FC2ブログ
TOP > CATEGORY - 山口県

| PAGE-SELECT | NEXT

金魚提灯が揺れる白壁の町並みをのんびり散策!(山口県柳井市)

柳井の町並みは白壁と金魚提灯が魅力!

山口県柳井市。山口県東部に位置する瀬戸内海に面した都市です。古くから商業都市として栄えた町で、中心部には昔ながらの商家が建ち並び、重要伝統的建造物群保存地区にも選定されています。

歴史ある町並みが魅力の柳井市ですが、他の町では見られない一風変わった景色が見られるということなので、ちょっと立ち寄ってみました。

白壁の町並み

こちらが柳井市の古市金屋地区白壁の町並みが残っているエリアです。重厚な瓦屋根と白壁の商家が建ち並び、江戸時代にタイムスリップしたかのよう。

町並みをよくよく見ると、軒下に何かぶら下がっています。

金魚ちょうちん

金魚提灯です。どの家の軒下にも金魚提灯がズラリ!

柳井市の民芸品として知られる金魚提灯。江戸時代末期、柳井の染物屋の主人が北前船(江戸時代に日本海の海運を担っていた船)で行商に出掛けた際、青森から「金魚ねぶた」を持ち帰ったのだそうです。「金魚ねぶた」から着想を得て、伝統織物である柳井縞の染料を用いて作成されたのが金魚提灯だと言われています。

真ん丸の目と口。どこかユーモラスな姿で可愛いですね。


白壁の町並み

白壁の建造物群の中には金魚提灯の工房もあります。金魚提灯をお土産として買うことも出来るほか、製作体験プログラムを用意している工房もあるそうですよ。

その他にも内部を見学することができる商家や醤油蔵もあるので、時間をかけてゆっくりと巡るのも良いでしょう。


白壁の町並み

こんな看板もありました。調べてみると、この辺りはアカテガニというカニの生息地になっているようですね。カニを守るため、住民により設置された看板なのだそうです。残念ながら、今回はカニの姿を見ることはできませんでした。

看板の後ろには白壁に囲まれた狭い路地。こういったところを散策するのもまた楽しいですね。


柳井の白壁の町並みへのアクセス

柳井市は新幹線と高速道路のルートから外れています。

鉄道の場合は広島、岩国、徳山などから山陽本線の普通列車で柳井駅へ向かいます。岩国方面から来る場合は、車窓から美しい安芸灘を望むことができますよ。柳井駅から白壁の町並みまでは歩いて10分足らずです。

自動車の場合、最寄りのインターチェンジは山陽自動車道の玖珂インターチェンジ。瀬戸内海の眺めながらのドライブを楽しみたい場合は、岩国インターチェンジまたは徳山東インターチェンジから国道188号線を走るのもおススメです。

白壁の町並み

観光用駐車場があるので、こちらを利用しましょう。駐車場から白壁の町並みまでは徒歩2分程度です。


毎年夏には柳井金魚ちょうちん祭りも!

柳井市では毎年7~8月に金魚ちょうちん祭りが催されているようです。白壁の町並みを舞台に、金魚提灯のライトアップや荒々しい金魚ねぶたなどが行われるのだとか。機会があれば、こちらも是非とも行ってみたいものですね。


各種情報

柳井市観光協会 : 柳井の魅力を知るなら、まずこちら。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

| 山口県 | 21:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

神秘的な青さ!秋吉台の地下水が湧く別府弁天池(山口県美祢市)

秋吉台、秋芳洞の近くにある名水スポット


日本全国の「名水」とされる湧き水、河川、湖沼等が選定される名水百選。今回紹介する、山口県にある別府弁天池も百選のうちの1つであり、近年はパワースポットとしても注目を集めています。
秋吉台秋芳洞で有名な美祢市(旧秋芳町)の農村地帯にある別府厳島神社。日本を代表する観光地の名前が2つも入った強烈な名前ですが、その神社の境内の中に別府弁天池があります。

別府弁天池

‏神社の中は緑が生い茂り、別府弁天池を水源とする小川がサラサラと流れています。この風景だけで、1~2度は涼しくなった気がするから不思議です。小川に沿って歩いて行くと、すぐに弁天池に到着します。


神秘的な青さ!別府弁天池


別府弁天池

別府弁天池。息を呑むような美しさです。神秘的なまでに青い水。水底を覆う白砂。水面に写る鮮やかな緑。いつまでも眺めていたい風景ですね。

美しいだけではなく湧出量も膨大。池からは毎秒186リットル、毎分11トンもの水が涌き出しています。この大量の水は、あの秋吉台の地下から涌き出した地下水なのだと推定されています。

池の周りは気軽に散策できるようになっています。様々な角度から池を眺め、お気に入りのポイントを見つけてみるのも良いですね。


名水で育った鱒を味わうこともできる


鱒の養殖場

なお、神社の裏手には湧き水を利用した鱒の養殖場になっています。池の畔には弁天会館という食事処があり、ここの水で育った鱒が味わえるそうです。

また、湧き水は周辺地域の上水道、灌漑用水としても利用されており、観光だけでなく地域の生活にも密着した存在と言えるでしょう。


各種情報

カルストドットコム : 秋吉台、秋芳洞など、見所沢山。美祢市の観光サイト。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

日本名水紀行 巻一 西日本編 生命力の泉と食楽【電子書籍】[ 重里俊行 ]

価格:1,620円
(2017/5/31 21:22時点)
感想(0件)

| 山口県 | 21:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

長門やきとり@こうもり(山口県長門市)

人口に対して焼き鳥店の数が多い7都市が、それぞれのご当地焼き鳥をPRするために全国やきとり連絡協議会という団体を結成しています。
山口県の北部に位置する長門市もその一員。
長門市はブロイラーの一大生産地として知られ、人口当たりの焼き鳥店舗数も全国トップクラスです。

こうもり

さて、数ある焼き鳥店の中から、今回は長門市駅前に店を構える「こうもり」を紹介します。
この店は長門市内で最も老舗の焼き鳥屋。
こじんまりとしたカウンターだけの店内は、地元の常連や観光客で賑わっています。
小さな炭焼台で、女将さんが丁寧に焼いており、とても美味しそうです。

早速、焼き鳥と生ビールを注文します。

長門焼き鳥

まず、「きも」が来ました。
タレで頼んだのですが、甘みのあるタレが、味わい深い一品です。
そしてよく見ると、肉の間に玉ねぎが挟んであります。
玉ねぎが挟むのが長門流とのことですが、なるほど、シャキシャキとした食感が良いアクセントになります。

そして、長門ならではと言えば、卓上に置かれた一味唐辛子とガーリックパウダー
これらを好みに合わせて振りかけるのが、長門やきとりの特徴と言えます。
特にガーリックパウダーは香りが出て、非常に良いです。

長門焼き鳥

続いて、塩でお願いした「かしら」と「すなずり(砂肝)」が来ました。
こちらには柚子胡椒がついてきました。
サッパリとした塩とは、抜群の相性ですね。

なお、その後も酒と食は進み、この店にある串物はほぼ制覇してしまいました。
味が美味く、雰囲気もアットホームで、隣のお客さんとの会話もついつい弾む、素晴らしい店でした。

各種情報
ななび ながと観光ナビ : 長門市の観光情報。焼き鳥店についての情報も!
焼きとり こうもり
夜総合点★★★☆☆ 3.7

関連ランキング:焼き鳥 | 長門市駅


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

まっぷるドライブ グルメ&レジャー 中国・四国'15【電子書籍】[ 昭文社 ]

価格:600円
(2015/5/11 22:29時点)
感想(0件)

| 山口県 | 22:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

須佐ホルンフェルス(山口県萩市)

変わった岩石や地層が露出しているところは、観光地としてアピールされているところが多く、大勢の観光客が訪れます。
そこには地学の教科書で見たことあるような景色が広がっており、懐かしさを伴う感動を味わうことができるのです。

美しい海岸景勝地が連なる山陰海岸の西部、山口県萩市須佐(旧須佐町)。
ここには日本を代表する断崖があります。
それが須佐ホルンフェルス
日本地質百選にも選定されており、教科書で見たことがあるような美しい断崖を見ることができます。

さて、ホルンフェルスの断崖へは、駐車場から10分程度遊歩道を歩きます。

須佐ホルンフェルス 

遊歩道から海の方を見ると、平らな岩の上に人だかりができています。
あの平らな部分がホルンフェルスを見る特等席であり、これから向かう目的地であるのです。
そこへ向かって階段を下りていきます。

須佐ホルンフェルス

こちらが須佐のホルンフェルス断崖。
ご覧のとおり黒と白(灰色)の縞模様が印象的な断崖です。
中学や高校で地学を学んだ方なら、何となく見覚えがあるのではないでしょうか。

海底の砂や泥が長い年月をかけて岩(砂岩、泥岩)となり、マグマの熱によってさらに違う岩に生まれ変わったもの。
それがホルンフェルスなのだそうです(詳しくはWikipediaをご覧ください)。
この縞模様、黒い部分は泥岩、白い部分は砂岩の層だったようですね。

現地にも説明版で詳しく解説されているので、現物を見ながら学ぶのも良いと思いますよ。

各種情報
萩市須佐観光協会 : ホルンフェルスだけでなく、須佐には魅力的な景勝地が盛りだくさん!

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

日本の地形・地質 [ 北中康文 ]

価格:2,310円
(2013/11/21 21:34時点)
感想(1件)

| 山口県 | 21:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

瓦そば(瓦そば本店お多福@山口県下関市)

全国各地にご当地焼きそばが存在しますが、山口県名物の瓦そばほど独特な料理はないと思います。
場所は下関市豊浦(旧豊浦町)にある川棚温泉
下関の奥座敷」と呼ばれる、山口県を代表する温泉地です。

今回紹介するのは温泉街にある「瓦そば本店お多福」。
同じく川棚温泉にある「たかせ」と並ぶ瓦そばの名店です。

瓦そば

こちらがお多福の瓦そば。
その名のとおり熱々の瓦にそばが乗った豪快な料理です。
その昔、西南戦争の際に、兵士が瓦に野草や肉を乗せて焼いて食べたという逸話をもとに、この料理が生み出されたとされています。

麺は緑色の茶そば
香りがついたそばですが、瓦で焼くことによってさらに香ばしさが増します。
また瓦に接している部分がパリパリのお焦げになり、それがまた美味しいのです。

そしてそばを彩る具材たち。
牛肉錦糸卵小ネギレモンのりもみじおろしが色鮮やかで、目でも楽しむことができます。

これらを甘辛いつゆにつけて食べるのです。
レモンやもみじおろしなどの薬味が良いアクセントとなっています。

なお、お多福は川棚グランドホテルに併設しています。
瓦そばを賞味した後は、一風呂浴びていくのもオススメです。

各種情報
食べログ : 店舗情報、口コミ等はこちらからチェック!

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

【1000円以上送料無料】るるぶ山口萩下関 門司港津和野 ’13~’14【RCP】

価格:840円
(2013/11/19 22:52時点)
感想(1件)

| 山口県 | 23:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT