TOP > CATEGORY - 05近畿地方

| PAGE-SELECT | NEXT

日本三景・天橋立は様々な角度から楽しみたい!(京都府宮津市)

日本三景の一つ、天橋立。京都府北部の宮津市にある長さ約3.6kmの砂州で、その美しく、珍しい風景を見るため、毎年国内外から多くの観光客が訪れています。

そんな、今更説明するまでもない程、有名な天橋立ですが、展望スポットは複数箇所存在します。1ヶ所のみ訪れる方も多いと思いますが、それでは勿体ない!今回は、天橋立を楽しむことができる代表的なスポットを4ヶ所紹介します。

■目次

1.傘松公園からの“斜め一文字”
2.天橋立ビューランドからの“飛龍観”
3.小天橋、大天橋を渡り、天橋立の地を踏みしめる
4.大内峠からの“一字観”
5.最後に

1.傘松公園からの“斜め一文字”


天橋立の北側にある傘松公園。天橋立を展望するための定番スポットの一つで、ここからの景色は「斜め一文字」と呼ばれています。

天橋立(傘松公園から)

その名の通り、海を斜めに横切る天橋立を眺めることができます。砂州の細長さや奥行きを感じることができ、‍‍非常に写真映えする角度から撮れるのが、この展望台だと思います。

前屈姿勢で、股の間から眺める“股覗き”はこの公園が発祥だと言われています。

傘松公園のケーブルカー

傘松公園へは、麓からケーブルカーまたはリフトでアクセスすることになります。ケーブルカーは15分おきでの運行。リフトは、ケーブルカーよりも営業時間が短いので注意が必要です。



駐車場は、国道沿いに有料のものがいくつかあります。鉄道の駅が遠いため、公共交通機関を利用して訪問する場合は、バスを利用しなくてはなりません。

国道をそのまま北上すると、舟屋で有名な伊根町があります。伊根の舟屋とセットで訪問するのも良いですね。



2.天橋立ビューランドからの“飛龍観”


天橋立の南側にある天橋立ビューランド。傘松公園と並ぶ定番スポットの一つで、「飛龍観」と呼ばれる景色を眺めることができます。

天橋立(天橋立ビューランドから)

長い砂州がこちらに向かって伸びてきている様は、龍が長い首をもたげて、地上に降りてきている姿に見えます。その景色を“股覗き”して眺めると、天地が逆転し、龍が天へと飛んでいくように見えることから「飛龍観」と呼ばれるようになったそうです。

傘松公園よりも砂州が近くに見えるため、より迫力のある風景になっていると思います。

天橋立ビューランドのリフト

天橋立ビューランドへは、リフトまたはモノレールで登ることができます。モノレールは20分おきに運行されています・



駐車場は麓にある天橋立駅周辺に、有料のものがいくつか点在します。また、京都丹後鉄道天橋立駅が近いため、車以外でも比較的訪れやすいと言えるでしょう。


3.小天橋、大天橋を渡り、天橋立の地を踏みしめる


せっかく天橋立まで来たのであれば、遠くから眺めるだけでなく、砂州の上を歩きたいもの。

大天橋

砂州の南側は本土と繋がっていないため、小天橋大天橋という2つの橋を渡って天橋立へとアプローチします。橋の間はとても狭く、川のようですが、海です。

2つの橋のうち小天橋は、船が往来できるよう、橋自体が動く構造になっているようです(参考動画)。一度動くところを見てみたいものですね。

天橋立

砂州の上は松並木になっており、歩行者と自転車専用!気持ち良く歩くことができます。3.6kmの砂州をゆっくり歩いて対岸の傘松公園を目指すのも良し、レンタサイクルを借りて颯爽と走り回っても良いと思います。



砂州へのアプローチは、天橋立ビューランドと同様、天橋立駅やその周辺の駐車場からとなります。


4.大内峠からの“一字観”


これまで紹介してきた3ヶ所よりも知名度は低いですが、是非お奨めしたいスポットがあります。天橋立の西側、与謝野町大内峠一字観公園から眺める「一字観」です。

天橋立(大内峠一字観公園から)

その名のとおり、横一文字になった砂州を見ることができます。縦の角度から見ることが多い天橋立ですが、この角度から眺めるのは新鮮な気分ですね。ここまでやって来る観光客はとても少ないため、落ち着いて景色を楽しむことができます。



大内峠に至る道は、どの道も整備状態が良好とは言えません。特に府道651号線を与謝野町側から登る場合は、短い区間ながら、ガードレールのない細い道を進む必要があるので、運転に自信がない方は避けた方が無難でしょう。


5.最後に


如何だったでしょうか。天橋立と言っても、楽しむ場所、楽しみ方は様々です。色々な角度から眺め、お気に入りの展望台を見つける旅というのも良いと思いますよ。


各種情報

天橋立観光ガイド : 天橋立のすべてはこちらから!

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
 

| 京都府 | 00:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

和歌山ラーメン(中華そば専門店 正善@和歌山県和歌山市)

関西を代表するご当地ラーメンの一つ、和歌山ラーメン。関西らしからぬ濃厚な味、早寿司などの独特な風習が特徴で、インパクトの強いご当地ラーメンと言えます。

行列必至!和歌山市北部の人気店


今回は和歌山市北部の郊外にある「中華そば専門店 正善」を紹介します。店も駐車場もこじんまりとしており、なおかつ人気店なので、休日などは行列を覚悟した方が良いかもしれません。

メニューは中華そばのみ(各種トッピングは除く)というシンプルなもの。店側のこだわりを感じます。


和歌山ならではの風習、「早寿司」を楽しむ


早寿司

卓上には、調味料などと一緒に「早すし」と書かれた包みに入った寿司と海苔巻きが置かれています。こちらが和歌山ラーメン独特の風習である早寿司です。

和歌山のラーメンは早寿司をセットで食べることが前提とされており、量がやや少なめに設定されています。このような風習の由来は定かではありませんが、元来から関西に定着している、うどんと同時に寿司を食べる習慣が派生したものと言われています。

早寿司

早寿司

包みの中身は鯖寿司。早寿司は、基本的にどの店でも卓上に置かれています。客は、特に店員に注文をすることなく早寿司を食べることができ、会計時に食べた数を自己申告するシステムになっています。

中には早寿司が置かれていない店もあるので、早寿司も食べたい方は、事前にチェックしておくようにしましょう。


見た目ほどくどくない、豚骨醤油ラーメン


和歌山ラーメン

中華そば(650円)です。

具はチャーシュー、青ねぎ、メンマという王道の組み合わせに加え、蒲鉾が入っています。蒲鉾は和歌山ラーメンの独特の具材ですね。
スープは豚骨ベースの醤油味。和歌山県は醤油の産地であることから、昔から醤油味が親しまれているようです。見た目ほどしょっぱくありません。
麺はストレートの細麺。他のご当地ラーメンではあまり見られない特徴的な麺と言えます。

濃厚ですが、くどくなく、また麺が細いので、サッといただくことができました。

独特な風習が根付く和歌山ラーメン。正善では見られませんでしたが、サイドメニューとしておでんやホルモンを出す店もあるそうです。様々な店で、そうした文化を楽しむのも良いかもしれません。

各種情報

食べログ : 口コミ、店舗情報はこちらからチェック!

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
 

ラーメンWalker関西2017 ラーメンウォーカームック (ラーメンウォーカームック)

価格:680円
(2017/6/23 22:37時点)
感想(2件)

| 和歌山県 | 22:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

石舞台古墳(奈良県明日香村)

奈良県の中央部に位置する明日香村
飛鳥時代(592年~710年)に都が置かれていた場所です。そのため、村内には飛鳥時代の宮跡、寺院、神社、古墳などが点在しており、日本で唯一、村全域が古都保存法の対象地域となっています。

そんな中にあり、特に有名なのが石舞台古墳。盗掘に遭っており、埋葬品がほとんど残っておりませんが、「日本書紀」の記述などから、蘇我馬子が埋葬されていたと推定されてます。


石舞台古墳

こちらが石舞台古墳。何もない芝生に、突然巨岩が積み上がっている様はインパクト抜群!!元々は他の古墳と同様、土を盛って作られたものだったのですが、長い年月を経て、土が流失してしまい、現在のような姿になったそうです。その姿が石舞台に見えることから、この名で呼ばれるようになったとか。

残存している石室は長さ約7.7メートル、幅約3.5メートル、高さ約4.7メートルという大きさ。現在は失われていますが、古墳全体では一辺80メートルを超える巨大なものだったそうです。

石舞台古墳

石室内に入ることもできます。石舞台古墳は、古墳の横に穴を掘って入口を設けた横穴式石室というスタイル。石室に近づくと、ヒンヤリとした空気が伝わってきます。

石舞台古墳

入ってみると意外と大きな石室。積み上げられた岩の大きさにも圧倒されます。こんな大きな岩を、約1500年も前に運び、組み上げたという事実に、ただただ驚くばかりですね。


先に述べたように、明日香村には飛鳥時代の遺跡がたくさんあります。近鉄吉野線飛鳥駅の半径3km圏内に、ほぼすべての遺跡が揃っているので、レンタサイクルを借りてのんびりと散策するのも良いかもしれません。


各種情報
旅する明日香ネット : 明日香村を巡るなら必見!!
明日香レンタサイクル : 飛鳥駅近くのレンタサイクルショップ

 

京都・奈良ぶらり自転車散走 [ 和田義弥 ]

価格:1,620円
(2016/12/24 22:30時点)
感想(3件)

| 奈良県 | 22:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

お好み焼き(とんべえ@大阪府大阪市)

お好み焼きと言えば、大阪を代表するグルメ。
大阪府内には、3,300軒以上のお好み焼き屋があり、店舗数は47都道府県でトップです。
数ある店の中から、評判が高い、「とんべえ」に行くことにしました。

とんべえ

とんべえがあるのは、大阪市内でも特に栄えている道頓堀
当然お好み焼きの激戦区でもあります。
13時過ぎに着いたのですが、30分程度並ぶことになりました。

さて、この店、メニューが豊富です。
お好み焼きのメニューは大きく分けて、「お好み焼き」、そばの入った「モダン焼き」、この店オリジナルの「ぺっちゃん焼き(ネギ焼き)」の三本柱。
さらにメインとなる具材も様々であるため、たくさんの組み合わせが生まれるわけです。
このメニューを眺めているだけでも飽きませんよ。
迷いに迷った挙句、すじ肉、イカ、豚、ネギが入った「とんべえミックスA」と注文しました。


お好み焼き

各机に鉄板が据え付けられており、店員さんが目の前で焼いてくれます。
お好み焼きがじんわりと焼きあがっていくのを見ながら待つというのは、臨場感があって良いですねぇ。
焼けるのには比較的時間がかかるので、その過程を見ながら楽しむことにしましょう。


お好み焼き

焼き始めから約15分。
美味しそうに焼きあがりました。
仕上げにソースとマヨネーズ、青のり、粉がつおをかけて完成!!

香ばしい湯気、鉄板にこぼれて音を立てるソースとマヨネーズが食欲を誘います。
鉄板の上で食べるというのはやはり良いですね。
コテを使って切り分けながらいただきます。

うまい!!
表面はカリっとしつつも、中はフワフワな仕上がり。
ミックスを選んだので、具沢山なのも嬉しいですね。

ソースも3種類

ソースは三種類(レギュラー、甘口、辛口)あり、ボトルが卓上に置かれています。
食べ進めながら、色々な味を試してみたいですね。
個人的にはレギュラーが一番お好み焼きに合っていたと思います。

アツアツでしたが、あっという間に完食。
大満足な一品でした。
メニューのラインナップは豊富なので、また訪店して、別のお好み焼きも味わってみたいものですね。


各種情報
お好み焼き専門店とんべえ : 店の公式サイト。見ているだけでお腹が空きます。

 

るるぶ今田知らない大阪グルメ

価格:1,000円
(2016/6/20 22:26時点)
感想(4件)

| 大阪府 | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

立雲峡(兵庫県朝来市)

今や国内でも有数の観光地となった竹田城
標高353メートルの古城山の山頂に建てられた山城で、その姿から「天空の城」、「日本のマチュピチュ」と呼ばれています。

あたり一面に広がる雲海。
雲海の只中に、島のように浮かぶ山城。
そんな幻想的な写真を、テレビや雑誌で見て、感動された方も多いと思います。

多くの人を虜にした「竹田城を俯瞰した写真」は、当然ながら“竹田城で撮影したもの”ではありません。
というわけで今回は、竹田城を俯瞰することのできる、言わば「ベストビューポイント」を紹介します。

その名も立雲峡
如何にも雲海が立ち込めそうな、そんな名前です。
ビューポイントは、円山川を挟み、竹田城の対岸の山の上にあります。
兵庫県道277号線から、脇道に逸れ、細い山道を1キロほど登ると、駐車場が現れます。

立雲峡の駐車場

駐車場は30台程で、休日などはすぐに埋まってしまうでしょう。
12月の休日の朝6時頃に到着しましたが、空いている場所はほとんどありませんでした。
雲海の出やすい秋などは、こんなものではないでしょう。

展望台への道

ビューポイントまではご覧のような山道を登っていきます。
写真は帰り道で撮影したものなので明るいですが、行きは真っ暗でした。
早朝の雲海を狙う人は、歩きやすい靴に加えて、照明を持って行く必要があります。

途中、第3展望台、第2展望台がありますが、狭くて落ち着いて景色を眺められないので、第1展望台まで一気に登ってしまいましょう。
駐車場からは歩いて約50分の道のりです。

幾分緩やかな、開けた斜面が現れます。
そこが第1展望台です。


立雲峡から竹田城を俯瞰

暗い中、急な坂道を歩いてきた苦労も吹き飛ぶほどの絶景。
ちょうど目線の高さには、竹田城址の石垣。
距離は離れていますが、この存在感には圧倒されそうです。

この日は雲海は出ていませんでしたが、晴れているからこそ見ることのできる下界の景色もまた素晴らしいものでした。


日が登りきる前でも、薄明るくなってきているので、「竹田城が見えた!」と満足して下山を始めた方がたくさんいましたが、それでは勿体ない!!
お日様が顔を出すまでは是非待ってみましょう。

立雲峡から竹田城を俯瞰

陽光を浴びる竹田城はこんなにも美しいのだから!!
先ほどまでの寒々しい石垣から一転、何とも温かみのある光景です。


留まることを知らない人気を誇る竹田城。
竹田城自体に登るのも良いですが、今回紹介した「対岸からの景色」もまた格別ですよ。

各種情報
和田山町観光協会 : 竹田城を初めとした、旧和田山町を知るならコチラ!

 

城崎・天橋立 竹田城 ’16

価格:907円
(2016/3/30 00:03時点)
感想(0件)

| 兵庫県 | 00:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT