| PAGE-SELECT | NEXT

トップページ

このブログは、管理人「代官」が日本を旅して出会った
美味しいもの、面白いところをザックリ紹介していきます。
県別に分かれたメニューより、個別の記事へとお進みください。

はじめに
はじめに
北海道・東北地方
北海道青森県岩手県宮城県秋田県
山形県福島県
関東地方
茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県
東京都神奈川県
中部地方
新潟県富山県石川県福井県山梨県
長野県静岡県愛知県岐阜県
近畿地方
三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県
奈良県和歌山県
中国地方
鳥取県島根県岡山県広島県山口県
四国地方
香川県徳島県愛媛県高知県
九州地方
福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県
宮崎県鹿児島県沖縄県
旅行記・雑記
旅行記雑記

| 09雑記 | 00:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

絶景アイスランドの旅【3-3】ゲイシール

2016年9月18日(日)

ゴールデンサークルツアー」のトリはアイスランド、いや、世界を代表する間欠泉、ゲイシールだ。日本では、一部の温泉地で見られる間欠泉だが、世界的に見れば極めて珍しい物。アイスランド観光の目玉とも呼ぶべき場所なのだ。

ゲイシール

14:00
ゲイシールに到着。辺り一面は硫黄の匂いが立ち込め、至る所から湯気が噴き出している。さながら地獄のようだ。歩道の脇を何気なく流れる小川も、‭踏み込んだらタダでは済まないだろう。

ストロックル

Woooooooo!!」という歓声が聞こえ、ふと視線を移すと、垂直に湯気がもくもくと立ち上がっている。どうやら間欠泉が噴き上がったらしい。決定的瞬間を見逃してしまったわけであるが、ここの間欠泉は約10分おきに噴き上がる。次の噴出を待つことにしよう。

他の間欠泉

周辺には熱い熱い湯だまりが点在している。先ほど噴き上がった間欠泉ほど活発ではないが、それでもグツグツと煮え立っている。

ストロックル

Woooooooo!!」再び主役が大噴出。
ちなみにこちらは「ストロックル」と呼ばれる間欠泉。元々は「大ゲイシール」と呼ばれる、70mも噴き上げるバケモノ間欠泉があったのだが、20世紀初めごろから活動が弱まってしまったそうだ。「大ゲイシール」を引き継ぐ形で、こちらの間欠泉群の“顔”となった「ストロックル」。噴き上げる高さは「大ゲイシール」の半分以下だが、コンスタントに噴き上げ、観光客たちの注目を集めている。

大ゲイシール

こちらが元祖「大ゲイシール」。長らく活動を休止していたが、2000年に発生した地震をきっかけに再び活動し始めたそうだ。噴出回数は1日3回程度と少ないが、何と60mの高さまで噴き上げるそうだ。今回の滞在では見られなかったが、その大迫力の姿を一度は見てみたいものだ。



そろそろ主役をじっくりと見ようと、「ストロックル」の前に移動。噴き出す瞬間に備え、カメラを連射モードにし、指をシャッターボタンに置いた状態で待つ。

しかし、いくら連射モードを使おうと、いつ噴き出すか分からない間欠泉を捉えるのは難しい。少しでも遅れると、湯気だけの写真になってしまう。何回か失敗をした末に撮れたのがこちら。

ストロックル

ストロックル

んん!?

ストロックル

湯が盛り上がってきた!!

ストロックル

ストロックル

ドシャァアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!

ストロックル

アアアアアアアアアアアアアア…。


いやはや、目の前で凄いものが見られた!興奮冷めやらぬままバスに戻り、名残惜しくもゲイシールを後にしたのである。


雄大な風景

シンクヴェトリルグトルフォスゲイシールと、西部アイスランドの王道観光地を巡るツアー。絶景でお腹いっぱいになった乗客は、すっかり夢の中。私はというと、帰路の車窓も食い入るように眺めていた。こんな何気ない風景さえ、絵になるほど美しい。


小休止

15:50
レイキャビクの手前で小休止。こちらは牧場兼カフェ。道の駅やサービスエリアのないアイスランドでは、こういったさりげない場所が休憩ポイントとなるようだ。ノンビリと馬や猫と戯れながら、休憩のひと時。
なお、ちょうど我々が休憩していた頃、別のツアーバスが停車しており、それが日本のツアー会社によるものだった。シンクヴェトリルで出会った日本人ツアーとも違うようだ。意外と多くの日本人がこの国に来ているらしい。


パイプライン

レイキャビクへ向かう国道を走っていると、どこからか、長大なパイプラインが現れる。こちらは、熱水をレイキャビクに運搬するためのパイプだそうだ。パイプラインが細かく折れ曲がっているのは、鉄の伸縮を吸収するためだろうか?アラスカなど、寒冷地のパイプラインはそのような理由で曲がりくねっているが、ここも同様だろうか?
何やら、ガイドによる説明が行われてはいたが、筆者の英語力が乏しく、聞き取れなかった。

首都まではもうすぐであったが、相変わらず荒涼とした風景が続き、ところどころ大地から湯気が噴き出していた。



GrayLine Iceland

17:15
バスは夕暮れが迫るレイキャビクの中心街にあるGrayLine Iceland(本ツアーの催行会社)オフィスに到着。これにてツアーは終了だ。日本では見られないようなダイナミックな風景が連続し、大満足なツアーであった。スケジュール的にも無理がないし、アイスランド入門編として、最適なツアーなのではないだろうか。

なお、この後は昨日に引き続き、オーロラ鑑賞ツアーに参加予定。このツアーもまたGrayLine Icelandにより行われるので、そのままオフィスに立ち寄ってみる。
しかし、告げられたのは「天候不良により、ツアー中止」という残酷なお知らせ。オーロラ鑑賞は翌日以降に持ち越されることとなった…。


  【前の記事へ】  /  【次の記事へ】

 

本当にお値打ちな海外パックツアーの選び方、楽しみ方 [ 佐藤 治彦 ]

価格:972円
(2017/4/30 23:48時点)
感想(0件)

| 旅行記 | 00:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

絶景アイスランドの旅【3-2】グトルフォス

2016年9月18日(日)

アイスランドの王道観光地を巡る「ゴールデンサークルツアー」。バスは、シンクヴェトリル国立公園ギャオを満喫した一団を乗せ、次なる目的地へ。


ミニギャオ

ギャオかどうかは定かではないが、車窓からも亀裂を眺めることができる。それにしても荒涼とした風景である。何というか“地球離れ”した風景だ。

しばらくはこのような車窓がひたすら続く。感動するか、飽きるかは人それぞれだろう。


ソフトクリーム

11:15

次の目的地の前にトイレ休憩。多くの客が売店でソフトクリームを買っていたので、後に続いてみる。食べてみたが…、普通のソフトクリームかなぁ…。
昼間と言えども、冬に片足突っ込んでいるアイスランドでのソフトクリーム。体が芯から冷え切ってしまったのは言うまでもない。


氷河を源流に持つ川

飽きるほど続く“宇宙的な風景”から一転、今度は“牧歌的な風景”が現れる。
氷河から流れ出る清らかな川。大地を覆う緑。広大な牧草地で寝そべる馬、羊。これはこれで感動する風景だ。




12:20
第2の目的地、グトルフォスに到着。「フォス」とはアイスランド語で「」のこと。アイスランドは広大な氷河を抱えており、川の水量も豊富であることから、迫力のある滝が多いことで有名だ。グトルフォスはそんなアイスランドの滝の中でも、非常に人気が高い滝だ。

サーモンベーグルとラムスープ

滝へ向かう前に、まずは昼食。レストハウスに入り、サーモンベーグルラムスープを注文する。特にラムスープは事前にネットで情報を得ており、とても美味しそうだったのだ。

ベーグル、スープ、共に美味。ただし、スープはラムの風味が強く、ラムが苦手な人は無理かもしれない。また、ともにボリューム満点で、嫁は食べきれず、ベーグルをお持ち帰りすることに。大抵の人であれば、スープだけでも満腹になるかもしれない。


地図

グトルフォスを観るための展望台は3ヶ所ある。①下流の展望台②滝直近の展望台③滝を見下ろす展望台。①、②の順に進み、一旦戻ってから③の展望台へ行くことにする。

あらかじめ言っておくと、①、③の展望台へと向かう道は平坦な木道が中心で歩きやすいが、②の展望台付近は岩場であったり、水飛沫でぬかるんだりと、注意が必要だ。アイスランドの観光地の多くで言えることだが、自然の中を歩くので、スニーカー等歩きやすい靴が必須だろう。



グトルフォス

さて、まずは①の下流の展望台。

大迫力!!」の一言に尽きる。2段に分かれた大規模な滝。落差こそ少ないが、それを感じさせない幅、奥行き。この、見る物を圧倒するような存在感は日本の滝にないだろう。小さな島国の滝だが、「大陸的な」滝である。すっげーな、こりゃ!

グトルフォス

滝の落ち口付近を拡大してみる。滝の至近距離に人だかりが見えるが、そこが②の展望台だ。今にも流れに飲み込まれそうな場所だが、どんな光景が見られるのか。行ってみよう。


グトルフォス

遊歩道を辿り、滝へと近づいてゆく。さすがアイスランド随一の観光地だけあって人出が多い。概ね歩きやすいが、アップダウンやぬかるんでいる箇所もある。

グトルフォス

1段目の落ち口まで来ると、水飛沫で全身がシットリ濡れてしまう。
目の前を渦巻きながら、泡立ちながら落ちていく水。吸い込まれそうな錯覚に陥りながら、怒涛のように流れる水をただただ見つめる。

グトルフォス

20世紀初頭、イギリスの企業により、この一帯に水力発電所を建設する計画があったそうだ。そうなれば、グトルフォスはダム湖の底に沈んでしまう。シグリットという少女が立ち上がり、建設の中止を訴えるべく、滝つぼに身を投げようとしたそうだ。そうした彼女の行動もあり、建設反対運動が活発化。滝は守られ、彼女の功績を称え、滝壺の横には銅像が建てられた。


さて、一度レストハウスの方に戻り、今度は③の展望台へと向かってみよう。

グトルフォス

③の展望台からの絶景!こちらから見る滝もまた雄大で素晴らしい。

グトルフォス

日本よりも小さな島国とは思えない程の雄大な景色の中、膨大な量の水流が、広大な谷を作り出していることにただただ感動した。氷河という、日本にはほぼ存在しないものが作り出した地形。そりゃ、日本とはスケールが違うわけだ。


いつまでも見ていたい景色だったが、バスに戻らねばならない。名残惜しかったが、踵を返し、早歩きで駐車場へと戻った。


  【前の記事へ】  / 【次の記事へ】

 

世界百名瀑 白川義員作品集 1

価格:41,040円
(2017/4/12 00:49時点)
感想(0件)

| 旅行記 | 00:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

絶景アイスランドの旅【3-1】シンクヴェトリル

2016年9月18日(日)

アイスランド2日目。本日は朝からツアーに参加する。

首都レイキャビクから然程遠くないエリアに、アイスランドを代表する観光地が点在している。そのエリアは「ゴールデンサークル」と呼ばれ、アイスランド観光の目玉とされている。それは行くしかないでしょう、と2日目に日帰りツアーを予約していたのだ。

8:30
朝食を食べて出発だ。


ツアーの出発地

9:10
今回はバスターミナルではなく、郊外のツアー会社オフィスからの出発だ。様々なツアーが催行されており、次々とバスが発車していく。ゴールデンサークルのツアーはやはり人気で、バスはほぼ満席だ。

郊外へ向けて走る

郊外へと向かうハイウェイのような道を疾走。しばらくは郊外型の大型店舗や住宅街が続く。ただし、日本のようなゴミゴミとした市街地ではなく、自然と隣り合わせのスッキリとした風景。多少不便かもしれないが、住みやすそうだ。


ダイナミックな車窓

9:50

首都からわずか30分程で、このようなダイナミックな風景が現れる。バスから降りて写真の一枚でも撮りたいが、「こんな景色など掃いて捨てるほどある!」と言わんばかりにバスは高速で走り抜ける。

この辺りから、バスは内陸へ向かう。

ダイナミックな車窓

スケールが大きな景色の中、のびのびと草を食む馬。身体が小さいので、写真は上手く撮れなかったが、アイスランドで最もよく見た家畜はであった。

車窓を彩るのはひたすら荒野、牧草地…、そして遠くには切り立った山。シンプル、そして雄大だ。


シンクヴェトリルに到着

10:15

最初の目的地、シンクヴェトリル国立公園に到着。バスへの集合時間を確認し、外へ繰り出す。

シンクヴェトリル国立公園。ゴールデンサークルの一角を成す観光地で、世界遺産にも登録されている。広大な荒野の中に、駐車場、トイレ、遊歩道がキチンと整備されており、誰でも安心して観光を楽しむことができる。


シンクヴァトラヴァトン湖

駐車場の裏には、さりげなく美しい湖が広がっている。シンクヴァトラヴァトン湖。アイスランド最大の湖だ。鏡のように静かな湖面。ため息が出るほどに美しい。

ギャオ

視線を180度移すと、シンクヴェトリル国立公園のメインディッシュ、地理や地学の教科書でも見たことのある地形が目の前に!ギャオギャウ)だ。

プレートが生まれる大地の裂け目、それがギャオだ。通常は「海嶺」と呼ばれ、海底にあるものだが、アイスランドでは地表に顔を出している。世界でも稀有な場所なのだ。

ギャオ

大地の裂け目の中へ。ここはユーラシアプレート北米プレートが生まれ、別れて行く場所。向かって右側がユーラシア、左側が北米プレートだ。ここで別れたプレートは地球を半周し、日本のフォッサマグナで再び出会う。そんな途方もなく長く、大スケールな物語の出発点がこの場所なのだ。

実際、この裂け目は毎年数ミリずつ幅が広がっているらしい。地理・地学好きにはたまらない場所だ。


ギャオと団体さん

ふと日本語が聞こえ、振り返ってみると、添乗員付きツアーの団体さん!軽妙な語り口でギャオについて説明する若い添乗員と、ぞろぞろと列を成す中高年。

添乗員は、バックパッカー風の青年。趣味をそのまま仕事にしたような雰囲気で、羨ましいような大変なような…。お客様はがやがやがやがや…。途端に日本語が溢れ返って、異国情緒が薄れる…。


シンクヴェトリルの絶景

急な日本語の襲来を振り切るように、景色を眺める。ギャオも良いが、その周りに広がる風景もまた掛け値なしに素晴らしい!


トイレのゲート

バスへの集合の前にトイレに寄る。すると驚くべき光景が!

トイレの入口にゲートがあり、お金を払わないと入れないようになっているのだ。日本でも山や観光地などには有料トイレがあるが、お金を入れないと物理的に入れないというのは初めてだ。一瞬失われた異国の雰囲気を感じながら用を足し、バスへと戻った。


  【前の記事へ】  /  【次の記事へ】

 

>週刊奇跡の絶景 Miracle Planet 2017年15号 ヴァトナヨークトル氷河:スーパーブルー アイスランド / 週刊 奇跡の絶景 Miracle Planet 【雑誌】

価格:637円
(2017/3/17 00:09時点)
感想(0件)

| 旅行記 | 00:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

絶景アイスランドの旅【2-3】Northern Lightsは見えるのか?

2016年9月17日(土)

ブルーラグーンからの帰り道

14:30
4時間ほどの湯浴みを楽しみ、ブルーラグーンを後にする。この後はレイキャビクに戻り、スーパーでの買い出し、レストランでの夕食を済ませたのち、オーロラツアーに参加することになる。

来るときと同様、バスターミナルに下されるのかと思いきや、何故か市街地の外れの海辺で下される。念のため運転手に「ホテルフロン?」と確認してみたが、間違いないらしい。

まずは現在地を確認しないと…。私はガラケーなので、嫁のスマホを…。…えーと、ここか…ゲッ、ホテルまで結構遠い


白熊

…というわけで、ホテルまでえっちらおっちら歩いて帰る。寒風が身に染みる。あれだけ入浴したのに、体が一気に冷えてくる。

ショッピングエリアを歩いていると、店の前のなんと白熊!こちらは土産屋のようだ。白熊グッズ専門店…というわけではなく、アイスランド土産が幅広く買えるようだ。

一旦ホテルに荷物を下ろし、近くのスーパーマーケットへ。


  スーパーマーケット「BONUS」

スーパーマーケットBONUS

16:30
ホテルから程近い所にあるスーパーマーケット、BONUS。アイスランドを代表するスーパーで、レイキャビクは勿論、郊外の町をもカバーしている。ピンク色の豚のロゴが目印なのだが、この豚さん、表情が何だかエロいぞ…。

BONUSのトイレットペーパー

店内もエロい豚さんがたくさん!ハムやチーズ、パンなどの加工食品からトイレットペーパーに至るまで、自社製の製品が多く並んでおり、このロゴが印刷されている。

お目当ては食料品と土産。物価が高いこの国で、毎日外食三昧なんてしたら破産してしまいそうだし、スーパーなら話のネタになるお土産がありそうだ。というわけで、翌日以降の夕飯や土産のチョコ、その他諸々を買い込んだ。


  レストラン「Ostabudin」

レストラン「Ostabudin」

17:10
今夜は19:00よりオーロラツアーに参加するため、早めの夕食を摂る。ホテルの近くにあるレストラン「Ostabudin」。事前にインターネットで得た情報によると、比較的お手頃な値段でラムやシーフード料理がいただけるとのことだ。

既に注文するものは決まっている。実は今朝の散歩の際、店の軒先に張り出されたメニューを写真に撮り、事前に注文するメニューを検討していたのだ。写真が掲載されていないメニューなので、単語を調べながらでないと、どんなものが出てくるのか見当がつかない。

ラムのヒレ肉

私が頼んだ Lamb Filleラムのヒレ肉)。大ぶりに切られたラム肉。ミディアムレアで焼かれていて、とても柔らかい!「これならラムが嫌いな方でも…」と言いたいところだが、ラム独特の風味はあるので、ラム嫌いは避けた方が良いかな?私はラムに目がないので、美味しくいただいた。

ARCTIC CHAR

嫁はARCTIC CHARを注文。全く知らない単語だったが、どうやら「ホッキョクイワナ」というサケ科の魚らしい。少しいただいたが、サケよりもさっぱりとした感じで食べやすい。

これだけだとやや少ないが、サワークリームとパンが一緒に出されたので、意外と満腹になった。ただ、2人で約10,000円と、やはり高いなぁ…。


  夕暮れのレイキャビク

ハットルグリムス教会

18:30
食後、時間があったのでハットルグリムス教会へ。遠くからでも存在感を放っていたが、こうして近くから見ると物凄い迫力だ。
今日は朝からドンヨリしていたが、教会の上空に晴れ間が!オーロラ鑑賞に雲は大敵なので、何とかもう少し晴れて欲しいものだが…。

教会の中に入るのは後日にするとして、そろそろホテルに戻っておこう。


レイキャビクの市街地

レイキャビクの市街地は小高い丘に広がっており、下り坂の向こうに海が見える場所が多い。何となく、小樽や函館をコンパクトにしたような街だなぁ…としみじみ。



  Northern Lights Mystery Tour

19:00
さて、お待ちかねのオーロラ鑑賞だ。ツアー会社「Gray Line Iceland」によるNorthern Lights Mystery Tour。「Northern Lights」とはオーロラのことだ。バスに乗って郊外へ繰り出し、周囲に灯りがない暗闇の中、心行くまでオーロラを楽しむわけだ。




…というツアーなのだが…、結論から言ってしまうと、オーロラは見ることはできなかった。

夜の教会

22:40
レイキャビク郊外にある教会の前で、オーロラ鑑賞のために停車。ツアー客がゾロゾロと温かいバスの中から寒空の下に出てくる。皆さん目をこらして真っ暗な空を凝視する。
…が、残念ながら見える気配はない。パラパラと車内に戻り始める客たち。諦めの悪い私は、肉眼では見えずとも写真には写るだろうと三脚を組み立てる。

雲

お!オーロラっぽい写真が撮れたかな?と色めき立ち、ガイドに尋ねてみると、「オール・クラウド(すべて雲だよ)!」と無情なる回答。


このポイントは空振りに終わる。その後もバスはオーロラを求めて暗闇の荒野を走り回るが、無情にも時は過ぎるばかり。日付が変わる頃、遂にオーロラが見られないまま、ツアーはお開きとなった。

翌日以降、リベンジせねば…。


  【前の記事へ】  /  【次の記事へ】

 

>天空の神秘オーロラDVD

価格:800円
(2017/3/7 22:41時点)
感想(0件)

| 旅行記 | 23:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT