FC2ブログ
TOP > CATEGORY - 福島県

| PAGE-SELECT | NEXT

ここは温泉天国!?高湯温泉玉子湯旅館(福島県福島市)

じゃらん『全国温泉地満足度ランキング2017』第1位の高湯温泉

2017年12月、何気なくネットサーフィンに興じていると、気になる記事を見つけました。じゃらん調査による『全国温泉地満足度ランキング』。2017年の1位に輝いたのが福島県の高湯温泉。実際に訪れた方の満足度によるランキングなので、期待が持てそうです。

これは行ってみたい!居ても立っても居られなくなり、年末に嫁の実家に帰省するついでに遠回りをして行ってみることにしました。


高湯温泉の人気旅館、玉子湯旅館へ

高湯温泉へは福島市街地から車で約40分の道のり。標高は700メートルを超えており、市街地との標高差は600メートル程。冬期はなかなかハードな雪道が待っています。四輪駆動車で行って良かった…。

玉子湯旅館

今回訪れたのは高湯温泉の人気旅館、玉子湯旅館。是非とも宿泊してみたかったのですが、今回は日帰り入浴。フロントに1人800円を支払い、いざ温泉へ!

なお、貴重品がある場合はフロントに預けていきましょう。


まるで文化財!木造の湯小屋が魅力の『玉子湯』

玉子湯旅館の魅力は、何と言っても庭園内に点在する露天風呂と湯小屋。庭園には男性用風呂が2ヶ所、女性用風呂が3ヶ所あります。1つ1つ巡ってみましょう。

玉子湯@玉子湯旅館

まずは玉子湯旅館の代名詞ともなっている茅葺屋根の湯小屋、玉子湯。明治元年に建てられた歴史のある湯小屋です。向かって右側が男性用、左側が女性用浴室となっています。

玉子湯@玉子湯旅館

浴室に入って即感動!

まるで文化財のような湯船に白濁色のお湯が掛け流されています。そして木造の湯小屋に漂う硫黄の香り。

この湯治場のような雰囲気。たまりません。

玉子湯@玉子湯旅館

浴室と脱衣所が一体となっています。古い湯治場などでよく見られる構造ですね。

さて、いよいよ入浴。白濁したお湯にゆっくりと身を沈めます。温度もちょうど良く、気持ち良い!お湯の中には無数の湯の花が浮いています。湯小屋が通気性が高い造りになっているため、蒸し蒸ししていないのも良いですね。

いつまでも入っていたいですが、入浴は10分に留めるよう注意書きがあります。温泉の成分が強すぎる故でしょう。注意書きに従い、後ろ髪を引かれる思いで玉子湯を後にしました。


開放感抜群の露天風呂、『天渓の湯』、『天翔の湯』

続いて天渓の湯天翔の湯へ。私が訪れた時は天渓の湯が男性用、天翔の湯が女性用になっていました。一日おきに男女が入れ替わるようです。

天渓の湯@玉子湯旅館

こちらが天渓の湯。巨大な岩が配された豪快な露天風呂。岩の上から滝のように温泉が流されています。湯船が2つあり、手前の湯船はやや温めでした(天翔の湯は、湯船が1つだそうです)。広々とした露天風呂に浸かりながらの雪見風呂。たまりませんなぁ。

ちなみに脱衣所も屋外にあるのですが、簀子が床暖房になっていたため、足はほんのり暖かでした。小さな気遣いが身に染みますね。


女性専用露天風呂『瀬音』や大浴場も素敵

玉子湯旅館

庭園内には、女性専用の露天風呂『瀬音』があります。野趣溢れる『天渓の湯』と『天翔の湯』と違い、こちらは屋根付きのオシャレな露天風呂だったそうです。

嫁が『瀬音』に入っている間、私は再度玉子湯に浸かっていました。


玉子湯旅館

玉子湯旅館には内湯の大浴場も2ヶ所あります。こちらも硫黄の香りを放つお湯がかけ流し。素晴らしいお湯です。

体を洗う設備は内湯にしかないので、日帰り入浴で訪れた方はまずはこちらで体を洗うのが良いと思います。


温泉好きにはパラダイスとも言える高湯温泉玉子湯旅館。次は宿泊してゆっくりと楽しみたいものですね。


各種情報

高湯温泉観光協会 : 高湯温泉の情報はコチラから
玉子湯旅館 : 玉子湯旅館の公式ホームページ。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

| 福島県 | 20:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

茅葺の宿場町でいただく個性派!高遠そば(三澤屋@福島県下郷町)

茅葺屋根の宿場町、大内宿で高遠そばを味わう

福島県会津地方を代表する観光地、大内宿
江戸時代に、会津若松と栃木県を結ぶ会津西街道沿いに開かれた宿場町で、現在も茅葺屋根の街並みが残されています。そんな大内宿の名物料理が、今回紹介する高遠そば

さて、この高遠そば、元々は蕎麦どころである信州から持ち込まれました。信濃国高遠藩の藩主であった保科正之が会津藩に移り住んだ際、会津地方に広めたとされています。保科氏によって広められた蕎麦は、彼が初めて藩主になった「高遠」藩から名を取り、「高遠そば」と呼ばれるようになりました。

三澤屋

大内宿には、高遠そばの幟を掲げる店が多くありますが、中でも人気が高いのが、三澤屋。昼時ともなると、待たないと食べられないことが往々にしてあるそうです。

建物は大内宿特有の茅葺屋根の伝統的家屋。魅力的なのは外観だけではありません。各テーブルが囲炉裏になっており、囲炉裏を囲んで食事をすることができるのです。


個性的過ぎるそば、高遠そばは長ネギを使って食べる!

高遠そば

こちらが高遠そば。会津地方に広く伝わる高遠そばの中でも、大内宿のものは一味違います。その最大の特徴は、箸の代わりに長葱を使って食べるということ!!

元々は徳川将軍への献上品であった高遠そば。「切る」ことは縁起が悪いため、葱を切らずにそのまま盛り付けたのが始まりなのだそう。

そばに盛られた鰹節、大根おろしもまた、高遠そばの特徴となっています。

高遠そば

葱が箸代わりなので、食べるのに一苦労。私は葱をかじり、スプーン状にしてから掬い上げるようにしていただきました。

そばは冷たいつゆの中でシャキッとしまっており、美味。大根おろしがより清涼感をアップさせます。箸としての役目を果たす葱は、当然薬味としても活躍します。豪快にバリバリと齧りましょう。


こづゆ

三澤屋では、会津の郷土料理である「こづゆ」もいただくことができます。こちらも是非試しておきたい逸品。量はそれほどないので、そばのお供に如何でしょか。


大内宿の街並

会津の山奥の宿場町に伝わる、奇想天外な食べ方をする名物そば。茅葺の家並みと共に、末永く残されて欲しいですね。

各種情報

三澤屋公式ホームページ : 三澤屋の公式ホームページ
大内宿観光協会 :大内宿について調べるならこちら!!
食べログ : 店舗情報、口コミはこちらからチェック!!

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

送料無料/会津・磐梯 喜多方・大内宿

価格:864円
(2016/11/18 00:08時点)
感想(0件)

| 福島県 | 00:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

三条の滝(福島県桧枝岐村)

日本の滝100選に名を連ね、「直瀑としては日本最大級」と言われる滝があります。
それが今回紹介する三条の滝
福島県と新潟県の県境を流れる只見川本流にかかる滝で、落差は100メートル、幅は30メートルと言われています。

そんな最大級の滝は、尾瀬ヶ原のすぐ下流の山深い谷に位置しており、訪れるのも一苦労。
尾瀬へのトレッキングの途中に寄るのが良いでしょう。

御池駐車場

さて、三条の滝や尾瀬ヶ原へ向かうルートは複数ありますが、今回は三条の滝へのアプローチが比較的短い御池からのルートを紹介します。
御池は尾瀬観光の福島県側の玄関口となる場所で、大きな駐車場があり、登山口へはシャトルバスが運行されています。
シャトルバスに乗れば、尾瀬沼や尾瀬ヶ原への近道となるのですが、三条の滝へのルートはそちらではありません。

駐車場から燧裏林道を通り、只見川本流を目指します。
尾瀬ヶ原が燧ケ岳の南側斜面に位置するのに対し、燧裏林道はその名のとおり北側斜面を通るルート。
南側に比べ人影もまばらなルートです。

燧裏林道の木道

林道と言っても、木道や階段を中心とする、ただの登山道。
我々が訪れたのは5月末だったので、残雪が行く手を阻みます。
ルートが不鮮明であったり、踏み抜き等の危険もあるため、残雪期は避けるのが無難でしょう。

何だかんだで、三条の滝の入口まで約3時間半かかりました。

急な階段

三条の滝手前で、写真のような急な階段が始まります。
下の方から凄まじい水音が聞こえてきますが、逸る気持ちを押さえ、慎重に下ります。
鎖に掴まりながら下る箇所もあるので、譲り合いの精神を大切にしましょう。

急な階段を下れば、いよいよ展望台です。


三条の滝

三条の滝です。
このスケール、この水量、辺り一帯に響く轟音。
圧倒されます。
言葉で表現するのは困難です。
ただ、ただ、凄いです。


拙い言葉で表現しても凄まじさは伝わらないと思いますので、動画を用意しました。
しかし、動画でも全然伝えきれません。
こればっかりは現地に行かないと、分かりませんね。


さて、三条の滝を心行くまで鑑賞したいのですが、ここは深山幽谷の地。
日が暮れるまでここにいるというわけにもいきません。
名残惜しい気持ちを押さえ、さらに先、尾瀬ヶ原を目指しましょう。

各種情報
尾瀬保護財団 : 三条の滝を含む、尾瀬周辺の情報が網羅されています。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

尾瀬と周辺の山をあるく

価格:1,512円
(2014/10/30 00:46時点)
感想(1件)

| 福島県 | 00:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大塩温泉(福島県金山町)

福島県会津地方に、入るチャンスが数年しかない温泉があります。
実際に温泉を紹介する前に、この温泉が出来た経緯を、汚い図を交えながら説明します。

ダム完成前

只見川の畔に作られた大塩温泉の共同浴場。

ダム完成後

しかし1955年、下流に本名ダムが建設され、温泉は水没することになります。
この時、川の水位が上がった影響で、斜面の上から新たに温泉が湧き始めました。
それから60年、斜面の上の湯船が大塩温泉の名物露天風呂として、知る人ぞ知る存在になっていました。

水害後 

2011年7月に発生した集中豪雨により、この辺り一帯は甚大な被害を受けました。
下流の本名ダムは水害により、水を溜める機能を失いました。
その結果、大塩温泉付近の水位は再び下がり、斜面の上の湯船は枯れ、水没していた共同浴場が約60年ぶりに姿を現したのです。
所有者である「民宿たつみ荘」、温泉ファンの方々の手により、現在は入浴ができるようになっています。

入浴する際には、感謝の意味を込めて、所有者である「たつみ荘」さんに一言挨拶してから入りましょう。

極上の露天風呂

こちらが60年ぶりに蘇った大塩温泉共同浴場です。
只見川の雄大な流れが眼前に迫る、絶好のロケーションです。

また、この温泉は、日本でも有数の炭酸泉なのです。
お湯に浸かっていると、体に泡がたくさん付着するので、見ていて面白いです。
温度が低めなので、景色を見ながら長湯するのも良いですね。

水没注意

と言っても、ずっと浸かっているわけにもいきません。
この日は、午前中から上流のダムが放水を始めたそうで、11時になる頃には水位があがり、湯船が浸水し始めていました。
このように、常に入れるわけではないこともまた、この温泉が“幻の温泉”と呼ばれる所以です。

共同浴場もオススメ 

川辺の湯船とは別に、たつみ荘の隣にも温泉施設があります。
200円という格安で入れることができ、オススメです。

各種情報
たつみ荘ブログ : 温泉の所有者であるたつみ荘さんのブログです。

 

| 福島県 | 21:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ラーメンピザ(ふるさと亭@福島県喜多方市)

ご当地ラーメンとして高い人気を誇る喜多方ラーメン
今回は喜多方ラーメンそのものではなく、派生メニューを紹介します。

喜多方市から山形県米沢市へ向かう国道121号線沿いに、道の駅「喜多の郷」があります。
道の駅の中に、今回紹介するふるさと亭があります。
喜多方ラーメンも良いですが、この店オリジナルメニューのラーメンピザを注文。

ラーメンピザ 

じゃじゃーん!!
こちらがふるさと亭名物のラーメンピザです。

一見、ちょっと具が変わったピザに見えます。
しかしよく見ると、生地が麺で出来ているのです。
麺を固めて作った生地は、独特な歯ごたえで、クセになります。

具は、チャーシューメンマナルトとラーメンではおなじみの食材。
意外なことに、チーズとの相性は抜群です。
スパイスとして黒胡椒がかけられており、良いアクセントになっています。

完全に色物メニューだと思っていたのですが、非常に美味しいです。
基本はピザなのですが、食べてみるとラーメンの雰囲気も色濃く残っているという不思議な味です。

喜多方を訪れた際には、是非お試しください。

各種情報
道の駅 喜多の郷 : 道の駅喜多の郷の情報はこちら!
蔵のまち 喜多方 老麺会 : やっぱり喜多方ラーメンが食べたいという方はこちら!

 

東北「道の駅」パ-フェクトガイド [ J-act編集室 ]

価格:1,575円
(2013/6/30 18:14時点)
感想(2件)

| 福島県 | 18:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT