TOP > CATEGORY - 09雑記

| PAGE-SELECT | NEXT

トップページ

このブログは、管理人「代官」が日本を旅して出会った
美味しいもの、面白いところをザックリ紹介していきます。
県別に分かれたメニューより、個別の記事へとお進みください。

はじめに
はじめに
北海道・東北地方
北海道青森県岩手県宮城県秋田県
山形県福島県
関東地方
茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県
東京都神奈川県
中部地方
新潟県富山県石川県福井県山梨県
長野県静岡県愛知県岐阜県
近畿地方
三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県
奈良県和歌山県
中国地方
鳥取県島根県岡山県広島県山口県
四国地方
香川県徳島県愛媛県高知県
九州地方
福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県
宮崎県鹿児島県沖縄県
旅行記・雑記
旅行記雑記

| 09雑記 | 00:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

夫婦の島旅~小笠原編~【2-1】父島に到着!

2018年5月2日(火)

おがさわら丸の朝

4:30
起床。眠い目を擦りながら甲板へ向かうと、既に数名がスタンバイしていました。眠っている間にだいぶ南に来たからか、心なしか海風が暖かいですね。

おがさわら丸からの日の出

4:55
太陽が水平線の向こうから顔を出しました。水平線の辺りに雲がかかっているものの、ちょうど切れ間の辺りから昇ってきたようです。ありがたやー。

おがさわら丸からの日の出

しばしご来光を拝みます。皆さん手持ちのカメラやスマホでパシャパシャ。

さて、この後は朝食ですが、レストランの営業が開始する7:00まではまだまだ時間があるため、二度寝をすることにしましょう。


朝食@おがさわら丸

7:15
レストランChichi-jimaにて朝食。ご飯、味噌汁、好きなおかず、小鉢、サラダなどを取り、レジで精算するという「まいどおおきに食堂」スタイルです。

朝から食べ過ぎないように慎重に吟味し、ご飯、味噌汁、目玉焼き、茄子の煮びたし、サラダという選択。これで1,000円オーバー!うーむ…、やはり船内食堂はちょっとお高め。


おがさわら丸からカツオドリ

8:30
再び甲板に出てみると、しばらく海と空しか見えていなかった景色にわずかな変化が…。鳥が飛んでいます!小笠原諸島や伊豆諸島に生息するカツオドリです。船の周りを飛んだり、海に潜ったり…。

海鳥が飛んでいるということは、島が近いということ。この長い船旅も終わりが近づいているのです。


遥々来たぜ、小笠原

聟島列島

8:40
ついに島が見えました!久々に見える陸地です。

海面からそそり立つ険しい島影。小笠原諸島の北端にあたる聟島(むこじま)列島です。主な島としては、北から北之島聟島媒島(なこうどじま)嫁島がありますが、全てが無人島です。

ここまで来れば父島まではあともう一息!


父島が見えた

10:30
父島大接近!

そろそろ到着かなと思い、甲板に出てみると、大きな島影が眼前に迫っていました。24時間も波に揺られていたせいか、陸地が物凄く恋しい!

それにしても天気が悪い…。島には暗雲と霧が立ち込め、上陸を拒んでいるような雰囲気。秘境ムードは高まるけれど…。

父島が見えた

曇っていたと思ったら、一瞬の晴れ間。雲がどんどん流れていき、空の色が目まぐるしく変わります。さすがは海洋性気候。

おがさわら丸は大きく旋回し、港のある二見湾へと進んでいきます。


二見港接近

10:45
見えた!父島の町並み!

海から見ていると人を寄せ付けないような険しさを持った父島ですが、湾の奥には僅かな平地が広がっていました。断崖絶壁に囲まれた港、倉庫群、アパートも見えます。久々に見る人の営み。

このままずっと接岸を眺めているわけにもいかないので、いそいそと下船口に並びました。下船口前は人と荷物で大混雑。皆さん今か今かと到着を待ちわびている様子。


父島(二見港)到着

11:10
父島の二見港到着!

期待に胸を膨らませ、タラップを進むと南国の風に包まれます。そして港で待ち構える人、人、人!かなり活気があります!

外来種を持ち込ませないための消毒マットで靴底をガシガシ擦ってから、父島への上陸を果たしました。今日から4日間お世話になります!


  【前の記事へ】  /  【次の記事へ】

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

| 旅行記 | 23:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

夫婦の島旅~小笠原編~【1-2】「おがさわら丸」の楽しみ方②

2018年5月1日(月)

退屈しのぎに船内探検

大海原へ

14:00

東京湾を抜け、太平洋の大海原に飛び出した「おがさわら丸」。房総半島が見えなくなると急にやることがなくなります。

甲板からは360度どちらを向いても海が広がるばかり。遠くに見える島影を見て、「あれは伊豆大島、あれは新島…」などと現在地を確認してみたり、甲板でストレッチやスクワットをしてみたり…。甲板でスマホをいじっている人が何人かいましたが、電波状況は悪くなる一方。暇つぶしの対策として読書なども良いかもしれませんが、あっという間に酔ってしまいそうなのでやめておきました。

風が強くなり、肌寒くなってきたので船内に避難。「おが丸」の船内でも探検してみましょう。2016年に新造された「おが丸」は3代目。その新しさも魅力ということなので、その辺りを見ていきたいと思います。


2等寝台

2等寝台@おがさわら丸

我々が今回お世話になった2等寝台。2段ベッドになっており、カーテン、コンセントが付いています。料金が安い割(一番安い2等和室よりも約3,000円高い程度)にプライベート空間が確保されており、コスパが良い船室と言えると思います。


2等和室

2等和室@おがさわら丸

一番リーズナブルな2等和室。カーペット敷きのノビノビ空間は船旅の醍醐味ですよね。枕の部分に仕切りがあり、最低限のプライベート空間が確保されています。GWの2等和室は足の踏み場もないくらい混むのではと思い、1ランク上の2等寝台を選択したのですが、往路はそこまで混雑していませんでした。

後から分かったのですが、GW前半の便(4月28日東京発の便)が混雑していたようです。


エントランス

エントランス@おがさわら丸

乗降口がある4デッキにはエントランスがあります。総合案内所や船内案内図やその他色々な施設があり、乗客は一度は立ち寄る場所です。

現在地

現在地を示すモニター。小笠原はひたすら遠いですなぁ。

貴重品ロッカー@おがさわら丸

エントランスには貴重品ロッカーがあります。運賃の高い一部の船室を除けば、船室には鍵をかけることは出来ないためこれは嬉しいですね。指紋認証とパスワード認証による二重認証なので、安心です。

冷蔵ロッカー@おがさわら丸

こちらは冷蔵コインロッカー。冷蔵保存のお土産を持って帰るには便利かもしれません。

衛星電話@おがさわら丸

携帯電話圏外エリアを長時間航行する「おが丸」。衛星電話があるのでもしもの時も安心です。


ショップドルフィン

ショップドルフィン@おがさわら丸

6デッキには売店「ショップドルフィン」があります。カップラーメンやお菓子、飲み物は勿論、週刊誌やオリジナルグッズなども扱っています。レストランやラウンジは大変混雑するので、場合によってはこちらで食料を調達するのも良いかもしれません。

なお、小笠原島レモンチューハイなどの小笠原限定商品がこちらで手に入ることもあります。


自動販売機コーナー

自動販売機コーナーは3、4デッキにあります。

自動販売機コーナー@おがさわら丸

飲み物。アルコール飲料の品揃えが物凄いことになっています。行き先は沖縄ではありませんが、オリオンビールがあるのが嬉しいところ。

自動販売機コーナー@おがさわら丸

カップ麺。自動販売機の横には給湯室があり、自由にお湯が使えます。

自動販売機コーナー@おがさわら丸

そして冷凍食品。出来上がりまで少々時間がかかりますが、熱々をいただくことができます。

帰りの船は大混雑により、レストランやラウンジが入れる状態ではなかったので、こちらのお世話になりました。


荷物置場

荷物置場@おがさわら丸

船室の入口には荷物置場があります。スーツケースなどは船室に持ち込むには大きすぎるので、こちらに置いている方もチラホラ。小笠原旅行となると、どうしても荷物が多くなってしまうので、これは嬉しいですね。


トイレ・シャワールーム

乗客の皆さんの多くが気になるのがトイレだと思います。写真には撮っていませんが、トイレは清潔で非常に使いやすかったです。洋式トイレはウォシュレット付でした。

シャワールーム@おがさわら丸

シャワールームは7デッキ以外の全てのデッキにあります。個室になったシャワールームは脱衣スペースも設けられており、使いやすい設計になっています。リンスインシャンプーとボディソープも完備。


キッズルーム・授乳室

キッズルーム@おがさわら丸

4デッキにはキッズルーム授乳室もありました。24時間船の中というのは子供連れには何かと大変ですからねぇ…。


おがさわら丸の夜

レストランChichi-jima

レストランChichi-jima@おがさわら丸

17:20
少し早いですが、他にすることもないし、昼食は島寿司だけでお腹がすいていたので、レストランChichi-jimaで夕食。食事時は混雑するので、営業時間10分前に食堂前でスタンバイしました。

こちらは注文と会計を済ませてから席につくというスタイル。基本的にセルフサービスです。

若鶏の唐揚げ@おがさわら丸

島塩ラーメン@おがさわら丸

私は「若鶏ジューシー唐揚げ」、嫁は「島塩ラーメン」を注文しました。特別美味いというわけではないですが、フェリーの中で温かい料理が食べられるのは嬉しい限り。ただ、ちょっと値段が高いかな…?

子供の泣き声がするので、ふと見ると船酔いを引き起こしてしまい食事ができない子供が…。丸一日の船旅は、子供にとってはなかなか過酷なのかも…。


甲板で日の入を眺める

夕日の時間

夕食後、エントランスに行くと、本日の日の入時刻と明朝の日の出時刻が掲示されていました。することのない24時間の航海では、日の入と日の出は一大イベントなのです。そろそろ時間になることだし、甲板に出てみましょう。


おがさわら丸からの夕日

甲板では既に多くの人たちが夕日を眺めていました。

遮るもののない大海原に沈む夕日。船旅ならではの絶景。美しいですね。

今日は波も穏やかで船が揺れることも少なく、快適な航海でした(薬のおかげかもしれませんが…)。父島までの行程の半分も来ていませんが、残りの航海も平穏でありますように…。


展望ラウンジHaha-jima

展望ラウンジHaha-jima@おがさわら丸

19:20
7デッキには展望ラウンジHaha-jimaがあります。覗いてみると…、おっ、空いてる!レストランとは違い、昼間から夜まで通し営業のラウンジ。お酒のメニューやおつまみも多いため、日中は宴会をする人たちで埋まってしまい、まったく席が空かなかったのです。

島ラムのカクテル@おがさわら丸

小笠原のラムをベースにしたカクテル「ボニンブルー」と「マンゴーミックスジュース」をオーダー。小腹がすいたので、シュウマイをつまみながら窓際のカウンターでしばしマッタリします。

ここは良いなー。落ち着いて飲むにはピッタリ。オフシーズンなら混雑も程々で良い空間になるのかもしれません。


カクテルを飲み干した後は、甲板で月を見て、歯磨きをして、2等寝台へ。

21時就寝
早寝早起き。適度な食事量。持て余した時間で運動。ずっと「おが丸」で暮らしていれば、健康になれそうな気がしますね。あ、酒を飲み過ぎてしまうからダメか…。

父島到着まで、あと10時間!


  【前の記事へ】  /  【次の記事へ】

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

| 旅行記 | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

富士宮焼きそば(お好み食堂伊東@静岡県富士宮市)

全国屈指の人気を誇るB級グルメ、富士宮焼きそば

静岡県富士宮市の名物と言えば、富士宮焼きそば。B級グルメの祭典であるB-1グランプリにおいて、第1、2回で1位を獲得するなど、不動の人気を誇ります。

戦後に誕生し、2018年現在では富士宮市内の150店舗近くで提供されている富士宮焼きそば。大きな特徴としては以下の4つが挙げられます。

  1. 市内にある4つの製麺会社で生産している専用麺を使用すること。
  2. 油かす(ラードを搾った後に残ったものを油で揚げたもの)を入れること。
  3. イワシのダシ粉をふりかけること。
  4. 富士宮の高原キャベツを使用すること。

数ある店の中から、今回は「お好み食堂伊東」を紹介します。


富士宮焼きそばも食べられる鉄板焼き屋、「お好み食堂伊東」

富士宮焼きそば

こちらが「お好み食堂伊東」の焼きそば。目の前の鉄板で焼いてくれるので、もう食欲全開!熱々のうちにワッシワッシといただきます。

シンプルながら美味いですねー。ダシ粉により香ばしい仕上がりになっており、病みつきになりそうな美味さ。キャベツの甘みもまたたまりませんね。もう箸が止まりません。あっという間に平らげてしまいました。


メニュー@お好み食堂伊東

「お好み食堂伊東」ではバラエティに富んだ焼きそばをいただくことができます。しかもどれもリーズナブル!シンプルな「並焼きそば」を初めとして、イカ、コーンが入った焼きそば、コッテリ派には嬉しいチーズやマヨネーズが入った焼きそばなどなど。近くにこの店があったら、通い詰めて色々な味を試してしまいそうですな。

鉄板焼きの店らしく、お好み焼きや焼きうどんなどのメニューも豊富です。

静岡おでん@お好み食堂伊東

さらに、静岡名物の静岡おでんもありました。黒はんぺんをいただきました。

メニューを見ると生ビールがあったので、つい注文したくなりましたが、車で来ていたのでグッと我慢。近くに宿泊してこの店で飲むというのも魅力的ですね。


お好み食堂伊東

今回紹介した「お好み食堂伊東」は富士宮市の郊外にある小さな食堂。市内を通るJR身延線の駅からはやや離れており、公共交通機関では訪れにくい立地です。

公共交通機関で行く場合は、JR身延線の西富士宮駅から約25分歩くか、富士宮駅からバス(富士急静岡バス)に15分程揺られる必要があります。バスの場合、本数が少ない(土日祝日は1日4往復)ため、注意が必要です。

自動車で訪れるのが一番容易だと思いますが、国道から離れた住宅地にあるため、カーナビがないと分かりにくい場所だと思います。訪れる際には、事前に場所のチェックをしておきましょう。


各種情報

食べログ : 口コミ、店舗情報はこちらから。
富士宮焼きそば学会 : 提供店を網羅した「やきそばMAP」は必見!

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

| 09雑記 | 23:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

夫婦の島旅~小笠原編~【1-1】「おがさわら丸」の楽しみ方①

2018年5月1日(月)

竹芝は大賑わい

8時ちょうどのおおお」ではなく、6:08に松本を発つ「あずさ2号」で上京。小笠原旅行の出発点となる竹芝客船ターミナルにやってきました。

竹芝客船ターミナル

懐かしいな、この南国ムードが高まるターミナル。竹芝は6年前のGWに三宅島と御蔵島を旅した際に寄ったきりでしたが、強く印象に残っていました。

建物の向こうには「おがさわら丸」の煙突が見えていますね。高まる旅情を押さえ、まずは乗船の手続きをしなくては…。

竹芝客船ターミナル

9:55
ターミナルの中は人、人、人!この時間帯は他の島へ向かう船は出ていないはずので、ここにいる人のほとんどは「おが丸」の乗客ということでしょう。

圧倒されるような“GW感”に狼狽えつつも、「ナショナルランド」の受付カウンターを発見。ツアー会社を通じてチケットを購入しているため、通常の切符売り場ではなく別の受付にて手続きをするのです。出発の1週間程前に自宅に郵送されてきた書類を提示し、チケットなどを受け取ります。

おがさわら丸の搭乗券など

往路の搭乗券、復路の搭乗券引換券、小笠原の飲食店、土産屋、現地ツアーで使える各種クーポン券。

小笠原のパンフレットなど

あとはパンフレット類一式をいただきました。

手続は済んだし、乗船時間まで待ちますかね。


竹芝客船ターミナル

ターミナルには小さなコンビニエンスストアがありますが、乗船前に買い物をする人々でこれまた大混雑。船内にも売店はあるはずですが、この調子だとそちらも混みそうですなぁ。我々は飲み物が目当てだったので、空いている自販機で購入しました。

そうそう、写真の左側に写っている立ち売りの「島島弁当」を昼食用に買いました。


おがさわら丸

10:30
いよいよ乗船です。

飛行機と同様に乗船の順番が決まっているので、アナウンスに耳を傾けます。まずは上層階に位置する特等室や1等室などに乗るブルジョアな客から。我らが2等寝台、2等和室の客は最後に乗船します。

世界自然遺産の小笠原に外来種を持ち込まぬよう、マットで靴底の汚れを落としてからタラップを上がります。自分のスペースに荷物を置き、まずは甲板へ。


24時間の船旅の始まり

おがさわら丸

おがさわら丸の甲板

良いですね!このオープンでユルーい空間!フェリーのデッキは庇の下にあったり、機材に囲まれていたり、閉塞感があることも多いのですが、「おが丸」のデッキはなんとも開放的!

ここで飽きるほど海を見たり、お酒を飲んだり、昼寝をしたり、何時間でも過ごせそうだ!…と出発前はそんなことを考えていましたが、実際には陽射しが強い上に容赦なく海風が吹き付け、長居できるところではありませんでした。

甲板より竹芝を眺める

「おが丸」の甲板から眺める竹芝客船ターミナル。目の前には「ゆりかもめ」が走り、その背後では巨大なビルが建設中。

そういえばGWの真ん中ではあるけれど、今日と明日だけは暦上は平日なんだよなぁ。目と鼻の先の陸地では多くの人々が今日も働き、それぞれの日常を送っているのでしょう。


おがさわら丸出港

一足先に「日常よ、サラバ!

11:00
出港。「おが丸」はゆっくりと岸壁を離れ、24時間の航海が今始まりました。

出発の一杯は大好きな「スーパードライ」。グビグビっと喉に流し込み…美味い!ふと後ろを見ると、カップルが赤ワインで乾杯。多くの乗客が、束の間の非日常への旅立ちを祝っているようでした。


出港してしばらくは東京湾岸を進みます。

レインボーブリッジ

11:20
レインボーブリッジを通過。

フジテレビ

視線を移すとお台場フジテレビ!手前には鳥の島旧東京港防波堤)。

羽田沖

11:40
羽田空港沖を通過。轟音とともにいくつもの飛行機が頭上を横切ります。次から次へと見どころが現れ、東京観光をしているかのよう。まー、24時間後に到着する小笠原も東京都なんですけどね。


島レモンチューハイで乾杯

早くも2本目に突入!船内の売店で売っていた地域限定の小笠原島レモンチューハイ!美味い!でも直射日光の下でグビグビやっていると、悪酔いしそう…。

島島弁当

チューハイを飲みながら、先ほど購入した「島島弁当」をいただきます。白身魚の漬けが乗った島寿司ですね。伊豆諸島や小笠原諸島の郷土料理として知られています。

うん、これは美味い!甲板でいただく島寿司はまた格別ですな。船内の食堂は大混雑だったようだし、お弁当を買っておいて大正解でした。

以前、当ブログでは八丈島の島寿司(紹介記事はコチラ)を紹介しましたが、小笠原の島寿司もまた楽しみですね。


富津沖を通過

12:50
富津岬沖を通過。明治時代に建設された海上砲台跡、富津海堡の脇を掠めていきます。

この辺りまで来ると出発直後の“ランドマークラッシュ”も一段落し、甲板の上も徐々に落ち着き始めます。まだまだ東京湾内なのですれ違う船は多いですが、その数も徐々に減り始め、外洋が近づいているのだと実感…!


大海原へ

14:00
房総半島の洲崎沖を通過。ここから先は伊豆諸島の島々が点在するだけの、正真正銘の大海原。携帯電話の電波も微弱になり、ここから「な~~んにもない時間」がスタートします。

父島到着まで、あと21時間!


  【前の記事へ】  /  【次の記事へ】

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

| 旅行記 | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT