FC2ブログ
TOP > CATEGORY - 三重県

| PAGE-SELECT | NEXT

海と岩が織り成す大迫力の絶景!鬼ヶ城を歩こう!(三重県熊野市)

熊野地方随一の絶景スポット、鬼ヶ城

風光明媚なリアス式海岸が連なる三重県南部。複雑な海岸線は志摩半島から始まり、熊野市まで続いています。そのリアス式海岸の最南端にあり、熊野地方随一の絶景ポイントとして知られるのが、鬼ヶ城

猿戻@鬼ヶ城

写真のような切り立った断崖絶壁が続く鬼ヶ城。非常に風光明媚な場所なのですが、同時に災害の影響を受けやすく、2016年に訪問した際には台風被害によって遊歩道が通行止になっており、踏破することができませんでした。その後復旧したという情報を得て、2018年7月に再訪してきたので、その魅力をここで紹介したいと思います。


鬼ヶ城の歩き方

鬼ヶ城の駐車場

鬼ヶ城観光のスタート地点となるのは、鬼ヶ城の東側にある駐車場。西側からアプローチすることもできますが、西側には駐車場が整備されていないため、車で訪れる方は東側からアクセスすることになります。国道42号線から脇道に入ると、普通車70台、観光バス10台が停められる広めの駐車場があります。

駐車場の周りには土産物屋、自販機、トイレ。自販機はこの場所にしかありません(トイレもここと西側の入口の2か所のみ)ので、西側まで歩きとおす方はここで飲み物を買っておくことをおススメします。

鬼ヶ城マップ

駐車場から岬を回り込むように遊歩道が敷かれています。西側まで行き、遊歩道を戻ってくることもできますし、岬をショートカットする歩行者用のトンネルを通って戻ってくることも可能です。

体力に自信のない方は鬼ヶ城のメインである千畳敷まで行って、そこで引き返してくるのも良いと思います。

鬼ヶ城の遊歩道

千畳敷まではご覧のような比較的歩きやすい道が続きます。高い場所から海を見下ろすような形となるため、とても景色が良いです。


千畳敷@鬼ヶ城

千畳敷@鬼ヶ城

駐車場を出発して5分程度で、鬼ヶ城の中でも一番人気の高いポイント、千畳敷に到着。その名の通り、険しい断崖絶壁の中でここだけ平らなスペースが広がっています。

平らな地形も面白いですが、オーバーハングした崖、穴ぼこだらけの岩肌など見どころはたくさん。多くの観光客がここで引き返していますが、本当に面白いのはここから!

鬼ヶ城

ここから先は海岸も遊歩道も一段と険しくなります。垂直に近い崖に細い道が刻まれており、冒険心がくすぐられますね。

ちなみに、以前訪れた時は、この先が落石のため通行止になっていました。天候の悪い時には通行止になることもあるようなので、幸運にも条件が良い場合には是非とも先に進むことをおススメします。ただし、千畳敷までとは違い足元が悪いので、歩きやすい靴が必須です!


猿戻@鬼ヶ城

途中、「猿戻」、「犬戻」と名付けられた場所があります。写真の場所は「猿戻」ですが、猿や犬も引き返すほど険しい場所ということでしょう。

高さ50メートルはあろうかという断崖絶壁の中腹を突っ切る遊歩道。岩に出来た亀裂を渡る橋などもあり、かなりスリリングです。柵は取り付けてあるものの、小さな段差などが多いため、躓かないように細心の注意を払って進みます。


鬼ヶ城の西側を望む

ある程度進むと、岬の西側の景色が見えてきます。

鬼ヶ城を境にして東側は海岸線が複雑に入り組むリアス式海岸が続いていますが、西側には真っ直ぐに伸びる海岸線。日本の渚百選にも選ばれている七里御浜です。この辺りからは前方に七里御浜を眺めながらのウォーキングとなります。

水谷茶屋跡@鬼ヶ城

ここは遊歩道の終盤にある水谷茶屋跡。今は跡形もありませんが、建物の支柱を立てた穴が岩に残っており、ここに茶屋があったことを物語っています。

オーバーハングした岩が日陰を作り出しており、また水が流れているため、現在でも休憩場所として最適だと思います。

この日の熊野地方は36度を越える猛暑日だったため、ここで一休み。なお、我々は迂闊にも飲み物を持ってこなかったため、満身創痍の状態でした。

水谷茶屋跡を過ぎると、やがて遊歩道は終点を迎えます。


鬼ヶ城の終点

鬼ヶ城の遊歩道を抜けるとそこは漁港、そして漁村。

上の写真に写っている橋は国道42号線で、右手の階段を登れば国道に出ることができます。しかし、国道42号線を通って鬼ヶ城の東側に戻ろうとしても、歩行者通行禁止のトンネルに阻まれ、進むことができません。

鬼ヶ城マップ

そのため地図で示したように、国道をくぐる道を直進し、旧道のトンネルを通って鬼ヶ城の東側に戻る必要があります。現地には分岐ごとに小さな看板が建っていますので、見逃さないように注意しましょう。

なお、鬼ヶ城東側の駐車場まで約1.6kmの道のりですが、途中に飲み物を買うことが出来る場所はありませんでした。繰り返しになりますが、鬼ヶ城遊歩道を踏破される方は、飲み物は必携です(特に夏場)。

鬼ヶ城歩道トンネル

鬼ヶ城歩道トンネル木本隧道)を抜ければ、程なくしてゴールです。歩き疲れて火照った体を涼しいトンネルでクールダウンさせましょう。

なお、“歩道トンネル”と言っておきながら自動車も通りますので、通行の際には要注意。


南紀の険しい海岸線を全身で感じることができる鬼ヶ城。天気が良い日には是非とも歩いてみてください。


各種情報

鬼ヶ城センター : 鬼ヶ城にある売店・食事処。鬼ヶ城の紹介も。
熊野市観光協会 : 熊野古道など、熊野市は見どころだらけ!

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

| 三重県 | 23:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

牛だけじゃない!松阪では鶏焼肉がアツい!(だるまや@三重県松阪市)

安くて美味い!松阪の鶏焼肉

三重県松阪市。言わずと知れたブランド牛、松阪牛の産地です。

高級な松阪牛を様々な料理でいただくことができる松阪市ですが、実は鶏焼肉も盛んに食べられています。近年ではB-1グランプリにも出場し、トップ10入りも果たすようになりました。そんな勢いのある鶏焼肉。是非現地で食べてみたい!

…ということで、松阪に行ってまいりました。今回お邪魔したのは、松阪駅近くにある焼肉屋、だるまや。こじんまりとした店内には地元のご常連が集い、アットホームな雰囲気が流れています。


鶏焼肉(若とり)

まず注文したのが、看板メニューである「若とり」。肉に赤味噌ベースのタレがかかっているのも、松阪流です。肉は見るからに新鮮で柔らかそうですね。

鶏焼肉

そのお肉をこうするわけです。コンロでじっくりと網焼き。懐かしい雰囲気が出ていて良いですなぁ。

待ちきれない筆者は、肉に火が通っていくのを見ながら、キムチをツマミに生ビールをグビグビ。
肉が焼き上がると、熱々のまま口に運び、またビールをグビグビ。

美味い!!柔らかくて、タレの甘みも良い。これはビールが進みそうです。


鶏焼肉(ヒネ)

鶏焼肉(セセリ)

続けざまに「ヒネ」と「セセリ」を追加注文。

ヒネ」とは親鳥のこと。「若とり」とは違い、こちらは固い食感が特徴です。噛みしめると肉の旨味がじゅわっと…。う…美味い…!

セセリ」は焼き鳥などでもお馴染み、首の部分の肉です。プリッとした食感で、こちらも美味!

それぞれの肉にかけられている特製のタレが良い味出してます。


鶏焼肉以外のメニューも魅力的!松阪駅近くのだるまや

だるまや

今回お邪魔した「だるまや」。松阪駅から約150メートルという便利な場所にあります。

だるまやのメニュー

基本的には鶏焼肉がメインのお店ですが、他のメニューもまた魅力的です。牛ホルモンや豚肉も焼けますし、鶏を使ったお鍋まで取り扱っています。

牛ホルモン

こちらは牛ホルモン。とろけるような柔らかさはホルモンならでは。これもまた外せませんねぇ。

その他にもタタキキュウリやポテサラ、手羽先餃子など定番のおつまみを頼みましたが、どれも当たりでした。



松阪市で鶏焼肉が愛される理由

さて、そもそも何故、牛肉で名を馳せる松阪市で鶏焼肉が人気を集めているのでしょうか。

実は松坂周辺では卵を産ませるために鶏を飼っている農家が多かったようで、卵を産まなくなった廃鶏を食べるようになったのが始まりなのだとか。元々松阪では焼肉文化が根付いていたので、自然と鶏焼肉という食文化が広まっていったようです。

現在では松阪周辺の約20軒もの店で、鶏焼肉が提供されています。立地は「だるまや」のような駅前から郊外のロードサイドまで多種多様。営業時間の点で見ても、夜間のみという居酒屋スタイルの店もあれば、ランチ営業をしている店もあります。

提供店舗を網羅したマップも公開されているので、是非ともお気に入りの店を探してみては如何でしょうか。


各種情報

松阪鶏焼き肉隊 : 食べ歩きに便利な鶏焼肉マップはこちらから!
食べログ : 店舗情報、口コミはこちらからチェック。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

| 三重県 | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

みそ焼きうどん@一福亭(三重県亀山市)

古くは東海道、そして近代では国道1号線と、日本の大動脈が横切る三重県亀山市
三重県と滋賀県を分かつ峠のふもとに位置しており、かつては宿場町として、モータリゼーション到来後はドライバーたちの休憩所として、多くの人々で賑わいました。
トラックドライバーたちに大人気だったのが、ホルモンと野菜に辛みそを絡める、スタミナ満点の焼肉。
〆にうどんを投入して、お腹を満たしたのが、亀山名物のB級グルメ、みそ焼きうどんの始まりだと言われています。

バイパスの開通等でドライバーたちが街に寄らなくなり、一度は衰退したみそ焼きうどん。
2008年に市民グループが町おこしのために、普及を始め、現在では市内の20店舗以上で食べることができます。

亀山パーキングエリア

今回紹介する、一福亭東名阪自動車道亀山パーキングエリア上り線)内に店を構えています。
大阪、奈良方面から名阪国道を走ってきて、これから名古屋もしくは東名高速を経て関東方面へと向かう際、腰を落ち着かせてガッツリと食べるには最適です。
パーキングエリアではおなじみのフードコートスタイルなので、事前に食券を買う必要があります。

みそ焼きうどん

こちらがみそ焼きうどん。
豚バラ肉、キャベツ、もやし、刻みネギというシンプルな具材。
最大の特徴は何といっても甘じょっぱい味噌だれ。
ひとたび口に含んでみると、病みつきになる美味さです。
私が食べたときは、ついつい箸が止まらなくなり、あっという間に平らげてしまいました。

亀山に行った際、また高速道路や国道で亀山を通る際には是非食べてほしい一品です。

各種情報
亀山みそ焼き本舗 : みそ焼きうどんの情報はこちらをチェック!
食べログ : 店舗情報、口コミはこちらから。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

【メール便送料無料】三重県のご当地うどん4食(2種×2セット)伊勢うどん・亀山みそ焼きうどん・黒カレー伊勢うどんの3種類の中からお選びください♪【tokai-送無1201】【smtb-TK】【RCP】

価格:1,000円
(2015/3/19 00:10時点)
感想(95件)

| 三重県 | 00:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

布引の滝(三重県熊野市)

三重、奈良、和歌山の三県に跨る紀伊半島は山深く、滝の宝庫です。
日本の滝百選だけでも10ヶ所を数え、百選のうち1割が紀伊半島にあることになります。
日本三名瀑の一つとして知られる那智の滝を筆頭に、決して知名度は高くはないですが、素晴らしい滝がたくさん眠っているのです。

今回紹介するのは、三重県熊野市(旧紀和町)にある布引の滝
観光化はされていませんが、個性的でかつ美しい滝です。

紀伊半島を南北に貫く国道168号線から県道740号線、780号線をつないで、熊野市の山中へ分け入っていきます。
多少狭い箇所がある道ですが、それ程ストレスを感じることもないまま到着できるでしょう。
滝への入口よりやや登ったところに、3台程停めることができる駐車場があります。

布引の滝 

滝へは歩道を下っていくのですが、車道から滝の全景を見ることができます。
3段に分かれており、サラサラと水が流れる美しい滝です。
特に下段は、スベッとした一枚岩を滑り落ちるように流れており、独特な景観を作り出しています。
歩道を通って滝壷に下りると下段しか見えないので、全景はこちらで存分に見ておきましょう。

歩道はやや険しいですが、比較的整備されており、5分程度で滝壷に到達することができます。

滝壺から 

滝壷からは下段を至近距離から見上げることができます。
車道から遠望したときには美しさばかりに目が行きましたが、この一枚岩は圧倒されるような迫力がありますね。
また水の勢いの割に滝壷が広く、まるでプールのようです。
実際に入ったわけではないので、泳げるかどうかは分かりませんが…。

山深い紀伊半島。
その中にあって、ここは比較的容易にアプローチできる滝です。
紀伊半島を旅する際、ちょっと立ち寄ってみては如何でしょうか。

各種情報
み熊野ネット : 布引の滝、熊野古道など熊野の観光ならこちら!

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

紀伊熊野古道をあるく改訂3版

価格:1,680円
(2013/9/11 21:38時点)
感想(4件)

| 三重県 | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

とんてき(まつもとの來來憲@三重県四日市市)

三重県第2の都市、四日市市にはガッツリ系のご当地グルメがあります。
その名も「四日市とんてき」。
近年はB1グランプリにも出場する等、勢いがあるご当地グルメです。

まつもとの來來憲

今回紹介するのは、四日市市郊外にある「まつもとの來來憲」。
幹線道路沿いにある、一際目立つ店です。
看板には「大とんてき」の文字。
ただでさえガッツリしたイメージのあるとんてき。
「大」の文字に期待が高まりつつ入店。

メニューを開くと、目移りするほど豊富な品数。
とんてきだけでも「マルてき(醤油で焼き上げたサッパリとんてき)」、「塩とんてき」、「みそとんてき」など数種類あります。
ここは迷わず「大とんてき定食」を注文。

ご飯、豚汁、漬物が先に登場。
続いて大きな皿が運ばれてきます。

大とんてき定食 

こちらが名物の「大とんてき定食」。
肉厚のとんてきは見ているだけで涎が出てきます。
タレとニンニクが絡んだパンチの効いた味で、ご飯が進みます。
このタレはキャベツとの相性も抜群です。

濃厚な味なのでご飯やキャベツが先に終わってしまうかもと、心配をする大食漢の貴方!
心配無用。
ご飯、豚汁、キャベツはおかわり自由なのです。

大とんてき

ド迫力のとんてき。
この店のとんてきはその特徴的なビジュアルから、「グローブ」と呼ばれ親しまれています。
確かにこのゴッツい姿は、野球のグローブを髣髴させますね。

現在人気急上昇中のガッツリ系グルメ。
是非立ち寄って食らってみてください。

各種情報
まつもとの來來憲 : 公式ホームページ。新メニューの情報は要チェック!
四日市とんてき : とんてき食べ歩きをするならこちらをチェック!

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

【新品】【書籍・コミック エンターテイメント】県別対抗!東海・北陸・信州ご当地&B級グルメ【RCP】【10P01Sep13】

価格:880円
(2013/9/9 21:05時点)
感想(0件)

| 三重県 | 21:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT