FC2ブログ
TOP > CATEGORY - 京都府

| PAGE-SELECT |

嵐山で絶品湯葉料理に舌鼓をうつ(嵯峨とうふ 稲@京都府京都市)

嵐山の名店で、絶品湯葉料理を食べよう

湯豆腐やにしんそばと並び、京都を訪れた際に是非食べておきたいものが湯葉料理

湯葉…。京都の他、日光、奈良、身延などの門前町の名物として知られていますが、元々は中国から伝わった料理でした。日本に伝わったのは鎌倉時代。京都の寺院を中心に広まっていったとする説が有力です。


湯葉伝来の地(である可能性が高い)、京都で湯葉を食べたい!さらにわがままを言うと、観光のついでに、尚且つ名店で食べたい!

…ということで、今回は京都屈指の観光エリア、嵐山にある名店「嵯峨とうふ 稲 本店」を訪れました。

湯葉料理をお手軽に味わえる「嵯峨とうふ 稲」

今回お邪魔した「嵯峨とうふ 稲 本店」。落ち着いた雰囲気はある一方で、敷居が高過ぎず、気軽に立ち寄れるお店です。湯葉料理も、観光地にしては比較的リーズナブル。

手桶くみあげ湯葉御膳

私は「手桶くみあげ湯葉御膳」(1,720円)をいただきました。湯葉だけでなく、おばんざい(胡麻豆腐、おから煮)、田楽、わらび餅なども付いていてボリュームもあります。

手桶くみあげ湯葉御膳

主役のくみあげ湯葉。湯葉本来の味を味わうなら、これでしょう。さすがは京都の湯葉。濃厚ながらも、甘みのある上品な味!

食感もしっかりしています。箸で掴んでも簡単には崩れません。これは美味しいですね。


京湯葉あんかけ御膳

嫁が食べた「京湯葉あんかけ御膳」(1,720円)。

京湯葉あんかけ御膳

メインの湯葉あんかけご飯。とろっとろの湯葉にたっぷりのあんがかけられており、優しいお味でした。

他にも湯豆腐やおばんざいをメインに据えたメニューがあります。湯葉がお目当てであれば、上記2つのメニューは非常におススメです。


人気店「嵯峨とうふ 稲」 昼食の時間帯は行列必至!

今回紹介した「嵯峨とうふ 稲 本店」。嵐山電鉄の嵐山駅の近くにあり、嵐山観光の目玉である竹林の小径渡月橋も徒歩圏内。観光と併せて立ち寄るには良い場所に立地しています。

観光地にあるということは、当然混雑します。我々は紅葉の時期の土曜日(11月中旬)に訪れたのですが、嵐山界隈は歩道に人が溢れ返る程の混みようでした。そんな状況であったため、11時に入店したところ、並ぶことなくすぐに席に座ることができました

嵯峨とうふ 稲

11:40
我々が食べ終わって店を出た時に撮影したのが上の写真ですが、数組が待っている状態でした。回転が早い店はないので、数組でも結構待つことになると思います。

嵯峨とうふ 稲

12:15
さらに我々が渡月橋観光を終えた後に、再度店の前を通りかかったところ、店の前には大行列が出来上がっていました。「嵯峨とうふ 稲」に限らず、ほとんどの店に行列ができていたと記憶しています。

繁忙期の京都の人気店ですから、お昼前(できれば11時前後)に入店することを強くおススメします。


各種情報

食べログ : 口コミ、店舗情報はこちらから。
稲 京都嵐山 : 店の公式サイト。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

|投稿:2017.12.09 | 最終更新:2017.12.13 |カテゴリ: 京都府

日本三景・天橋立は様々な角度から楽しみたい!(京都府宮津市)

日本三景の一つ、天橋立。京都府北部の宮津市にある長さ約3.6kmの砂州で、その美しく、珍しい風景を見るため、毎年国内外から多くの観光客が訪れています。

そんな、今更説明するまでもない程、有名な天橋立ですが、展望スポットは複数箇所存在します。1ヶ所のみ訪れる方も多いと思いますが、それでは勿体ない!今回は、天橋立を楽しむことができる代表的なスポットを4ヶ所紹介します。

■目次

1.傘松公園からの“斜め一文字”
2.天橋立ビューランドからの“飛龍観”
3.小天橋、大天橋を渡り、天橋立の地を踏みしめる
4.大内峠からの“一字観”
5.最後に

1.傘松公園からの“斜め一文字”


天橋立の北側にある傘松公園。天橋立を展望するための定番スポットの一つで、ここからの景色は「斜め一文字」と呼ばれています。

天橋立(傘松公園から)

その名の通り、海を斜めに横切る天橋立を眺めることができます。砂州の細長さや奥行きを感じることができ、‍‍非常に写真映えする角度から撮れるのが、この展望台だと思います。

前屈姿勢で、股の間から眺める“股覗き”はこの公園が発祥だと言われています。

傘松公園のケーブルカー

傘松公園へは、麓からケーブルカーまたはリフトでアクセスすることになります。ケーブルカーは15分おきでの運行。リフトは、ケーブルカーよりも営業時間が短いので注意が必要です。



駐車場は、国道沿いに有料のものがいくつかあります。鉄道の駅が遠いため、公共交通機関を利用して訪問する場合は、バスを利用しなくてはなりません。

国道をそのまま北上すると、舟屋で有名な伊根町があります。伊根の舟屋とセットで訪問するのも良いですね。



2.天橋立ビューランドからの“飛龍観”


天橋立の南側にある天橋立ビューランド。傘松公園と並ぶ定番スポットの一つで、「飛龍観」と呼ばれる景色を眺めることができます。

天橋立(天橋立ビューランドから)

長い砂州がこちらに向かって伸びてきている様は、龍が長い首をもたげて、地上に降りてきている姿に見えます。その景色を“股覗き”して眺めると、天地が逆転し、龍が天へと飛んでいくように見えることから「飛龍観」と呼ばれるようになったそうです。

傘松公園よりも砂州が近くに見えるため、より迫力のある風景になっていると思います。

天橋立ビューランドのリフト

天橋立ビューランドへは、リフトまたはモノレールで登ることができます。モノレールは20分おきに運行されています・



駐車場は麓にある天橋立駅周辺に、有料のものがいくつか点在します。また、京都丹後鉄道天橋立駅が近いため、車以外でも比較的訪れやすいと言えるでしょう。


3.小天橋、大天橋を渡り、天橋立の地を踏みしめる


せっかく天橋立まで来たのであれば、遠くから眺めるだけでなく、砂州の上を歩きたいもの。

大天橋

砂州の南側は本土と繋がっていないため、小天橋大天橋という2つの橋を渡って天橋立へとアプローチします。橋の間はとても狭く、川のようですが、海です。

2つの橋のうち小天橋は、船が往来できるよう、橋自体が動く構造になっているようです(参考動画)。一度動くところを見てみたいものですね。

天橋立

砂州の上は松並木になっており、歩行者と自転車専用!気持ち良く歩くことができます。3.6kmの砂州をゆっくり歩いて対岸の傘松公園を目指すのも良し、レンタサイクルを借りて颯爽と走り回っても良いと思います。



砂州へのアプローチは、天橋立ビューランドと同様、天橋立駅やその周辺の駐車場からとなります。


4.大内峠からの“一字観”


これまで紹介してきた3ヶ所よりも知名度は低いですが、是非お奨めしたいスポットがあります。天橋立の西側、与謝野町大内峠一字観公園から眺める「一字観」です。

天橋立(大内峠一字観公園から)

その名のとおり、横一文字になった砂州を見ることができます。縦の角度から見ることが多い天橋立ですが、この角度から眺めるのは新鮮な気分ですね。ここまでやって来る観光客はとても少ないため、落ち着いて景色を楽しむことができます。



大内峠に至る道は、どの道も整備状態が良好とは言えません。特に府道651号線を与謝野町側から登る場合は、短い区間ながら、ガードレールのない細い道を進む必要があるので、運転に自信がない方は避けた方が無難でしょう。


5.最後に


如何だったでしょうか。天橋立と言っても、楽しむ場所、楽しみ方は様々です。色々な角度から眺め、お気に入りの展望台を見つける旅というのも良いと思いますよ。


各種情報

天橋立観光ガイド : 天橋立のすべてはこちらから!

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

|投稿:2017.09.05 | 最終更新:2018.07.04 |カテゴリ: 京都府

伊根の舟屋(京都府伊根町)

街並みや集落自体が観光地となっている所は日本中に数多くあります。
伝統的な宿場町、武家屋敷、険しい山岳集落など、魅力的な観光地が挙げられますが、「伊根の舟屋」は景観の特異さでは群を抜いています。

場所は京都府北部の丹後半島
天橋立で有名な宮津市より20km程北上したところにある伊根町です。
町の中心にある伊根湾は波が穏やかな天然の良港であり、この海岸沿いに特殊な構造を持つ家々が軒を連ねているのです。

伊根の舟屋 

こちらが「伊根の舟屋」です。
一見民家が浸水しているように見えますが、元からこういう構造の民家なのです。
それぞれの家には船のガレージが備え付けられており、家から直接出航できるのです。

穏やかな伊根の海沿いだからこそ、見られる街並みと言えるでしょう。

伊根の舟屋

中には船揚場の他に物置や作業場があり、漁具の手入れや干物の乾燥等、漁業に関わる様々な作業を行うスペースとなっています。
2階は居住スペースになっている他、民宿として営業しているところもあります。
舟屋に宿泊するというのも、なかなか貴重な体験だと思います。

舟屋は防波堤など、陸地から眺めることができますが、より楽しむには伊根湾の遊覧船も良いでしょう。
天橋立の遊覧船やケーブルカーも利用できる天橋立・伊根湾フリーきっぷというものもあります。
距離も比較的近いので、セットで観光するのも良いかもしれませんね。

各種情報
伊根の舟屋めぐり : 伊根の舟屋観光をするなら、まずはここをチェック!

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

日本の街道を旅する [ 佐々木節 ]

価格:580円
(2013/9/28 16:57時点)
感想(1件)

|投稿:2013.09.28 | 最終更新:2017.11.22 |カテゴリ: 京都府

ばらずし(とり松@京都府京丹後市)

ばらずしと言えば、岡山県の名物として知られていますが、京都府北部の丹後地方の郷土料理でもあります。
作り方も見た目も岡山のものとは全く異なります。

特徴としては、木箱に詰めて四角く(一部では丸く)成型してあること、サバのおぼろ(サバを甘く炒り炊きしたもの)が入っていること、ご飯でおぼろを挟み数段になっていることが挙げられます。
ハレの日のごちそうとして、長年親しまれた郷土の味です。

さて、今回紹介する店は、京丹後市の網野地区にある「とり松」。
ばらずしの他にも松葉蟹、地魚、地鶏など郷土の料理を提供する店です。

ばらずし 

こちらがばらずしです。
見た目が華やかで、美しいですね。
錦糸玉子、椎茸、かんぴょう、かまぼこなどの具が色鮮やかに寿司を彩っています。
そして、ばらずしの影の主役とも言える、サバのおぼろ。
上に散らしてあるだけでなく、1段目と2段目のご飯の間にも敷き詰められています。

サバのおぼろというものは初めて口にしたのですが、甘辛い味付けで美味しいですね。
酢飯の酸味とマッチしています。
その他の具材も絶妙なバランスで混ざり合い、とても贅沢な気分になります。
これで840円はお得ですね。

長年親しまれてきた伝統の味、是非味わってみてください。

各種情報
「とり松」ホームページ : ばらずしや他のメニューはこちらをチェック。
ばらずしで丹後をつなぐ会 : ばらずしを食べ歩くならこちら!

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

くるり丹波・篠山 [ ウエストプラン ]

価格:980円
(2013/9/24 21:59時点)
感想(1件)

|投稿:2013.09.24 | 最終更新:2017.11.22 |カテゴリ: 京都府

京都府のメインページ

京都府イラスト 




京都府のメインページ

 京都府のグルメ
ばらずし
(京都府京丹後市)
サバのおぼろの味が優しい、丹後地方の郷土料理。
湯葉料理
(京都府京都市)
京都グルメの定番、湯葉料理。お昼時は行列必至!

 京都府の立ち寄りスポット
伊根の舟屋
(京都府伊根町)
穏やかな湾に広がる、伝統的な漁村風景。
天橋立
(京都府宮津市)
日本三景・天橋立は様々な角度から楽しみたい!


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ツーリングマップル関西(2017)

価格:1,944円
(2017/9/5 00:37時点)
感想(1件)

|投稿:2013.09.24 | 最終更新:2017.12.09 |カテゴリ: 京都府

| PAGE-SELECT |