夏場は、その清流と触れ合うのも良いかもしれません。

奥祖谷二重かずら橋

上流の方角を向くと、先ほど渡った女橋が見えます。

なお、男橋、女橋ともに足場の間隔がやや広くなっています。隙間から人が落ちることはありませんが、荷物などを落とすと大変なことになるので、注意が必要です。


奥祖谷二重かずら橋

男橋を渡りきると、一通りの観光は終了。階段を登って駐車場へと戻ります。階段の途中で振り返ると、男橋を臨むことができました。

どの角度から見ても、自然と調和した良い橋だと思います。


奥祖谷二重かずら橋を訪れる際の注意

是非ともオススメしたい奥祖谷二重かずら橋ですが、アクセスがなかなか大変です。国道で訪れることができるのですが、その国道とは「日本三大酷道」として知られる国道439号線なのです。


ご覧のとおり、すれ違いができない箇所が連続するような狭路を1時間程運転しないと辿りつくことができない秘境の地です。運転には細心の注意を払いましょう。

公共交通機関で旅行をしている方や運転に自信のない方は、路線バス乗り合いタクシーなどを利用するのも一つの手でしょう。路線バスについては三好市のホームページを、乗り合いタクシーについては三好市観光協会のホームページを参照してください。



駐車場は国道沿いの狭いスペースに30台程用意されています。私が訪れた2017年のゴールデンウィークの日中は満車に近い状態でしたが、何とか停めることができました。


奥祖谷二重かずら橋

遊歩道はよく整備されていて、非常に歩きやすいです。ただ、急な階段もありますし、何より橋は足下が不安定なので、歩きやすい靴で訪問することをおススメします。


各種情報

三好市観光協会 : 広大な三好市は、魅力的な観光地が目白押し!

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

| 徳島県 | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

四国で独自の進化!八幡浜ちゃんぽん(ロンドン@愛媛県八幡浜市)

港町のアーケード街にある名店、ロンドン

愛媛県西部にある港町、八幡浜市。大分県とを結ぶフェリーが発着する四国の「西の玄関口」でもあります。

ロンドン

そんな八幡浜市の中心街にあるのが、今回紹介する食堂、「ロンドン」。昔ながらの商店街にあり、見た目は喫茶店のようなお店です。

店の人気メニューは八幡浜の名物であり、今回紹介するちゃんぽん。その他にも丼ものやカレー、うどんなどもあり、「町の食堂屋さん」といった雰囲気です。


あっさりしたスープが特徴、八幡浜ちゃんぽん

八幡浜ちゃんぽん

こちらが八幡浜名物、ちゃんぽん。ロンドンでは550円というリーズナブルなお値段で提供されています。

食べてみるとあっさりとした優しいお味。スープは鶏ガラだそうで、どちらかというと和風な仕上がりです。グイグイと飲めますね。豚骨ベースの長崎ちゃんぽんとはかなり印象が異なります。野菜もしんなりとしており、甘みが良い感じ。美味しい!


独自の進化を遂げた八幡浜ちゃんぽん

さて、八幡浜ちゃんぽんは、元々は本場の中国から海を渡って伝わったものだと言われています。伝来先の八幡浜で、和風であっさり味を好む四国の食文化と融合し、独自の進化を遂げていったのでしょう。

現在、八幡浜市内にはちゃんぽんを提供する店がおよそ50店舗もあります。中には愛媛県名物のじゃこ天をトッピングしている店もあるのだとか。是非、色々な店を食べ歩いてみたいものですね。


各種情報

食べログ : 口コミ、店舗情報はこちらから。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

| 愛媛県 | 23:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

青く美しい滝壺を持つ3段の滝、轟の滝(高知県香美市)

高知県は、山や川などの自然が豊富にあり、大樽の滝越知町)、龍王の滝大豊町)、轟の滝香美市)と、日本の滝百選に選ばれている滝が3つもある滝王国です。今回はその中でも特に美しい轟(とどろ)の滝を紹介します。

青い水を湛えた滝壺を持つ3段の滝


轟の滝01

轟の滝は高知県東部を流れる物部川の支流、日比原川にある滝です。

轟の滝02 
写真をご覧いただければ分かるように、非常に端正な形をした3段の滝です。さらに上・中段の滝壺は透き通るような青色!周りの白い岩とのコントラストがとても美しいですね。

落差は83メートルを誇り、美しいだけではなく、とてもスケールの大きい滝です。基本的には展望台からの遠望となりますが、それでも十分に迫力が伝わってきます。


駐車場までは隘路が続くので要注意!


轟の滝展望台から300メートルくらいの所に普通車15台が停められる駐車場があるのですが、この駐車場まで至る道がなかなかの難路です。


国道195号線から分岐してから約7キロの道のりは、ガードレールがなかったり、離合できない箇所も多い山道です。前から車が来た場合はバックを強いられることもあります。さほど交通量はありませんが、運転に自信のない方は入り込まないほうが無難でしょう。

轟の滝03

駐車場から展望台までの道は舗装されているうえに勾配が少なく、比較的歩きやすいです。ただ、展望台の手前には急な階段を下りる箇所もあるので、極端に歩きにくい靴は避けましょう。

各種情報

香美市観光情報 : 自然豊かな香美市は見どころ盛り沢山

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

日本の滝百選【電子書籍】[ 滝通三人衆 ]

価格:756円
(2017/6/13 20:49時点)
感想(0件)

| 高知県 | 21:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

まるで天国!白い砂の散歩道、エンジェルロード(香川県土庄町)

小豆島を代表する観光地、エンジェルロード


満潮時には海に沈んでいるけれど、干潮になると姿を現す景勝地
そんな時間限定の観光地が、全国各地にあります。今回紹介する、エンジェルロードはその中でも知名度、人気がともに高いスポットです。

エンジェルロードは、瀬戸内海に浮かぶ小豆島にあります。小豆島へは高松港(香川県)、岡山港(岡山県)、神戸港、姫路港(兵庫県)などから船でアクセスすることができます。

小豆島の西部、土庄町の数百メートル沖に余島という小島があり、小豆島とは砂州で繋がっています。満潮時には砂州は海面下に沈んでいるのですが、干潮時には姿を現し、余島まで歩いて渡れるようになるのです。この砂州がエンジェルロードであり、現在では小豆島を代表する観光地になっています。


エンジェルロードへの訪問は干潮の時間帯を選ぶべし!


エンジェルロード

エンジェルロードまたの名を天使の散歩道。その名のとおり、紺碧の海の中を伸びる白い砂の道は、非常に美しく、観る者に感動を与えます。

干潮の時間帯は一日二度ありますが、なるべく観光客が少ない時間帯を狙うのがおススメ。エンジェルロードの場合、干潮時刻の前後3時間に、砂州が現れるそうです。

写真は朝の7時50分の様子です。観光客はほぼおらず、ゆったりと落ち着いて散策することができます。


エンジェルロード

一方こちらは混雑時。15時30分の様子です。人気スポットであるため(またこの時はお盆休みであったため)、多くの観光客で賑わっています。朝の時間帯は静かですが、土産屋は開いていないことが多いので、観光地らしい雰囲気をお求めの方はこちらの方がおススメです。



エンジェルロード

余島から小豆島方面を振り返って撮影。余島は立入禁止となっているため、観光客はここで引き返すことになります。

ここに立って、寄せては返す波を見ているだけで癒されますね。ただ、あまり長く滞在すると、砂州が沈んでしまうのでご注意を。


各種情報

小豆島旅ナビ : 小豆島の観光情報はこちらから。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

瀬戸内ゆるっと旅

価格:950円
(2016/11/28 21:48時点)
感想(0件)

| 香川県 | 21:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

浪漫八橋(愛媛県大洲市)

 以前、当ブログでは富山県の屋根付橋を紹介しましたが、全国的にも珍しい屋根付橋が数多く架かる地域があります。
それが愛媛県南予地方にある、大洲市河辺地区(合併前は河辺村)。
河辺は、大洲市の山奥から流れる肱川の支流を、奥へ奥へ遡ったところにあるひっそりとした山村。
狭い谷には猫の額ほどの田畑が点在し、そこを縫うように河辺川が流れています。

そんな美しい山村風景が広がっているのですが、河辺でしか見られない風景が、小川を跨ぐ屋根付橋。
河辺には復元されたものを含めて8つの屋根付橋が現存し、まとめて「浪漫八橋」と呼ばれています。
さて、8つのうち、特に素晴らしい3つをご覧いただきましょう。

三嶋橋

三嶋橋

「浪漫八橋」の一つ、三嶋橋
朝日を浴びてきらめく小川、サワサワと揺れる緑の稲穂、深い森、木造の屋根付橋。
なんとも絵になる風景です。

この橋は大正12年に架けられたもの。
三嶋神社への参道にあたり、神に敬意を表して屋根を付けたと言われています。
完成当時は屋根も木造でしたが、耐久性の関係から、近年トタンに張り替えられました。


帯江橋

三嶋橋から県道を上流に進むと、帯江橋が現れます。
この橋は昭和27年に架けられ、農機具の保管場所、村人の憩いの場として親しまれています。

帯江橋

渡ってみると感じる、この居心地の良さ
川のせせらぎとそよ風を独り占めできるだけでなく、ベンチハンモックまで据え付けられています。
一日中昼寝をしたり、読書をしたりしたい、素晴らしい空間です。


帯江橋からさらに上流に進むと、真打の登場です。

御幸の橋

御幸の橋です。
安永2年(1773年)創建と、この地域でも群を抜いて歴史があり、日本百名橋にも選定されています。
天神社の参道に架けられたもので、周囲の雰囲気と相まって、神々しさすら感じます。
残念ながら、初代は洪水で流失してしまい、現存しているのは明治時代に再建された2代目ということになります。
ケヤキの木で造られており、釘は一本も使われていないそうです。
前出の2橋と比べ、規模は小さいのですが、何だか凄みを感じました。


今回は3橋のみの紹介となりましたが、他にも魅力的な屋根付橋と出会うことができます。
全国的には無名ですが、密かなブームになりつつある「何だか良いトコロ」。
田舎の風景に囲まれながら、のんびりしたい人には是非オススメしたいスポットです。

各種情報
大洲市観光協会 : 伊予の小京都と呼ばれる大洲市の観光情報はコチラ!

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

るるぶ愛媛道後温泉松山(’15)

価格:864円
(2015/9/28 23:48時点)
感想(1件)

| 愛媛県 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT