TOP > CATEGORY - 03関東地方

| PAGE-SELECT | NEXT

鶏の旨味が凝縮!奥久慈しゃも丼を味わう(弥満喜@茨城県大子町)

奥久慈しゃもの名店、弥満喜


全国でも屈指の知名度を誇る茨城県北部のブランド鶏、奥久慈しゃも。他の地鶏よりも約3倍の飼育期間がかけられており、歯応えと濃厚な味わいを持つその肉は、多くの食通の舌を唸らせています。

弥満喜

そんな奥久慈しゃもを使った絶品料理を味わうことができる店が、茨城県大子町にあります。常陸大子駅前の商店街に店を構える「弥満喜」。休日ともなると行列ができる人気店です。


しゃも好きにはたまらない「奥久慈しゃも丼『極み』」


この店で提供されているしゃも料理は大きく分けて4つ。

しゃも鍋しゃも丼しゃも塩焼きしゃも天ぷらです。今回はお目当てである「奥久慈しゃも丼『極み』」を注文します。

奥久慈しゃも丼「極み」

こちらが人気メニューである「奥久慈しゃも丼『極み』」。ノーマルの「奥久慈しゃも丼」はもも肉とむね肉が入っているのですが、「極み」にはそれに加えてささみ、手羽元、レバー、砂肝、ハツが入っています。様々な部位が入っており、鶏好きにはたまりませんね。

丼の脇を固めるのは、鶏出汁のスープ、刺身こんにゃく、サラダ、浅漬け。スープは鶏の濃厚な味が出ており、絶品でした。

奥久慈しゃも丼「極み」

丼をいただきます。奥久慈しゃもの肉と卵をふんだんに使った親子丼という感じ。

トロっととろけるような卵。味付けは勿論、卵自体も濃厚な味。その濃厚卵の中から顔を出すお肉たち。こちらを掘ればシャッキリとした歯応えの砂肝、あちらを掘ればプリっとした食感がたまらないハツ。宝探しをしているようで、食べる楽しさも倍増です。

とっても贅沢な丼でした。


混雑時には品切れも!早い時間に行くべし!


先述したように、弥満喜は人気店。私はちょっと遅くなり、13時過ぎに到着したのですが、看板メニューであるしゃも鍋は品切れとなっていました。また、我々が食べた直後に、「奥久慈しゃも丼『極み』」もなくなってしまったようです。希少部位を使ったメニューを食べたい方はお昼前の早い時間に行った方が良さそうですね。


弥満喜への行き方



弥満喜は、JR水郡線常陸大子駅から商店街を350メートル程歩いた所にあり、鉄道で大子を訪れた方も比較的行きやすい店。

店の駐車場はやや狭いため、混雑時には満車になってしまうことも。そんな時は常陸大子駅前の有料駐車場に停めて、店まで歩いて行くことも可能です。商店街の道は比較的狭いので、運転に自信のない方は、初めから駅前駐車場を利用した方が良いかもしれません。


ちなみに大子町には日本三名瀑として名高い袋田の滝があります。併せて訪れるのもおススメです。


各種情報

食べログ : 口コミ、店舗情報はこちら。
大子町観光協会 : 大子町は見どころ沢山

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 茨城県 | 21:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

湯滝・竜頭の滝・華厳の滝 紅葉の奥日光三名瀑は平日に行くべし!

■目次

奥日光三名瀑とは?
紅葉の日光を訪れるなら平日?
末広がりに落ちる豪快な滝、湯滝
ウォータースライダーのように流れる滝、竜頭の滝
絶景!明智平展望台から眺める華厳の滝
華厳の滝の正面に簡単にアクセス!華厳の滝エレベーター
いろは坂は平日でも渋滞した!

奥日光三名瀑とは?


日本を代表する観光地、日光東照宮中禅寺湖など、年中客足が絶えない観光地を擁していますが、日光は国内屈指の滝密集地帯でもあります。

特にいろは坂よりも上流部、奥日光エリアには日本三名瀑にも数えられる華厳の滝を筆頭に、人気の高い滝が点在します。特に有名なのが、先述した華厳の滝竜頭の滝湯滝。この3つを総称して奥日光三名瀑と呼びます。


紅葉の日光を訪れるなら平日?


日光といえば紅葉。奥日光三名瀑も例外ではなく、紅葉時期の滝は最高に美しいものです。

しかし、ただでさえ混雑する日光。紅葉の時期に訪れたら大変なことになるのは目に見えています。いろは坂で渋滞にはまり、駐車場を探すために右往左往、滝を見るためにも順番待ち・・・。

紅葉時期の休日に訪れようものなら、こんなトラウマになりそうな経験をしてしまいそうなので、今回は10月下旬の平日に訪れることにしました。



末広がりに落ちる豪快な滝、湯滝


8:45
今回は奥日光の表玄関とも呼ぶべき「いろは坂」ではなく、裏玄関「金精峠」を通って奥日光入りしました。平日ということもあるでしょうが、金精峠はとても空いていました。

東京から訪れる方も、「東北道+いろは坂」という定番ルートではなく、「関越道+金精峠」という裏ルートを使えば、多少なりとも混雑を避けることができると思います。

湯滝

こちらが奥日光三名瀑で最も上流にあたる湯滝です。末広がりに流れ落ちる幅広の滝で、落差は50メートルを誇ります。滝壺に近付くことができるのが特徴で、滝を大迫力のアングルで観ることができます。

また、湯滝の脇には、滝を横目に見ながら登ってゆく遊歩道があります。

湯滝の落ち口

遊歩道を登りきると、湯滝の落ち口を観ることができます。この遊歩道は比較的険しいので、歩きやすい靴が必須です。

湯ノ湖

湯滝の落ち口のすぐ上流には湖が。こちらは湯ノ湖。火山の噴火によりできた堰止湖です。湯滝を形成する岩肌こそが、湯ノ湖を堰き止めている溶岩なのですね。


ウォータースライダーのように流れる滝、竜頭の滝


竜頭の滝

10:00
湯滝から車で10分程下ったところに竜頭の滝があります。湯滝と同じく湯川の本流にある滝ですが、雰囲気は全く違いますね。ウォータースライダーのように岩肌を滑るように落ちる滝です。滝の流れに沿って、歩きやすい遊歩道が整備されているので、こちらも滝を様々な位置から観ることができます。

竜頭の滝 駐車場

滝の上流と下流にそれぞれ駐車場が用意されています。今回は上流の方にある駐車場を利用しましたが、平日にも関わらず混み合っていました。繁忙期には臨時駐車場が開放されるようですが、休日は駐車場に入るのも一苦労ということになるでしょう。


絶景!明智平展望台から眺める華厳の滝


さて、奥日光三名瀑で最も知名度の高い華厳の滝を眺める場所は大きく分けて2つあります。まずは、華厳の滝を遠くから俯瞰することができる明智平展望台を紹介します。

明智平は中禅寺湖の下流、第2いろは坂の途中にあります。第2いろは坂は上り一方通行なのですが、中禅寺湖から明智平の間は下り方面への通行も可能です。

明智平展望台より華厳の滝

12:20
明智平展望台から見た華厳の滝です。背後には中禅寺湖、手前には白雲の滝、写真には写っていませんが、視線を横に移すと男体山。華厳の滝を中心とした大パノラマを楽しむことができるのが、明智平展望台の魅力です。

明智平ロープウェイ

明智平展望台へは、駐車場からロープウェイで3分程。16人乗りのロープウェイでピストン輸送という形になっているため、行楽シーズンは大変混み合います。この日は平日にも関わらず、行列ができており、ロープウェイに乗れるまで30分程度かかりました。

明智平駐車場

駐車場も混雑していました。私はタイミング良くすぐに駐車することができたのですが、30分後には駐車場待ちの渋滞がいろは坂方面に続いていました。平日にこの渋滞・・・、恐るべし!


華厳の滝の正面に簡単にアクセス!華厳の滝エレベーター


華厳の滝

13:10
最後はやっぱり真正面から観る華厳の滝。観瀑台からは、落差97メートルという、日本有数の落差を誇る直瀑を特等席から眺めることができます。滝もさることながら、周囲を取り囲む断崖絶壁も圧倒されるような大迫力ですね。

滝の中段辺りから、簾のような滝が無数に流れ落ちているのも華厳の滝の特徴。こちらは、中禅寺湖からの伏流水が崖の中腹から湧き出したもので、十二滝と呼ばれています。

華厳の滝エレベーター

華厳の滝の真正面という、人を寄せ付けないような険しい場所にある観瀑台。そんな深山幽谷の地に、我々を誘ってくれるのが華厳の滝エレベーターです。

1930年開業という年代物ですが、約100メートルの落差を60秒程度で降りていく優れもの。このエレベーターのおかげで、老若男女が容易に華厳の滝観光を楽しむことができるのです。

なお、華厳の滝の駐車場は150台近くが駐車可能である広いものであるため、混雑はしていたものの、比較的容易に停めることができました。


いろは坂は平日でも渋滞した!


いろは坂の渋滞

14:30
華厳の滝からいろは坂を下って帰ったのですが、いろは坂の途中から若干渋滞しました。渋滞と言っても、完全に停止してしまうようなものではなく、抜けるまでそんなに時間はかからなかったのは幸いでした。

平日でも渋滞してしまういろは坂。休日に突っ込んだら大変なことになっていたでしょう。やはり紅葉の日光は平日に限る…と思った瞬間でした。


各種情報

日光旅ナビ : 日光市観光協会の公式サイト
日光観光ライブ情報局 : 紅葉の状況を確認するならコチラ!

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 栃木県 | 08:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

まるでバウムクーヘン!伊豆大島の地層大切断面(東京都大島町)

日本を代表するジオパーク、伊豆大島


伊豆大島。伊豆諸島最大の島で、かつ最も本土に近い島です。

島の中央には活火山である三原山が聳え、島の至る所に、火山の営みを感じることができる景勝地や地形が点在しています。日本ジオパークにも指定され、ダイナミックな風景を見に、多くの観光客が島を訪れているそうです。


伊豆大島屈指の景勝地、地層大切断面


伊豆大島を代表する景勝地、地層大切断面。伊豆大島の南部にあり、港のある元町地区からバスで15分程度の場所にあります。

地層大切断面

ここの魅力は、何と言っても見た目のインパクト!道路脇に突如としてバウムクーヘンのような地層が現れるのです。

地層大切断面は、伊豆大島を一周する都道大島循環線沿いにあるため、非常に目立ちます。島をドライブしていれば、必ず目に飛び込んでくると言っても過言ではないでしょう。

地層大切断面

このような地層ができた要因は、やはり三原山の噴火だそうです。色の濃い層が噴火によって噴き上げられた黒い軽石、その上の褐色の層が空中で風化した火山灰であり、1回の噴火でこの2つの層ができるのだとか。このような噴火を、何万年もの間繰り返して、現在のような地層ができあがったのですね。

ちなみに、元々起伏がある土地に火山灰などが繰り返し積もったため、このようなウネウネとした地層になったようです。

地層大切断面

なお、周辺には駐車場がないため、路肩に駐車せざるをえません。路肩が広くなったところがあり、また交通量も少ないため、それ程不便はありませんが…。

路線バスでの訪問も可能です。日中は大よそ1時間に1便と、離島にしては本数が多く、利用しやすいと思います。詳しくは大島バスのホームページをご覧ください。


伊豆大島へのアクセス


さるびあ丸

伊豆大島は遠いようで、意外と行きやすい島。大型客船は一日一往復ですが、夜遅くに東京を出て、早朝には伊豆大島に到着します。つまり、金曜の仕事終わりに船に飛び乗り、寝ている間に伊豆大島に着いてしまうんですね。早朝に着くので、島での時間もたっぷり確保できるわけです。

高速ジェット船

伊豆大島に渡る船は大型客船だけではありません。高速ジェット船に乗れば、東京から2時間足らずで伊豆大島に到着します。1日に2~4便と、大型客船よりも本数が多め。また、神奈川県の久里浜港、静岡県の熱海港からも出航しているため、居住地やスケジュールに合わせて利用することが可能です。

大型フェリー、高速ジェット船は、東京汽船のホームページで時刻表や運賃の確認、予約等が可能です。


もっとお急ぎの方、多摩周辺在住の方は、調布飛行場から航空機で行くことも可能ですよ。詳細は新中央航空のホームページをご覧ください。


各種情報

大島観光協会 : 伊豆大島に行くのであれば、まずはチェック!
伊豆大島ナビ : 伊豆大島での様々な楽しみ方情報が満載!

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 離島旅行へ
にほんブログ村

| 東京都 | 23:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

ゼリーフライ&フライ(かねつき堂@埼玉県行田市)

ゼリーフライ」。かなり強烈な名前ですが、埼玉県行田市に古くから伝わるコロッケの一種です。また、同市には「フライ」という独特な料理も伝わっており、ともにB級グルメとしてPRされています。
行田市内にある「かねつき堂」という店では、両メニューをいただくことができます。


城下町にひっそりと佇む“小さな観光地”的なお店


かねつき堂

今回紹介する「かねつき堂」は観光地である忍城忍東照宮にも程近い市街地の中にあります。店の場所はメインストリートである国道125号線から細い道に入ったところにあり、やや分かりにくいと思いますが、店の前には「ゼリーフライ」の幟がはためいているので、それを目印にしましょう。店の裏に20台程停められる駐車場があります。

メニューはゼリーフライ、フライが中心。専門店と言っても過言ではありません。値段は安く、ほとんどのメニューがワンコインでお釣が来る程度です。


奇抜な名前とは裏腹に素朴な味、ゼリーフライ


ゼリーフライ

ゼリーフライ。おからを素揚げしたコロッケのような食べ物で、ソースで味付けされています。素朴な味で、腹持ちが良く、小中高生のおやつに持って来いな感じです。

その奇抜な名前は菓子の「ゼリー」ではなく、「銭」から来ているそう。形が小判に似ていることから「銭フライ」と呼ばれていたものが、訛って「ゼリーフライ」へと変化していったという説が有力です。

PRも積極的に行っているようで、B級グルメの祭典「B-1グランプリ」にも初期から出展しています。


行田が誇るもう一つの名物料理、フライ


フライ

こちらがフライです。「フライ」と言っても揚げ物ではなく、お好み焼き…いや、チヂミのような見た目。フライもまたソースがかかっています。お好みに応じて、卓上に置いてある青海苔と一味唐辛子をかけて食べても美味しいですよ。



おやつだけじゃなく、ランチにも良い素朴な味


ゼリーフライ、フライともに、おやつとして親しまれてきましたが、ボリュームが調整できるので、ランチとしていただくのも良いのではないでしょうか。他にもフライに焼きそばを挟んだ「フライ焼きそば」などの派生メニューもあるので、色々試してみるのも良いですね。

各種情報

行田市観光協会 : 観光のことも、ゼリーフライ・フライにこともコチラでチェック!
食べログ: 口コミ、店舗情報はこちらから。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

翔んで埼玉 (このマンガがすごい!comics) [ 魔夜峰央 ]

価格:756円
(2017/6/16 22:49時点)
感想(38件)

| 埼玉県 | 22:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

鋸山(千葉県富津市・鋸南町)

房総半島随一の観光名所、鋸山(正式名称は乾坤山)。
富津市鋸南町の境界に聳える標高329メートルの山で、その名のとおり切り立った稜線が特徴です。

この山は、建築資材として適している凝灰岩から成り、江戸時代から採石が盛んに行われていました。
また、曹洞宗の寺院である日本寺は、鋸山全体を境内とする寺院で、奈良時代、行基により開山されたと言われています。
このように、古くから信仰の対象、産業の場として時を刻んできた鋸山ですが、現在は観光地として名を知られる存在となっています。


鋸山へのアプローチは大きく分けて3つ。

  1. 富津市側からロープウェイで登る
  2. 鋸南町側から有料道路で登る
  3. 鋸南町側から無料道路+徒歩で登る

1と2は歩く距離は短いですが、休日は混雑することが多いルート。
3は空いていますが、歩く距離は長くなるルート。

ご自身の体力や訪問時期に応じてルートを選ぶと良いでしょう。
筆者は秋の土日に2のルートを使いましたが、駐車場手前で少し車が詰まった以外は、特に問題はありませんでした。


鋸山への階段

1、2の場合でも、写真のような階段を数百メートル登る必要があります。
道幅が狭く、登りと下りの人で混み合うので、通行の際は譲り合いの精神を大切に。
また、階段は整備されていますが、段差が急なので、歩きやすい靴を履いていくことが重要です。

地獄のぞき

階段を上りきると、鋸山一番の目玉、地獄のぞきが目の前に現れます。
石切場跡の断崖絶壁、高さ100メートル付近の場所に突き出した岩。
その先端に立つことこそが、鋸山観光のハイライトだと思います。

そのため、地獄のぞきの先端に行くためには、行列を覚悟する必要があります。
しかし、せっかく来て、地獄のぞきを体感せずに帰るのは勿体ないので、ある程度の時間は確保しておくことをおススメします。
なお、筆者は30分ほど待ちました。


地獄のぞき

地獄のぞきからの眺め。
高さ100メートルの絶壁からの眺めは圧巻です。
房総の山なみ、東京湾を一望でき、条件が良い日には富士山や伊豆大島までもが望めるそうです。

景色はすこぶる良いですが、自分が立っている場所(2つ上の写真)を想像すると、背筋が凍りますね。


さて、この地獄のぞきの下へも行くことができます。
登ってきた階段を下り、崖の下の道を進んでいくと…。


百尺観音

なんと巨大な観音様が!!

こちらは百尺観音
世界戦争戦死病没殉難者供養と交通犠牲者供養のために、昭和36年から6年かけて彫られたものです。
高さは30メートルという巨大なもので、見る者を圧倒します。

ここはちょうど地獄のぞきの真下あたり。
上の写真に、地獄のぞきの先端が写っているのがお分かりいただけると思います。


この他にも、鋸山には日本寺大仏千五百羅漢などといった見どころがあります。
全て周るとしたら一日がかりとなると思いますので、一度時間をかけてゆっくりと巡ってみては如何でしょうか。

各種情報
鋸山日本寺 : 鋸山へ行くならこちらは必見!!

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

鋸山完全ガイド [ 忍足利彦 ]

価格:1,944円
(2016/12/2 23:34時点)
感想(0件)

| 千葉県 | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT