| PAGE-SELECT |

鋸山(千葉県富津市・鋸南町)

房総半島随一の観光名所、鋸山(正式名称は乾坤山)。
富津市鋸南町の境界に聳える標高329メートルの山で、その名のとおり切り立った稜線が特徴です。

この山は、建築資材として適している凝灰岩から成り、江戸時代から採石が盛んに行われていました。
また、曹洞宗の寺院である日本寺は、鋸山全体を境内とする寺院で、奈良時代、行基により開山されたと言われています。
このように、古くから信仰の対象、産業の場として時を刻んできた鋸山ですが、現在は観光地として名を知られる存在となっています。


鋸山へのアプローチは大きく分けて3つ。

  1. 富津市側からロープウェイで登る
  2. 鋸南町側から有料道路で登る
  3. 鋸南町側から無料道路+徒歩で登る

1と2は歩く距離は短いですが、休日は混雑することが多いルート。
3は空いていますが、歩く距離は長くなるルート。

ご自身の体力や訪問時期に応じてルートを選ぶと良いでしょう。
筆者は秋の土日に2のルートを使いましたが、駐車場手前で少し車が詰まった以外は、特に問題はありませんでした。


鋸山への階段

1、2の場合でも、写真のような階段を数百メートル登る必要があります。
道幅が狭く、登りと下りの人で混み合うので、通行の際は譲り合いの精神を大切に。
また、階段は整備されていますが、段差が急なので、歩きやすい靴を履いていくことが重要です。

地獄のぞき

階段を上りきると、鋸山一番の目玉、地獄のぞきが目の前に現れます。
石切場跡の断崖絶壁、高さ100メートル付近の場所に突き出した岩。
その先端に立つことこそが、鋸山観光のハイライトだと思います。

そのため、地獄のぞきの先端に行くためには、行列を覚悟する必要があります。
しかし、せっかく来て、地獄のぞきを体感せずに帰るのは勿体ないので、ある程度の時間は確保しておくことをおススメします。
なお、筆者は30分ほど待ちました。


地獄のぞき

地獄のぞきからの眺め。
高さ100メートルの絶壁からの眺めは圧巻です。
房総の山なみ、東京湾を一望でき、条件が良い日には富士山や伊豆大島までもが望めるそうです。

景色はすこぶる良いですが、自分が立っている場所(2つ上の写真)を想像すると、背筋が凍りますね。


さて、この地獄のぞきの下へも行くことができます。
登ってきた階段を下り、崖の下の道を進んでいくと…。


百尺観音

なんと巨大な観音様が!!

こちらは百尺観音
世界戦争戦死病没殉難者供養と交通犠牲者供養のために、昭和36年から6年かけて彫られたものです。
高さは30メートルという巨大なもので、見る者を圧倒します。

ここはちょうど地獄のぞきの真下あたり。
上の写真に、地獄のぞきの先端が写っているのがお分かりいただけると思います。


この他にも、鋸山には日本寺大仏千五百羅漢などといった見どころがあります。
全て周るとしたら一日がかりとなると思いますので、一度時間をかけてゆっくりと巡ってみては如何でしょうか。

各種情報
鋸山日本寺 : 鋸山へ行くならこちらは必見!!

 

鋸山完全ガイド [ 忍足利彦 ]

価格:1,944円
(2016/12/2 23:34時点)
感想(0件)

| 千葉県 | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

勝浦タンタンメン(中華 宮下@千葉県勝浦市)

 近年、B1グランプリで高い人気をキープし続けているB級グルメがあります。
房総半島に位置する港町、勝浦市発祥の勝浦タンタンメンです。
2014年度のB1グランプリでは第2位の成績を収め、関東で最も注目されているB級グルメと言っても過言ではないでしょう。

勝浦タンタンメンは1950年代、勝浦市にあった大衆食堂「江ざわ」で誕生しました。
通常の担々麺を再現しようとしたところ、担々麺に必要な調味料、芝麻醤が入手できなかったため、独自の味になったそうです。
熱々で辛いこのメニューが、寒い水仕事を終えた漁業関係者を中心に高い人気を集め、急速に勝浦市内に広まりました。
現在では勝浦市を中心に、千葉県内の40店舗以上で提供されており、全国的な人気も先述したとおりです。

中華宮下

今回は勝浦市中心部に店を構える中華宮下を紹介します。
昭和の香りがする外観ですが、中に入ると、壁に色々なポスターが貼ってあり、よりレトロな雰囲気を味わうことができます。

さて、この店では勝浦タンタンメンが「ラージャンメン」という名で提供されています。
勿論、「ラージャンメン」を注文します。

勝浦タンタンメン

さて、出てきました。

辛そう…!

というのが第一印象でした。

よく見る担々麺は赤いながらも、ゴマのマイルドさを感じさせる穏やかな色をしていましたが、勝浦タンタンメンは遊びのない赤
勝浦タンタンメンの特徴である、ラー油と唐辛子が前面に押し出されたビジュアルです。

恐る恐る口に運んでみると…意外にも優しさがある味
辛いことには辛いのですが、非常に旨味があります。
スープのベースは醤油味。
さらに、赤いスープの中には刻んだ玉ねぎが沈んでおり、そこから甘みが出ているようです。
辛味と醤油味と甘味が混ざり合い、非常に奥深い味わいが生み出されているのですね。

中華麺をすすると、旨味のあるスープや玉ねぎが絡み、ついつい食が進んでしまいます。
そして食べ終わってみると、汗が噴き出してきました。
唐辛子パワーによって、新陳代謝が促進されたようです。

熱くて辛い、けれど優しくて深い味わいの名物タンタンメン。
房総半島をお越しの際には、是非お試しください。

各種情報
熱血!!勝浦タンタンメン船団 : 勝浦タンタンメンについて知るならコチラ!
宮下
昼総合点★★★☆☆ 3.3

関連ランキング:担々麺 | 勝浦駅


 

るるぶ千葉 房総’15

価格:864円
(2015/9/4 23:06時点)
感想(3件)

| 千葉県 | 23:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

粟又の滝(千葉県大多喜町)

房総半島と言えば、九十九里浜やおせんころがしなど、美しい海岸が有名ですが、山にも素晴らしい景勝地があります。
半島の内陸部、養老川によって形成された養老渓谷は、新緑、紅葉の時期には多くの観光客が訪れます。
中でも粟又の滝は、房総最大の滝として、高い人気を誇ります。

県道178号線沿いの駐車場に車を停め、遊歩道を下っていくと、粟又の滝が姿を現します。

粟又の滝

豪快さというよりも美しさ、繊細さを兼ね備えた滝です。
落差は30mと普通ですが、長さが100mもあります。
滑り台のように見えますが、実際に夏は滑って遊んでいる観光客もいるそうです。
また、滝壺が広いので、そこでも遊ぶことができます。

暑い夏。
海水浴も良いですが、滝で川遊びも良いかも知れませんね。

各種情報
養老渓谷観光協会 : 養老渓谷は粟又の滝以外も魅力いっぱい。

 

るるぶ千葉房総(’13)

価格:840円
(2013/7/15 16:16時点)
感想(2件)

| 千葉県 | 16:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

千葉県のメインページ

千葉県イラスト 




千葉県のメインページ

 千葉県のグルメ
勝浦タンタンメン
(千葉県勝浦市)
辛くて美味い!港町が生んだ、今熱いご当地麺。

 千葉県の立ち寄りスポット
粟又の滝
(千葉県大多喜町)
滑り台のような滝とプールのような滝壺。楽しめる滝。
鋸山
(千葉県富津市・鋸南町)
目もくらむ高さの展望台、巨大な観音様がお出迎え。


 

【送料無料】 ツーリングマップル 関東甲信越 2016 【全集・双書】

価格:1,944円
(2016/12/2 23:59時点)
感想(0件)

| 千葉県 | 16:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |