TOP > CATEGORY - 静岡県

| PAGE-SELECT |

浄蓮の滝で“山の伊豆”を味わう!(静岡県伊豆市)

伊豆と言えば海!
そんなイメージを持っている方が多いと思いますが、伊豆半島は、山や川、そして滝もまた魅力です。実際、伊豆半島の内陸部を縦断する国道414号線沿いには、著名な観光地が並び、休日ともなると観光バスやマイカーで賑わいます。


伊豆内陸部随一の観光名所


伊豆半島の山河を満喫できる国道414号線を通る観光客が必ず寄ると言っても過言ではない景勝地があります。それが今回紹介する浄蓮の滝日本の滝百選に選ばれている他、石川さゆりの名曲「天城越え」の歌詞にも登場する有名な滝です。

滝の駐車場は、いつも観光客で賑わい、土産屋が軒を連ねています。休憩がてら、滝に寄り、ついでに買い物をしていく人も多いようです。


滝へ歩道

滝へは、良く整備された階段を下っていきます。滝まで5分程度と距離は短いですが、階段が急なので、歩きやすい靴で行くことをおススメします。



端正な姿の名瀑


階段を下り、水音が近づいてくると、すぐに滝が見えてきます。

浄蓮の滝

浄蓮の滝。伊豆半島を流れる狩野川の支流、本谷川にある落差25メートルの滝です。大きさは控えめですが、「THE 滝」という感じの端正な姿。比較的至近距離から見ることが出来るのも、この滝の魅力です。滝の前に立つと、水飛沫が舞い、涼しさを感じることができます。滝壺の青さもまた目に涼やかです。

さらに岩肌を注目してみると、独特の模様が。溶岩質の崖に見られる柱状節理ですね。


浄蓮の滝

近くから見るのも迫力があって良いですが、少し離れて眺めるのも、また絵になります。


滝壺を含め、滝周辺の川にはニジマスアマゴが放流されており、釣り場としても知られています。竿や餌などの釣り道具は貸してくれるので、観光ついでに釣りというのも良いですね。


わさび田

滝の下流には、沢に沿ってワサビ田が広がっています。清流で栽培されたワサビは、この辺りの特産品。階段を登り、駐車場に戻ると、土産屋でワサビ製品を買うことが出来ます。名物のワサビソフトクリームで、さらなる“涼”を得るのも一興ですね。


各種情報

伊豆市観光協会 : 観光都市、伊豆市を調べるならコチラ。
あまご倶楽部 : 浄蓮の滝での釣り情報有り。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 静岡県 | 16:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

がわ(しろわ茶屋@静岡県御前崎市)

がわ」。

静岡方面へドライブしようと思い、昼飯のあてを探していたところ、聞きなれない単語が目に飛び込んできました。
調べてみると、どうやら御前崎市に伝わる漁師料理だそうです。

カツオの刺身が入った冷たい味噌汁」。
インターネットの情報をまとめると、こんな言葉で形容される料理のよう。
御前崎の漁師が、豊富に採れるカツオを、火の使えない船の上で捌いて調理したというのが始まりだそうです。
なかなか豪快な料理のようで、非常に興味が湧いてきたので、御前崎に急行しました。

今回紹介するのは、御前崎市郊外に店を構えるしろわ茶屋
港町らしく、新鮮な刺身メニューが充実しています。
今回は気になる「がわ」を注文。

がわ

こちらが「がわ」。
氷が入っており、清涼感があります。
中に入った氷が「がわがわ」と音を立てることから、「がわ」と名付けられたとされています。
氷の他にも、玉ねぎ、胡瓜、アサツキが入っており、見た目も味も夏らしい一品ですね。

がわ

そして主役のカツオ。
冷やされているからか、身がよく締まっており美味しいです。
味噌味の汁との相性も抜群ですね。

今回紹介した「がわ」のような、あまり外向けにアピールしていない郷土料理が全国各地に眠っています。
そんな中から美味しいものに出会うと、非常に嬉しいですね。
有名になってしまうのも寂しいですが、末永く郷土に根付いて欲しいものです。

各種情報
食べログ : 店舗情報、口コミはこちらから!
御前崎市公式ホームページ : 「がわ」の紹介もあり。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

郷土料理大図鑑 ふるさとの味がいっぱい! 食べて学ぼう“地域の食文化”

価格:3,024円
(2014/5/27 00:01時点)
感想(0件)

| 静岡県 | 00:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

久野脇橋(塩郷の吊橋)(静岡県川根本町)

静岡県を流れる大井川は非常に吊橋が多い川です。
その中でも一番長く、また有名なものが今回紹介する「久野脇橋」です。
募集して付けられた愛称が「恋金橋」、通称が「塩郷の吊橋」です。
「塩郷の吊橋」という呼び方が、一番とおりが良いと思います。

大井川に沿った県道77号線を走っていると、途轍もなく長い吊橋が現れます。
その長さ、220m
道路脇の山手から対岸の森まで、川幅の広い大井川だけでなく、県道、民家、大井川鉄道をも豪快に一跨ぎにしています。

久野脇橋 

それだけの規模の橋でありながら、下から見上げると頼りない印象。
風に吹かれ、ゆらゆらと揺れています。

県道沿いに駐車場があるので、車をとめて渡ってみましょう。

久野脇橋

いざ目の前に立ってみると、その長さに度肝を抜かれます。
一度に渡れるのは10人まで
確認をしてから渡り始めます。

橋の上へと踏み出してみると、揺れること揺れること。
高さはあまりないのですが、民家や道路の上で揺れるというのはなかなかスリリングですね。

久野脇橋

その細さもスリルの源。
すれ違いもままならないため、数箇所に気休め程度のすれ違いポイントが用意されています。
見通しが良いので、狭いところで鉢合わせということはないですが、すれ違いはやはり緊張しますね。

大井川の流れを見下ろす 

川の真上に来ると、月並みな表現ではありますが、「吸い込まれそうに」なります。
この辺りは橋の“たわみ”の底辺になっているので、流れがとても近く感じます。

対岸まで歩いて往復して約20分。
長閑な風景を見ながらのスリリングな一時を是非堪能しては如何でしょうか。

各種情報
奥大井の旅なび : 奥深い大井川周辺を楽しみ尽くせ!

 

大井川鐵道フォトさんぽ カメラ片手に汽車の旅 ゆる鉄ガイド

価格:1,260円
(2013/8/28 22:32時点)
感想(0件)

| 静岡県 | 22:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

静岡おでん(大やきいも@静岡県静岡市)

ご当地おでんをウリにしている土地は全国各地にありますが、静岡市のおでんはその中でも特に有名です。
濃口醤油を使用した黒いつゆ、具材として静岡名物の黒はんぺんを使用していること、そして削り節や青海苔をかけて食べることが特徴です。

今回紹介する店は、静岡市中心に程近い所にある「大やきいも」。
その名のとおり、おでんと同時に焼き芋も取り扱っている店です。

大やきいも 

店構えはご覧の通り、非常に年季が入っています。

静岡おでん 

中に入り、まず目に入ってくるのは串がたくさん出た四角いおでん鍋。
串に刺したまま煮込むのも静岡流。
ぐつぐつと濃い色のつゆの中、様々な具が煮えており、見るからに美味しそうです。

鍋の番をしている店の人に、好きな具材を注文します。
見慣れない食材もあったりするので、分からない場合は聞いてみましょう。

皿に盛ってもらったら、節粉とからしをお好みでかけます。

静岡おでん

こちらが静岡おでん。
手前から卵、こんにゃく、牛すじ、大根、黒はんぺん。

どの具材も味がよく染みていて、かつ優しい味わい。
色は濃いですが、飲み干すことができるつゆです。
名物の黒はんぺんは魚の味が強く、また歯ごたえが意外としっかりしており、良いアクセントになります。

店内の雰囲気も良いので、懐かしさを感じながら、ゆっくりとおでんを頬張りたいものです。

各種情報
食べログ : 店舗情報、口コミはこちら!
静岡おでんの会 : 食べ歩きをするならこちらをチェック!

 

静岡ぐるぐるマップしずおかランチ地図帳(2008) [ 静岡新聞社 ]

価格:1,260円
(2013/8/27 20:13時点)
感想(1件)

| 静岡県 | 20:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

静岡県のメインページ

静岡県イラスト 




静岡県のメインページ

 静岡県のグルメ
静岡おでん
(静岡県静岡市)
懐かしい雰囲気の老舗で味わう、温かく素朴な味。
がわ
(静岡県御前崎市)
元々は船上の賄い飯。郷土に伝わる豪快な漁師料理。

 静岡県の立ち寄りスポット
久野脇橋
(塩郷の吊橋)

(静岡県川根本町)
長閑な風景の中、スリリングな空中の旅へご招待。
浄蓮の滝
(静岡県伊豆市)
「天城越え」の舞台にもなった、端正な姿の名瀑。


 

ツーリングマップル中部北陸(2017)

価格:1,944円
(2017/8/16 16:27時点)
感想(0件)

| 静岡県 | 20:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |