FC2ブログ
TOP > CATEGORY - 新潟県

| PAGE-SELECT | NEXT

清津峡にフォトジェニックなアートが出現!(新潟県十日町市)

トンネルの中から覗く渓谷美、清津峡渓谷トンネルがリニューアル!

清津峡渓谷トンネル

突然ですが、ここはどこでしょう。

トンネルの外に広がる青空と断崖絶壁。その景色はそのままトンネルの床や壁にも写り込み、摩訶不思議な空間となっています。まさにトンネルの中に出現したウユニ塩湖

そんなフォトジェニックな空間が2018年4月に新潟県に誕生しました。場所は新潟県十日町市日本三大峡谷の1つにも数えられる清津峡です。


清津峡渓谷トンネル

今回紹介する清津峡の観光はここ、清津峡渓谷トンネルから始まります。

清津峡は信濃川の支流である清津川の途中にある峡谷で、十日町市から湯沢町にかけて約12kmも険しい峡谷が続きます。富山県の黒部峡谷、三重県の大杉谷と並んで日本三大峡谷に数えられています。

清津峡渓谷トンネル

こちらのトンネルは、険しい崖が連なり、落石の危険がある清津峡を安全に観光するために1996年に開通した観光用のトンネルです。川に沿う形で崖の内部に掘られており、所々に展望用の窓があります。茨城県の袋田の滝紹介記事)と似たような構造ですね。

どうやらこのトンネルが2018年4月にリニューアルしたようです。入口で入坑料600円(小中学生は300円)を払い、いざ!


清津峡渓谷トンネル

トンネルを通り見晴所を目指します。冒険気分が高まりますね。

道自体は緩い傾斜にはなっているものの、しっかりと舗装されており、非常に歩きやすいです。さらには途中に休憩用のベンチも設置されており、老若男女が楽しめるような配慮がなされています。

清津峡渓谷トンネル

こちらがトンネル内にある見晴所。このような見晴所がトンネル内に4ヶ所あり、清津峡の様々な表情を観ることができます。

清津峡

見事な柱状節理と渦を巻きながら流れる清津川。見晴所から見渡す限り、人を寄せ付けないような険しい地形が広がっていました。


トンネル内にウユニ塩湖!?トンネルの終着点に絶景が待っていた!

3ヶ所の見晴所を堪能し、いよいよ終着点にあるパノラマステーションへ。

清津峡渓谷トンネル

そこには終着点に相応しい絶景が待っていました。

清津峡渓谷トンネル

トンネルの床には薄く水が張られ、天井や側壁は全てステンレス版で覆われています。トンネルの外の景色がそれらに写り込み、不思議な空間に迷い込んだような感覚。

ここ十日町市を含んだ新潟県の妻有地域では3年に1度大規模な芸術祭が行われており、2018年は開催年なのです。7月の開催に間に合わせる形で清津峡渓谷トンネルの内部にもこのようなアートが作られたのだそうです。なお、ここに張られている水は渓谷から汲み上げた沢水なのだとか。

こちらのパノラマステーション、芸術作品としてだけではなく、ちゃんと見晴所としても機能しています。水が張られていないトンネルの端を通って見晴所へ。

清津峡

この辺りはちょうど川が蛇行しているため、他の見晴所では横からしか見ることができなかった清津峡を正面から眺めることができます。

両側から迫る柱状節理の断崖の迫力。そんな中を流れる川の美しいこと!ここから眺める景色はリニューアル前とそう変わらないでしょう。

大自然と人間の手によるアートの融合を存分に楽しむことができました。


清津峡へのアクセス

清津峡へのアクセスは関越自動車道塩沢石打インターチェンジが便利。高速道路を下りてから20分程度の道のりです。

清津峡の駐車場

駐車場は全部で約150台分が用意されています。この日は午前中に訪れましたが、一番近い第1駐車場は満車になっていました。芸術祭の時期が近づくにつれ、さらなる混雑が予想されますので、早めの到着を目指すのがおススメです。客が増えるとアートの水面が波立ってしまう恐れがあるので、尚更ですね。

上越新幹線越後湯沢駅からバスで訪れることもできますが、本数が少ない上に、最寄りの「清津峡入口」というバス停から30分程度歩く必要があります。バスで訪れる方は事前にしっかりと計画を立てておきましょう。


各種情報

清津峡 : 公式HP。最新情報を得るならこちらから。
越後妻有 大地の芸術祭の里 : アート巡りに興味がある方は要チェック!

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

| 新潟県 | 23:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

星峠の棚田はまるで箱庭のような美しさ!(新潟県十日町市)

人気急上昇中の絶景スポット、星峠の棚田

新潟県十日町市松代・松之山地区。『にほんの里100選』にも指定されたこの地域は平地の少ない丘陵地帯であるため、数多くの棚田が点在しています。観光用に「棚田MAP」も作成されており、のんびりと棚田巡りを楽しむことができます。

そんな松代・松之山地区で特に有名なのが、今回紹介する星峠の棚田です。

星峠の棚田

こちらが星峠の棚田。緩やかな斜面に200もの棚田が密集する様は圧巻!周囲を山々に囲まれ、箱庭のような美しさですね。6月に訪れたのですが、新緑も綺麗です。

星峠の棚田

6月、9月の早朝には雲海が発生し、幻想的な光景が拝めるのだとか。是非とも見てみたいものですね。


星峠の棚田_現在地

上の2枚の写真は、地図の「現在地」にあたる場所から撮影したもの。星峠の棚田には合計3ヶ所の展望台がありますが、ここが一番近くから棚田を眺めることができる展望台。棚田が迫ってくるような近さから眺めることができるのがこの展望台の魅力でしょう。


星峠の棚田
(写真にカーソルを合わせると、現在地が表示されます)

2つめの展望台は、大型車専用駐車場から階段を登ったところにあります。

こちらの展望台は、高い場所から棚田を俯瞰することができます。


星峠の棚田
(写真にカーソルを合わせると、現在地が表示されます)

一番奥の展望台からは棚田だけではなく、遥か遠くまで広がる森林や越後駒ヶ岳などの山々を見渡すことができます。私の場所取りが悪く、棚田が木々に隠れてしまっていますが、こちらもまた魅力的です。

3ヶ所の展望台にはそれぞれ違った良さがあるので、全て周ってみることをおススメします。なお、展望台以外の場所は基本的には私有地なので、展望台以外の場所での撮影は慎みましょう。


星峠の棚田は季節ごとの美しさが楽しめる!

星峠の棚田

星峠の棚田

こちらは5月初旬に訪れた時の写真。田植えもまだ行われておらず、「遅い春の到来」といった雰囲気。たった一ヶ月で随分と雰囲気が変わるものですね。

このように、星峠の棚田は季節や時間によって様々な顔を見せます。また別のシーズンに訪れてみたいものです。


星峠の棚田へのアクセス、注意事項

2017年現在、星峠の棚田に公共交通機関で訪れることはかなり困難です。星峠集落まで十日町市営バスが走っているものの、日曜日は運休、土曜日も2往復のみと、観光で使うのは現実的ではありません。

基本的にはマイカー等でアクセスする必要があるのですが、棚田への道は1.5車線幅のやや狭い道なので、運転には十分に注意が必要です。また駐車場が多いわけではないので、繁忙期は駐車場待ちになることがあるかもしれません。訪れる際は、そういった事態も想定し、時間に余裕を持って訪れることをおススメします。


各種情報

十日町観光協会 : 棚田マップはこちらから!

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

| 新潟県 | 23:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

加茂山リス園はリスたちと触れあえる癒しの空間!(新潟県加茂市)

シマリスと触れ合える夢の空間、加茂山リス園


加茂山リス園

ご覧ください!天使のようなシマリスの姿です!


加茂山リス園

こんな愛らしいシマリスたちに会えるのは、新潟県加茂市にある加茂山リス園。園舎の中を約60匹のリスが放し飼いにされています。園舎がややこじんまりとしているので、リス密度がとても高いです。

このリス園にはご覧のとおり柵が設けられているのですが、柵の間をリスが出入りできる設計になっており、彼らと触れ合うことができるのが大きな特徴となっています。園内そこらじゅうをリスが駆け回っており、油断しているといつの間にか足下にいたりするので、間違って踏まないように注意しましょう。


シマリスのお食事シーンを楽しもう!


餌を食べるシマリス@加茂山リス園

入口では係員の方がヒマワリの種を配っています。せっかくなので、餌やりにチャレンジしてみましょう。

種を掌に乗せて待っていると、リスの方から近寄ってきます。そして一心不乱に種を食べ始めるのです。小さな手と口で一生懸命、そして器用に種の中身だけを食べていきます。


動画も撮ってみました。

なんだこの可愛さは!!


水を飲むシマリス@加茂山リス園

食事の後はお水。背筋をピンと伸ばして給水器から水をチュウチュウと吸います。

なんだこの可愛さは!!


一歩進んで、シマリスとじゃれ合おう!


シマリスの中にもやんちゃな子がいるものです。

人の上を駆け回るシマリス@加茂山リス園

油断をすると、いつの間にか人間の体の上を走り回る人懐っこいシマリスもいます。シマリスは鋭い爪を持っているわけではないので、痛くもないですし、恐らく服が破けることもありません。ただ気になる方は、あまり高い服では行かない方が良いでしょう。

周りを見てみると、シマリスは男女問わず懐いてきますが、何故か子供は避けているようでした。子供は興奮してリスを追い回したりしていたので、リスが怖がってしまったのかな…?リスに懐かれたい方は、受け身の姿勢でいるのが良いのかもしれません。

バッグに入ろうとするシマリス@加茂山リス園

リスは何故かバッグに潜り込もうとしてきます。バッグの隙間に顔を突っ込んでハムハムした結果、嫁のバッグには噛み跡がついてしまいました。しかし、可愛いので許す!

まぁお気に入りのバッグ等は持ち込まない方が無難ですね。

バッグの中に入っちゃったシマリス@加茂山リス園

私のショルダーバッグに潜り込んでしまったシマリスの図。思わずお持ち帰りしたくなりますが、出してあげましょう。

時折、持ち帰られてしまい、リスの数が減ることもあるそうです。帰るときには、バッグやポケットなどに潜り込んでいないか確認をした方が良いかもしれないですね。


加茂山リス園への行き方



リス園がある加茂山公園へはJR加茂駅から徒歩で約10分の道のり。

車で行く場合、駐車場がやや混雑することもありますが、リス園開園シーズン(4月上旬~11月下旬)には臨時駐車場が用意されています。リス園からやや遠い駐車場もありますが、緑が豊かな公園内を歩くことになるので、むしろ気持ち良かったですよ。

静かな人気を誇るリス園。癒しを求めて、是非訪れてみてはいかがでしょうか。


各種情報

加茂市ホームページ : 開園期間、各種お知らせはこちらをチェック!

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

| 新潟県 | 01:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

長岡生姜醤油ラーメン(青島食堂宮内駅前店@新潟県長岡市)

新潟五大ラーメンの一角、長岡生姜醤油ラーメン

米どころとして名を馳せる新潟県ですが、ラーメンにも注目が集まっています。 新潟県内各地では、それぞれ独自の進化を遂げたご当地ラーメンが群雄割拠しており、最近では新潟五大ラーメンと定義されるようになりました。

すなわち、
昔ながらの支那そば風の、「新潟あっさりラーメン」。
全国的にも知名度が急上昇中で、背脂が特徴的な「燕三条背脂ラーメン」。
寒い地方ならではの、体がポカポカに温まる「長岡生姜醤油ラーメン」。
割スープを入れて食べることで知られる「新潟濃厚味噌ラーメン」。
70年以上の歴史を誇る個性派、「三条カレーラーメン」。

これら5つを総称して、新潟五大ラーメンと呼ぶようです。

今回は、その中から長岡生姜醤油ラーメンを紹介したいと思います。長岡生姜醤油ラーメンとは、その名のとおり醤油味のスープに生姜の風味を効かせたラーメンです。スープのベースには豚ガラが使われ、比較的コッテリしていることが特徴とされています。

青島食堂の生姜醤油ラーメンは濃厚かつ爽やかな味わい

青島食堂

今回訪れたのは、JR宮内駅前にある、青島食堂宮内駅前店。駅前ロータリーの目の前にあるので、見つけるのは簡単です。

店の入口の前の券売機で、食券を買ってから入店するというスタイル。メニューは基本の「青島ラーメン」と、チャーシューが多めになった「青島チャーシュー」の2種という新シンプルな構成。トッピングメニューとしては、チャーシュー、茹でほうれん草、メンマ、刻みねぎ、のりの5種類があります。

「青島チャーシュー」の食券を買い、入店。

店内もまたシンプル。やたらと長いカウンター1つのみ。平日の閉店間際で、比較的すいていたので、適当なところに座ります。


長岡生姜醤油ラーメン

席に座って程なくして出てきました、青島チャーシュー。これが長岡生姜醤油ラーメンです。

見た目は昔ながらのラーメンという感じ。散りばめられた細切れチャーシューと、ほうれん草の鮮やかな緑が目を引きますね。そして、最大の特徴である生姜の香りが漂ってきて、何とも美味しそう。


口に運んでみると、意外と濃厚な味。豚ガラの効果なのか、ガツンと来る何かを秘めています。そんなスープに、生姜の爽やかな風味が混じり、奥深い味わいを生み出しているのです。

麺は中太で、ツルっとしてコシがあるタイプ。チャーシューは柔らかくて味がよく染みています。あまりに美味しかったので、スープまで飲み干してしまいました。

長岡生姜醤油ラーメン。個性が光る、美味しいラーメンでした。他の新潟五大ラーメンも食べてみたいものですね。

各種情報


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

| 新潟県 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

二ツ亀(新潟県佐渡市)

新潟県の北西部、日本海に浮かぶ佐渡島
非常に大きな島で、国内では沖縄本島に次ぐ面積を誇ります。

誇るべきは大きさだけではありません。
非常に自然豊かな島で、全域が米山弥彦佐渡国定公園に指定されています。
特に海岸風景の美しさは特筆すべきもので、多くの観光客の心を惹きつけてやみません。

今回紹介するのは、佐渡島の北部、外海府海岸の一角を成す景勝地、二ツ亀です。
荒々しい奇岩や断崖が続く外海府海岸の中でも一際目立つ存在。

二ツ亀

こちらが二ツ亀です。
その名のとおり、二匹の亀が並んでいる姿に見えますね。
そして何よりその巨大さ!
異様なまでの存在感を放っています。

二ツ亀 

近づいてみると、その迫力は倍増。
しかし、残念ながらこの写真を撮った時は潮が満ちており、これ以上近づくことはできませんでした。
干潮時には陸続きになるそうです。

なお、二ツ亀周辺の海は透明度が高く、海水浴場としても人気があります。
また、浜辺にはキャンプ場になっているため、雄大な景色を見ながら野営というのも一興ですね。

各種情報
佐渡観光協会 : 佐渡を旅するなら必見のサイトです。


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

るるぶ新潟佐渡(’14)

価格:864円
(2014/4/23 21:45時点)
感想(3件)

| 新潟県 | 21:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT