FC2ブログ
TOP > CATEGORY - 02北海道・東北地方

| PAGE-SELECT | NEXT

日本一低い山、大潟富士で楽しい登山を!(秋田県大潟村)

富士山の1000分の1のスケール!日本一低い山、大潟富士

めっきり秋の気配を感じるようになった今日この頃、脅威的な猛暑も影を潜め、登山ハイキングに最適なシーズンがやってきました。しかし山には事故が付き物。二の足を踏んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、誰もが気軽にかつ安全に登ることができる山を紹介します。場所は秋田県。干拓地として有名な八郎潟にある大潟村です。


大潟富士

こちらが今回紹介する大潟富士の全容です!

周りの地面からの高さは富士山の1000分の13.776m(3m77cm6mm)!また、大潟富士の山頂の海抜は0m(干拓地である大潟村の土地は海面より低い部分が多いため)!

写真の標柱にも書かれていますが、「日本一低い山」としてアピールされています。ただし、人工の山であるため、公式には山とは認められておらず、知名度もそこまで高くない知る人ぞ知る存在になっているのです。その辺りがマニア心をくすぐりますよね。

大潟富士

山頂までは、駐車場から徒歩20秒程度。健脚な人であれば10秒程度で登ることができます。

2ヶ所に山頂へと続く階段が設けられており、登山初心者でも安心して登ることができます。階段を踏み外すことによる滑落や転倒には十分に注意しましょう。


大潟富士

登頂!

山の全容をフレームインさせての記念撮影も可能です。


大潟富士

山頂からは、広大な田園地帯を望むことができます。

1964年、大規模農業の導入を目的に、当時日本の湖沼で第二位の面積を誇った八郎潟を干拓して、大潟村が誕生しました。整備された農地は、神奈川県川崎市や大阪府堺市の面積をも凌ぐ広大さ。ご覧の通り、日本離れした風景が広がっているのです。

豊かな農地が広がっているように見えますが、過去には減反政策により村が翻弄され、離農が相次いだという暗い歴史があります。


春は桜と菜の花、夏はひまわり。菜の花ロードもオススメ!

大潟富士の前を通る秋田県道298号線。干拓地を一直線に貫く快走路ですが、まっすぐということ以外にも見どころがあります。

菜の花ロード@大潟村

春には桜と菜の花が道の脇を彩ります。その距離なんと11km!!色鮮やかな花たちを見ながらのドライブはとても気持ちが良いものです。この道は「菜の花ロード」と呼ばれ、ドライバーやライダーの人気を集めています。

花の盛りがちょうどGWと重なるため、最盛期には多くの観光客が訪れ、カメラを向けています。

ひまわりロード@大潟村

「菜の花ロード」は夏には「ひまわりロード」へと変化を遂げます。

2013年から同じ場所にひまわりが植えられるようになり、春だけでなく夏も花を楽しめるようになりました。これもまた圧巻なので、是非とも2シーズン走ってみたい道ですね。


大潟富士へのアクセス

大潟富士へ向かう公共交通機関は皆無です。大潟村が「大潟村マイタウンバス」を走らせており、大潟富士の前も通るのですが、残念ながらバス停が無く、下車することはできません。バス停のある大潟村中心部からは1時間以上歩くことになり、あまり現実的な交通手段とは言えないでしょう。

以上のことから、大潟富士へは自動車で訪れる必要があります。先述した「菜の花ロード」を通るため、道中も楽しむことができますよ。車が用意できない方は、JRの八郎潟駅からタクシーを利用することになります。


各種情報

大潟村 : 圧倒的な広大さが大潟村の観光資源!

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

| 秋田県 | 23:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

アザラシの見える宿 民宿スコトン岬 宿泊記(北海道礼文町)

驚くべきロケーション!崖の下に建つ宿、「民宿スコトン岬」

北海道の北の端の端にある礼文島2018年の7月、人生で2回目の礼文島へ行ってまいりました。以前訪れた際に非常に気になる宿があったため、今回満を持して泊まってみることにしました。

どう気になるのかというと、とにかくロケーションが凄まじいのです!

スコトン岬

礼文島の最北端にあるスコトン岬(紹介記事はコチラ)。最果て感と旅情に溢れる、岬らしい岬です。観光バスもひっきりなしにやってくる、礼文島北部随一の観光地と言えるでしょう。

さて、右側の崖の下に茶色い屋根があることにお気づきでしょうか?

アザラシの見える宿 民宿スコトン岬

そう、スコトン岬の崖の下にあるこの建物こそ、私が以前から気になっており、今回紹介する「アザラシの見える宿 民宿スコトン岬」なのです。

崖の下の波打ち際という思い切ったロケーション。ここまで荒々しい場所に建つ宿は、なかなかないでしょう。


シンプルながら清潔感のある館内

ロケーションは荒々しいですが、館内は清潔感がありとても過ごしやすい空間。木目調のフローリングの廊下はピカピカに磨かれており、非常に清掃が行き届いているという印象。

アザラシの見える宿 民宿スコトン岬

館内には部屋が6室あり、今回利用したのは5~6人で泊まれる大部屋。家族5人で泊まりました(家族が思い思いに寛ぐ見苦しい写真で申し訳ありません…汗)。

客室は飾り気がなくシンプルな印象。部屋の雰囲気を重視する向きには少々物足りないかもしれませんが、必要最低限のものは揃っています。窓からは日本海を望むことができ、朝には日の出を見ることもできます。

民宿なので、風呂、トイレは共同です。


ウニ!昆布!ホッケ!夕食は礼文島の食材に舌鼓

この宿の魅力はロケーションだけではありません。食事もまた絶品なのです。

夕食は地元礼文島で採れた魚介類を中心としたもの。

アザラシの見える宿 民宿スコトン岬

先付けは「数の子松前漬け」と「もずく酢」。御造りは「ホッケ」、「ボタンエビ」、「サクラマス」。

ホッケは勿論礼文島産。ホッケの刺身は初めて食べましたが、脂が乗っていて、クセがなく美味しい!

アザラシの見える宿 民宿スコトン岬

鍋物として「ウニすき焼き」!

卵の代わりにウニを使った贅沢すぎる一品!「すき焼きにウニ!?合うのかぁ?」と思いながら食べてみると、意外や意外!ウニの濃厚なまろやかさが醤油味の割下にベストマッチ!

アザラシの見える宿 民宿スコトン岬

煮物は「礼文島産 柳の舞の煮つけ」。「柳の舞」とはメバルの一種で、北海道や東北で水揚げされているようです。柔らかく煮込まれた身は、味がよく染みていて美味しい。添えられた昆布は礼文産でしょうかね。

アザラシの見える宿 民宿スコトン岬

礼文茶碗蒸し ~昆布だし いくら添え~」。

アザラシの見える宿 民宿スコトン岬

ウニ3種盛り」。さすがは礼文島。惜しみなくウニが登場しますね。生ウニ焼きウニウニの一夜漬けの3種盛り。個人的には味が濃厚な一夜漬けが好みでした。お酒が進む味です。

アザラシの見える宿 民宿スコトン岬

フライも3種。「ホッケ」、「カキ」、「ホタテ」。こちらもジューシーで美味いですなー。

他にも礼文の昆布だしで炊いたご飯昆布だしのすまし汁など、まさに「礼文フルコース」といった内容でした。

飲み物もまた地産地消にこだわっています。昆布エキスが入ったビール昆布焼酎昆布梅酒など昆布づくし!日本酒好きには、北海道の地酒のみ比べセットがおススメです。

ご飯もお酒も進む美味しい食事でした。


日本海を望む風呂、ウッドデッキ

アザラシの見える宿 民宿スコトン岬

風呂は宿の建物の隣にある小屋の中にあるため、一度サンダルに履き替えて向かう必要があります。小屋は海に面しており、風呂に入りながらのオーシャンビューを楽しむことが可能です。

場所柄、温泉は湧いていないため、沸かし湯なのが残念ですが、このロケーションはたまらないですね。湯船はコンパクトで洗い場は2ヶ所。家族風呂のような感じで、別の団体が使っている間は待つことになります。


アザラシの見える宿 民宿スコトン岬

宿と風呂の間にはウッドデッキがあり、海を眺めながら涼むことができます。今回は残念ながら見ることは叶いませんでしたが、運が良ければアザラシを見ることもできるようです。


朝日@アザラシの見える宿 民宿スコトン岬

そして、ウッドデッキから見る美しいご来光!

早朝に起きたら、着の身着のままで、水平線から昇る朝日を拝むことが出来るのです。朝日を見たら、部屋に戻って二度寝するのも良し、誰もいないスコトン岬で朝の散歩をするのも良し。いずれにしてもとても贅沢な時間を過ごすことが出来るのです。


昆布の存在感が光る健康的な朝食

アザラシの見える宿 民宿スコトン岬

朝は焼き鮭を中心とした、健康的で日本的な食事。オーソドックスな朝食に見えますが、さりげなく昆布が入っていますね。

右側の小皿はサーモン昆布重ね巻。スコトン岬の売店でも取り扱っており、ご飯にもお酒にも合う人気商品です。朝食で食べてみて気に入れば、帰りに売店で買うのも良いと思います。


民宿スコトン岬へのアクセス

民宿スコトン岬はひたすら遠いです。

礼文島の路線バス

礼文島唯一の玄関口である香深港からスコトン行きの路線バスに乗り、終点まで約1時間。路線バスで1時間と聞くと尻込みしてしまいそうですが、美しい海や丘、利尻富士、昆布漁の風景が車窓に広がるので、退屈することはありません。なお、筆者はバスの中からアザラシを見ることができました。

宿への足としては、香深港から送迎車を利用するという手もあります。ただし、好きな時間に迎えに来てくれるわけではありません。路線バスよりも本数が少なく、やや利用しにくいのが難点ですが、料金は無料で、さらにバスよりも乗車時間が短い点がメリットと言えるでしょう。送迎車を利用する場合は、事前に宿に連絡をして、時刻を確認しておきましょう。



いずれにしても、遠く辺鄙な場所にあるのが、「アザラシの見える宿 民宿スコトン岬」なのです。この日本の最果ての宿に泊まるからには、是非ともこの「不便さ」も楽しんで欲しいと思います。


各種情報

レブニーズ : 民宿スコトン岬の他、お土産屋も経営。
礼文島観光協会 : 今、人気急騰中の礼文島を知るならこちらから。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

| 北海道 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

息を呑む美しさ!北海道三大秘湖、オンネトー(北海道足寄町)

北海道三大秘湖、オンネトーは豊かな自然に抱かれた美しい湖

手付かずの大自然が残る北海道。今回紹介するオンネトーは、活火山として有名な雌阿寒岳阿寒富士の麓の原生林の中にある自然豊かな湖です。

支笏湖のお隣にあるオコタンペ湖(千歳市)、大雪山系の山中にある東雲湖(上士幌町)、そして今回取り上げるオンネトー(足寄町)を総称して「北海道三大秘湖」と呼びます。オンネトー以外の2つは、湖畔に行くためにはトレッキングが必要となる秘境中の秘境。オンネトーは湖畔まで車道が通じており、三大秘湖の中でも最も気軽に訪れることができる湖と言えるでしょう。

オンネトー

そんなオンネトーの魅力は何と言ってもその美しさ。晴れた日は湖面がコバルトブルーまたはエメラルドグリーンに輝き、訪れた人の目を楽しませてくれます。季節や時間、見る場所によって様々な色に見えることから「五色沼」とも呼ばれているそうです。

湖畔には原生林が広がり、その背後には雌阿寒岳、阿寒富士が聳えています。見渡す限り、自然しかありません。

オンネトー

オンネトー

森の木々を映し出す美しい湖面。

オンネトー

透き通るような美しい水を湛えるオンネトー。湖水が酸性であるため、魚類は棲むことができません。生物は、わずかにエゾサンショウウオザリガニのみが棲息しています。生物の少なさも、オンネトーの美しさの一因と言えるでしょう。


オンネトーへのアクセス

オンネトーは十勝地方と釧路地方の境界付近の山中にあり、付近には町はありません。公共交通機関もない(2018年現在)ため、自家用車かレンタカー、観光バス等で訪れる必要があります。さらには女満別空港から73km、釧路空港から78km、中標津空港から110km、とかち帯広空港から145kmと、どの空港からも遠い位置にあるのです。

しかし、他の秘湖に比べると、アクセスは容易です。十勝と阿寒湖や屈斜路湖を結ぶ観光ルート、国道241号線から北海道道949号オンネトー線に入り、5km程度で到着します。道道949号線はオンネトーの湖畔にやや狭い箇所はあるものの、ほとんどの区間が2車線幅で、概ね走りやすい道です。

単体で訪れるには辺鄙な場所なので、阿寒湖屈斜路湖摩周湖釧路湿原など、周辺の他の観光地とセットで巡るのがおススメです。


オンネトー湖畔には展望台が整備されている他、道道沿いにストリートビューで示したような駐車スペースがあります。それぞれ立ち寄って、お気に入りの場所を見つけるのも良いでしょう。

湖畔を周遊する遊歩道も整備されていますが、ヒグマの生息地でもあるため、散策の際には十分に注意しましょう。


冬も美しいオンネトー

オンネトー

冬には結氷するオンネトーですが、冬期(12月上旬から4月中旬)は道道オンネトー線がオンネトーの手前から通行止にあるため、スノートレッキングでもしない限り訪れることはできません。

しかし、極寒の地である故、冬期閉鎖前の11月下旬や12月上旬、冬期閉鎖明けの4月下旬にも結氷した姿を観ることができます。ちなみに上の写真はゴールデンウィークに撮影したもの。この時は天候が最悪だったのですが、コンディションが良いと、非常に美しい姿を観ることができるそうです。

私はその美しさを観たことはありませんが、「オンネトー 冬」で検索してみると、とても魅力的な写真を見ることができます。そんなオンネトーのもう一つの姿も是非とも見てみたいものですね。


各種情報

あしょろ観光協会 : 観光情報だけでなく、「オンネトーフォトコンテスト」も必見。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

| 北海道 | 22:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大迫力の渓谷、猊鼻渓で舟下りを楽しむ(岩手県一関市)

舟下りの名所、猊鼻渓

岩手県南部の中心都市、一関市。観光資源に恵まれ、市内には猊鼻渓げいびけい)、厳美渓げんびけい)という名前の紛らわしい2つの有名な景勝地が存在します。前者は一関市東部、後者は西部と、地理的には離れた場所にあるため、訪れる際には間違えないよう注意が必要です。

今回は一関市東部(2005年の合併で一関市と合併するまでは東山町)にある猊鼻渓を紹介します。

猊鼻渓は北上川の支流である砂鉄川の途中にある長さ約2kmの渓谷。高さ50mを超える断崖が両側から迫る深い渓谷で、非常に見ごたえがあります。険しい地形でありながら流れは比較的穏やかなので、ノンビリと舟下りをしながら観光することができます。


船着場

船着場に行くと、大型の手漕船が所狭しと並んでいます。訪れたのは11月下旬だったので、船には寒さ対策として透明の覆いが付けられていました。それに加えて、12~3月の間は船内にコタツが設置されるようです。

舟下りスタート

船は発着所を出発し、まずは上流へと向かいます。舟下りといえば、上流から下流への一方通行というパターンが多いのですが、猊鼻渓ではいきなり上流に向かって進みます。船に動力は付いていません。流れが緩やかな猊鼻渓だからこそできる芸当ですね。

渓谷の途中にある三好ヶ丘船着場まで川を遡り、そこで折り返してスタート地点の発着所へと戻っていきます。ここ、猊鼻渓の舟下りは、“往復運航”をする全国でも珍しい存在なのです。


猊鼻渓舟下り

船内では船頭さんによる語りや小唄を聞くことができます。小気味の良い語りは、時に笑いあり、時に感心させられ、退屈のしない時間を過ごすことができます。1隻あたり2名の船頭さんが乗っており、語りが続く間ももう1人が軽快に船を漕いでいました。

なお、この日は平日だったので比較的空いており、船内では足を伸ばし放題♪コタツ船のシーズンではありませんでしたが、ストーブが焚かれており、寒い思いはしませんでした。


猊鼻渓

いよいよハイライト。切り立った断崖絶壁が両側に聳え、逃げ場のない渓谷が続きます。乗客たちも窓を開け、夢中でシャッターを切ったり、崖を見上げたり…。

険しい地形とは裏腹に流れは非常に穏やか。波がほとんど立たない水面を、カモが列を成して泳いでいる姿を観ることもできます。


猊鼻渓観光のクライマックス!大猊鼻岩

三好ヶ丘船着場

出発から20分程で折り返し地点の三好ヶ丘船着場に到着しました。

こちらでは一旦客は船を下り、歩いて観光することになります。船頭さんの案内に従い河原を進むと、すぐに猊鼻渓最大の見所が現れます。


大猊鼻岩

大猊鼻岩!!

高さ124mを誇る巨大な大岩。近くからだと写真に納まりきらない程のスケール感!今にもこちらに向かって倒れてくるかのような迫力!

橋を渡り、近くまで進みます。


うん玉

うん玉

大猊鼻岩の下部にはポッカリと穴が空いています。そこを目がけて「うん玉」(上の写真にある「運」と書かれた玉)を投げ入れるというイベントが用意されています。

見事「うん玉」が穴に入れば願いが叶うと言われています。「うん玉」は5つで100円。せっかくなのでチャレンジしてみましたが、コントロールが壊滅的に悪い私が投げた「うん玉」は、全て川の藻屑と消えました…。


大猊鼻岩の滞在時間は約15分。もうちょっと楽しみたいものですが、後ろ髪を引かれる思いで船に戻ります。船は往路とは逆方向、つまり下流方向へと進み、最初の船着場へと至ります。

往復約1時間。飽きることなく、非常に濃密な1時間を過ごすことができました。


季節ごとに様々な顔を見せる猊鼻渓

今回紹介した猊鼻渓。私は初冬に訪れましたが、一年を通して様々な姿を観ることができます。新緑や紅葉は勿論、雪景色もまた絵になるそうです。

また、新緑の時期の茶席舟冬のこたつ舟など、季節ごとに様々なイベントが行われています。繰り返し訪れて、四季折々の猊鼻渓を楽しみたいものですね。


猊鼻渓へのアクセス

猊鼻渓は景勝地としては珍しく、鉄道駅のすぐ近くにあります。JR大船渡線猊鼻渓駅から徒歩5分という近さ!猊鼻渓駅までは新幹線が停まる一ノ関駅から普通列車で30分程度。列車の本数は1~2時間に1本とやや少ないので、事前に時刻表をチェックしておくことが重要です。

自動車の場合は、最寄りである東北自動車道の一関インターチェンジから30分程度。アクセスルートとなる県道は比較的整備された道なので、自家用車でも訪れやすい景勝地だと思います。


各種情報

猊鼻渓舟下り : 舟下りに関する情報はこちらから。
いちのせき観光Navi : 一関は猊鼻渓の他にも見どころが沢山!

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

| 岩手県 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

津軽の家庭の味、「いがめんち」で地酒が進む!(土紋@青森県弘前市)

津軽地方の家庭料理、いがめんち

全国屈指の水産王国、青森県。ホタテやヒラメ、マグロなどが有名ですが、イカの水揚げ量も北海道に次ぐ全国2位を誇ります。今回は青森県津軽地方に伝わるイカを使った郷土料理、「いがめんち」を紹介します。

いがめんち」とは、イカのゲソを包丁で叩き、野菜や小麦粉と混ぜて揚げた(または焼いた)家庭料理。戦前、海産物が乏しかった津軽地方内陸部において、貴重な海産物を余すことなく食べるため考案されたと言われています。近年ではいがめんちを作る家庭も減ってきたそうですが、故郷の味を絶やしてはならないと、地元の有志がご当地グルメとしてPRし始めました。

現在では弘前市とその周辺にあるレストランや居酒屋で提供されています。


いがめんちをツマミに弘前の地酒を楽しめる店、「土紋」

今回は弘前市に泊まる機会があったので、地元で評判の居酒屋「土紋」にお邪魔しました。メニューには青森県の郷土料理や魚介類がずらりと並び、目移りしてしまいそう。まずはお目当てのいがめんちから行ってみましょう。

いがめんち

出てまいりました。いがめんち

見た目はハンバーグのようです。食べてみると、全体的にフンワリしつつも、所々で存在感を放つコリコリとしたイカの食感。そしてじわじわと感じるイカの旨味!

脇には一味マヨネーズが添えられていますが、いがめんちとの相性は抜群!勿論、マヨネーズを付けずに食べても十分美味いです。

それにしてもいがめんち、お酒が進みますねぇ。ビールにも日本酒にも合います。元々は家庭料理なので、おそらくご飯にも合うのではないでしょうか。


土門の料理たち

お酒が危険な程進んでしまう、「土紋」のお料理たち。

たらたま(左上)。干し鱈を生卵で和えた津軽の農家のもてなし料理。お酒に合わないわけがないでしょう!

貝焼味噌(右上)。こちらも青森の郷土料理。帆立貝の貝殻で具材を焼いた豪快な料理です。

いかわた正油漬け(左下)。これ一皿で日本酒が何杯でもいけそうですな。

いか生干し(右下)。青森のイカと言えばこれは外せないでしょう。


これら肴を引き立てるのが弘前の地酒。この店で扱う日本酒は、弘前市内にある三浦酒造が手掛ける「豊盃」のみというこだわりっぷり。色々な「豊盃」を飲み比べつつ、青森の郷土料理に舌鼓を打つ。これが「土紋」での楽しみ方と言えるでしょう。


土紋

今回紹介した「土紋」は弘前屈指の人気店。私はゴールデンウィークに訪れたのですが、店内は観光客や地元民で満席でした。私はお一人様だったので、何とかカウンター席に滑り込むことができましたが、繁忙期は早めの入店が必須でしょう。

なお、ゴールデンウィークは弘前城の桜のシーズン。全国から弘前に観光客が押し寄せる季節なので、宿も早めに予約する必要があります。呑気に構えていた私はホテルが予約できず、市内のコインパーキングで車中泊する羽目になりました。気持ちよく飲んだ後に夢見の悪いことにならないよう、注意が必要です。


各種情報

食べログ : 店舗情報と口コミはこちらから。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

| 青森県 | 23:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT