FC2ブログ
TOP > CATEGORY - 長野県

| PAGE-SELECT | NEXT

悪路の先に待つ絶景!「天空の池」への行き方(長野県大鹿村)

標高2000メートル!高原にある絶景ポイント、「天空の池」

天空の城」こと竹田城(紹介記事はコチラ)、岐阜県にある「天空の茶畑」など、全国で話題になっている「天空の○○」。「日本の屋根」と呼ばれる我が地元、長野県にも何かないかと探していたところ、ありました!

天空の池

その名も「天空の池」!

場所は南アルプスの山々に抱かれた秘境、大鹿村。標高2000メートルを超える黒川牧場の中にあります。

晴れた日を狙って訪れてみました。


悪路に注意!「天空の池」への行き方

「天空の池」へ行くのは大変ですが、大鹿村へのアクセスもまたハードです。中央道の松川ICから県道経由で向かうのが一般的ですが、一部狭くて曲がりくねった区間があるうえ、大型の工事車両の通行が多いので注意が必要です。大鹿村を南北に縦断する国道152号線は、すれ違いが困難な狭路が続くため、お薦めできません。

…と言っても、「天空の池」までの道は、国道152号線が可愛く思えるほどの悪路なんですけどね。

天空の池への入口

「天空の池」への入口は国道152号線の大鹿中学校の北にある丁字路。「大池高原」、「青いケシ」という看板が目印です。なお、この道を進むといくつか分岐点があるのですが、その都度「大池高原」、「青いケシ」という看板が登場するので、それに従って進みましょう。

「大池高原」、「青いケシ」を過ぎれば一本道です。

黒川牧場への林道

「天空の池」がある黒川牧場までは、細い林道がウネウネと曲がりくねりながら延びています。場所によってはすれ違いが出来ない箇所もあり、気を緩めることができません。

しかし、この辺りは舗装されているだけまだマシです!


黒川牧場の入口

国道から約30分。黒川牧場の入口に到着しました。右斜めへ登っていく白い道が、「天空の池」へと続く農道です。

ここまでの運転で既にいっぱいいっぱいの方、四輪駆動車でない車にお乗りの方、車高か低い車にお乗りの方、愛車を傷つけたくない方は、この先に進まないことをおすすめします。少し大変ですが、ここに車を停めて歩いていきましょう(その場合、クマへの対策も必要です)。約2kmの道のりです。

天空の池への砂利道

黒川牧場に入ってからは砂利道となり、厳しい道が続きます。

天空の池への砂利道

ご覧のように、沢が道を横切っているダイナミックな場所が二ヶ所あり、神経を使います。

牧場入口から「天空の池」までの道を箇条書きでまとめると…。

  • 空転してしまいそうな程の深い砂利。
  • 沢が道を横切っている所が二ヶ所。
  • ギアをローに入れてギリギリ登れる程の勾配。
  • 道幅は車幅ギリギリ。
  • すれ違いができる場所はほんの僅か。
  • 踏んだらパンクしそうな尖った石が所々転がっている。
  • 路面が凹凸しており、一回底を擦ってしまった。

私はマニュアルの四輪駆動車(インプレッサ)で訪れたのですが、一度止まったら坂道発進することができなくなるのではと感じる程の勾配でした。幸いにも他の車とすれ違うことはありませんでしたが、前から車が来ていたら、発狂していたでしょう。

恐らく私がこの道を運転することは二度とないと思います。次回、「天空の池」に行くとすれば、牧場入口から徒歩で向かうでしょう。それほどまでに覚悟が必要な道なのです。

なお、帰り道にバイクの方とすれ違いましたが、ライダーは顔面蒼白でした。私はバイク乗りではないので分からないですが、バイクは転倒の恐れがあるのでしょう。バイクで訪れる場合も大変なんだと思います。


天空の池の駐車場

牧場の入口から約10分。ようやく「天空の池」の駐車場に到着しました。

駐車場は5台が停められる小さなもの。「天空の池」の畔にも2台ほど停められそうです。停めてある車を見れば分かるように、左端の私の車以外はオフロード車ですね。この後、普通車で来た方もいましたが、基本的にはオフロード車でないと厳しい道のりだと思います。


愛車との撮影も楽しい!「天空の池」を堪能しよう

せっかく苦労してたどり着いた「天空の池」。心行くまま堪能しましょう。

天空の池

天空の池

池の周りを歩き回るも良し、色々な角度から撮影するも良し、畔で昼寝をするのも良いでしょう。

標高2000メートル。伊那谷の街を遥か眼下に見下ろす様は、まさに「天空の池」の名に相応しい光景。ほぼ同じ目の高さに中央アルプスも望むことができます。また、これだけの高さにあるため、とても涼しいです。麓との標高差は1500メートルほどあるので、下界よりも10度近く気温が低いことになります。避暑にも最適ですね。

池自体も青空を写していて、非常に綺麗です。



「天空の池」での定番となっているのが、愛車の撮影。自身の自動車、バイクを池の畔に停めて撮影する方が多いようです。私も、この激しい道を頑張って登ってきてくれたインプレッサを労わりながら撮影。

天空の池

天空の池

天空の池 


もう二度と愛車で来ることはないと思うので、場所を変え、角度を変え、何枚も撮影します。写真の腕が未熟でも、景色が素晴らしいのでそれなりに絵になりますなー。


実際に行かれる場合は、事前に道路状況の確認を!

「天空の池」への行き方等を紹介してきましたが、これは2018年の8月下旬の状況です。大鹿村は地形が険しいうえに、土砂崩れなどの災害も多く、道路が通行止になることもしばしば。出かける前に大鹿村のホームページで道路状況をチェックしておきましょう。


各種情報

大鹿村のホームページ : 道路状況はこちらからチェック。
大鹿村観光協会 : 大鹿村は絶景スポットだらけ!

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

| 長野県 | 23:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

焼きそば風かラーメン風か?ローメンは奥が深い!(長野県伊那市)

伊那市発祥の独特な麺料理、ローメン

長野県南部の伊那地方に伝わる麺料理、ローメン。見た目はラーメンのようにも、焼きそばのようにも見えないこともないのですが、そのどちらとも異なる独特な料理です。

ローメンは1955年、伊那市内の中華料理店「萬里」にて誕生しました。冷蔵庫があまり普及していないその当時、生麺では日持ちしないため、蒸した麺を使用し始めたことがローメン誕生のきっかけとなりました。その他にも伊那地域で盛んに飼育されていた羊の肉、周辺で栽培されていたキャベツが具材として乗せられ、それらもまたローメンの大きな特徴として現在まで引き継がれることとなったのです。

2018年現在、ローメンを扱う店は伊那市を中心に90軒以上あります。味付けや具材も、店によって千差万別。料理の形態自体も店によって異なり、大きく以下の2種類に分けられます。
  1. スープがない焼きそば風
  2. スープに半分浸かったラーメン風

今回はタイプの違うローメンを扱う2大人気店を紹介したいと思います。


焼きそば風ローメンの雄!老舗、「うしお」

焼きそば風ローメンの代表格と言えば、伊那市の中心街にある「うしお」。

ローメン@うしお

こちらが人気のローメン。たっぷりのマトンとキャベツが乗ったシンプルなローメン。ウスターソースベースの味付けがなされており、見た目はソース焼きそばのようです。

しかし、食べてみるとその独特な食感に驚かされます。パツパツっとした歯切れの良い食感。蒸し麺だからでしょうか。風味のあるマトン、絶妙な炒め具合のキャベツ、そしてこの麺。ヤミツキになりそうな一品ですな。

これだけで終わらないのがローメンの凄い所。


ローメンの食べ方@うしお

卓上に置いてある調味料を使い、自分好みに味を変えながら食べ進めることができるのです。食べ方の説明書によると、お好みに合わせて一味唐辛子、ニンニク、ゴマ油、酢などを加えて食べるのがスタンダードなのだそう。カレー粉やマヨネーズもまた相性が良いそうです。マヨネーズだけは卓上にはないため、店員さんに頼みましょう。

色々試してみましたが、個人的には酢、ゴマ油、マヨネーズ辺りが好みの味でした。味を変えながら食べるのは、色々な発見があって楽しいものですね。


うしお

「うしお」は伊那市の中心部、JR伊那市駅の近くに店を構えています。ローメンの他にも、支那そばやおつまみ、酒などが扱われており、いつも多くの地元客で賑わうお店です。

駐車場はありませんが、自動車でお越しの方は、伊那市駅前の再開発ビル「いなっせ」の立体駐車場に1時間無料で停めることが可能です。


ローメン発祥店!ラーメン風ローメンと言えば「萬里」!

焼きそば風ローメンの「うしお」に対するは、ローメン発祥店であり、ラーメン風のローメンで有名な「萬里」です。

ローメン@萬里

こちらが「萬里」のローメン。見た目は「スープがやや少ないラーメン」または「スープにひたひたに浸かった焼きそば」。この時点で、「うしお」のローメンとは別の料理のようです。

麺を食べてみると、ローメンらしい独特の歯ごたえは健在ですが、比較的柔らかめという印象。スープはソースの味が前面に押し出されているわけではなく、優しい味です。

実はこちらも、卓上に置いてある調味料かける前提での薄味なのだそう。ソースや酢をかけて食べると、不思議と味に深みが出てきます。

スープに浸かってクタクタになった野菜も、甘みが出ていて美味です。

萬里

「萬里」もまた、JR飯田線の伊那市駅近くにある店。「萬里」自体もディープな店ですが、周辺も年季の入った建物が多いレトロな雰囲気が漂うエリアです。駐車場はないため、周辺のコインパーキングを利用する必要があります。


伊那では様々なローメンを食べ歩きたい!

ローメンの2大系統である「焼きそば風」、「ラーメン風」を紹介してきました。伊那市とその周辺にある90店舗以上のお店では、他にも様々な個性的なローメンを食べることができます。

マトンではなく豚やイノシシ肉を使う店、カレー風味のローメンを出す店、冷やしローメンを出す店などなど。道の駅などで、「ローメンガイドブック」が配布されているので、是非とも入手して、ローメンを食べ歩いてみたいものですね。


各種情報

おいでな伊那 : 伊那市観光協会のホームページ。
食べログ(うしお) : 「うしお」の口コミ、店舗情報はこちらから。
食べログ(萬里) : 「萬里」の口コミ、店舗情報はこちらから。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

| 長野県 | 22:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

信州名物おやきを囲炉裏端で味わう!(いろは堂@長野県長野市)

長野市鬼無里にある「いろは堂」のおやきは個性派かつ絶品!

おやきと言えば、長野県の郷土料理として知られている野菜や餡子などが入ったお饅頭のような食べ物。地域や店によって製法は様々で、焼いたもの、蒸したもの、灰の中で蒸し焼きにしたものなどがあります。


おやき

今回紹介するいろは堂のおやきは、油で揚げてから窯で焼くという一風変わったおやき。

外側はカリッ、中はふんわり、食べてみるとジューシー!この食感と味わいは、揚げてから焼いているいろは堂のおやきの特徴です。揚げてはいるのですが、意外とアッサリしているので、3~4個くらいはペロリと食べられますね。

おやきの中身も様々。野菜ミックス切り干し大根かぼちゃなどお馴染みの野菜から、野沢菜ぶなしめじあざみなど信州ならではの具材まで揃っており、目移りしてしまう程。また、季節限定メニューもあり、春は「のびろ」や「こごみ」、夏は「なす」や「ささぎ」、秋は「舞茸」、冬は「じゃがいも」などがメニューに加わります。

いろは堂の店内

古民家風の店内は雰囲気抜群!なんと囲炉裏を囲んでおやきを食べることができるのです。テイクアウトも可能なのですが、時間が許せばこの風情のある店内でいただきたいものです。

いろは堂の漬物

また、店内にはセルフサービスの浅漬けが用意されています。おやきも美味しいですが、こちらも良い漬かり具合!

漬物の他にもそば茶が用意されており、まるで田舎のおばあちゃんの家に行ったかのような雰囲気を味わうことができます。


名店いろは堂。アクセスは大変だけど行く価値アリ!

いろは堂

いろは堂は長野市街地から国道406号線の山道を40分程進んだところにある旧鬼無里村にあります。国道は改良工事が徐々に進んではいるものの、狭い箇所もあるので通行には注意が必要です。

長野駅前から路線バス(土・休日は6往復)でアクセスできるので、運転に自信のない方はこちらを利用すると良いでしょう。

また、長野駅前と駅ナカに支店があるので、時間がない方もいろは堂のおやきを食べることが可能です。ただお店の雰囲気は本店が圧倒的に良いので、時間に余裕がある方は是非とも本店に足を運んでみてください。 


各種情報

いろは堂 : いろは堂の公式ホームページです。 
信州おやき調査隊 : 長野県内のおやきの店を探すならコチラ!

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

| 長野県 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

暑い日は大王わさび農場で涼とワサビを味わう!(長野県安曇野市)

北アルプスの峰々、幾筋もの清流など、豊かな自然に恵まれた長野県安曇野市。その豊富な資源を生かし、農業が盛んに行われており、日本の原風景とも呼べるような長閑な風景が広がっています。
清流を生かしたわさび栽培も有名で、市内にある大王わさび農場は安曇野市を代表する観光地となっています。


広大な敷地に見どころが点在


わさび農場案内図

大王わさび農場は面積15ヘクタール(東京ドーム約3個分)を誇る、日本最大規模のわさび園です。広大な敷地に見どころが点在しているので、散策する際は、事前に入口に建てられている地図(写真)やパンフレットをチェックしてから周ることをおススメします。

勿論、時間がある方はのんびりと歩き回るのも良いと思いますよ。


一面に広がるわさび田は圧巻


わさび田

場内に入ると、いきなり巨大なわさび田が出迎えてくれます。巨大さもさることながら、黒い日除けシートはなかなかインパクトがある光景ですよね。わさびは直射日光に弱い植物で、4~9月の間はシートに覆われているそうです。

わさび田

低い場所に行くと、シートの下を見ることができます。綺麗な水が、さらさらと止めどなく流れており、とても涼しげな光景です。
わさび田は緻密に作られており、整然と組まれた石組みの間を、水が満遍なく流れていきます。


わさびを育む清らかな水に触れよう


わさびを栽培する上で不可欠なのが、綺麗で水温が低い水。ここの水は名水百選にも選ばれています。

湧水

場内には、そんな名水を飲むことができるスポットもあります。


親水広場

その冷たさに触れるスポットも。こちらは場内にある親水広場。わさび田の一角が開放されており、水の冷たさを求めて多くの観光客が手足を付けています。暑い夏におススメしたいですね。


わさびを様々な料理で味わおう


農場内にはレストラン、蕎麦屋、テイクアウト専門店があり、様々なわさびグルメを味わうことができます。

わさび丼

こちらはレストラン大王の看板メニュー、本わさび丼(720円)。わさびを自分で擦って、鰹節、白米、醤油と共にいただく、わさびを味わうためのメニュー。ツーンと鼻に来るような辛さはなく、爽やかな味わい。

レストラン大王では、他にわさびパスタ、わさびカレー、信州サーモン丼などのメニューがあります。


ソフトクリーム

食事の後はテイクアウトコーナーでわさびソフトクリームを食べるのがおススメです。わさびの風味はするのですが、辛くないという不思議な食べ物。美味しいですよ。

テイクアウトコーナーではわさびコロッケやわさびフランクフルト、わさびジュースなどが売っています。



以上、紹介してきましたが、非常に楽しむ場所がたくさんある観光農場です。老若男女が楽しめるスポットだと思いますので、ご家族で遊びに行くのもおススメですよ。


各種情報
大王わさび農場公式サイト : 農場の最新情報はこちらをチェック!
安曇野の旅 : 安曇野の観光情報が盛沢山!

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 長野県 | 22:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

安養寺ラーメン(七代目 助屋@長野県佐久市)

全国各地で次々に生まれるご当地ラーメン。
長野県の東部にある佐久市でも、2008年に誕生したご当地ラーメンがあります。
それが安養寺ラーメン
佐久市特産の「安養寺みそ」を使ったラーメンです。

安養寺とは、佐久市にある臨済宗の寺で、信州味噌発祥の地と言われています。
寺で味噌というのは意外な組み合わせですが、鎌倉時代に中国で学んだ味噌作りを全国に広めたのが、安養寺を建立させた覚心という僧だと言われています。
現在でも、境内には大豆畑があり、市内の工場で味噌が生産されています。

七代目 助屋 

さて、そんな「安養寺みそ」を使ったラーメンを提供する店の中から、今回は「七代目 助屋」を紹介します。
助屋グループは長野県内にFC展開するラーメン屋で、九州豚骨を売りにしています。
県内の人気店が手がける安養寺ラーメンだけに期待が高まります。

安養寺ラーメン 

こちらが安養寺ラーメン。
チャーシューを追加トッピングしてみました。
他にも肉味噌も入っており、見た目からして豪華です。

スープを口に含んでみると、味噌の味が濃厚です。
何というか、味噌本来の味がするという感じ。
上手に表現できないのですが、とにかく味噌の存在感が大きく、深みのある味わいです。
肉味噌を溶かせば、ピリリとした辛味が加わり、さらに美味しさが増します。

麺は中太のストレート。
味噌の存在感にも負けない、力強い麺です。

この店には、安養寺みそを使ったつけ麺もあるとのことなので、機会を改めて食べてみたいですね。
また、誕生したばかりの安養寺ラーメンの今後の躍進にも期待したいところです。

各種情報
食べログ : 店舗情報、口コミはこちらをチェック!
信州佐久安養寺ラーメン : 食べ歩きをするなら、公式ホームページは必見。


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

【2500円以上送料無料】ラーメンWalker信州 2014

価格:699円
(2014/4/10 23:19時点)
感想(0件)

| 長野県 | 23:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT