FC2ブログ
TOP > CATEGORY - 和歌山県

| PAGE-SELECT | NEXT

日本最大級!「古座川の一枚岩」は大迫力だった!(和歌山県古座川町)

紀伊半島南部の山中にある巨大な岩、「古座川の一枚岩」

和歌山県の南部、紀伊半島の先端近くの内陸部に位置する古座川町。町の9割が山林が占め、また古座川などの清流が流れる自然豊かな町です。峡谷や温泉など、観光資源に事欠かない古座川町ですが、今回はこの町で一番の観光スポットを紹介します。

古座川の一枚岩

古座川の一枚岩

それがこちら!古座川の一枚岩!

写真に収まりきらない程の巨大さ!1枚目の写真に、川辺に佇む人が写っていますが、その人と比較するとその巨大がお分かりいただけると思います。

その大きさ、高さ150メートル、幅800メートル。一枚岩としては、日本最大級の大きさを誇ります。

この巨大な一枚岩は、冷えて固まったマグマの塊が隆起によって地表に現れ、川の浸食などを受けることにより形成されました。古座川町周辺には、他にも「虫喰岩」、「天柱岩」など、同じようにして形成された奇岩が複数存在しています。


道の駅「一枚岩」が併設。キャンプ場、川遊びも!


古座川の一枚岩の周辺には、道の駅、キャンプ場などがあり、観光の拠点としても使うことができます。

道の駅「一枚岩」

道の駅「一枚岩」はこじんまりとした施設で、駐車場台数も20台と、道の駅としてはやや少なめ。ただ、目の前を通る国道371号線がメインルートから外れており、交通量も少ないので、これくらいが適正規模なのかもしれません。

古座川の一枚岩

小さいですが、中には喫茶コーナーや観光物産センターなど、一通りの施設が揃っています。喫茶コーナーでは紀州茶がゆうずみ膳などの郷土料理を味わうことができ、物産センターでは地元の農産物や加工品などのお土産を買うことができます。


一枚岩自然公園キャンプ場

一枚岩を望む一枚岩自然公園キャンプ場。大人1名1,000円で利用できる有料のテントサイトがあります。川原にテントを張る場合は、無料とのこと。

7月の三連休に訪れたのですが、川原でデイキャンプを楽しんでいる方が数組いらっしゃいました。

なお、周辺には買い出しができる店はありません。スーパーマーケットなどの大型店舗は、15km程離れた串本町の中心街まで走らないとないので、注意しましょう。


川遊び、釣り、カヌーなど、レジャーも楽しめる!

古座川の一枚岩

目の前を流れる古座川は「平成の名水百選」にも選定されている清流。川遊びや釣りを楽しむ家族連れが大勢いました。古座川では鮎やウナギを釣ることもできるのだとか。

また、カヌーも盛んで、レンタルカヌーやインストラクターが同行するツアーも取り扱っているようです。詳しくは古座観光協会のホームページをご覧ください。カヌーから眺める一枚岩もまた素晴らしいでしょうね。


古座川の一枚岩へのアクセス

車でのアクセス

古座川周辺には、「一枚岩」だけでなく、「橋杭岩」、「滝の拝」、「虫喰岩」などの景勝地が豊富です。効率良く周るのであれば、車やバイクでのアクセスがおススメです。

紀伊半島の山中を巡るうえで、注意すべきは、当たり前のようにすれ違い困難な道が現れること。細い道での運転に自信がない方は、「串本から国道371号線」または「古座から古座川沿いを通るルート」のどちらを選ぶのが無難です。


古座川の一枚岩へのルート

串本から国道371号線を通るルート。


古座川の一枚岩へのルート

古座から古座川沿い(県道38号線、国道371号線)を通るルート。


レンタサイクルを利用する

JR紀勢本線古座駅内にある古座観光協会で自転車を借りることができます。電動アシスト付き自転車も取り扱っているようなので、先述した「古座から古座川沿いを通るルート」で一枚岩を目指すのもアリだと思います。

ゆっくりと自転車で古座川沿いを走れば、車やバイクだと見落としてしまうような景色に出会えるかもしれません。

レンタサイクルに関する詳しい情報は古座観光協会のホームページをご覧ください。


バスでのアクセス

本数は限られますが、JR紀勢本線串本駅または古座駅からバスで訪れることも可能です。

古座川町が運行する古座川町ふるさとバス本川線」が、JR紀勢本線の串本駅・古座駅と一枚岩方面の各集落とを結んでいます。串本駅から約50分、古座駅からは約30分の道のりです。

このバスは主に地元住民を対象としたバスなので、観光で利用するにはかなり不便。休日に一枚岩を訪れるとしたら、実質的に1パターンのダイヤしかありません(バスの時刻表は、古座川町のホームページをご覧ください)。

バスで一枚岩を訪れるのは、あまり現実的ではないと言えるでしょう。


各種情報

古座観光協会 : 古座川周辺は楽しさ尽きないエリア。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

|投稿:2018.10.01 | 最終更新:2018.10.10 |カテゴリ: 和歌山県

紀州の郷土料理、わさび寿司が絶品!(赤玉食堂@和歌山県有田川町)

山村にある名店、赤玉食堂でわさび寿司をいただく

和歌山県有田川町有田川が造り出した険しい谷にいくつもの集落が点在する長閑な町です。

有田みかんの産地として有名なこの町ですが、わさびの栽培も行われています。そのわさびを使った郷土料理、わさび寿司が密かに人気を集めていると聞いたので、行ってまいりました。



今回お邪魔したのはわさび寿司の名店、「赤玉食堂」。

わさび寿司定食

わさび寿司定食(1,200円)をいただきました。わさび寿司に麺類(うどん、そば、和歌山ラーメン、山椒ラーメン、ざるうどん、ざるそばから選択可)、山菜の小鉢、おかずが一品付いたお得なセットです。せっかくなので、和歌山ラーメンをお願いしました。

わさび寿司

わさび寿司の中身は鯖、鮎、わさびの三種類。わさびの葉で包まれているので、さぞかし辛いのかと思いきや、そんなことはありません。葉を一緒に食べることで爽やかさが増して美味しいですね。

まず「」。よく締まったシメ鯖が入っています。わさびの葉との相性も抜群。
次に「」。甘露煮にされた鮎が入っており、これまた絶品。
最後に「わさび」。わさびの葉の中にわさびの茎が乗った寿司が入っています。まさに「わさびinわさび」。こちらはほんのりとした辛さが感じられ、美味しいです。

付け合わせもわさびです。わさびの茎の漬物でしょうか。箸休めに最適ですね。


あくまで食堂なので、ラーメンの方はあまり期待していなかったのですが、とても美味しい和歌山ラーメンでした。有田川町は山椒の産地でもあるので、山椒ラーメンを選ぶという手もありますね。


関西方面からのツーリング客多数!赤玉食堂は人気の食堂

赤玉食堂

今回紹介した赤玉食堂。最寄り駅であるJR紀勢本線の藤並駅や、阪和自動車道の有田ICから車で約50分となかなか不便な場所にありますが、休日になると多くの客で賑わいます。私が訪れたのは三連休のお昼でしたが、関西方面からのツーリング客が多いという印象でした。大阪から比較的近く、高野山あらぎ島などの観光地が周辺にあるため、観光もかねて訪れる人が多いのでしょう。繁忙期は行列になるかもしれません。

郷土料理であるわさび寿司が有名ですが、その他にも鮎やあまごなどの川魚を使った料理、しし鍋などのジビエ料理も提供されています。山や川の味がふんだんに味わえる名店。紀伊半島を旅した際には、是非とも立ち寄りたいものです。


各種情報

赤玉食堂 : 赤玉食堂の公式ホームページ。
食べログ : 口コミ、店舗情報はこちらから。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

|投稿:2018.01.20 | 最終更新:2018.01.20 |カテゴリ: 和歌山県

和歌山ラーメン(中華そば専門店 正善@和歌山県和歌山市)

関西を代表するご当地ラーメンの一つ、和歌山ラーメン。関西らしからぬ濃厚な味、早寿司などの独特な風習が特徴で、インパクトの強いご当地ラーメンと言えます。

行列必至!和歌山市北部の人気店


今回は和歌山市北部の郊外にある「中華そば専門店 正善」を紹介します。店も駐車場もこじんまりとしており、なおかつ人気店なので、休日などは行列を覚悟した方が良いかもしれません。

メニューは中華そばのみ(各種トッピングは除く)というシンプルなもの。店側のこだわりを感じます。


和歌山ならではの風習、「早寿司」を楽しむ


早寿司

卓上には、調味料などと一緒に「早すし」と書かれた包みに入った寿司と海苔巻きが置かれています。こちらが和歌山ラーメン独特の風習である早寿司です。

和歌山のラーメンは早寿司をセットで食べることが前提とされており、量がやや少なめに設定されています。このような風習の由来は定かではありませんが、元来から関西に定着している、うどんと同時に寿司を食べる習慣が派生したものと言われています。

早寿司

早寿司

包みの中身は鯖寿司。早寿司は、基本的にどの店でも卓上に置かれています。客は、特に店員に注文をすることなく早寿司を食べることができ、会計時に食べた数を自己申告するシステムになっています。

中には早寿司が置かれていない店もあるので、早寿司も食べたい方は、事前にチェックしておくようにしましょう。


見た目ほどくどくない、豚骨醤油ラーメン


和歌山ラーメン

中華そば(650円)です。

具はチャーシュー、青ねぎ、メンマという王道の組み合わせに加え、蒲鉾が入っています。蒲鉾は和歌山ラーメンの独特の具材ですね。
スープは豚骨ベースの醤油味。和歌山県は醤油の産地であることから、昔から醤油味が親しまれているようです。見た目ほどしょっぱくありません。
麺はストレートの細麺。他のご当地ラーメンではあまり見られない特徴的な麺と言えます。

濃厚ですが、くどくなく、また麺が細いので、サッといただくことができました。

独特な風習が根付く和歌山ラーメン。正善では見られませんでしたが、サイドメニューとしておでんやホルモンを出す店もあるそうです。様々な店で、そうした文化を楽しむのも良いかもしれません。

各種情報

食べログ : 口コミ、店舗情報はこちらからチェック!

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ラーメンWalker関西2017 ラーメンウォーカームック (ラーメンウォーカームック)

価格:680円
(2017/6/23 22:37時点)
感想(2件)

|投稿:2017.06.23 | 最終更新:2018.08.16 |カテゴリ: 和歌山県

川湯温泉 仙人風呂(和歌山県田辺市)

龍神温泉白浜温泉洞川温泉など、著名な温泉を多く有する紀伊半島
そんな中で一際個性的な温泉が、和歌山県南部の山中にあります。

それが今回紹介する川湯温泉
川湯温泉自体はよくある山間の温泉で、熊野川の支流である大塔川沿いに11軒の旅館やホテルが並んでいます。
この温泉を訪れた者が、度肝を抜かれるのは、です。

冬、なんと温泉の目の前を流れる大塔川が天然の露天風呂になるのです。

仙人風呂

実は、大塔川は川底から温泉が湧出しているのが特徴です。
しかし、ここは紀伊半島。
日本屈指の多雨地帯であるため、河原で入浴なんてことはなかなかできない行為です。

そこで、川の流量が減る冬季にのみ、観光客が気軽に“川の温泉”を楽しめるよう、造られるのが仙人風呂なのです。
その正体は、川を堰き止めて造られた巨大な露天風呂
大きさは約50メートル。
あまりの凄まじいスケールに、訪れた者は皆圧倒されるでしょう。

仙人風呂

仙人風呂へは、対岸の県道から仮設の橋を渡っていきます。
仙 人 風 呂」と貼られた囲いの向こう側に巨大な湯船があるのです。
期待を胸に仮設橋を渡ります。

仙人風呂

はい、ドーン!
これはデカい!
まるでプールです。

さっそく入ってみましょう。
仙人風呂は混浴なのですが、脱衣所は女性専用があるので、ご安心を。
男性の脱衣場はほぼ野ざらしですが…。

さて、どこに入るべきか迷うほどの広さです。
お湯に入り、適当に動き回ってお気に入りの場所を探すのが良いでしょう。
小一時間お湯に浸かっていましたが、非常に贅沢な時間を過ごすことができました。

なお、仙人風呂に入浴するにあたり、注意すべき点があります。
休日の昼間はとにかく混み合います。
ほとんどの方が水着を着用しており、都会の温水プール状態です。
水着を忘れると、入浴するのにかなりの勇気が要ります。

落ち着いて、人目を気にせずに入浴できるのは夜か早朝
せっかくなので川湯温泉の旅館に泊まり、心行くまで仙人風呂を楽しんでは如何でしょうか。

各種情報
熊野本宮観光協会 : 熊野古道、川湯温泉など、魅力あふれるエリアです。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

|投稿:2014.09.01 | 最終更新:2018.06.26 |カテゴリ: 和歌山県

ぶつぶつ川(和歌山県那智勝浦町)

紀伊半島南部にある那智勝浦町
日本一の落差を誇る那智の滝などを擁する紀伊半島を代表する観光の町です。
そんな同町に、知る人ぞ知る「日本一」を持った川があるのです。

所在地は同町の南西部、串本町に近い辺りです。
国道42号線から紀勢本線の踏み切りを越えて、海側へ向かう小道があります。
小道を進むとすぐに目的地に到着します。

ぶつぶつ川 

こちらが目的地、ぶつぶつ川です。
え?ごく普通の小川じゃないかって?

ぶつぶつ川 

ぶつぶつ川はこの部分のみ!
写真の左下に写っているのは粉白(このしろ)で、そこからちょろっと伸びているのが今回紹介するぶつぶつ川なのです。


ぶつぶつ川 

前置きが長くなりましたが、ぶつぶつ川は日本一短い河川なのです。
2008年に二級河川に選定された以降、極一部の物好きが訪れるようになりました。

その長さは13.5メートル
源流は湧き水となっており、飲めるほど綺麗な水が湧き出ています。
ふつふつ」と湧き上がる様が、その名の由来となりました。
川の終着点は、前述したとおり粉白川。
ぶつぶつ川を出た水は粉白川を100メートル程流れて、太平洋に注ぎます。

ぶつぶつ川周辺には絶滅が危惧される植物や、小さなカニが生息しています。
訪れる際にはそのことを念頭に置いて、間違って踏んじゃったりしないようにしてくださいね。

各種情報
和歌山県情報館 : ぶつぶつ川に関する情報はこちらから。
那智勝浦町観光協会 : せっかくなので那智勝浦町を満喫しましょう!

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

るるぶ和歌山白浜熊野古道高野山(’14)

価格:840円
(2013/10/20 18:25時点)
感想(2件)

|投稿:2013.10.20 | 最終更新:2017.11.22 |カテゴリ: 和歌山県

| PAGE-SELECT | NEXT