FC2ブログ
TOP > CATEGORY - 北海道

| PAGE-SELECT | NEXT

アザラシの見える宿 民宿スコトン岬 宿泊記(北海道礼文町)

驚くべきロケーション!崖の下に建つ宿、「民宿スコトン岬」

北海道の北の端の端にある礼文島2018年の7月、人生で2回目の礼文島へ行ってまいりました。以前訪れた際に非常に気になる宿があったため、今回満を持して泊まってみることにしました。

どう気になるのかというと、とにかくロケーションが凄まじいのです!

スコトン岬

礼文島の最北端にあるスコトン岬(紹介記事はコチラ)。最果て感と旅情に溢れる、岬らしい岬です。観光バスもひっきりなしにやってくる、礼文島北部随一の観光地と言えるでしょう。

さて、右側の崖の下に茶色い屋根があることにお気づきでしょうか?

アザラシの見える宿 民宿スコトン岬

そう、スコトン岬の崖の下にあるこの建物こそ、私が以前から気になっており、今回紹介する「アザラシの見える宿 民宿スコトン岬」なのです。

崖の下の波打ち際という思い切ったロケーション。ここまで荒々しい場所に建つ宿は、なかなかないでしょう。


シンプルながら清潔感のある館内

ロケーションは荒々しいですが、館内は清潔感がありとても過ごしやすい空間。木目調のフローリングの廊下はピカピカに磨かれており、非常に清掃が行き届いているという印象。

アザラシの見える宿 民宿スコトン岬

館内には部屋が6室あり、今回利用したのは5~6人で泊まれる大部屋。家族5人で泊まりました(家族が思い思いに寛ぐ見苦しい写真で申し訳ありません…汗)。

客室は飾り気がなくシンプルな印象。部屋の雰囲気を重視する向きには少々物足りないかもしれませんが、必要最低限のものは揃っています。窓からは日本海を望むことができ、朝には日の出を見ることもできます。

民宿なので、風呂、トイレは共同です。


ウニ!昆布!ホッケ!夕食は礼文島の食材に舌鼓

この宿の魅力はロケーションだけではありません。食事もまた絶品なのです。

夕食は地元礼文島で採れた魚介類を中心としたもの。

アザラシの見える宿 民宿スコトン岬

先付けは「数の子松前漬け」と「もずく酢」。御造りは「ホッケ」、「ボタンエビ」、「サクラマス」。

ホッケは勿論礼文島産。ホッケの刺身は初めて食べましたが、脂が乗っていて、クセがなく美味しい!

アザラシの見える宿 民宿スコトン岬

鍋物として「ウニすき焼き」!

卵の代わりにウニを使った贅沢すぎる一品!「すき焼きにウニ!?合うのかぁ?」と思いながら食べてみると、意外や意外!ウニの濃厚なまろやかさが醤油味の割下にベストマッチ!

アザラシの見える宿 民宿スコトン岬

煮物は「礼文島産 柳の舞の煮つけ」。「柳の舞」とはメバルの一種で、北海道や東北で水揚げされているようです。柔らかく煮込まれた身は、味がよく染みていて美味しい。添えられた昆布は礼文産でしょうかね。

アザラシの見える宿 民宿スコトン岬

礼文茶碗蒸し ~昆布だし いくら添え~」。

アザラシの見える宿 民宿スコトン岬

ウニ3種盛り」。さすがは礼文島。惜しみなくウニが登場しますね。生ウニ焼きウニウニの一夜漬けの3種盛り。個人的には味が濃厚な一夜漬けが好みでした。お酒が進む味です。

アザラシの見える宿 民宿スコトン岬

フライも3種。「ホッケ」、「カキ」、「ホタテ」。こちらもジューシーで美味いですなー。

他にも礼文の昆布だしで炊いたご飯昆布だしのすまし汁など、まさに「礼文フルコース」といった内容でした。

飲み物もまた地産地消にこだわっています。昆布エキスが入ったビール昆布焼酎昆布梅酒など昆布づくし!日本酒好きには、北海道の地酒のみ比べセットがおススメです。

ご飯もお酒も進む美味しい食事でした。


日本海を望む風呂、ウッドデッキ

アザラシの見える宿 民宿スコトン岬

風呂は宿の建物の隣にある小屋の中にあるため、一度サンダルに履き替えて向かう必要があります。小屋は海に面しており、風呂に入りながらのオーシャンビューを楽しむことが可能です。

場所柄、温泉は湧いていないため、沸かし湯なのが残念ですが、このロケーションはたまらないですね。湯船はコンパクトで洗い場は2ヶ所。家族風呂のような感じで、別の団体が使っている間は待つことになります。


アザラシの見える宿 民宿スコトン岬

宿と風呂の間にはウッドデッキがあり、海を眺めながら涼むことができます。今回は残念ながら見ることは叶いませんでしたが、運が良ければアザラシを見ることもできるようです。


朝日@アザラシの見える宿 民宿スコトン岬

そして、ウッドデッキから見る美しいご来光!

早朝に起きたら、着の身着のままで、水平線から昇る朝日を拝むことが出来るのです。朝日を見たら、部屋に戻って二度寝するのも良し、誰もいないスコトン岬で朝の散歩をするのも良し。いずれにしてもとても贅沢な時間を過ごすことが出来るのです。


昆布の存在感が光る健康的な朝食

アザラシの見える宿 民宿スコトン岬

朝は焼き鮭を中心とした、健康的で日本的な食事。オーソドックスな朝食に見えますが、さりげなく昆布が入っていますね。

右側の小皿はサーモン昆布重ね巻。スコトン岬の売店でも取り扱っており、ご飯にもお酒にも合う人気商品です。朝食で食べてみて気に入れば、帰りに売店で買うのも良いと思います。


民宿スコトン岬へのアクセス

民宿スコトン岬はひたすら遠いです。

礼文島の路線バス

礼文島唯一の玄関口である香深港からスコトン行きの路線バスに乗り、終点まで約1時間。路線バスで1時間と聞くと尻込みしてしまいそうですが、美しい海や丘、利尻富士、昆布漁の風景が車窓に広がるので、退屈することはありません。なお、筆者はバスの中からアザラシを見ることができました。

宿への足としては、香深港から送迎車を利用するという手もあります。ただし、好きな時間に迎えに来てくれるわけではありません。路線バスよりも本数が少なく、やや利用しにくいのが難点ですが、料金は無料で、さらにバスよりも乗車時間が短い点がメリットと言えるでしょう。送迎車を利用する場合は、事前に宿に連絡をして、時刻を確認しておきましょう。



いずれにしても、遠く辺鄙な場所にあるのが、「アザラシの見える宿 民宿スコトン岬」なのです。この日本の最果ての宿に泊まるからには、是非ともこの「不便さ」も楽しんで欲しいと思います。


各種情報

レブニーズ : 民宿スコトン岬の他、お土産屋も経営。
礼文島観光協会 : 今、人気急騰中の礼文島を知るならこちらから。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

| 北海道 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

息を呑む美しさ!北海道三大秘湖、オンネトー(北海道足寄町)

北海道三大秘湖、オンネトーは豊かな自然に抱かれた美しい湖

手付かずの大自然が残る北海道。今回紹介するオンネトーは、活火山として有名な雌阿寒岳阿寒富士の麓の原生林の中にある自然豊かな湖です。

支笏湖のお隣にあるオコタンペ湖(千歳市)、大雪山系の山中にある東雲湖(上士幌町)、そして今回取り上げるオンネトー(足寄町)を総称して「北海道三大秘湖」と呼びます。オンネトー以外の2つは、湖畔に行くためにはトレッキングが必要となる秘境中の秘境。オンネトーは湖畔まで車道が通じており、三大秘湖の中でも最も気軽に訪れることができる湖と言えるでしょう。

オンネトー

そんなオンネトーの魅力は何と言ってもその美しさ。晴れた日は湖面がコバルトブルーまたはエメラルドグリーンに輝き、訪れた人の目を楽しませてくれます。季節や時間、見る場所によって様々な色に見えることから「五色沼」とも呼ばれているそうです。

湖畔には原生林が広がり、その背後には雌阿寒岳、阿寒富士が聳えています。見渡す限り、自然しかありません。

オンネトー

オンネトー

森の木々を映し出す美しい湖面。

オンネトー

透き通るような美しい水を湛えるオンネトー。湖水が酸性であるため、魚類は棲むことができません。生物は、わずかにエゾサンショウウオザリガニのみが棲息しています。生物の少なさも、オンネトーの美しさの一因と言えるでしょう。


オンネトーへのアクセス

オンネトーは十勝地方と釧路地方の境界付近の山中にあり、付近には町はありません。公共交通機関もない(2018年現在)ため、自家用車かレンタカー、観光バス等で訪れる必要があります。さらには女満別空港から73km、釧路空港から78km、中標津空港から110km、とかち帯広空港から145kmと、どの空港からも遠い位置にあるのです。

しかし、他の秘湖に比べると、アクセスは容易です。十勝と阿寒湖や屈斜路湖を結ぶ観光ルート、国道241号線から北海道道949号オンネトー線に入り、5km程度で到着します。道道949号線はオンネトーの湖畔にやや狭い箇所はあるものの、ほとんどの区間が2車線幅で、概ね走りやすい道です。

単体で訪れるには辺鄙な場所なので、阿寒湖屈斜路湖摩周湖釧路湿原など、周辺の他の観光地とセットで巡るのがおススメです。


オンネトー湖畔には展望台が整備されている他、道道沿いにストリートビューで示したような駐車スペースがあります。それぞれ立ち寄って、お気に入りの場所を見つけるのも良いでしょう。

湖畔を周遊する遊歩道も整備されていますが、ヒグマの生息地でもあるため、散策の際には十分に注意しましょう。


冬も美しいオンネトー

オンネトー

冬には結氷するオンネトーですが、冬期(12月上旬から4月中旬)は道道オンネトー線がオンネトーの手前から通行止にあるため、スノートレッキングでもしない限り訪れることはできません。

しかし、極寒の地である故、冬期閉鎖前の11月下旬や12月上旬、冬期閉鎖明けの4月下旬にも結氷した姿を観ることができます。ちなみに上の写真はゴールデンウィークに撮影したもの。この時は天候が最悪だったのですが、コンディションが良いと、非常に美しい姿を観ることができるそうです。

私はその美しさを観たことはありませんが、「オンネトー 冬」で検索してみると、とても魅力的な写真を見ることができます。そんなオンネトーのもう一つの姿も是非とも見てみたいものですね。


各種情報

あしょろ観光協会 : 観光情報だけでなく、「オンネトーフォトコンテスト」も必見。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

| 北海道 | 22:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ご当地コンビニ発のB級グルメ!やきとり弁当(北海道函館市)

北海道南部に展開するコンビニチェーン、ハセガワストア


ハセガワストア

函館市を中心に渡島半島南部に展開するコンビニエンスストアチェーン、ハセガワストア。一部地域にしか存在しないご当地コンビニで、旅人の間ではよく知られた存在です。2017年現在、函館市と隣の北斗市に計17店舗あるようです。

さて、ハセガワストアを語るうえで欠かせないのが、今回紹介する「やきとり弁当」。なんと、各店舗において炭火で焼いてくれるのです。


注文を受けてから焼く本格派!


今回は、ハセガワストア湯の川店を訪れました。店内に入ると正面に厨房があり、店員さんが焼き台で串を焼くという、コンビニらしからぬ光景が!

メニュー

厨房の前にはメニューが置いてあります。「やきとり弁当」だけでもいくつかのバリエーションがあり、さらには単品の串物まで取り扱っています。

注文表

注文書に記入して、店員さんに渡します。今回は朝食だったということもあり、「やきとり弁当(小)(たれ)」を注文しました。出来上がりまで5分程度かかるため、それまで店内を物色します。北海道にしかないような商品があったり、お惣菜が充実していたり、興味は尽きないですよ。


「やきとり」と言いつつ、実は豚!?


やきとり弁当

こちらが「やきとり弁当」。「秘伝のかくし味 はこだてワイン」と書かれていますが、実は焼いている途中で赤ワインを振りかけるそうです。これにより、肉が柔らかくなるのだとか。

そういえば、「やきとり」なのに、イラストが豚ですね。

やきとり弁当

そう、「やきとり弁当」に入っている串は、鶏ではなく豚なのです。道南地方では、昔から「やきとり」と言うと、豚肉のことを指していたようで、弁当の名前もそれに倣っているようです。そういえば、室蘭市の名物である焼き鳥も豚肉ですね。

気になるお弁当の方は、白米と海苔の上に豚串が乗っただけという非常にシンプルなもの。画像では分かりにくいですが、容器の縁に溝がついているので、この蓋を利用して肉とネギを串から外していただきましょう。

食べてみると、豚肉がなんともジューシー!甘めのタレが海苔やご飯にも染みてあっという間に平らげてしまいました。


函館でしか味わうことができないこの味。日常的に食べられる函館市民が羨ましい限りですね。


各種情報

ハセガワストア : 公式サイト。やきとり弁当誕生秘話は必見!!



ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

| 北海道 | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

スープカレー(SOUP CURRY KING@北海道札幌市)

スープカレーの街、札幌


今や札幌市を代表するグルメとなり、全国各地に広まりつつあるスープカレー。その起源は意外と古く、1971年に札幌の喫茶店「アジャンタ」が薬膳カリィを提供したことが始まりだそうです。
その後、スープカレーを出す店が増え始めましたが、「スープカレー」という名前のメニューが登場したのは意外と遅く、1993年のこと。スープカレーブームの火付け役として知られる「マジックスパイス」が初めて「スープカレー」と名付けたそうです。そして現在、札幌市内には250店舗以上のスープカレー店が凌ぎを削っています。

これだけ店があると、辛さ、出汁のとり方、使っているスパイス、具材など、店によって千差万別。この多種多様さはラーメンに通じるものがあります。


札幌市豊平区の名店、SOUP CURRY KING


SOUP CURRY KING

今回訪れたのは、札幌市豊平区にあるSOUP CURRY KING。2007年にオープンした新しい店舗です。比較的コッテリとしたスープカレーを味わえるそうです。

メニューは様々。定番のチキンカリー、野菜カリーから、肉好きにはたまらないポーク角煮カリー、牛すじ豆腐カリー、変わり種の納豆挽肉カリーなどなど。そしてここからがスープカレー屋さんの奥深さ。多くの店では、辛さ、スープの量、ライスの量、トッピングを選ぶことができるのです。


スープカレー

ポーク角煮野菜カリー、辛さ2番をオーダー。辛さは2番(中辛程度)がおススメだそうです。

スープとライスは別皿というのが、スープカレーの基本。別々に食べるも良し、ライスをスープに浸して食べても良し、食べ方は自由です。

スープカレー

大きく切られた野菜が入っているのもスープカレーならでは。ピーマン、オクラ、ヤングコーンなど、普通のカレーにはあまり入っていない具材が乗っているのが嬉しいですね。野菜は軽く素揚げしてあるので、シャキシャキとした食感が楽しめます。

スープはそこまでしつこくなく、マッタリとクリーミーな感じ。ライスや具材との絡みも良く、どんどん食べられますねぇ。


スープカレーはボリュームが多い店が多く、この店も例外ではないのですが、ペロリと平らげてしまいました。スープカレーフリークの友人に連れて行ってもらった店ですが、お気に入りの店となりました。先述したように、札幌市内には非常に多くのスープカレー店があり、多種多様なスープカレーを味わうことができます。食べ歩きをして、自分のお気に入りの店を探すのも楽しそうですね。


各種情報

食べログ : 店舗情報、口コミはこちらから。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

北海道スープカレー読本 [ 樺沢紫苑 ]

価格:1,296円
(2017/2/23 22:15時点)
感想(1件)

| 北海道 | 22:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

たこしゃぶ(北の味心 竹ちゃん@北海道稚内市)

日本最北の町で食べる絶品たこしゃぶ

日本最北の都市、北海道稚内市。日本海とオホーツク海に面した同市は、水産業が盛んな都市としても知られ、特にミズダコの漁獲量は全国屈指です。

ミズダコは、タコの中でも最も大きな種で、北の海に生息しています。日本でよく食されるマダコよりも肉質が柔らかいことが特徴です。また、ケガニ、タラバガニ、ホタテガイ、ウニなど、高級食材を捕食するそう。これだけ美味い物を食べたタコは、さぞかし美味いんでしょうねえ。

そんな、市を代表する特産品を使った名物料理が、たこしゃぶ

たこしゃぶを提供する店の中から、今回は稚内駅近くにある「北の味心 竹ちゃん」を紹介します。地元の魚を多く扱う海鮮料理屋で、夜はお酒を飲みながら新鮮な魚介類を食べることができます。

タコしゃぶ

人気のたこしゃぶ鍋。最果ての酒場のカウンターで、カセットコンロで鍋というだけで、気分が高まりますね。

タコしゃぶ

メインは、大きめにスライスされたミズダコ。タコは半冷凍状態ですが、これだけ薄く切るには、やはり凍らすしかないのでしょうか。脇を彩る野菜は、白菜、ネギ、エノキ、水菜。

まずは野菜を投入し、煮えるまで待ちます。

タコしゃぶ

野菜が煮えて、鮮やかな色になってきたところで、レッツしゃぶしゃぶ!!最初は勝手が分からず、念入りに湯通ししてしまったのですが、身が縮こまり、固くなってしまいました。

次は、サッと湯通しする程度にして、口に運びます。

…とろけるように柔らかい!!
タコってこんなに柔らかかったのか!?普段食べているタコと種類が違うからでしょうか?

柔らかいものの、口に含むと、非常に噛み応えがあります。タコにお馴染みなコリコリとした食感ではなく、フニフニとした食感。これはクセになりそう。

タレはゴマダレ。マイルドな味が、タコによく合いますね。


「北の味心 竹ちゃん」はたこしゃぶ以外のメニューもオススメ!

寿司

たこしゃぶの他にも、北の海の幸が目白押し。地物を使った寿司も絶品です。

美味しい海産物を食べながら、お酒を飲む。最北の地で、そんな贅沢な夜を過ごすのも良いのではないでしょうか。

各種情報

北の味心 竹ちゃん : お店の公式ホームページ。

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 稚内駅


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

| 北海道 | 23:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT