TOP > CATEGORY - 富山県

| PAGE-SELECT |

ぶりしゃぶ(海鮮料理おがわ@富山県氷見市)

 富山県氷見市は美味しい寒ブリが食べられることで有名です。
氷見の寒ブリ」と言えば、「大間のマグロ」、「関サバ」などと並び、高級ブランド魚の代表格と言えるでしょう。

寒ブリを使った料理には、刺身、ブリ大根、照り焼きなどがありますが、一度食べておきたいのは、やはり「ぶりしゃぶ」!
氷見市内にはぶりしゃぶを含んだ懐石やぶりづくしのコースを出す店が多数あります。
せっかく氷見に行ったのであれば、贅沢にコースを食べたいところですが、「財布の紐が堅いなあ…」という方もいらっしゃると思います。
そこで、今回は、ぶりしゃぶを比較的安価で食べることができるお店を紹介します。

氷見市内に店を構える海鮮料理おがわ
寒ブリやしろえびなどの地魚だけでなく、氷見牛や氷見うどんなどの名物も扱っている食堂です。
勿論コースもありますが、ぶりしゃぶを単品でも提供しています。
勿論旬があるため、寒ブリを使ったメニューは12月から2月下旬限定となっていますので、ご注意を。

今回は4人で訪店したので、ぶりしゃぶを2人前、それぞれ定食を1人前ずつ注文しました。

ぶりしゃぶ

こちらがぶりしゃぶ。
カセットコンロに乗せられたお鍋と、ブリ、野菜が運ばれてきました。
お鍋には昆布が入っています。

ぶりしゃぶ

そのまま生で食べたくなるような、ブリの切り身。
ブリに加えて、白菜、ネギ、ニンジン、エノキ、豆腐が入ります。

先に火の通りにくい野菜を入れていきます。

ぶりしゃぶ

野菜が煮えてきたところで、レッツしゃぶしゃぶ!!
火が通りすぎないようにサッと湯通しして、ポン酢ともみじおろしでいただきます。

プリプリで美味い…!!
大きめに切ってあるせいか、食べごたえがありますね。
脂のノリもしつこ過ぎず、程よい感じです。

ぶりしゃぶ

〆はやっぱり雑炊。
昆布だし、ほのかなブリの香り、そして半熟の卵!!
美味くないわけがありません。


寒ブリ白エビ天付き氷見うどん

ぶりしゃぶとは別に頼んだ、「寒ブリ白エビ天付き氷見うどん」。
刺身のブリも、しゃぶしゃぶとはまた違った食感が楽しめ、美味。
氷見うどんは、細めの麺で、つるっとしたのど越しが楽しめます。

ぶり大根

ブリ大根
煮込まれたブリは、よく味が染みこみ、ホロホロとした食感で、これもまた絶品。


これだけのブリ料理を、比較的安価でいただくことができるのは魅力ですね。
2015年度は、残念ながら不漁のようですが、是非、また食べてみたいものです。

各種情報
海鮮料理おがわ : 店の公式ホームページ
氷見漁業協同組合 : 氷見の寒ブリについてはコチラをチェック!!

 

北陸新幹線で行こう!

価格:864円
(2016/3/3 00:32時点)
感想(0件)

| 富山県 | 00:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

東橋(富山県射水市)

愛用する地図、「ツーリングマップ」の富山県のページを見ていると、ちょっぴり気になる記載があります。
珍しい屋根付きの橋は日本版『マディソン郡の橋』?」。
確かに、屋根付きの橋というものは、なかなか見かけませんね。
また、「マディソン郡の橋」って何ぞ?と思って調べてみたら、アメリカ映画のようですね(詳しくはWikipediaを参照)。

前から気になっていたので、富山に行った際に立ち寄ってみました。
場所は射水市新湊地区の住宅街。

東橋 

こちらが目的の橋、「東橋」です。
新湊地区を流れる内川に架かる短い橋です。
ご覧のように、目を引くビジュアル。
橋は三角屋根が取り付けられ、とてもおしゃれな外見。
両側にも、これまた三角屋根の塔のようなものがあり、どこか異国情緒を感じます。

このどこか異国の雰囲気を醸し出し、かつ景観に溶け込む橋はスペインの建築家セザール・ポルテラ氏がデザインしたもの。
渡るだけでなく、立ち止まり、時を過ごす憩いの橋」をコンセプトに作られました。

東橋

内部は木を基調とした、落ち着いた造り。
コンセプトのとおり、非常に居心地の良い橋です。

ちなみに橋へは階段を使って入るわけですが、スロープもあるため、自転車を押して渡る事もできます。

内川

橋から内川を眺めてみます。
内川はかつては運河として使われており、漁船や交易船が行き交っていました。
その名残か、両岸には多くの小船が係留されています。

この内川には他にも風情がある橋が架かり、また見所もあるので、散策してみるのもオススメです。

各種情報
新湊内川橋物語 : 東橋を初めとして、内川の魅力はコチラから。

 

橋を見に行こう 伝えたい日本の橋 (単行本・ムック) / 平野暉雄/写真・文

価格:1,995円
(2013/7/31 23:10時点)
感想(0件)

| 富山県 | 23:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

富山ブラック(万里@富山県富山市)

近年、ご当地ラーメンとして人気を集めている富山ブラック
スープが黒く、非常に塩辛く味付けされているのが特徴です。
肉体労働者が塩分を補給できるよう、このような味付けになったと言われています。

また、現在では東京などで行われるラーメンイベントでも高い人気を誇りますが、もともと積極的にPRして知名度を高めたご当地ラーメンではなく、インターネット掲示板で徐々に浸透していったという経緯があります。

万里 

今回紹介する店は、古くから富山ブラックを出していた「万里」です。
郊外の住宅街にある、こじんまりとしたお店です。

メニューはラーメン、チャーシューメン、ライスのみ。
腹が減っていたので、チャーシューメンとライスを注文します。

富山ブラック(チャーシューメン)

こちらが万里のチャーシューメン
丼を覆いつくすチャーシューに目が行きますが、富山ブラック特有の黒いスープ!!
全国各地の醤油ラーメンと比べても段違いの黒さです。

スープを口に含んでみると、驚きの塩辛さ。
塩辛いと言っても、不快な味ではなく、深みのある味です。
ついついライスが進みます。

麺は太いちぢれ麺。
スープとよく絡み、美味しいです。

チャーシューにも味がつけられており、こちらもまたライスが進みます。

ラーメンをおかずにしてご飯を食べるというのが、富山ブラックならではのスタイル。
味は濃いですが、クセになる味です。
是非お試しください。

各種情報
ラーメンの万里 : 店のホームページ。通販も予定されています。

 

富山ブラックサイダー1本 醤油・胡椒風味 富山ブラックサイダー【通販】【fsp2124】

価格:210円
(2013/7/29 23:28時点)
感想(2件)

| 富山県 | 23:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

富山県のメインページ

富山県イラスト 




富山県のメインページ

 富山県のグルメ
富山ブラック
(富山県富山市)
驚きの黒さ!!ガツンと来る、ご飯が進むラーメン。
ぶりしゃぶ
(富山県氷見市)
ブランド魚の代表格、「氷見の寒ブリ」をお手軽価格で味わう!!

 富山県の立ち寄りスポット
東橋
(富山県射水市)
漁師町の運河に架かる異国情緒溢れる小さな名橋。


 

【ツーリングマップル (昭文社)】【書籍】【ツーリングマップル 2015 中部 北陸】

価格:1,944円
(2016/3/3 00:46時点)
感想(0件)

| 富山県 | 23:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |