| PAGE-SELECT | NEXT

神岡とんちゃん(炭火焼肉えんや本店@岐阜県飛騨市)

B級グルメの中でも高い人気を誇るホルモン料理。特にかつて鉱山などで栄えた都市には、ホルモンを使った料理が根付いています。ガッツリとしたホルモン料理は、鉱山で働く労働者に人気があったのでしょう。
岐阜県の北部にある神岡(現飛騨市)も例外ではありません。神岡はかつて亜鉛、鉛、銀の採掘が盛んに行われ、最盛期は3万人近くの人口を誇りました。労働者たちの胃袋を満たしたのが、今回紹介する神岡とんちゃん。現在では飛騨市内の6店舗で味わうことができます。


今回訪れたのは、旧町役場近くにある焼肉店、炭火焼肉えんや本店。閑静な市街地にあるこじんまりとしたお店です。

メニューは当然ながら焼肉が充実しています。サンチュ、キムチ、ナムルなど、焼肉店には欠かせない副菜なども。今回のお目当ては神岡とんちゃんなので、「牛ホルモン鉄板トンチャン」を注文します。



神岡とんちゃん

お待ちかねのとんちゃんが登場しました。重厚な鉄板の上に乗せられたホルモン、そしてキャベツ、ニラ、もやしなどの野菜!ホルモンは100パーセント飛騨牛を使っているようです。鉄板の下のカセットコンロが懐かしい雰囲気を醸し出していて良いですね。カチッと点火して、出来上がりを待ちます。



神岡とんちゃん

野菜がシンナリし、良い感じになってきました。野菜から水分が出て、グツグツと煮立っており、見るからに美味しそう!

ホルモンと野菜と汁を一気にいただくと…美味い!ピリ辛で、ホルモンのダシが出ていて、これはビールが進みそうな味ですなぁ。ホルモンは色々な種類が入っているので、様々な食感を楽しむことができます。


神岡とんちゃん

とんちゃん鍋の〆はうどんまたはパスタ。うどんを注文。


神岡とんちゃん

〆のうどんです。ホルモンダシが出たスープがうどんに絡み、非常に美味しいですね。

とんちゃん+〆のうどんで、非常にリーズナブルに満腹になることができました。これは鉱山都市で人気が出るのも頷けますね。明日への活力が生まれそうな、そんな味でした。


各種情報
飛騨の旅 : 飛騨市公式観光サイト
食べログ : 店舗情報、口コミはこちらから。

 

>青野恭典の伊那路・木曽路・飛騨路 撮影ガイド/フォトテクニック[本/雑誌] / 青野恭典/著

価格:1,836円
(2017/3/26 16:27時点)
感想(0件)

| 岐阜県 | 16:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

味噌煮込みうどん(山本屋本店エスカ店@愛知県名古屋市)

名古屋を中心とする中京圏で親しまれているグルメは、「名古屋めし」と呼ばれ、広く知られています。 きしめんひつまぶし味噌カツ小倉トースト手羽先あんかけスパゲッティ天むす台湾ラーメンなどなど。ここでは挙げきらないほどのグルメがひしめき合う、全国屈指のグルメタウンなのです。

その中で、今回紹介するのは味噌煮込みうどん。名古屋めしの中でも、比較的メジャーな存在と言えるでしょう。ただ、味噌煮込みうどんは「名古屋めし」という言葉が誕生した2000年代初頭以前から、名古屋名物として有名です。起源は諸説ありますが、早くても明治時代から食べられていたようです。


今回は、味噌煮込みうどんの名店として知られる山本屋本店エスカ店を紹介します。エスカ店は名古屋駅の地下街「エスカ」に店を構えているので、旅行者には非常に行きやすい店だと思います。

山本屋本店エスカ店

名古屋名物の飲食店やお土産屋さんが軒を連ねる地下街の一角にありました。山本屋本店エスカ店です。


メニューは味噌煮込みうどんとツマミ各種、酒。食事だけでなく、晩酌までできそうなラインナップ。味噌煮込みうどんは基本のものから、名古屋コーチン入り、天ぷら入り、豚ロース入りなど数種類ありますが、今回はスタミナもつ入りをオーダー。


味噌煮込うどん

こちらがスタミナもつ入り味噌煮込うどん。グツグツと音を立てながら、土鍋で登場!!土鍋で煮立て、そのままアツアツの状態で提供するのが、味噌煮込みうどんの大きな特徴の1つです。また、取り皿として使えるよう、付属の蓋には空気穴がありません。


味噌煮込うどん

取り皿…いや蓋を外すと、アツアツのうどんが姿を現します!!味噌煮込みうどんの定番の具材である生卵蒲鉾に加え、たっぷりのニラ、そしてプリップリのホルモンがゴロゴロ入っています。これは美味しそう!!アツアツをいただきます。

食べてみると、意外や意外、鰹節の風味!!赤味噌のインパクトが強いですが、出汁は鰹節でとるのが主流のようですね。なお、山本屋本店のつゆには、赤味噌に白味噌を混ぜ、マイルドにしているようです。

麺は比較的固め。これも味噌煮込の特徴ですね。通常、うどんには塩を混ぜ込むことが多いのですが、味噌煮込の場合はつゆの味が濃いため、塩は混ぜないそうです。

具材も味噌味が良く染みて美味い!!冬なのに汗をかきかき平らげました。これは温まりますねぇ。


名古屋駅チカの名店。旅行、ビジネス、乗り換えのついで…などなど、名古屋を訪れた際には是非とも立ち寄りたい店です。


各種情報
煮込みうどん 山本屋本店 : 公式サイト。季節ごとの期間限定メニューも要チェック。
なごやめし : まだまだあるぞ、名古屋めしの公式サイト。

 

まっぷる 名古屋'17【電子書籍】[ 昭文社 ]

価格:648円
(2016/12/27 22:12時点)
感想(0件)

| 愛知県 | 22:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

長岡生姜醤油ラーメン(青島食堂宮内駅前店@新潟県長岡市)

 米どころとして名を馳せる新潟県ですが、ラーメンにも注目が集まっています。
新潟県内各地では、それぞれ独自の進化を遂げたご当地ラーメンが群雄割拠しており、最近では新潟五大ラーメンと定義されるようになりました。

すなわち、
昔ながらの支那そば風の、「新潟あっさりラーメン」。
全国的にも知名度が急上昇中で、背脂が特徴的な「燕三条背脂ラーメン」。
寒い地方ならではの、体がポカポカに温まる「長岡生姜醤油ラーメン」。
割スープを入れて食べることで知られる「新潟濃厚味噌ラーメン」。
70年以上の歴史を誇る個性派、「三条カレーラーメン」。
これら5つを総称して、新潟五大ラーメンと呼ぶようです。

今回は、その中から長岡生姜醤油ラーメンを紹介したいと思います。
長岡生姜醤油ラーメンとは、その名のとおり醤油味のスープに生姜の風味を効かせたラーメンです。
スープのベースには豚ガラが使われ、比較的油っこいことが特徴とされています。

青島食堂

今回訪れたのは、JR宮内駅前にある、青島食堂宮内駅前店
駅前ロータリーの目の前にあるので、見つけるのは簡単です。

店の入口の前の券売機で、食券を買ってから入店するというスタイル。
メニューは基本の「青島ラーメン」と、チャーシューが多めになった「青島チャーシュー」の2種という新シンプルな構成。
トッピングメニューとしては、チャーシュー、茹でほうれん草、メンマ、刻みねぎ、のりの5種類があります。
「青島チャーシュー」の食券を買い、入店。

店内もまたシンプル。
やたらと長いカウンター1つのみ。
平日の閉店間際で、比較的すいていたので、適当なところに座ります。


長岡生姜醤油ラーメン

席に座って程なくして出てきました、青島チャーシュー。
これが長岡生姜醤油ラーメンです。

見た目は昔ながらのラーメンという感じ。
散りばめられた細切れチャーシューと、ほうれん草の鮮やかな緑が目を引きますね。
そして、最大の特徴である生姜の香りが漂ってきて、何とも美味しそう。


口に運んでみると、意外と濃厚な味。
豚ガラの効果なのか、ガツンと来る何かを秘めています。
そんなスープに、生姜の爽やかな風味が混じり、奥深い味わいを生み出しているのです。

麺は中太で、ツルっとしてコシがあるタイプ。
チャーシューは柔らかくて味がよく染みています。
あまりに美味しかったので、スープまで飲み干してしまいました。

長岡生姜醤油ラーメン。
個性が光る、美味しいラーメンでした。
他の新潟五大ラーメンも食べてみたいものですね。

各種情報

 

ラーメンWalker新潟(2016)

価格:864円
(2016/6/8 23:42時点)
感想(0件)

| 新潟県 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ぶりしゃぶ(海鮮料理おがわ@富山県氷見市)

 富山県氷見市は美味しい寒ブリが食べられることで有名です。
氷見の寒ブリ」と言えば、「大間のマグロ」、「関サバ」などと並び、高級ブランド魚の代表格と言えるでしょう。

寒ブリを使った料理には、刺身、ブリ大根、照り焼きなどがありますが、一度食べておきたいのは、やはり「ぶりしゃぶ」!
氷見市内にはぶりしゃぶを含んだ懐石やぶりづくしのコースを出す店が多数あります。
せっかく氷見に行ったのであれば、贅沢にコースを食べたいところですが、「財布の紐が堅いなあ…」という方もいらっしゃると思います。
そこで、今回は、ぶりしゃぶを比較的安価で食べることができるお店を紹介します。

氷見市内に店を構える海鮮料理おがわ
寒ブリやしろえびなどの地魚だけでなく、氷見牛や氷見うどんなどの名物も扱っている食堂です。
勿論コースもありますが、ぶりしゃぶを単品でも提供しています。
勿論旬があるため、寒ブリを使ったメニューは12月から2月下旬限定となっていますので、ご注意を。

今回は4人で訪店したので、ぶりしゃぶを2人前、それぞれ定食を1人前ずつ注文しました。

ぶりしゃぶ

こちらがぶりしゃぶ。
カセットコンロに乗せられたお鍋と、ブリ、野菜が運ばれてきました。
お鍋には昆布が入っています。

ぶりしゃぶ

そのまま生で食べたくなるような、ブリの切り身。
ブリに加えて、白菜、ネギ、ニンジン、エノキ、豆腐が入ります。

先に火の通りにくい野菜を入れていきます。

ぶりしゃぶ

野菜が煮えてきたところで、レッツしゃぶしゃぶ!!
火が通りすぎないようにサッと湯通しして、ポン酢ともみじおろしでいただきます。

プリプリで美味い…!!
大きめに切ってあるせいか、食べごたえがありますね。
脂のノリもしつこ過ぎず、程よい感じです。

ぶりしゃぶ

〆はやっぱり雑炊。
昆布だし、ほのかなブリの香り、そして半熟の卵!!
美味くないわけがありません。


寒ブリ白エビ天付き氷見うどん

ぶりしゃぶとは別に頼んだ、「寒ブリ白エビ天付き氷見うどん」。
刺身のブリも、しゃぶしゃぶとはまた違った食感が楽しめ、美味。
氷見うどんは、細めの麺で、つるっとしたのど越しが楽しめます。

ぶり大根

ブリ大根
煮込まれたブリは、よく味が染みこみ、ホロホロとした食感で、これもまた絶品。


これだけのブリ料理を、比較的安価でいただくことができるのは魅力ですね。
2015年度は、残念ながら不漁のようですが、是非、また食べてみたいものです。

各種情報
海鮮料理おがわ : 店の公式ホームページ
氷見漁業協同組合 : 氷見の寒ブリについてはコチラをチェック!!

 

北陸新幹線で行こう!

価格:864円
(2016/3/3 00:32時点)
感想(0件)

| 富山県 | 00:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

とり野菜@まつや桂店(石川県金沢市)

とり野菜」。
そんなシンプルな名前の郷土料理が、石川県ではお馴染みとなっています。

「とり野菜」とは、「とり野菜みそ」を使って作られた鍋料理。
「とり野菜みそ」とは、石川県に本社を置く株式会社まつやが製造する調味味噌です。
元々は、まつやの初代当主の松屋和平が、江戸時代に日本海を航行していた北前船の船乗りが長い航海中にも栄養が摂取できるよう、考案したものだと言われています。
「とり野菜みそ」の「とり」とは、鶏肉のことではなく、『栄養を「摂る」』から来ているのです。

さて、そんな「とり野菜みそ」を使った「とり野菜」は石川県民の家庭料理として定着していますが、県外から来た観光客も「とり野菜」を楽しめる店が金沢市内にあります。
それが、今回紹介するまつや桂店

「とり野菜みそ」を使った鍋は、「とり野菜」、「牛野菜」、「豚野菜」の3つ。
せっかくなので、「とり野菜」を注文。
なお、どれも1人前500~650円と、非常にリーズナブルです。


とり野菜

待っていると出てきました。
具材は白菜、人参、鶏肉だけと、名前に劣らずシンプル!
美味しそうな香りを漂わせる鍋を見ながら待つこと5分余り。


とり野菜

鍋が煮え、野菜もしんなりしてきたところで、とり野菜の完成です。
さっそくいただきましょう。

何と言っても気になるのは、石川県民御用達の「とり野菜みそ」をベースとしたつゆのお味。
口に含んだ瞬間、ただの味噌ではないことが分かります。
濃厚で存在感があるのは勿論、様々な味が混ざり合い、奥深い味わいとなっています。
この主役とも言えるつゆの味を生かすため、具材を極力シンプルにしているのでしょうか。

とり野菜

鍋の楽しみと言えば、〆。
メニューによると、そば、うどん、ラーメンがあるので、うどんを注文。
濃厚なつゆにうどんがよく合いますね。


なお、「とり野菜みそ」は石川県内の各地でお土産として売られています。
お店で食べて、気に入ったら、是非自宅でも試してみては如何でしょうか。

各種情報
とり野菜みそオンライン : (株)まつやの公式サイト。とり野菜みそを知るならこちら。
まつや 桂店
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:鍋(その他) | 大河端駅三ツ屋駅北間駅


 

まつや とり野菜みそ 200g

価格:298円
(2015/8/7 23:21時点)
感想(2件)

| 石川県 | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT