| PAGE-SELECT |

川湯温泉 仙人風呂(和歌山県田辺市)

龍神温泉白浜温泉洞川温泉など、著名な温泉を多く有する紀伊半島
そんな中で一際個性的な温泉が、和歌山県南部の山中にあります。

それが今回紹介する川湯温泉
川湯温泉自体はよくある山間の温泉で、熊野川の支流である大塔川沿いに11軒の旅館やホテルが並んでいます。
この温泉を訪れた者が、度肝を抜かれるのは、です。

冬、なんと温泉の目の前を流れる大塔川が天然の露天風呂になるのです。

仙人風呂

実は、大塔川は川底から温泉が湧出しているのが特徴です。
しかし、ここは紀伊半島。
日本屈指の多雨地帯であるため、河原で入浴なんてことはなかなかできない行為です。

そこで、川の流量が減る冬季にのみ、観光客が気軽に“川の温泉”を楽しめるよう、造られるのが仙人風呂なのです。
その正体は、川を堰き止めて造られた巨大な露天風呂
大きさは約50メートル。
あまりの凄まじいスケールに、訪れた者は皆圧倒されるでしょう。

仙人風呂

仙人風呂へは、対岸の県道から仮設の橋を渡っていきます。
仙 人 風 呂」と貼られた囲いの向こう側に巨大な湯船があるのです。
期待を胸に仮設橋を渡ります。

仙人風呂

はい、ドーン!
これはデカい!
まるでプールです。

さっそく入ってみましょう。
仙人風呂は混浴なのですが、脱衣所は女性専用があるので、ご安心を。
男性の脱衣場はほぼ野ざらしですが…。

さて、どこに入るべきか迷うほどの広さです。
お湯に入り、適当に動き回ってお気に入りの場所を探すのが良いでしょう。
小一時間お湯に浸かっていましたが、非常に贅沢な時間を過ごすことができました。

なお、仙人風呂に入浴するにあたり、注意すべき点があります。
休日の昼間はとにかく混み合います。
ほとんどの方が水着を着用しており、都会の温水プール状態です。
水着を忘れると、入浴するのにかなりの勇気が要ります。

落ち着いて、人目を気にせずに入浴できるのは夜か早朝
せっかくなので川湯温泉の旅館に泊まり、心行くまで仙人風呂を楽しんでは如何でしょうか。

各種情報
熊野本宮観光協会 : 熊野古道、川湯温泉など、魅力あふれるエリアです。

 

≫ Read More

| 和歌山県 | 00:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ぶつぶつ川(和歌山県那智勝浦町)

紀伊半島南部にある那智勝浦町
日本一の落差を誇る那智の滝などを擁する紀伊半島を代表する観光の町です。
そんな同町に、知る人ぞ知る「日本一」を持った川があるのです。

所在地は同町の南西部、串本町に近い辺りです。
国道42号線から紀勢本線の踏み切りを越えて、海側へ向かう小道があります。
小道を進むとすぐに目的地に到着します。

ぶつぶつ川 

こちらが目的地、ぶつぶつ川です。
え?ごく普通の小川じゃないかって?

ぶつぶつ川 

ぶつぶつ川はこの部分のみ!
写真の左下に写っているのは粉白(このしろ)で、そこからちょろっと伸びているのが今回紹介するぶつぶつ川なのです。


ぶつぶつ川 

前置きが長くなりましたが、ぶつぶつ川は日本一短い河川なのです。
2008年に二級河川に選定された以降、極一部の物好きが訪れるようになりました。

その長さは13.5メートル
源流は湧き水となっており、飲めるほど綺麗な水が湧き出ています。
ふつふつ」と湧き上がる様が、その名の由来となりました。
川の終着点は、前述したとおり粉白川。
ぶつぶつ川を出た水は粉白川を100メートル程流れて、太平洋に注ぎます。

ぶつぶつ川周辺には絶滅が危惧される植物や、小さなカニが生息しています。
訪れる際にはそのことを念頭に置いて、間違って踏んじゃったりしないようにしてくださいね。

各種情報
和歌山県情報館 : ぶつぶつ川に関する情報はこちらから。
那智勝浦町観光協会 : せっかくなので那智勝浦町を満喫しましょう!

 

るるぶ和歌山白浜熊野古道高野山(’14)

価格:840円
(2013/10/20 18:25時点)
感想(2件)

| 和歌山県 | 18:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

せち焼き(やました@和歌山県御坊市)

和歌山県御坊市に「せち焼き」という鉄板料理があります。
聞き慣れない方がほとんどだと思いますが、御坊市だけに狭く深く伝わるお好み焼きのような料理です。

「せち焼き」という名前は、「せちがう(滅茶苦茶にする)」という意味の御坊弁に由来します。
どのように滅茶苦茶にするのかは、実際に見ていただいた方が分かりやすいので、店の紹介に移りましょう。

やました 

今回紹介する店は、せち焼きの元祖でもあるお好み焼き店「やました」。
1960年頃、この店の初代店主が考案しました。
御坊市郊外にある店で、休日になるとせち焼きを求めて県外からも客が訪れます。

店内は鉄板のある小テーブルが所狭しとならんでおり、どこか懐かしい雰囲気。

当然、せち焼きを注文します。
具材はイカ、豚、牛、ミックス(全ての具)を選ぶことができるので、ミックスをオーダー。
調理は、各テーブルで店員さんがやってくれるので、しばし待ちます。

焼きそばを作る 

まずは焼きそばを作り始めます。
オーソドックスな焼きそばですが、さすがに手馴れており、華麗なへらさばき。
これだけでも美味しそうですが、ここからがせち焼きの真骨頂。
もんじゃ焼きのように、焼きそばで土手を作ります。

卵を入れて成型する 

焼きそばの土手に卵を割り入れます。
そしてぐちゃぐちゃにかき混ぜながら、成形していくのです。
この「卵と焼きそばを滅茶苦茶に混ぜる」というプロセスが、「せち焼き」の名の由来となりました。

せち焼き完成 

そしてせち焼きが完成しました。
見た目はお好み焼きのようですが、卵と焼きそばだけで形作られており、小麦粉などのつなぎは使われていません。

食べてみると、これは新食感。
通常のお好み焼きよりもそばが前面に出ており、新鮮で美味しいです。
表面のカリカリになった麺と、中のモチモチ麺の対比が最高ですね。

他の地域ではなかなかお目にかかれないので、御坊を訪れた際には是非食べておきたい逸品です。

各種情報
やました : せち焼き発祥の店、「やました」の公式ホームページ。

 

大人のバイク旅紀伊半島

価格:980円
(2013/10/18 22:51時点)
感想(0件)

| 和歌山県 | 23:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

和歌山県のメインページ

和歌山県イラスト 




和歌山県のメインページ

 和歌山県のグルメ
せち焼き
(和歌山県御坊市)
メインはそば!お好み焼きに似て非なるB級グルメ。

 和歌山県の立ち寄りスポット
ぶつぶつ川
(和歌山県那智勝浦町)
紀伊半島の珍スポット。知られざる「日本一」を持つ川。
川湯温泉 仙人風呂
(和歌山県田辺市)
冬季限定!山間の温泉地に出現する巨大な露天風呂。


 

昭文社(しょうぶんしゃ) ツーリングマップル 2014 関西 【バイク用品 ツーリング関連 地図】

価格:1,728円
(2014/9/1 00:14時点)
感想(0件)

| 和歌山県 | 22:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |